日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

一人暮らしの貯金は毎月いくらすればいい?

      2016/06/04

一人暮らしの貯金は毎月いくらすればいい?

一人暮らしをしている人は月にいくら貯金をしていますか?先行き不安な時代ですからなるべくたくさんの貯金をしておきたいですね。給料の手取りが少ないと嘆いている人でも毎月貯金ができる方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

一人暮らしの人はいくら貯金をしている?

Q.一人暮らしで毎月いくら貯金していますか?

1位「4万~6万円未満」……33.4%
2位「2万~4万円未満」……28.0%
3位「0~2万円未満」……19.0%
4位「6万~8万円未満」……10.5%
5位「8万~10万円未満」……6.7%
6位「10万~12万円未満」……1.4%

みなさん、頑張って貯金をしているようです。中には、毎月、20万円近く貯金しているという強者も……。
そこで、女子たちが実践している貯金をするための工夫を教えてもらいました。

■1位/「4万~6万円」
・「毎月の給料から、あらかじめ預金している」(23歳/その他/事務系専門職)
・「給与口座から自動引落になるようにしている」(27歳/金融・証券/事務系専門職
・「自動積み立てで毎月5万円。さらにボーナス全額」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「ウインドーショッピングをしない」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「先にためる口座へ入金する」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
「手元にあると使っちゃうから……!」ということでしょうか。
給与が入ったら、まず貯金用の口座に入れてしまえば、なかなか手出しはしづらいですね。

引用元-excite.ニュース

一人暮らしなら月に2万は貯金したい


生活するための費用を自分で賄わなければいけないのがひとり暮らしですね(;´ρ`) グッタリ
家賃にはじまり、光熱費、通信費、食費、交際費…
考えるだけで、とてもじゃないけれど貯金に回すお金なんてなさそうです。
しかしそんな言い訳に甘えて貯金をしなかったら将来が不安で仕方ない人も多いはずです。
では、ひとり暮らしの貯金の目安を考えてみましょう。
ひとり暮らしの平均貯蓄額は80万円~120万円くらいです(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!
実はひとり暮らしでも月に2~3万円ほどの貯金をしているのです。
収入にもよりますが、例え月給が20万円だとしてもそれは可能です。
収入と家賃の相場は務める会社や住む場所によって変わります。
中には5万円~8万円の貯金をできていうる人もいるでしょうが現実的ではないですね。
平均としては3万円です。少なくとも2万円は毎月貯金ができた方が良いでしょう。

引用元-ALL You NeeD is InformaTion Blog

一人暮らしで一ヶ月にかかる費用はいくらくらい?

人は一ヶ月いくらあれば暮らしていけるのか?

実家で親におんぶ抱っこの生活をしていると、「人が一ヶ月生きるためにいくら費用がかかるのか?」ということには疎いもんじゃ。
それでは一人前とは言えんし、一人暮らしでやっていくのは不安じゃな。
まずは食費。
上げ膳据え膳ではわからんじゃろうが、一人暮らしの場合でもどんなに節約しても1万円前後はかかるんじゃなかろうか。
まあ、ちょっとは贅沢もしたいじゃろうから、2~3万円の幅で余裕を見ておくのが安心じゃ。
料理を作るには、ガスや電気、水が必要じゃな。
こういう類のことにかかる費用を「光熱費」と言うんじゃが、だいたいガスが5,000円、電気が4,000円(値上がりしておるのじゃ!)、水が3,000円くらいじゃからトータルで15,000円は見ておきたいところ。

あとは、インターネットや携帯電話などの通信費で1万円はかかるから、家賃以外の部分ではざっくりと5万円くらいの費用が発生するじゃろう。

ケチるなら、こんな所じゃな・・・

他にも、服を買ったり化粧品を買ったり、趣味を楽しむために使ったりするお金も必要じゃろうし、なにかと会合に誘われる機会もあるじゃろう。
人が一人、この社会で生きていくというのは金がかかるものなんじゃよ。
あまりケチケチし過ぎると心が貧相になってくるからのう、少なくとも対外的な部分にかかるお金はケチり過ぎないほうが良いのじゃ。

一人暮らしで節約するなら、日々の食事や光熱費じゃろうなあ。

米はまとめて炊いて冷凍しておくと電気料金の節約になるし、エアコンを使わなくてもベランダに扇風機を置いて外の空気を入れると寝苦しい夜も快適に過ごせるものじゃ。
買い物も、まとめ買いをするとついつい無駄な物を買ってしまうからのう。
「今日食べるものを、今日買う」くらいのスタンスで少しずつお金を使うのが、結局は一ヶ月というオーダーで見れば節約につながるんじゃ。
野菜も、ばら売りがオススメじゃよ!

給料日に計画を立てるのじゃ!

そこそこ贅沢をして、物質的にも精神的にも豊かな一人暮らしを楽しむためには、一ヶ月単位でしっかり資金運用計画を立てることが大事じゃ!
将来のために、蓄えておく分もいくらか欲しいからのう・・・。

引用元-一人暮らしの王子様

いくら貯金していれば安心か

お金は貯めるのは時間がかかりますが、使うのは一瞬……なのです。
金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成25年)」によりますと金融資産の保有額の平均値は1,101万円!
20~30代でここまでの資産をお持ちの方は稀です。
でも、お金がたくさんある事が良いとは限りません。“必要とする時に、必要なお金が準備できている”その状態が幸せな状態だと、著者は考えています。
今回は、ファイナンシャルプランナーである著者が20代~30代の子育て世代のライフプランに合わせた適正貯蓄額と貯蓄のポイントをお伝えいたします。

いくら貯めていれば、安心?

私が今までご相談を受けた20代~30代の方の毎月の貯蓄額は、一人暮らしだと2万円、実家暮らしだと5万円~8万円が平均的な値です。
これにボーナスがある方はそれを含めて、年間の平均的な貯蓄額は、一人暮らしだと30~50万円、実家暮らしだと60~100万円になります。
単純に計算すれば、5年勤めた場合の貯蓄残高は、一人暮らしだと150万円~250万円、実家暮らしだと、300万円~500万円になるという訳です。

引用元-woman money

ちなみに一人暮らしを始めるときにかかる費用は?

もろもろの費用を足すとどうなる・・・?

・家賃:7万円(※ちょっと高めに設定してます)
・敷金礼金:21万円(敷金)+14万円(礼金)
・光熱費:1万円
・家具や電化製品:10万円
・引越し費用:4万円
・初月の生活費:10万円

合計 67万円という結果になりました。
ちょっと多めに見積もっているとはいえ、 一人暮らしをスタートさせるのに50万円は必要です。
もちろん仕事をしているのかどうかでも変動しますが、仕事をしていない場合は、最低6ヶ月の生活費(家賃や光熱費、食費など)は+して持っておいたほうがいいですね。

引用元-目指せ1000万円!20代OLぞえちの貯金ブログ

まとめ
いかがでしたか?毎月節約をしてコツコツためることが大事のようですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ