日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

大学生の財布の中身はいくらぐらい?大学生の金銭事情とは

      2016/12/28

大学生の財布の中身はいくらぐらい?大学生の金銭事情とは

大学生になるのをきっかけに親元を離れて一人暮らしをする人は多いですね。その場合は自分で生活費をやりくりしないといけません。大学生の財布の中身はいくらくらい入っているのでしょうか。今回は大学生の金銭事情を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

床のフローリングの種類は?シートタイプのメリット・デメリット

フローリングの床の種類にいくつかあります。最近よく使われてい...

小6女子の平均身長は?成長期はいつまで?

身長はいつまで伸びるのでしょうか?女子は大体小6頃に成長のピ...

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

スポンサーリンク

大学生が一人暮らしにかかる費用は

一人暮らしの大学生の学費と生活費

日本学生支援機構の「平成24年度 学生生活調査について」を見ると、下宿やアパート、その他に住んでいる学生の年間平均支出額は2,185,100円となっています(実家暮らしの学生の支出額は1,680,000円です)。
このうち約半分の1,090,100円が学費(授業料・学校納付金・就学費・課外活動費・通信費)。残る1,095,000円が純生活費ということになります。
純生活費を月割に換算すると91,250円。つまり平均的な一人暮らしの学生は、月90,000円超で生活のやりくりをしているということになります。

引用元-キャリアバイト

大学生のバイト収入は?

大学生のバイト収入は減少傾向

ベネッセ教育総合研究所によると、大学生の1か月の収入は、約8万円。
そのうち、アルバイトによる収入については1か月の平均収入金額は2.7万円となっています。残りは、保護者などからの仕送り、奨学金がそれぞれ2.7万円、2.4万円となっています。また、約46%の学生の収入は、月に2万円~6万円までの間です。

仮に時給850円だとすると、アルバイトで2.7万円を得るためには月に32時間ほどアルバイトをしなければなりません。
なお、この平均収入は、実家で生活している人、一人暮らししている人、学生寮で生活している人の全体のデータです。実家で生活している学生は、仕送りやお小遣いは少なめ、アルバイトでの収入が少し多くなる傾向にあります。
逆に一人暮らしをしている学生は、仕送り、奨学金の割合が多くなっています。
ここ1,2年は景気が回復傾向にありますが、2011年には東日本大震災があり、様々な方面に大きな影響が出た結果、その後、家庭の経済状況が厳しい学生が多かったのではないえしょうか。奨学金の受給率が上昇傾向にあるのも、学費に関して余裕のない家庭が増えている可能性があります。

引用元-マイベストジョブの種

大学生の財布の中身はいくら?

今調査は2015年10月2日から8日にかけて、携帯電話を用いたインターネット経由で20代男女に対して行われたもので、有効回答数は1000件。男女比・20代前半と後半の仕切りで均等割り当て。調査協力機関はネットエイジア。

就業者、あるいは大学生などにおいて、不意の出費にも即時対応できるよう、財布の中には常に自分の年齢×1000円分の現金を納めておくべきとの話がある。
分かりやすい形での所持金額に関する習わしのようなものを示したものだが、実際のところはどのような所有状況なのだろうか。普段財布に入れている金額を尋ねたところ、ボリュームゾーンは3000円から1万円との形となった。全体平均では8386円との値が出ている。
中にはゼロ円とのつわものも居るが、1万円以下に8割以上が収まっている。普段万札が入っている人は少数派となる。直上で触れた「普段から年齢×1000円」は、少なくとも今の20代には通用しないのが実情。

引用元-ガベージニュース

財布の中身は電子マネーの普及で変化

現金以外の支払い方法として、普段使いしている電子マネーは何種類あるか聞いたところ、「1種類」が36.1%、 「2種類」が20.9%、「3種類以上」が12.9%となり、それらを合計した『電子マネーを普段使いしている』割合は、7割(69.9%) となりました。
電子マネーは20代に広く受け入れられ、利用されている様子がうかがえます。

次に、現金払いや電子マネー払いに関連する意識について聞いたところ、
<財布の中の小銭はなるべく少なくしたい>との意識では、 『そう思う』(「非常に」+「やや」)が71.6%となりました。現金払いをするとお釣りに小銭が増えやすくなった“消費税8%”が、電子マネーの利用を後押ししたのかもしれません。
また、<ポイントがつくので、なるべく現金より電子マネーを使いたい>では、『そう思う』が全体で52.3%、電子マネーを普段使いしている方では62.4%となり、
<持ち歩くのは、現金より電子マネーの方が安全だ>では、『そう思う』が全体で32.1%、電子マネーを普段使いしている方で37.1%となりました。ポイントや安全面のメリットは実際に普段使いしている方からの評価が高いようです。
さらに、<支払いでもたつくと、後ろの人を待たせていないか不安だ>と思うかどうかについてみると、『そう思う』が4人に3人の割合 (75.2%)となりました。現代の若年層は、過剰に“空気を読む”世代だと評されることもありますが、20代の気遣いの心理も電子マネーの普及に影響しているのではないでしょうか。
そのほか、<最悪、現金がなくても電子マネーで生活できる>では、『そう思う』が全体で28.4%、電子マネーを普段使いしている方で31.7%となりました。 電子マネーだけで生活周りの支払いが完結すると考える方も少なくない割合で存在し、電子マネーの利用環境が整ってきている状況がうかがえました。

引用元-リサリサ

デートの時の財布の中身は男女で違う

デートのとき、財布にいくら入れて行く?デートの予算に男女の違い

1位は男女ともに同額!しかしこんなところに違いが…

男女別に差が出るかと思いきや、両者ともに「10000~15000円」が最多という結果に。
今どき、デートの予算に男女差なんてないのかもしれませんね。
しかし注目してほしいのが、2位以降が男女それぞれまったく違う金額に集中している点。男性の2位は「3万円以上」(19.2%)、3位が「15000~20000円」(13.4%)であるのに対し、女性は2位「7000~10000円」(22%)、3位にいたっては「3000~5000円」(13%)でした。

財布の中身で、そのデートへの期待値が分かる?

男性の2位である3万円以上というのは、「何があっても、とりあえず対応できる金額」と言えるのでは。男性のデートに対する期待感や責任感が表れていますね。

一方、女性の3位である3000~5000円は、飲食店ならせいぜい1軒目のみの予算、しかも自分の食事代ギリギリの金額。「お金がないから1軒目で帰るね」という言い訳を狙っているのか、はたまた必要最低限の金額しか持ち歩かないことで、自分の市場価値をアピールしたいのか……。

財布の中にも、男女の駆け引きが見て取れる結果になりました。さて、皆さんの財布には、いくら入っていますか?

引用元-ぐるなび

財布を上手に管理するには

財布を上手に管理する方法3つ

それこそひと昔前は、“財布の中身は年齢×1,000円が理想”といわれていたよう。
でも、最近はクレジットカード、電子マネーと、現金を持ち歩く必要がなくなりましたよね。
なかには節約のために、わざと財布の中身を少なくしている女子もいるのでは……?
いずれも財布の紐をしっかりとしめることが、懐の温かさにつながりそう。
そこで今回は、『gooランキング』の「お金がたまらない人の財布の特徴ランキング」を参考にしながら、財布を上手に管理する方法を考えてみました。

(1)月に使うお金を決めて財布に入れる

月に自由に使うお金は、予め決めておいた方がお金の管理がしやすいです。
何にいくら使ったのか、簡単なメモ書きを残しておきましょう。
そうすれば簡単に収支管理ができ、節約につながりますよ。

(2) お札の向きをきちんと揃える

「仕事のできる人は整理整頓が上手!」と、聞いたことはありませんか?
仕事ができる人は高収入の可能性が高いもの。いわばお札の向きを揃えられるかも、日頃から整理整頓をする癖があるかと考えてみて。
収支管理がきちんと出来ているからこそ、お札の向きを揃えられる可能性も高いので、気にしたことのない女子はぜひ注意してみましょう。

(3)ポイントカードを詰め込み過ぎない

ポイントカードの溜め込み過ぎで、財布が厚くなっているなら、レシート、領収書、小銭もいっぱいになっている可能性が高いはず。
財布の管理がずさんな人は、ほかのお金の管理もしっかりと出来ていない可能性があります。定期的に財布の中身を整理して、常にスッキリした状態にしておきましょう。

引用元-Peachy

まとめ
いかがでしたか?電子マネーの普及で財布の中身も変化しているようですね。

twitterの反応

 - 進学・就職

ページ
上部へ