日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

子供の教育でやってはいけないこととは

      2015/11/14

子供の教育でやってはいけないこととは

子供の教育は色々大変なことがあると思います。ほめたり叱ったりすることがあると思いますが、どのような教育が正しいのでしょうか。今回は子供の教育でやってはいけないことについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

●子供の教育の方針

大切な子供の将来。そのために不可欠な教育方針をどう決めるかは、とても大切な問題です。この方針によって、おおまかに子供の可能性は決まると言っても過言ではないでしょう。両親にとって、このことは真剣に考える必要があります。
まだ幼い子供には、将来について考えることはできません。そのため、両親には責任があります。母親と父親、役割はそれぞれ異なっても、しっかり話し合って方針を決めるようにしましょう。

豊かな人間性と確かな能力

幼児であっても、すでに一人一人個性を備えています。この持って生まれた個性をどう活かし、また能力をどう引き出していくのかについては、はじめに決めるべき教育方針に委ねられています。

教育方針といっても親によってさまざまです。エリートに育てようとする親、芸術家に育てようとする親、学者や医者、アイドルや舞台役者など親の希望はさまざまです。いずれにしても主体性のある人生をおくり、さまざまな人とコミュニケーションができる能力は社会で生きるための基礎といえるでしょう。

引用元-子供の教育どうしよう

●子供の教育で注意すべきこと

■感情的に叱るのはダメ

感情的に叱らないためには、一度、深呼吸をして、気持ちを落ち着けてから叱るといいでしょう。感情的に叱ってばかりいると、情緒不安定な子どもになる場合もあります。

■子どもの言い分を聞かずに、叱るのはダメ

例えば兄弟喧嘩では、喧嘩の理由も聞かずに、上の子どもを叱ってしまう親も多いのではないでしょうか。これに限らず、子どもの話を聞かずに、頭ごなしに叱ってはいけません。まず、冷静に子どもの話を聞いてあげましょう。

■くどくどといつまでも叱り続けてはダメ

くどくどといつまでも叱り続けていると、かえって親の意図が伝わりません。親の伝えたい内容は心に残らず、怒られているという印象だけが強く残ってしまいます。

■自分の都合で叱ってはダメ

疲れているからといって、八つ当りで叱ってしまうことはありませんか。 後でお母さんが後悔するだけです。

■両親が一緒になって叱るのはダメ

両親が一緒に叱ってしまうと、子どもの逃げ場がなくなってしまいます。一方が叱れば、一方がフォローするという形が理想的です。我が家の場合は、決めごとにしたわけでもありませんが、主に上の娘を叱るのは私で、夫はフォローにまわります。そして、下の息子を叱るのは主に夫で、私がフォローするという役回りです。だからといって、子どもたちは片方の親と仲が悪いわけでもありません。

引用元-AllAbout

●子供と話す時の注意

最近は、子どもを叱るときにもしっかり理由を説明することが推奨されています。そうでないと、子どもは人格を否定されたような気になり、反省を次の行動に活かすことができないからです。

もちろんこれは正しいと思います。しかしながら理由の説明の仕方が問題です。大人は子どもを叱る時にもつい、相手が子どもであることを忘れてしまいます。ですから、理由を説明する場合にもとなに話すようなやり方をしてしまいがちなのです。

大人の論理で理由を長々と説明しても子どもには全く伝わりません。馬の耳に念仏とはよく言ったもので、耳に入る声を遮断して叱られる時間がすぎるのをひたすら待つのです。というのも、大人の話は長くて理解不能だからです。せっかく理由を説明しているつもりでも、全く伝わらないのなら意味がありません。

子どもに叱られている理由を話すなら、それを理解させることが大切です。そのためには一方的に話す態度を改めなくてはなりません。子どもの目を見て、どこまで話についてきているか確認しながら話を進めます。

また目を見るだけでなく、途中で確認することも大事です。「わかったの!」と強く言えばわかっていなくても「うん」と頷いてしまいます。冷静に「ここまでは、わかったかな?」と確かめます。さらに、わかったかどうかの確認だけでなく、「なぜ?」「なにを?」「いつ?」など子どもにも話させます。言葉のキャッチボールをすることで、お互いに理解が進むのです。

引用元-AllAbout

●子供を叩くって 絶対やってはいけないこと?(Q&A)

愛情・理性を持って、叱るのがしつけ。
自分の感情を押し付けて、怒るのが虐待。

叱るのと、怒るのでは全然違います。
しつけの範囲なら叩くのは良いと思いますが、理性を持って叱っているのであれば叩くまではいかないでしょう。

もし、どうしても言うことをきかないのであれば、叩く代わりに「いけない事をしたら、自分で罰を考えさせる。」のはどうでしょう。
あと、何度言っても同じことをする、というのであれば口で言う以外の他の方法を考えてみるのも手ですよ。

しつけとして、仕方なく叩いてしまった時は、必ず抱きしめて「ごめんね。」と謝ってあげれば良いと思います。

引用元-Yahoo知恵袋

●教育でやっていいこと、やってはいけないこと

嫌いなことではなく好きなことにたくさん出会わせてあげること
好きなことをさらに好きにさせてあげること

人間の好き嫌いはこのときからスタートしていると言ってよい。そして、この好き嫌いが長い年月をかけて得意不得意へと変わっていく。だから、この時期はたくさんのことに出会わせてあげて、多くのことやものを好きにしてあげることが必要だ。好きなことが多ければ多いほど得意なことも増えるし、得意なことが増えると子どもの人生も豊かになるだろう。

教えなくてよいこと(やってはいけないこと)
過度に厳しいしつけ

物事の道理がまだ十分にわからないこのくらいの世代にとって過度に厳しいしつけは逆効果となる。もちろん、叱らないといけないときもあるが、本当に危険なときなど最小限にとどめるようにし、叱るときも短時間で終えなければならない。「これは、どうやらダメなことのようだ。」とうっすらわかれば十分である。その後は、その空気を引きずらないようにしたい。

引用元-新米パパの考える育児(子育て)のこと

まとめ
それが正しいと思っても間違えであることがあります。子育てを経験している身の回りの人からの情報も大切になってくるかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ