日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

新車の購入にはどれくらいかかる?諸費用について

      2016/06/04

新車の購入にはどれくらいかかる?諸費用について

新車を購入するときは車両本体価格だけでは購入はできません。車両本体価格に加えて諸費用がかかります。諸費用とはどのようなものなのでしょうか。今回は新車購入時の諸費用について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

スポンサーリンク

新車の購入にかかる費用とは

クルマは車両本体価格だけでは買えない?

クルマには車両本体価格というものがあります。これはそのクルマに設定されたクルマ本体の価格をいいます。
例えば、選んだクルマにカーナビやオーディオ、タイヤやホイール、エアロパーツなど追加で装着できるオプションを選択した場合、 これらがオプション価格として加算されますので、「車両本体価格+オプション価格」が購入時の目安となるわけですが、 実はこれだけではクルマは購入できません。

この目安となる価格に「諸費用」をプラスしたものが実際に新車でクルマを購入する際の全体の費用となるのです。
クルマを購入するための予算を考える場合は、諸費用の部分まで考慮する必要があります。

引用元-HONDA

新車購入にかかる税金

税金

■ 自動車取得税

クルマの購入時のみに払う税金(地方税)です。車両本体とオプショナルパーツとの合計額から一定の金額を控除した価格(車両取得価額)に応じて定められており、その税率は車両取得価額の3%(軽自動車と営業車は2%)です。

■ 自動車重量税

クルマの重量に応じてかかる税金(国税)です。車検の有効期間年数分を前払いしますので、新車を購入した時は、3年分を先に支払うことになります。

■ 自動車税

自動車税は、クルマを所有するとかかる税金(地方税)です。税額はクルマの排気量によって決まっています。自動車税は毎年1回支払いますが、新車購入時には、購入月の翌月から翌年3月分までの月割り額を支払います。ただし、軽自動車の場合は月割り制度がないため、購入年度には税金はかかりません。

■ 消費税

クルマの購入時には、車両本体価格とオプショナルパーツ、登録手数料(法定費用を除く)などに8%の消費税(国税)も必要となります。

引用元-NISSAN

新車購入にかかる諸費用

次にかかる費用は諸費用です。
諸費用って何?と思うかもしれませんが、主に登録にかかる費用などです。

登録費用

買ったクルマを自分の名義にする費用とその代行料がかかります。
主に印紙代ですがプラス代行料なのでお店によって多少の違いが出ます。
10,000円〜30,000円くらいが相場のようです。

車庫証明費用

車庫証明を取得するための費用ですが、この費用はお店に頼むと10,000円〜20,000円かかりますが、手続き自体は簡単なので自分で取得してしまえば2,000円〜3,000円くらいで済みます。
何度か警察署に足を運ばないといけないので手間はかかりますが、費用をだいぶ抑える事ができます。

納車費用

買ったクルマを自宅まで届けてもらう費用です。
当然お店まで自分で取りに行けばお金はかかりません。
ただ中には取りに行っても納車費用を請求してくるお店もあるようなので確認が必要かもしれません。
10,000円くらいが相場のようです。

下取り費用

購入時に下取り車がある場合は発生します。
名義変更や廃車費用という形で請求されるようですが、クルマを買い取ってもらう場合にはかかりません。

リサイクル料

自動車リサイクル法に基づき、購入時に支払うリサイクルの為の費用です。
クルマの種類で変わるようですが、10,000円前後が相場のようです。


引用元-MOBY

諸費用をカットして少しでも安く購入しよう

カットできる諸費用はこれ

車を購入すると、自動車税やナンバープレート代、自動車リサイクル料金などさまざまな費用がかかりますよね。
しかも、軽自動車でも20万円くらい、高級車になると100万円以上かかる場合もあります。
そのため、少しでも諸費用を減らすために、カットできるものはカットしていきましょう。

カットできる諸費用は、

・車庫証明手続き代行費用
・下取り査定料
・納車費用
・下取り車手続き代行費用

引用元-アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

実際にかかった諸費用の例(フィット、ワゴンR)

フィットでは諸費用が約202,000円、S2000では約357,000円とその差 155,000円です。原付1台買えますね(笑) 車両価格や排気量など上がるとその分諸費用にも響いてきます。
例に出したフィットのグレードは車重がちょうど1000kgということと、「低排出ガス車認定75%低減レベル」と「燃費基準+20%以上達成車」の自動車税と取得税の軽減があったので諸費用が約20万円となりました。他の同クラスの車の場合はあと数万円高くなると思ってください。
もう一つ例に出した軽自動車のワゴンRも諸費用が約13万円と安くなっていますが、車庫証明が必要な場合(お住まいの市町村によっては軽でも車庫証明が必要になることがあります)やオプションで車両価格が上がった場合など、もう少し諸費用計が高くなる場合があります。
新車を買う時に諸費用の細かい計算なんて考えたくない人は・・・
 ・軽自動車・・・諸費用は20万円以内
 ・200万円くらいの普通車・・・諸費用は30万円くらい
と、だいたい多めに考えて予算を組んでおくといいでしょう。
その他、任意保険料代がかかる場合もあるのでお気をつけください。

引用元-走り屋でない車好きのためのサイト

新車購入に必要な書類

新車を購入するときにはいろんな種類の書類が必要になるぞ

新車を購入する時に必要な書類は主に、

1.車庫証明書   車の保管場所を確認するために必要。
2.印鑑証明&実印  車に限らず正式な契約には必要なモノ。
3.委任状     登録手続きなどを代行してもらう場合。

これらが最低限必要となる。
また、車を売却する時などに必要になってくるものが、自動車検査証など。
これらは紛失しないように大切に保管して、できればコピーを取っておいたほうが安心だ。

引用元-月刊自家用車

まとめ
いかがでしたか?新車購入には結構な額の諸費用がかかることを覚えておきましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ