日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ブルーレイとDVDの変換やダビングのやり方

      2016/06/09

ブルーレイとDVDの変換やダビングのやり方

ブルーレイやDVDで動画を観ることができます。しかし、DVDで観たい場合やブルーレイで観たい場合など様々だと思います。そのような場合に変換することはできるのでしょうか。また、ダビングについても調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

喪中の相手に年賀状を出してしまった!どうしたらいい?

喪中の場合は年末になると事前にはがきを出して、喪中であること...

スポンサーリンク

DVDとブルーレイとの違い

ブルーレイとDVDの違いですが、
・ハイビジョンで記録できる
・DVDの5倍の容量
が、あげられます。

最近では、DVDにハイビジョン画質で録画できる、AVCHD方式が誕生しましたが、DVDにはせいぜい1時間しか記録できません。しかも、無圧縮で保存はできません。ブルーレイには、地デジで放送された映画が無圧縮で、2本入りますが、DVD-Rにハイビジョン画質で保存する場合、2~3枚に別けなきゃなりません。しかも、画質は落ちます。ブルーレイが登場した当初は、記録用ブルーレイも1枚1000円以上しましたが、今や1枚あたり200円程度まで下がってきました。DVD-Rは、1枚あたり40円なので、1MBあたりの値段もそれほど変わらないので、わざわざDVDを選択する必要もないでしょう。

だいたい、CD-Rが登場したころも、CD-Rみたいな大容量なメディアは必要ない。フロッピーディスクで十分だ。なんていわれていましたし、DVD-Rも必要ない。なんて意見は多かったのです。

引用元-ブルーレイ 必要?DVDとブルーレイの比較

ブルーレイをDVDに変換する方法

>確かにDVDで見られるようになったのですが、ブロックノイズというのでしょうか?

WinodwsLiveムービーメーカー、DVDメーカーでの連携で作成されるDVD-VIDEOはビットレートが3Mbps程度で、レコーダーで言うところのSPモードとLPモードの中間程度です。これは約150分収録可能で、720×480の解像度では映像の破綻が余り目立たない最低限ギリギリの目安です。何故プリセットの設定がコレなのかは不明です。通常、これではビットレートが低すぎます。DVD-VIDEOは規格上、圧縮音声(AC-3やMP1-L2)を選択した場合には映像ビットレートの上限は9.8Mbps。リニアPCMを選択した場合は約8Mbpsで約1時間収録可能です。なのでギリギリの最高設定にすれば、それなりの画質にはなるのですが、オマケソフトのDVDメーカーの限界とも言えます。他のアプリケーションを導入する必要がない、簡単、お手軽さが主体とも言えます。

DVDメーカーの画質に不満があるのでしたら、それこそ市販の動画編集ソフトを利用した方が良いのです。ダイレクトにコピー制御のないBDMV、BDAV、AVCHDを読み込む機能もありますし、もちろんm2ts、mtsファイルの読み込みにも対応しています。大抵はDVD/BDオーサリング機能も装備しているので、そのままDVD-VIDEO作成も可能です。これがエンコード回数も少なく、もっとも画質のダメージを軽減できる手法となります。欠点は金がかかることです。

そこまで金はかけたくないと言うのでしたら、Liveムービーメーカーのムービーの保存で一旦「高解像度ディスプレイ用」でHDD上に出力します。そのファイルを前回回答で既出のフリーのオーサリングソフトDVD Flickを使用して読み込んで(WMVの読み込みにも対応しています)、DVD-VIDEO規格の上限の設定で作成する、となります。欠点はm2ts→WMV→MPEG2と二回エンコードを挟むので、少々画質が劣化しますが、WMVでも「高解像度ディスプレイ用」はHD画質のままですし、高ビットレートですのでDVDメーカーを使用するよりは画質へのダメージを軽減できます。

引用元-Blu-rayをDVDに変換する方法 – フリーウェア | 【OKWAVE】

ブルーレイをDVDに変換したい

一番手軽にできるのは、ソニー(BDZ-AT500)とか松下(BZT900)とかの家電のブルーレーレコーダーにてハードディスクにダビングして、DVDを作成する。できないですか?

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

パソコンでやる場合は m2ts 等のファイル(拡張子)なら、以下のソフトで .wmv などに変換する。その後に“ Windows DVDメーカー ”とかで、あるいはTMPGEnc Authoring Works 4 でDVDを作れると思うのですが。

「 iWisoft Free Video Converter 」

変換ソフトは日本語ではありませんが、変換操作は簡単です。
(1)m2ts ファイルを読み込みます。
(2)wmv に設定します。
(3)出力先を指定します。
(4)START をクリックします。

引用元-ブルーレイをDVDに変換したい。 – 動画・画像処理 解決済 | 教えて!goo

ブルーレイ録画をDVDにダビングしたい

長いことDVDレコーダを使っており、先週漸くブルーレイに買い換えましたが、ブルーレイ録画を一般のDVDにダビングすることが出来ますね。DVD-Rですけど。ご回答のようなややこしいことは一切なく、DVDに落とせます。しかし、お持ちのRDR-VX30に繫いで録画できるかどうかは、判りません。普通に考えれば、ブルーレイから出力させて、DVDレコ-ダーで録画するだけなので出来そうに思いますが、テレビ一体型には出力端子がないのでしょうか?普通は有るのではないかと思うのですが。

引用元-ブルーレイ録画をDVDにダビングしたいのですが? – Bluray・DVDプレーヤー・レコーダー 締切済 | 教えて!goo

DVDからブルーレイディスクへのダビング

ブルーレイレコーダーを使用する場合、フォーマットの違いから、DVDから無劣化でBDに移す事はできませんが、ソニーであれば、劣化を少なく、短時間でダビング可能です。

パナの場合、VRモードで録画したDVDであれば、DVD→ブルーレイレコーダーのHDDに、高速(無劣化)ダビング可能ですが、HDD→BDディスクへのダビングでは、必ず実時間(劣化あり)ダビングとなります。ですから、ビデオモードで録画したDVDの場合は、ダビングに実時間×2かかり、劣化も2回となります。

ソニーの場合は、DVD→HDDへのダビングは、必ず実時間(劣化あり)ですが、HDD→BDディスクへのダビングでは、高速(無劣化)ダビングが可能です。もうひとつの利点は、録画モードにMPEG4-AVC(ハイビジョンを長時間記録する為のモード)を使う点です。パナの場合、MPEG4-AVCは、デジタル放送など、ハイビジョン品質のコンテンツにしか使えず、アナログ放送や、外部入力、DVDからのダビングなど、標準画質のコンテンツには、XP/SP/LP/EP/FRといった、標準画質モードしか使えないのです。AVC録画がどれほど有利かというと、パナは、標準画質の最高のXPモードで、1層BDに約5時間15分記録できますが、ソニーのLSR(AVC 4M) では、約12時間14分記録できます。しかも、画質の劣化は、LSRのほうが、XPモードより少ないはずです。

ソニーの現行機種には、LSR(AVC 4M)の他に、
SR(AVC 8M)・・・(1層BDに約6時間5分)
LR(AVC 3M) ・・・(1層BDに約17時間22分)
ER(AVC 2M) ・・・(1層BDに約24時間25分)
などがあります。

ダビングする内容によって、使い分けてもいいと思います。異なるモードでHDDにダビングした場合でも、全て HDD→BDに高速ダビングは可能ですので、1枚のBDに違うモードの番組が混在してもOKです。

枚数を減らすのであれば、2層のBDを使えば、収録可能時間は、1層の倍になります。注意点は、BDには、最大で200タイトルしか録画できません。200タイトルに達すると、ディスク残量が余っていても、録画できなくなります。ただ、タイトル結合機能があるので、タイトル結合を行い、タイトル数を減らす事で追記可能にはなります。

ソニーのレコーダーは、この5機種になります。
RS10は、シングルチューナー320GB、
RX30は、Wチューナー320GB、
RX50は、Wチューナー500GB、
RX100は、Wチューナー1000GB、
EX200は、Wチューナー2000GBと、
ざっくり言えば、こんな感じです。

引用元-DVDからブルーレイディスクへのダビング – 現在、DVDプレーヤーを持ってい… – Yahoo!知恵袋

まとめ
変換するものによっては違法になる場合があります。注意しましょう。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ