日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

インターネットで自分のサイトを開設!検索ヒットする方法は?

      2016/06/07

インターネットで自分のサイトを開設!検索ヒットする方法は?

今は自分でも簡単にインターネット上でホームページを開設することができます。しかし開設したはいいものの、多くの人にアクセスしてもらうにはどうしたらいいのでしょうか。今回はインターネットの検索でヒットする方法を知らべました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

彼女が好きって言わないのはなぜ?好きと言わない彼女の心理とは

付き合いだしたのになかなか好きと言ってくれない彼女の心理とは...

中途採用は狭き門!?大学の職員に転職するには

大学職員は大学の運営を広くサポートする仕事です。年収もよく、...

ANAとJALはどっちがお得?目的別の比較

日本の航空会社の大手といえばANAとJALですね。この二つの...

PS3とPS4を買うならどっち?

PS3とPS4のどちらを買うか悩んでいませんか?PS3とPS...

大学を中退したけれど再入学はできますか?

2014年に文部科学省が大学中退者の実態を公表しました。年間...

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因...

髪を切り過ぎた…!切った後悔から一刻も早く立ち直る方法

心機一転髪を切ったのは良いけど、イメージと違う…。隠しようが...

洗濯洗剤・柔軟剤の正しい入れ方と使い方

皆さんが使っている洗濯洗剤は、粉タイプですか? 液体タイプで...

左利きでAB型の性格ってどんなですか?

血液型は性格に反映されのでしょうか?とても気になるところです...

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

スポンサーリンク

インターネットの検索エンジンとは

検索エンジンはプログラムの一種です。多くの場合は、それを保有しているサイトのサービスを総称して言うようです。

検索エンジンは、一定の周期でクローラーといわれるプログラムで全世界のウェブサイトを巡回し、立ち寄ったウェブサイトの情報を前もって自身のサーバーに保管します。
そして、ユーザーによって検索エンジンが使用された際(検索された際)に、その検索言(キーワード)にマッチした情報をサーバーの中にある情報と照らし合わせます。
この際、検索エンジンは、独自の基準(アルゴリズム)によって表示の順番を決め、結果を表示します。

検索エンジンの種類

検索エンジンには2タイプとそれを複合したタイプの3タイプがあります。

1.ディレクトリー型検索エンジン
2.ロボット型検索エンジン
3.ハイブリット型検索エンジン

ディレクトリー型とは、Yahoo!japanを代表するような手作業によって登録情報を区分した ものと、登録する本人がカテゴリー(ジャンル)を指定して登録したものがあります。
ロボット型とは、Googleを代表するように、その会社が作ったソフトによって、ネット上の情報 を区分したものです。
ロボット型というのは、クローラーと呼ばれるプログラムが定期的にウェブ上を巡回し、登録されたサイトの情報をキャッシュ(保管)してそれらの情報を集め巨大なデーターバンクにしたものを、検索されたキーワードと照ら合わ合わしマッチしたサイトを検索結果として表示します。
これは決して最新の情報ではなく、たとえば1月にとった自分の写真を2月に見ると、今と髪の長さは違うハズ…といった具合に、通常検索結果に最新の情報は反映されないようです。

また、上記の両方の弱点を補ったハイブリット型といシステムをyahoo!japanなどが採用しています。
これは、デレクトリー型と、ロボット型の両方の検索結果をあわせて表示するシステムです。
ただし、Googleにもディレクトリサービスはあり、最近ではそのディレクトリサービスに登録されている見出し文章が、ロボット型で検索した場合に表示されるようです。

検索エンジンは万能ではない

皆さんがお使いの検索エンジンで表示されるHPは、ネット上にある全てのHPが対象になっているわけではありません。
検索サービスを提供しているサイトは沢山あるので、そのうちのどの検索エンジンを使うかで検索結果が違ってきます。
検索エンジンに登録したからといって、全ての人達の検索対象になるわけではなく、 基本的には、自分が登録した検索エンジンを使って検索した人の結果にのみあなたの情報が反映されるわけです。

ただし、最近ではかならずしもそうではなく、ロボット型検索エンジンなら、あなたのサイトへリンクしているページをたどって、あなたのサイトをインデックスします。

検索でヒットする仕組み

ディレクトリー型検索エンジンで検索した場合はもちろん、その検索エンジンに前もって登録されている必要があり、表示される上下の位置に関しては個別のルール(アルゴリズム)があるようです。
ロボット型でヒットする仕組みは以下のとおりです。

1.登録をしている
2.検索でヒットするサイトからリンクされている
3.検索語に対して登録されているHPの内容が合致している

実は1をしていなくても、2をたどってクローラーが巡回して、そのままキャッシュされるようです。
この3つはあくまで基本であり、検索結果で上位にヒットさせる為の要素は別に沢山あります。
それを総称してSEOとよび、いまやウェブサイトを持っている人には欠かせない検索エンジン対策なわけです。

引用元-初めての検索エンジン対策(SEO)

検索でヒットさせるにはまずは認識してもらう

生まれたてのWebサイトの存在を検索エンジンは知りません。「生まれましたよ!私のWebサイトはここにいますよ!」と、まずは産声をあげて、その存在を知ってもらうことが必要です。

検索の対象に入っているかどうかは、「site:あなたのドメイン」で検索してみてください。ドメインはWebサイトのURL(アドレス)から「http://」を取り除いた部分です。ウェブさえの場合なら「site:websae.net」で検索します。

検索の対象に入っていれば、あなたのWebサイトのページが検索結果に並びます。何も表示されなければ、対象に入っていないことを意味します。その場合の対策は以下の2つが挙げられます。

・検索エンジンへURLの登録
・XMLサイトマップの登録

検索エンジンへURLの登録

URLはホームページのアドレスのことです。
URLを登録することによって、検索エンジンにWebサイトの存在を認識してもらえます。

XMLサイトマップの登録

XMLサイトマップは、あなたのWebサイトの設計図です。登録すると検索エンジンにWebサイトの構成を把握してもらえます。
どちらか一方を行うだけでも検索にヒットするようになるでしょう。

※どちらもGoogleウェブマスターツールへの登録(無料)が必要になります。

引用元-WEBSAE

自分のサイトがインターネットで検索される方法

検索エンジン上位に上げる方法はいわゆる「SEO対策」と言う基本的なテクニックを応用することになります。

特に多くの人が使うGoogleやYahoo!は独自の方法でサイトを確認し、一定の評価を得たサイトから順番に表示されると言うしくみです。

確かに仰る通り、「先行者利益」のような物で、誰よりも早く立ち上げた人の方が有利になりやすいのは事実ですが、後続が1ページ目に上がれないと言うことは決してありません。
いち早く立ち上げた人よりも質の高い記事を用意する、多くの人(サイト)に評価される(リンクを貼ってもらえる)物であれば、しっかりと検索エンジンはそのことを見てくれるので、1ページ目に上がる事だって不可能ではありません。

クリック数というのはあまり重要視はされておらず、他者からの評価は、そのサイトに貼られているリンク数で決まる傾向にあります。
詳しくは「SEO 被リンク」などで検索して貰えば分かるかと思います。

誰よりも早く上質な記事を書き上げ、多くの人に評価されているサイトを立ち上げられた場合はかなりの苦戦を強いられることにはなりますが、努力やテクニック次第で誰にでも上位表示のチャンスはありますよ。

引用元-YAHOO!知恵袋

検索ヒットされるためには労力が必要

SEOはタダではない

「SOEは0円で出来る広告」という誤解をしている方がおられると思いますが、そんな発想は今すぐ捨てましょう。
たとえ広告業者や印刷業者に費用を払わなくても、SEOにはかなりの時間がかかる為、相応の人件費が必要です。それに割いている時間を別の事に費やし、部分的であっても、SEOはプロにまかせるという選択肢もコストマネージメントととして重要です。その分、早期に効果が得られ結果的に業績でコストをカバー出きるワケです。
そもそも、SEOをしても業績が伸びないようなサイトなのであれば、まずサイトの再構築をご検討下さい。

キーワードを決める

さて、前置きは長くなりましたが、検索で引っかかる為には、まずどのような語句(キーワード)で検索されたいかを決める事が重要です。新規に客を獲得したい場合は、その見込み客が何をキーワードにしてお店を検索しているのかを考えて見ましょう。屋号をキーワードにすると、そのお店を知らない人達、例えば業種と地域に絞り「心斎橋、焼き鳥屋」と検索するような人をお店に呼び込む事は出来ません。

こうして、キーワードの選定をする場合、キーワードアドバイスツールというものを使えば、最近ネットでどのようなキーワードが使われているのかを検証する事が出来ます。いちばん見込みのあるキーワード選定するのにとっても重宝します。また、自分が思ってたほど、自分の店に合う検索語が使われていない事を知るいい機会とも思います。

キーワードとは、名の通りそのページにおける鍵となる言葉ですので、厳選するのも重要なポイントです。
あまり色々作ってしまうのは逆効果で、営業内容、肩書きを象徴するような「ビックキーワード」と、地域や特徴を示す「スモールキーワード」の2つと、屋号を含め3個くらいが妥当な線だと思います。

引用元-初めての検索エンジン対策(SEO)

不正な方法で検索エンジンを騙さないように

検索エンジンをだますための不正なリダイレクト

不正なリダイレクトとは、特定のURLにアクセスしようとしたユーザーを、自動的に別のURLに移動させることです。ホームページへのリンクをクリックすると、一瞬そのページのURL(ページアドレス)が表示されますが、自動的に別のページへリダイレクトされます。このテクニックは、異なるドメイン経由で、検索結果に表示される回数を不正に増やすため利用されます。
Googleのクローラーは、実際にユーザーに表示されるページとは異なるページを認識するため、ページランクに誤りが発生します。
しかし、全てのリダイレクトがスパムとみなされるわけではありません。Googleにきちんと認められているリダイレクト方法もありますので、Googleのウェブマスターガイドラインをご覧下さい。

テキストやリンクを隠す

テキストやリンクが検索エンジンにのみ認識される場合、これはスパム行為とみなされることがあります。スパムとみなされる隠しテキストには以下のテクニックが含まれます :
・ウェブページの背景色と同じ(またはほぼ同じ)色のテキスト
・ページで非表示と設定されているエリアに配置されているテキスト
・インターネットユーザーにとって読めないほど小さいフォントを使ったテキスト
・画像に重なっているためサイト上では見えないテキスト

テキストだらけのウェブデザインにしたくない場合、上記の方法は都合が良くみえるかもしれません。しかし、インデックスされなくなったり、ランキングが下がったりする原因にもなりかねませんので、注意しましょう。

キーワードをページに詰め込む

コンテンツの価値もなく、同じキーワードを何回もページ内で使用すす行為は「キーワードの乱用」とみなされます。文脈やコンテンツに配慮せず、サイトのランキングを操作したいがために、キーワードを多用することは、全くユーザーのためにならず、同時にSEOにも悪影響を及ぼします。

クローキング

これはウェブサイトが、サイト訪問者が人間なのか検索エンジンボットなのかを見分けて、それぞれに異なるコンテンツを発信する不正なテクニックです。

誘導ページ

特定のキーワードに対するアクセスを増やすために作られた質の低いページのことを指します。誘導ページでは、同じキーワードが何度も繰り返し使用され、検索エンジンにキーワードとの関連性の高さをアピールしようという企みです。たいていの場合、誘導ページは、目的のホームページへのリンクを含むか、自動的にリダイレクトされるように設計されています。どちらにしても、誘導ページはSEOの不正行為とみなされます。

リンクを販売

お金を払ってリンクを掲載してもらう行為は、ページランクを上げるために行われてきた手法ですが、これらのテクニックは検索エンジンの信用を失ってきており、不正とみなされるいます。質の低いディレクトリやウェブサイトへのリンクも対象となることがあります。

引用元-Wix

良質なコンテンツを提供することが大事

他のサイトから自分のサイトへの高品質で関連性の高いリンクを作成してもらう最善の方法は、インターネット コミュニティで自然に人気を獲得する、関連性の高い独自のコンテンツを作成することです。良質なコンテンツを作成すると、それが利益につながります。リンクは編集者による人気投票のようなもので、役立つコンテンツの数が多いほど、誰かがそのコンテンツが自分のサイトのユーザーにとって役立つことに気付き、リンクを作成してもらえる可能性が高くなります。

引用元-Google

まとめ
いかがでしたか?検索で上位に来るには労力が必要なようです。だからといって不正なことはしないようにしましょう。

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ