日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

身体測定前に実践☆身長を簡単に伸ばす方法まとめ

      2016/06/10

身体測定前に実践☆身長を簡単に伸ばす方法まとめ

『あと1cmあれば170cmなのに…』身体測定を前に、あと少し身長を伸ばしたいあなたへ!簡単に身長を伸ばす方法があります!これを見てぜひ試してみてください♪少し気をつけるだけで結果が変わるので驚きですよ☆

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

1日の間でも身長は変わる

朝と夜、どちらのほうが背が高い?

あなたは朝と夜と、どちらのほうが身長が高い結果になると思いますか――
そう、正解は「朝のほうが夜よりも高い」のです。
その原因は椎間板(ついかんばん)。「椎間板ヘルニア」という病名で聞き覚えがある言葉だと思います。
この椎間板は、24個の骨が連なって出来ている脊柱(頭蓋骨に続く背骨部分)の、「骨と骨の間にあるクッション」のような役割を果たしています。
そのため、椎間板は柔らかく出来ており、身体を曲げたりなどする時には「変形」しているのです。

椎間板と身長の関係

ではなぜ椎間板が原因で、身長の測定結果が変わるのでしょうか。それは、「夜になるほど(=活動時間が長くなるほど)、重力によって椎間板が潰れてしまうから」なのです。
たとえば1つの椎間板が一日の終わりには0.5mm縮んでいるとします。背骨の骨は24個のため、間にある椎間板は23個。0.5mm×23=11.5mmのため、約1cm身長が縮んでいることに!
実際、朝と夜とで「2cm」も変わることがあるのだとか。
ちなみに、就寝中は身体を横にしているため、縦方向に重力は受けません。
そのため、就寝中には縮んだ椎間板が復活し、朝には元に戻っている(=身長が一番高い状態になっている)のです。

身長測定に臨む前の秘策

身長測定の時には、その場しのぎであっても、身長が伸びているほうが嬉しいですよね。そのための秘策を以下に挙げます。

1.午前中に測る

もしもご自分で身長測定の時間を選べるのならば、断然「(できるだけ早い時間の)午前中」を選びましょう。重力によって椎間板が縮む前に測れば、2cmアップも夢ではありません。

2.測定前日は長時間眠る

1と合わせて、前日は長時間「横になっている」ことで、十分に椎間板の厚みを復活させておきましょう。その状態で、起床時からできうる限り間を置かずに測定すれば、最も高い測定結果がでるはずです。

引用元-ベテランママが教える子育てブログ

男女別に見る理想の身長

男性の「理想の身長」ランキング

◇男性が考える男性の「理想の身長」◇

1位 176~180cm (44.4%)
2位 171~175cm (29.2%)
3位 181~185cm (16.4%)

◇女性が考える男性の理想の身長◇

1位 171~175cm (38.0%)
2位 175~180cm (37.2%)
3位 181~185cm (10.8%)

女性の約7割が「男性の理想身長は170cm台である」と答えています。
ちなみに文部科学省のデータによると、20~54歳の男性の平均身長は170~171cm。
ということは、日本人男性の平均身長があれば、世の中の女性の理想身長に適うようです。余談ですが、筆者は178cmなのでバッチリ「男性」の理想身長です……ハイ。

女性の「理想の身長」ランキング

◇男性が考える女性の理想の身長◇

1位 156~160cm (45.2%)
2位 161~165cm (28.4%)
3位 151~155cm (12.8%)

◇女性が思う女性(自分の)理想の身長◇

1位 156~160cm (44.0%)
2位 161~165cm (39.6%)
3位 151~155cm (10.0%)

男性とは異なり、「女性の理想身長」は男女とも同じ順位に。
8割以上の女性が、156~165cmになりたいと感じているようです。
20~59歳の女性の平均身長は156~158cm(文部科学省調べ)。
日本人女性の平均身長は、多くの女性が考える理想の身長であることが分かりました。

引用元-気になるアレを大調査ニュース!しらべぇ

身体測定直前に○○で身長を伸ばす!

身体測定直前ストレッチ

まずは正座します。
正座したらそのまま後ろに体を倒します。しっかり背中を反らすようにしましょう。
きつくて倒しきれない人は途中まででもいいですが、効果は半減すると思いますのでできるだけ頑張ってみてください。
その姿勢で3分ほどキープします。
身体に無駄な力が入っていると良くないので、ゆったりと大きく呼吸しながらリラックスしてくださいね。腰や 背中がじわじわ伸びている感覚があればOKです。
余裕のある人は両膝をくっつけて地面から離れないようにしながら、頭の上で手を組んで伸ばすと更に効果的です。
両足と両手で背骨を上下にぐいぐい引っ張る感じですね。
3分経ったらゆっくり起き上がって終了です^^

これだけで身長が平均1cm伸びるのですから簡単ですね!
効果は長時間続かないので、できるだけ測定直前にやることがキモです。
なぜこんな簡単なストレッチで身長が伸びるのか?
人間の背骨と背骨の間には椎間板という軟骨があって、これがストレッチすることで伸びるので身長が伸びるという仕組みです。
また、椎間板が伸びて正しい位置に収まる事でも身長が伸びます。
3cm伸びた!なんて人は結構背骨が歪んでいたのかもしれないですね。

引用元-猫のように気ままに暮らしたい自由人のらぬこの部屋

普段からやりたい!身長を伸ばすストレッチ

とっても簡単☆身長を伸ばす5つの魔法のストレッチ

背中のストレッチ

「猫背」などの悪い姿勢で縮んだ背中の筋肉をまずはストレッチで伸ばして緩めてあげましょう。
方法は、両手と両膝をついて四つ這いになります。
両手は肩の真下、両膝は股関節の真下に来るようにします。
そこから両手と両膝で床を押すようにお腹をへこませて背中を丸め、猫が伸びをする時のように背骨を曲げて背中全体をストレッチします。
呼吸は止めずにゆっくりと何回か繰り返して行ってください

もも裏の筋肉をストレッチ

骨盤から繋がっている筋肉をストレッチで伸ばしてあげることで背筋をまっすぐにしやすくなります。
方法は、床に座り、胸を張って背筋を伸ばします。
次におへそを膝に近づけるように前傾し、両手で爪先を持ちます。
ももの裏の筋肉が伸ばされたと感じたところで数秒間キープします。
上体を倒す時に猫背にならないように注意しましょう!
反動は付けず、ゆっくりと行ってください。

股関節の筋肉をストレッチ

「反り腰」の場合、体の前についている股関節の筋肉が縮まっていることが多いので、まずは股関節の筋肉をしっかりストレッチしてあげましょう。
方法は、両足を前後に大きく開いて後ろ足は床に着けます。
前足の膝は90°位曲げて、体重を真下にかけながら、後ろ足を伸ばして股関節を前後に開き、ストレッチします。
前足の方の股関節の付け根の筋肉が伸ばされているのを感じたら数秒間キープします。
左右を変えて両方行います。
反動は付けず、ゆっくりと深い呼吸をしながら行ってください。

バランスボールを使ったストレッチ

大きめのバランスボールにボールの傾斜を利用しながらゆっくり仰向きで乗り、両足はしっかり床に着けてバランスをとります。
可能であれば両手を頭上に伸ばして背中全体をストレッチします。
このストレッチは、かなり背骨を反らしますので「猫背」で背骨が硬くなった方はかなり苦しい態勢かもしれません。
様子を見て加減をしてください。
どうしてもバランスが取れない、背中が痛くて伸ばせない…という方はバスタオルなどを何枚か丸めて「かまぼこ状」にした物の上に寝転ぶのも良いかもしれません。

ぶら下がりストレッチ

その名の通り、鉄棒など棒にぶら下がります。
自宅近くの公園にはたいてい鉄棒か“うんてい”があると思います。
少し人の目が気になるかもしれませんが、自分の体重を利用して背骨を伸ばして真っ直ぐに戻す事が出来きて効果は絶大です。
しかも、かなりスッキリして気持ちいいので人目を気にせず鉄棒を見つけたらお試しください!

引用元-さよならコンプレックス!

身体測定で正しく測るのは難しい

簡単に「身長を正しく測ること」といっていますが、実は正確な身長測定はいざ行ってみると大変難しいのがわかります。
何故かと言えば、人間は朝と夜とでは身長が違うことがあげられます。

また測定器にしても、学校の保健室にあるような簡単なものでは、測るたびに誤差が生じますし、ましてや学校で測る場合他の子供達とワイワイとやっているような時などは測定するときの姿勢でも1cm以上の誤差が生じる場合もあります。
毎日の身長を測る場合、もちろん親御さんが測るわけですから自宅での測定になるでしょうから、できるだけ正確に測るポイントについてお話します。

毎日同じ時間に測定する

毎日継続的に測る場合は、測る時刻も一定にする必要があります。朝と夜とでは1cm以上も誤差が出る場合もあります。

頭髪、頭の姿勢、背中、ひざ、かかとの5点をチェックする

・髪を結っていた場合はほどいて、髪飾りや髪止めを外してください。
・柱か壁の前に立たせて、頭をまっすぐにして、顎は軽く引かせます。
・柱か壁に背中をつけて、背中とひざを伸ばさせる。
両足のかかとを柱、または壁につけて揃えます。
・角が90度のしっかりした箱や本などを柱もしくは壁にそわせて頭の上を軽く押さえるようにセットして、添わせた箱か本の下の位置にしるしをつけて子供をのかせます。
・柱か壁につけたしるしから床までを巻尺などで測ります。

引用元-身長を伸ばす方法

まとめ
身長が高い=モテる、運動神経がいい、説得力があるetc、
本当にそうかはともかく、たくさんの良いことがあるのはたしか。
身体測定の前はこの記事を思い出して、試してもらえればと思います。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ