日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

コンピュータウイルス感染は広告からだった!?

      2016/06/11

コンピュータウイルス感染は広告からだった!?

様々なタイプのコンピュータウイルスが至る所に存在しています。メールでの感染、インターネットでの感染と様々です。インターネットページの広告をクリックしてウイルスに感染することもあるようです。どういうことなのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

親が離婚した場合の相続はどうなる?

親が離婚した場合の相続はどうなるのでしょう。離婚した配偶者が...

運動会の弁当は簡単なのに見た目が豪華が一番!

お子様が幼稚園や小学校の時は、年に1回の運動会は家族のお祭り...

風邪をひいてしまった!薬は何が処方される?

風邪をひくと熱や咳や鼻水などの症状が出ます。病院へ行くと薬を...

豆乳と牛乳。似ているようで似ていない!カロリーから豆知識まで。

健康ブームで、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる人が多いらしいで...

子供の絵…下手だと思ったとき、どうすれば良い?

子供に描いた絵を見せられたとき、「下手だな〜。でも、面と向か...

大学で友達を作るには!?入学前のSNSでの交流は有効か

大学に入ったら絶対に友達を作った方がいい!とよく言われます。...

子供が友達と遊ぶ約束をするときに気をつける事とは

小学校に入ると子供は友達と遊ぶ約束をしてきますね。子供同士で...

本当にあるの?銀行に就職するときの身辺調査

銀行などの金融機関に就職するときに、身辺調査をされるかもしれ...

一人暮らしの猫の飼い方!留守にするときの注意点は?

一人暮らしでふと寂しくなったとき、ペットがいたら良いなと思う...

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性...

大学の先生になるにはどうすればいい!?

大学の先生といえば専門職で安定した仕事といったイメージですね...

主婦の働き方~正社員でがっつり働く?パートで扶養に入って働く?~

子育てが一段落して働きたい!という人や、家計が苦しいから働か...

意外に手首も捻挫する!サッカーで手首を捻挫してしまったら

手首の捻挫。サッカーでもキーパーポジションだったり、手を地面...

目が小さい男はモテる!?目の大きさでわかる性格とは

目の大きさでその人の性格や好みがわかるといわれていますが実際...

美容室でトリートメントはする?トリートメントの効果とは

美容室に行くとトリートメントをお願いする人も多いのではないの...

声優になるための学校選び~社会人編~

人気の職種、声優。社会人になってお金を貯めて、夢だった声優を...

梅雨に住宅を建築しても大丈夫?の疑問に答えます

梅雨は湿度が上がり、一年で一番じめじして気分も憂鬱になる季節...

待望の大学へ入学したのに一人暮らしがさみしいと思うのは変?

自由を求めて、遠くの大学選ぶ人は多いですね。憧れの一人暮らし...

学校の尿検査。何のため?結果が良くないとどうなる?

学校の健康診断に必ず含まれる尿検査。持ち運び中にこぼれないか...

新築のキッチンはどのタイプ?使いやすい背面収納とは

新築でキッチンのデザインを考えるときは何に重点を置きますか?...

スポンサーリンク

コンピュータウイルスの感染経路

メールによる感染

メールに添付されているファイルを開いただけで、ウイルスに感染することがあります。悪質なものでは、添付ファイルを開かなくてもウイルスに感染してしまうこともあります。また、メール本文内に記載されているURLをクリックすることで感染してしまうケースもあります。

インターネットによる感染

ウイルスが仕掛けられた悪意のあるページを閲覧しただけで感染してしまうことがあります。最近では、出会い系サイトなどのアダルト系サイトを見てしまったことによるウイルス感染の被害が多く報告されています。また、インターネット上に公開されている動画や画像、また便利そうなソフトや楽しそうなゲームに見せかけて、ウイルスに感染したファイルをパソコンにダウンロードさせ、そのファイルを開くことにより感染するケースもあります。

ネットワークによる感染

社内ネットワーク(会社などで複数のパソコンがつながっている状態)や家庭内で複数のパソコンを接続している場合、1台のパソコンがウイルス感染しただけで、ネットワークでつながっている他のパソコンにまでどんどんウイルス被害が拡大してしまうことがあります。

各種記憶媒体からの感染

USBメモリー、CD-R、DVD-R、BD-R、外付けのハードディスクなど、各種記憶媒体のデータの中にコンピューターウイルスが含まれていた場合、パソコンと接続するだけでウイルスに感染することがあります。

このようにコンピューターウイルスの感染には、さまざまな経路があります。
インターネットに接続しなければ安全というわけではありませんので注意が必要です。

「これでは防ぎようがない」と思う方や、パソコンを使うことをためらう方もいらっしゃると思いますが、感染経路を知っているのと知らないのとでは、ウイルス感染を予防するにあたり大きな違いがあります。

・送信者に心当たりがないメールに添付されているファイルや、メール本文内のURL
 をむやみに開かない
・インターネットは必要な情報のみを検索し、むやみに広告などをクリックしない
・所有者や中身に覚えのないUSBメモリーなどは使わない

など、少しでも感染しないように気をつけることが大切です。

引用元-コンピューターウイルスの感染経路って? | 1からはじめよう!VAIOパソコン教室 | VAIOを活用するためのお役立ち情報 | 使いかた/取扱説明 | パーソナルコンピューター VAIO® | サポート・お問い合わせ | ソニー

ウイルスの感染が疑われる症状とは

最近のウイルスには、画面表示が崩れたり、コンピュータが起動しなくなったりといった目に見える「わかりやすい」症状を見せるものはほとんどありません。そのため、パソコン利用者が感染に気付きにくくなっています。それでも次のような動作が見られた場合は、ウイルスに感染している可能性があります。

・動作が遅くなる
・タスクマネージャのCPU使用率が勝手に上下し続ける
・マウスをクリックしていないのにクリック音がする、等

ただし、あくまで「可能性がある」だけであり、必ずしも100%ウイルスに感染していると断定できるわけではありません。あくまでウイルス感染に気付くきっかけとして参考にしていただければと思います。

引用元-インターネットみんなの安心安全ガイド|2.3 ウイルス感染が疑われる症状・事象

ウイルスの侵入経路はネット広告

いま、サイバー犯罪者は、ウイルスを拡散する手段の1つとして「不正広告(マルバタイジング)」を多用しています。「不正広告」は、サイバー犯罪者がネット広告の仕組みを悪用し悪質なWebサイトへユーザを誘導したり、ウイルスを拡散したりする不正行為。あるいは、そのような罠を仕込むネット広告そのものを指します。

この攻撃は、広告業者のシステムをハッキングしたり、実際にお金を払って不正広告を出稿したりするなどの手段を使ってサイバー犯罪者が不正広告を配信することではじまります。その後の攻撃のパターンは、大きく2つあります。

1つは、不正広告をクリックしたユーザを不正サイトへ転送するもの。偽サイトやフィッシングサイトなどの詐欺サイトに誘導され、そこで個人情報などを入力することで被害にあうパターンです。

もう1つは、不正広告の掲載されたサイトを表示した結果、裏でウイルスに感染させられるもの。このパターンでは、ユーザが広告をクリックしたり、ファイルのダウンロードや実行をしたりすることなく、気付かぬうちにウイルスに感染してしまいます。

そもそも、ネット広告は、われわれユーザの意思とは関係なく表示されるものです。したがって、普段通りにネットを楽しんでいるうちに、気づかず詐欺サイトへ誘導されたり、ウイルスに感染してしまったりすることがあるのです。

引用元-ネット広告を表示しただけでウイルス感染のワケ | トレンドマイクロ is702

不正広告表示でウイルス被害の流れ

1:攻撃者がマルウェア感染させるための脆弱性攻撃サイトを用意

攻撃者が各種ソフトの脆弱ぜいじゃく性(弱点・問題点)を攻撃し、マルウェアに感染させるためのサイトを用意する。

2:攻撃者がお金を払って広告を出す、もしくはサイバー攻撃によって不正な広告を出す

広告を各サイトに配信する業者=広告ホスティング業者に対し、お金を払うかサイバー攻撃によって不正な広告を出す。広告は犯人が用意した脆弱性攻撃サイトへ自動転送されるしくみ。

3:広告が正規のサイトに大量配信される

バナー広告などを載せている正規のサイトに、不正な広告が表示される。今回の不正な広告は、少なくとも600の正規サイトに表示された(トレンドマイクロ調査)。

4:閲覧した一般ユーザーのパソコンで被害

不正広告が出ている正規サイトを一般ユーザーが表示。利用しているソフトが古く脆弱性が残っている場合は、表示しただけでマルウェア感染してしまう。

5:犯人はオンライン銀行詐欺ツールやランサムウェアで金儲け

一般ユーザーのパソコンに、オンライン銀行詐欺ツール(ネットバンキング不正送金)や、ランサムウェア(ファイルを勝手に暗号化し金銭を要求する脅迫ソフト)が忍び込む。犯人は金儲もうけが目的である。

つまりネット広告の内容はどんなものでもよく、犯人の目的は不正な広告を表示させることのみ。一般ユーザーは日本語の正規サイトを表示しており、かつ見ただけでは不正な広告だとわからないので、気づかないうちに被害が出ている可能性がある。

引用元-表示だけでウイルス感染、正規サイトに不正広告の「手口」 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ウイルス感染しないための3つの心得

知名度や評判の高いWebサイトの広告枠を悪用するのが不正広告の典型的なやり口です。より多くのネット利用者に効率よく攻撃をしかけることが狙いでネット広告が悪用されるのです。いまや、「怪しいWebサイトを見なければ安全」というこれまでの常識は通用しません。このような被害にあわないために押さえたいポイントは3つあります。

更新プログラムは速やかに適用する

犯罪者は広く使われているOSやソフトの脆弱性を狙っています。OSやソフトの更新プログラムが提供されたら速やかに適用し、パソコンに脆弱性が存在する期間をできる限り短くしましょう。過去の記事を参考に、更新プログラムの適用を忘れがちなソフトの自動更新機能を有効にしておきましょう。

セキュリティソフトを最新にして使う

セキュリティソフトは、詐欺サイトのブロックや、パソコンに侵入したウイルスの検知・駆除だけでなく、脆弱性攻撃をしかけてくる不正サイトへの接続もブロックします。日々進化する攻撃に対応するためには、セキュリティソフトを最新の状態で使うことが重要です。

ネット上での情報入力は慎重に

不正広告から詐欺サイトに誘導する手口にも要注意です。いつもと異なる場面で情報の入力を求められたら、本当にその情報の入力が必要かを立ち止まって考えましょう。

引用元-ネット広告を表示しただけでウイルス感染のワケ | トレンドマイクロ is702

まとめ
セキュリティ対策を常に行っておくっとコンピュータウイルスから安全にPCを守ることが可能です。

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ