日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

新車の購入にはどれくらいかかる?諸費用について

      2016/06/04

新車の購入にはどれくらいかかる?諸費用について

新車を購入するときは車両本体価格だけでは購入はできません。車両本体価格に加えて諸費用がかかります。諸費用とはどのようなものなのでしょうか。今回は新車購入時の諸費用について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

新車の購入にかかる費用とは

クルマは車両本体価格だけでは買えない?

クルマには車両本体価格というものがあります。これはそのクルマに設定されたクルマ本体の価格をいいます。
例えば、選んだクルマにカーナビやオーディオ、タイヤやホイール、エアロパーツなど追加で装着できるオプションを選択した場合、 これらがオプション価格として加算されますので、「車両本体価格+オプション価格」が購入時の目安となるわけですが、 実はこれだけではクルマは購入できません。

この目安となる価格に「諸費用」をプラスしたものが実際に新車でクルマを購入する際の全体の費用となるのです。
クルマを購入するための予算を考える場合は、諸費用の部分まで考慮する必要があります。

引用元-HONDA

新車購入にかかる税金

税金

■ 自動車取得税

クルマの購入時のみに払う税金(地方税)です。車両本体とオプショナルパーツとの合計額から一定の金額を控除した価格(車両取得価額)に応じて定められており、その税率は車両取得価額の3%(軽自動車と営業車は2%)です。

■ 自動車重量税

クルマの重量に応じてかかる税金(国税)です。車検の有効期間年数分を前払いしますので、新車を購入した時は、3年分を先に支払うことになります。

■ 自動車税

自動車税は、クルマを所有するとかかる税金(地方税)です。税額はクルマの排気量によって決まっています。自動車税は毎年1回支払いますが、新車購入時には、購入月の翌月から翌年3月分までの月割り額を支払います。ただし、軽自動車の場合は月割り制度がないため、購入年度には税金はかかりません。

■ 消費税

クルマの購入時には、車両本体価格とオプショナルパーツ、登録手数料(法定費用を除く)などに8%の消費税(国税)も必要となります。

引用元-NISSAN

新車購入にかかる諸費用

次にかかる費用は諸費用です。
諸費用って何?と思うかもしれませんが、主に登録にかかる費用などです。

登録費用

買ったクルマを自分の名義にする費用とその代行料がかかります。
主に印紙代ですがプラス代行料なのでお店によって多少の違いが出ます。
10,000円〜30,000円くらいが相場のようです。

車庫証明費用

車庫証明を取得するための費用ですが、この費用はお店に頼むと10,000円〜20,000円かかりますが、手続き自体は簡単なので自分で取得してしまえば2,000円〜3,000円くらいで済みます。
何度か警察署に足を運ばないといけないので手間はかかりますが、費用をだいぶ抑える事ができます。

納車費用

買ったクルマを自宅まで届けてもらう費用です。
当然お店まで自分で取りに行けばお金はかかりません。
ただ中には取りに行っても納車費用を請求してくるお店もあるようなので確認が必要かもしれません。
10,000円くらいが相場のようです。

下取り費用

購入時に下取り車がある場合は発生します。
名義変更や廃車費用という形で請求されるようですが、クルマを買い取ってもらう場合にはかかりません。

リサイクル料

自動車リサイクル法に基づき、購入時に支払うリサイクルの為の費用です。
クルマの種類で変わるようですが、10,000円前後が相場のようです。


引用元-MOBY

諸費用をカットして少しでも安く購入しよう

カットできる諸費用はこれ

車を購入すると、自動車税やナンバープレート代、自動車リサイクル料金などさまざまな費用がかかりますよね。
しかも、軽自動車でも20万円くらい、高級車になると100万円以上かかる場合もあります。
そのため、少しでも諸費用を減らすために、カットできるものはカットしていきましょう。

カットできる諸費用は、

・車庫証明手続き代行費用
・下取り査定料
・納車費用
・下取り車手続き代行費用

引用元-アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

実際にかかった諸費用の例(フィット、ワゴンR)

フィットでは諸費用が約202,000円、S2000では約357,000円とその差 155,000円です。原付1台買えますね(笑) 車両価格や排気量など上がるとその分諸費用にも響いてきます。
例に出したフィットのグレードは車重がちょうど1000kgということと、「低排出ガス車認定75%低減レベル」と「燃費基準+20%以上達成車」の自動車税と取得税の軽減があったので諸費用が約20万円となりました。他の同クラスの車の場合はあと数万円高くなると思ってください。
もう一つ例に出した軽自動車のワゴンRも諸費用が約13万円と安くなっていますが、車庫証明が必要な場合(お住まいの市町村によっては軽でも車庫証明が必要になることがあります)やオプションで車両価格が上がった場合など、もう少し諸費用計が高くなる場合があります。
新車を買う時に諸費用の細かい計算なんて考えたくない人は・・・
 ・軽自動車・・・諸費用は20万円以内
 ・200万円くらいの普通車・・・諸費用は30万円くらい
と、だいたい多めに考えて予算を組んでおくといいでしょう。
その他、任意保険料代がかかる場合もあるのでお気をつけください。

引用元-走り屋でない車好きのためのサイト

新車購入に必要な書類

新車を購入するときにはいろんな種類の書類が必要になるぞ

新車を購入する時に必要な書類は主に、

1.車庫証明書   車の保管場所を確認するために必要。
2.印鑑証明&実印  車に限らず正式な契約には必要なモノ。
3.委任状     登録手続きなどを代行してもらう場合。

これらが最低限必要となる。
また、車を売却する時などに必要になってくるものが、自動車検査証など。
これらは紛失しないように大切に保管して、できればコピーを取っておいたほうが安心だ。

引用元-月刊自家用車

まとめ
いかがでしたか?新車購入には結構な額の諸費用がかかることを覚えておきましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ