まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

中学と高校の違いとはなんなのか

      2016/12/28

 - 進学・就職

高校受験に向けて日々努力しているかと思います。中学校を卒業し高校へ入学する場合、期待や不安などがあるのではないでしょうか。中学と高校では、勉強や学校生活の違いはどのようなものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

大学の工学部へ進学したいが評判は?

大学の工学部へ進学を希望するとき、気になるのが難易度や評判です。志望した学部では何を学ぶのか、評判はどうなのか、就職の際にどの様な影響があるかなど気になるところです。

奨学金の返済が始まったら生活が苦しい

大学へ進学する学生の半数以上が奨学金を借りています。今問題となっているのが、卒業後の返済です。返済に耐えられる所得が有れば問題にはならないのですが、状況によっては生活が苦しくなります。

30歳代で中小企業に勤務していると気になる年収

30代になると将来の事を考えるようになります。そこで、気になってくるのが年収です。今もらっている収入は中小企業なら妥当なのだろうか?状況によって内容は変わってくるでしょうが、気になったので調べてみました。

大学生の財布の中身はいくらぐらい?大学生の金銭事情とは

大学生になるのをきっかけに親元を離れて一人暮らしをする人は多いですね。その場合は自分で生活費をやりくりしないといけません。大学生の財布の中身はいくらくらい入っているのでしょうか。今回は大学生の金銭事情を調べました。

受験する大学・学部が決まらない!

大学への進学は決めているけど、肝心の大学と学部が決まらない…。そんな悩みを持つ高校3年生が、実は結構多いのだとか。どうやって志望大学・学科を決めたらいいのか、ヒントになることをまとめてみました。

退職したらハローワークへはどのタイミングで行けば良いのか

退職の理由もあるでしょうが、会社を退職したらほとんどの人はハローワークへ行くと思います。どのタイミングでハローワークへ行くと良いのか調べました。

大学の卒業式は欠席しても大丈夫?

いよいよ大学を卒業する事になり、卒業式の案内が来ました。でも卒業式は高校と違って、知らない人ばかりで心配。また、イレギュラーでどうしても欠席せざるを得ない状況になるかも知れません。欠席したら何か不都合は有るのでしょうか?

大学通信教育は卒業する難易度が高いってホント?

高校時代、散々遊んでいて、社会人になってから突然学業に目覚める事はありませんか?仕事をしているので、大学の通信教育を受けようと思いますが。どうやら、入学は簡単でも卒業するほうが難易度が高いらしいです。

大学の推薦入試と合格について

大学受験のために日々勉強を頑張っていられるかと思います。入試の中には推薦という方法がありますが、推薦にも種類がありますが、推薦入試の仕組みはどういったものなのでしょうか。その他にも、合格率や合格後について詳しく調べてみました。

浪人で面接対策と大学受験

現役の時とは違って、浪人すると面接で何を聞かれるのかが気になります。当然、浪人していた期間の事とか、どうして浪人する事になったのかは聞かれる事でしょう。不安を払拭出来ればと思い調べました。

アルバイトとパートの違いってなに?

アルバイトの仕事を探しているとパートは沢山有るんだけれどなぁ、なんて事があります。アルバイトじゃダメなのかなぁ、そもそもアルバイトとパートの違いって何なんだろうと思って調べてみました。

50代の女性が職場で働くために注意する事

50代の女性に限りませんが、職場の人間関係で悩む事は良くあります。しかも、よかれと思って言ったことが嫌みに取られたり、更年期が原因で誤解されたりします。職場で良好な人間関係を続けるために大事なことは何か調べました。

中学校ってどんなところなのか

*「勉強・授業」について*

皆さんがやはり1番気にしているのが「勉強」でしょう。中学校の勉強はやはり難しくなります。進む速さも速くなります。これはみなさん知っていることだと思います。でも大丈夫です。先生方は1年生が中学校の勉強になれていないことは分かっています。いきなり最初からどんどん速いことはないと思います。(先生によりますが)たしかに速いと感じるかもしれません。でも、それに慣れなければ中学校ではやっていけません。心配しなくても自然と慣れるので大丈夫です。勉強は苦手なところが出てくると大変です。1年後2年後必ず苦労します。なので見つかった時点で先生に聞きに行ったり友達に聞くなどして早めに無くしましょう。

*「定期テスト」について*

定期テストは学校によって回数は違いますがだいたいが1年間で3~5回くらいです。これは成績を大きく左右する大事なテストです。でも授業をしっかり聞いて理解していれば出来る問題です。やったことがない問題は出ないんです。ワークだったり教科書だったりプリントだったりで必ずやってるはずです。しっかり見直しをしていい結果を残せるよう頑張りましょう。

*「友達」について*

「友達ができるか心配」と思ってる人はたくさんいると思います。でもそれは自分だけではありません。みんな思っています。席が近くなった人などにどんどん声をかけましょう!声をかけてもらって嫌だなと思う人はいないでしょう。

*「いじめ」について*

中学校で出会う友達の中には小学校では出会わなかったような性格の人などたくさんいます。自分とは合わないと思う人も出てくると思います。それは仕方のないことです。ですが「嫌いだから話さない」というのはまだ心が小学生のままという証拠です。小さい子のイヤイヤと同じです。その人にだって必ずいいところ、素敵なところはあります。部活内にもさまざまな子が集まってきます。「あいつキモいからみんなでシカトしよう」なんて考えないでください。いじめはあってはいけないもの。他の人がいじめを始めたとしてもその輪には入らないでください。

引用元-中学校ってどんなところ??~春から中学生になる人へ~ – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク

  人気記事

高校とはどんなところなのか

一方「勉強」は、ただ単に内容が難しくなる、というだけではないんだ。例えば、高校の授業では「選択科目」の割合がとても多くなる。選択科目とは、勉強するかどうかを「自分」で責任を持って決める科目のこと。「好きに決められるなんてラッキー」なんて喜んだ人、ちょっと待って。「自分で決める」ってことは、「自分から勉強しないと、何も進まない」ということでもあるんだよ。選択科目だけではなく、高校の勉強はすべての科目が「自分で学ぶ」ことが前提となっている。高校の先生は「コレを勉強しなさい」とは言ってくれない。だから、今のうちに「集中力」と「バランス感覚」を身につけて、自分で勉強を進められるようになっておくことが大切。そうしないと、高校に入って、「アレレ?こんなはずじゃ…」って、慌てることになるかも…!?

引用元-第4回 高校ってどんなところ? | 僕らの未来につながる今 | 特集記事 | 13歳のハローワーク 公式サイト

中学校と高等学校(高校)の違い

中学校と高等学校の違いを法的観点と外面的観点と内面的観点で分類すると、
①法的観点…中学校は義務教育〔中等教育〕、高等学校は非義務教育〔高等教育〕。
②外面的観点…授業のカリキュラムが、中学校は基礎的〔中等教育〕、高等学校は専門的〔高等教育〕。
③内面的観点…中学校では自主的に動かなくても先生が何とかしてくれる。高等学校では自主的に動くことが多く、そうした人には先生方はより良く面倒を見てくれるが、そうでない人に対しては事務的にしか面倒を見てくれない。
④その他…中学校より高等学校の方が自由が多い。法に触れることをしでかすと退学処分が、中学校では下されないが高等学校では下される。停学は警察沙汰になれば、中学校では考慮のうえ下されるが、高等学校はすぐに下される。

高等学校の方が、責任の取り方が、より大人扱いされるということです。
中学校のうちに大人になるための学習や訓練をしっかりしておくことが大切です。とにかく、中2であるあなたは、いま中学校でできることを一生懸命やることが大事だと思います。高等学校は当然、中学校を卒業してきた生徒を受け入れるのですから、きちんとやってきたと思って高校生活を送らせるわけです。
心と体の観点からも考えて、中学校は小学校の延長上にある、高等学校は中学校の延長上にあるという言い方もできます。

引用元-【中学校と高等学校(高校)の違いってなんですか?】 – 私は中2です。ある時ふ… – Yahoo!知恵袋

中学校と高校の四つの違い

1.生活面での違い

中学校と高校の違いの一つ目は生活面です。具体的には、通学時間の変化と部活の必須化です。中学校までは基本的に自宅から最寄の中学校に進学するため、ほぼ全ての生徒が同一の通学時間を要し、通学時間も短く済みます。しかし、高校になると、自宅と高校との距離が関係なくなるため、基本的には通学時間が長くなる傾向にあります。また、部活も基本的には必須となり、一日の平均部活動時間は115.7分です。したがって、高校生活では、自由に使える時間が中学生活に比べて少なくなるといえます。

2.学習面での違い~課題の量~

中学校と高校の違いの二つ目は学校から出される課題の量です。中学校では各授業で課される宿題以外これといって課題は出されませんが、高校では違います。授業での課題とは別に週末課題というものが出されるため、これに費やす時間が必要になります。また、土曜授業も行われるため、各授業での課題自体も増加することになります。

3.学習面での違い~受験に必要な学習量~

中学校と高校の違いの三つ目は受験に必要な学習量です。まず、高校受験と大学受験では、入試に必要な科目の数自体に違いがあります。具体的には高校入試に必要な科目が5教科であるのに対し、大学入試(国公立大入試)に必要な科目は原則5教科7科目です。
また、当然各科目での学習量も増加します。具体例を挙げると、高校入試に必要な英単語が1200語であるのに対して、大学受験では受験する大学の難易度にもよりますが4000~6000語の英単語が必要になります。

4.学習面での違い~カリキュラムの速度~

中学校と高校の違いの四つ目は学校でのカリキュラム速度です。具体的には、最終学年でカリキュラムが修了する科目数及び各単元の学習量の違いと高校間でのカリキュラム速度の違いです。

まず前者について、中学校・高校を問わず、基本的には最終学年まで各科目のカリキュラムが進行します。しかし、高校での学習は、前述のとおり科目数・学習量共に中学校のそれを大きく上回るため、結果的に受験直前までカリキュラムが進行する科目数と学習量が膨大になってしまいます。また、公立高校入試が3月であるのに対して、大学入試センター試験は1月に実施されます。したがって、カリキュラムが修了してから入試までに仕上げなければならない学習項目が非常に多くなる一方、それにかける時間が短くなるという現象が生じてしまいます。

つぎに後者について、高校ではそれぞれの高校が独自のカリキュラムを設定しているため、例えば同じA大学を目指す二人の生徒がいて彼らが別の高校に通っている場合、二人がこなさなければならない学習量は同一であるのに、その準備期間が変わってしまい、結果的にカリキュラム進度が遅い高校に通う生徒は準備期間が短くなってしまうということも起こり得ます。

引用元-すぐにわかる!中学校と高校の四つの違い。PART1 | 東セミ通信

中学と高校の勉強の違い

簡単に言うと、中学までなら才能だけでなんとかなる。しかし、高校は才能だけではどうにもならない。進学校に合格した生徒の中には、「中学までは(英単語を)練習しなくても自然に覚えたのに、高校では覚えられない」と言う子がいる。

これは何も高校に入って記憶力が低下したわけではない。高校の教科書や課題に出てくる単語が、難しくなり量も増えたというだけのこと。中学で習う単語はスペルが短いものが多いし、数が少ないので、教科書の文章を作る際に以前に出た単語を繰り返し使うことになる。必然的に、少し記憶力のいい子なら特別な練習をせずとも覚えてしまう。

一方、高校英語は単語の数が一気に増えるので、意識せずとも自然に覚えるというのはまず無理。この違いを理解して勉強方法を変えていかないと高校の授業についていけなくなる。

しかし、中学時代はとりあえず結果は出ていた勉強方法を変えるのはなかなか難しい。塾に通い、講師からアドバイスを受けても言われた通りに勉強する子は少ない。成績を伸ばすには、自分の置かれている状況を正確に把握し、その状況を改善するための対策を立て、それを実行すること。そして、指導者の言うことには素直に従うこと。

才能だけで進学校に入った子が努力することを覚えれば、努力してなんとか合格した子よりも伸びしろは大きい。親からもらった才能を無駄にすることなかれ。

引用元-中学と高校の勉強の違い

まとめ
高校はとても楽しい場所です。たくさんの思い出を作っていきましょう。

twitterの反応

 - 進学・就職