日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供の教育でやってはいけないこととは

      2015/11/14

子供の教育でやってはいけないこととは

子供の教育は色々大変なことがあると思います。ほめたり叱ったりすることがあると思いますが、どのような教育が正しいのでしょうか。今回は子供の教育でやってはいけないことについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

日本の入国審査は厳しい!?その現状とは

海外の人が日本へ入国しようとしたら事前にビザを申請しないとい...

艦これってなに!?原作とアニメのストーリーの違い

艦これという言葉を知っていますか?元々は育成シミュレーション...

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続き...

動物と人間のコミュニケーションの類似点・相違点

人間と人間。人間と動物。動物と動物。コミュニケーションの取り...

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます...

付き合う時に親への挨拶で心得ておくこと

付き合う2人が親へ挨拶へ行のはどのくらい経ってからが良いの?...

東京~福岡を高速夜行バスで帰りたい時にみるまとめ

東京から福岡、福岡から東京。この長距離を移動する際、あなたは...

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らし...

スマホの画面にウイルス警告が!その対処法は?

スマホを使っていると急にウィルスの警告が出ることがあります。...

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージは...

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。その...

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多い...

副業中をしたい人は必見!確定申告ってしないといけない?

企業に勤めている人にとって、〝確定申告”という言葉は知っては...

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものす...

YouTubeで英語のリスニング力をアップ!お勧めのチャンネルは?

YouTubeは世界中で利用されている動画投稿サイトのことで...

家族の一員として犬の散歩のマナーが変化しています

犬は愛情を注げばそれに応えてくれます。今や犬は番犬ではなく、...

市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区...

顎のニキビがしこりに!その治し方は?

顎にできたニキビがしこりのようになってしまったことはありませ...

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。そ...

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難...

スポンサーリンク

●子供の教育の方針

大切な子供の将来。そのために不可欠な教育方針をどう決めるかは、とても大切な問題です。この方針によって、おおまかに子供の可能性は決まると言っても過言ではないでしょう。両親にとって、このことは真剣に考える必要があります。
まだ幼い子供には、将来について考えることはできません。そのため、両親には責任があります。母親と父親、役割はそれぞれ異なっても、しっかり話し合って方針を決めるようにしましょう。

豊かな人間性と確かな能力

幼児であっても、すでに一人一人個性を備えています。この持って生まれた個性をどう活かし、また能力をどう引き出していくのかについては、はじめに決めるべき教育方針に委ねられています。

教育方針といっても親によってさまざまです。エリートに育てようとする親、芸術家に育てようとする親、学者や医者、アイドルや舞台役者など親の希望はさまざまです。いずれにしても主体性のある人生をおくり、さまざまな人とコミュニケーションができる能力は社会で生きるための基礎といえるでしょう。

引用元-子供の教育どうしよう

●子供の教育で注意すべきこと

■感情的に叱るのはダメ

感情的に叱らないためには、一度、深呼吸をして、気持ちを落ち着けてから叱るといいでしょう。感情的に叱ってばかりいると、情緒不安定な子どもになる場合もあります。

■子どもの言い分を聞かずに、叱るのはダメ

例えば兄弟喧嘩では、喧嘩の理由も聞かずに、上の子どもを叱ってしまう親も多いのではないでしょうか。これに限らず、子どもの話を聞かずに、頭ごなしに叱ってはいけません。まず、冷静に子どもの話を聞いてあげましょう。

■くどくどといつまでも叱り続けてはダメ

くどくどといつまでも叱り続けていると、かえって親の意図が伝わりません。親の伝えたい内容は心に残らず、怒られているという印象だけが強く残ってしまいます。

■自分の都合で叱ってはダメ

疲れているからといって、八つ当りで叱ってしまうことはありませんか。 後でお母さんが後悔するだけです。

■両親が一緒になって叱るのはダメ

両親が一緒に叱ってしまうと、子どもの逃げ場がなくなってしまいます。一方が叱れば、一方がフォローするという形が理想的です。我が家の場合は、決めごとにしたわけでもありませんが、主に上の娘を叱るのは私で、夫はフォローにまわります。そして、下の息子を叱るのは主に夫で、私がフォローするという役回りです。だからといって、子どもたちは片方の親と仲が悪いわけでもありません。

引用元-AllAbout

●子供と話す時の注意

最近は、子どもを叱るときにもしっかり理由を説明することが推奨されています。そうでないと、子どもは人格を否定されたような気になり、反省を次の行動に活かすことができないからです。

もちろんこれは正しいと思います。しかしながら理由の説明の仕方が問題です。大人は子どもを叱る時にもつい、相手が子どもであることを忘れてしまいます。ですから、理由を説明する場合にもとなに話すようなやり方をしてしまいがちなのです。

大人の論理で理由を長々と説明しても子どもには全く伝わりません。馬の耳に念仏とはよく言ったもので、耳に入る声を遮断して叱られる時間がすぎるのをひたすら待つのです。というのも、大人の話は長くて理解不能だからです。せっかく理由を説明しているつもりでも、全く伝わらないのなら意味がありません。

子どもに叱られている理由を話すなら、それを理解させることが大切です。そのためには一方的に話す態度を改めなくてはなりません。子どもの目を見て、どこまで話についてきているか確認しながら話を進めます。

また目を見るだけでなく、途中で確認することも大事です。「わかったの!」と強く言えばわかっていなくても「うん」と頷いてしまいます。冷静に「ここまでは、わかったかな?」と確かめます。さらに、わかったかどうかの確認だけでなく、「なぜ?」「なにを?」「いつ?」など子どもにも話させます。言葉のキャッチボールをすることで、お互いに理解が進むのです。

引用元-AllAbout

●子供を叩くって 絶対やってはいけないこと?(Q&A)

愛情・理性を持って、叱るのがしつけ。
自分の感情を押し付けて、怒るのが虐待。

叱るのと、怒るのでは全然違います。
しつけの範囲なら叩くのは良いと思いますが、理性を持って叱っているのであれば叩くまではいかないでしょう。

もし、どうしても言うことをきかないのであれば、叩く代わりに「いけない事をしたら、自分で罰を考えさせる。」のはどうでしょう。
あと、何度言っても同じことをする、というのであれば口で言う以外の他の方法を考えてみるのも手ですよ。

しつけとして、仕方なく叩いてしまった時は、必ず抱きしめて「ごめんね。」と謝ってあげれば良いと思います。

引用元-Yahoo知恵袋

●教育でやっていいこと、やってはいけないこと

嫌いなことではなく好きなことにたくさん出会わせてあげること
好きなことをさらに好きにさせてあげること

人間の好き嫌いはこのときからスタートしていると言ってよい。そして、この好き嫌いが長い年月をかけて得意不得意へと変わっていく。だから、この時期はたくさんのことに出会わせてあげて、多くのことやものを好きにしてあげることが必要だ。好きなことが多ければ多いほど得意なことも増えるし、得意なことが増えると子どもの人生も豊かになるだろう。

教えなくてよいこと(やってはいけないこと)
過度に厳しいしつけ

物事の道理がまだ十分にわからないこのくらいの世代にとって過度に厳しいしつけは逆効果となる。もちろん、叱らないといけないときもあるが、本当に危険なときなど最小限にとどめるようにし、叱るときも短時間で終えなければならない。「これは、どうやらダメなことのようだ。」とうっすらわかれば十分である。その後は、その空気を引きずらないようにしたい。

引用元-新米パパの考える育児(子育て)のこと

まとめ
それが正しいと思っても間違えであることがあります。子育てを経験している身の回りの人からの情報も大切になってくるかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ