まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

子宮頸がんの検査は痛いのか

      2016/06/11

 - 美容・健康

子宮頸がんの検査をひかえている方もいるでしょう。初めての方は子宮頸がんの検査がどんなものか不安だと思います。実際、出血を伴ったり、痛いものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

頭皮が凝ると肩も凝る?効果的なマッサージとは

肩が凝ることはよくありますが、頭皮も凝るって知ってましたか?頭皮が凝ると肩の凝りだけでなく頭痛がしたりといろいろ影響が出るようです。今回はそんな頭皮の凝りに効くマッサージを紹介します。

腹痛に下痢!微熱まであるのはどんな病気?

腹痛から下痢になるととてもつらいですね。そのうえ微熱まで出てしまった場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。今回は腹痛、下痢、微熱を伴う症状の病気について調べました。

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

癌の宣告を受けることは大変ショックなことです。苦しい治療や手術をしても再発の可能性がある恐ろしい病気です。もしも癌になった場合に余命宣告を受けたら、どう解釈すればいいのでしょうか。

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

リンパへの転移はどの様な症状が出るのか

がんと診断されただけでショックなのに、手術の後もリンパへの転移が心配です。リンパ節に転移すると再発も免れません。転移した場合は、どの様な症状があるのでしょうか。

虫歯の治療とその料金

多くの人が虫歯で悩まされていると感じます。虫歯の治療のために歯科に行かれると思いますが、虫歯治療の料金とはいったいどのくらいなのでしょうか。今回は、虫歯治療の料金について調べてみました。

筋肉量の平均以上を男なら目指そう

体脂肪率も気になりますが、男なら筋肉量も気になります。筋肉量の平均値はいくらか、筋肉量にこだわらなければならない理由。マッチョな体ではなくても良いが、せめて平均に近づけたい。

ステロイドの副作用!? 内服の場合はどんな副作用がある?

ステロイドは皮膚科などでもらう塗り薬などの外用薬の他に、内服薬もあります。ステロイドの内服薬によって、治療に大きな効果がみられる場合もありますが、副作用が起きることもあります。今回はステロイド内服薬の副作用について調べました。

MRIとCTの料金などの違いは?

病院で検査をするときにMRIやCTで撮影することがあります。ところでMRIとCTの違いは何なのでしょうか。診断する場所や料金などで違うようです。今回はMRIとCTの違いについて調べましたので紹介します。

親知らずの虫歯治療はどのように麻酔をかける

虫歯を治療する際は、麻酔をかけると思います。親知らずが虫歯になって治療する際は、どのように麻酔をし、治療を行っていくのでしょうか。そこで今回は、親知らずの虫歯の治療と麻酔について調べてみました。

虫歯治療後、麻酔が切れる時間や痛みについて

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。しかし、麻酔は時間が経てば切れてしまいますし、切れた後、痛かったりしますよね。そこで今回は、虫歯治療後麻酔が切れる時間などについて調べてみました。

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

卵巣の腫れが3センチと言われた…!卵巣腫瘍にご注意を

卵巣は通常ソラマメくらいの大きさですが、3センチくらいに腫れてしまうと要注意。それ、卵巣腫瘍の可能性があります。卵巣腫瘍とはなんなのでしょうか?そして、診断を受けたらどうなるのでしょうか?

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

自転車や徒でのダイエットとカロリーの比較

通勤の時などにダイエットを心がけて頑張っている方も多いと思います。自転車や徒歩など様々な手段が考えられますが、その場合のダイエット方法と実際のところのカロリー消費はどのようなものなのでしょうか。それぞれを比較してみました。

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

体脂肪率を10%減らす為の食事

最近気になりだしたお腹を何とかしたいと思うと、体脂肪率はとても気になるもの。せめて、10%減らすことが出来たら…。かといって、食事を急激に減らしたダイエットは、辛い上にリバウンドが怖い。日頃の食事を続けながら、無理なく減らす方法は無い物か調べてみました。

子宮頸がんの検査

子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、女性の命はもちろんのこと、妊娠や出産の可能性まで奪ってしまう、生活や人生に大きな影響を及ぼす病気ですが、定期的な検診によってがんになる前に発見できる病気でもあります。子宮頸がんの検診や診断は、全国の婦人科クリニックで受けることができます。現在では、社会の関心が高まり以前より自治体での実施傾向が見直されたり、結婚前のブライダル検診の一部に含まれるなど、さまざまな形で検診が可能です。2年に一度は、検診を欠かさずに受けましょう。

何らかの症状があったり、医師に相談したいことがあるときは、事前にメモを作って準備しておくといいでしょう。より多くの情報を手に入れることは、よりよい選択につながります。恥ずかしがったり遠慮したりせず、率直に質問しましょう。自分の体を大切にすることは、決して恥ずかしいことではありません。子宮頸がんは定期的な検診によってがんになる前の状態(前がん病変)を発見することができ、がんになる前に治療が可能な病気です。検診そのものはわずか5分程度で終わる子宮頸がん検診。あなたの子宮と命を守るために、症状がなくても、1~2年に一度は、検診を欠かさずに受けましょう。

引用元-しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|まずは検診を受けましょう -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-

スポンサーリンク

  人気記事

子宮頸がんの検査方法

●問診
問診票に、月経周期や直近の月経の様子、生理痛の有無や月経血の量、妊娠歴、閉経した年齢などを記載していきます。また、診察室で医師からの質問に答えます。

●視診
膣鏡を膣内に挿入し、子宮頸部を観察します。おりものの状態や炎症の有無を目で確認します。

●細胞診
ブラシやヘラなどで子宮頸部を優しくこすり、細胞を採取します。ほとんど痛みは無く、短時間ですみます。

引用元-子宮頸がん検診の検査方法|知っておきたいがん検診

子宮ガン検査は痛いのか?

40代半ば、男性経験はありますが(同棲してました)はっきり言って痛いです。2年に1回の検診が苦痛です。

良い女性医師がいる婦人科を見つけたので毎回そこに行ってますが、先生いわく、私は膣も子宮口もとても細いそうなんです。「要は広さが問題で、性交渉がない方でももっと広い人はいます」と言われました。男性経験の有無は必ずしも目安になりません。

だからテレビとかで「さほど苦痛はないので皆さん検診受けましょう」とか言っているのを聞くと、ウソ!と思います。私の周りでも自然分娩経験者以外は、既婚者でも「痛くていや」と言う人はいますよ。

欧米では(このセリフ嫌いなんですが今回は別で)麻酔をしてくれる医院もあるそうです。ちょうど日本でも胃がん検診で麻酔してくれるところが出てきたような感じでしょうか。検診で何と言っても苦痛は胃カメラと子宮がん検診です。これだけ医学が進歩しているのだから、もっと苦痛がないようにしてほしいですよね。

引用元-子宮ガン検査って痛い? : 心や体の悩み : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

痛い?子宮がん検診について

子宮体癌(ガン)検査は痛いと聞いたことがある方もいると思いますが、少し痛い場合もあるようです。このあたりは個人差の範囲だそうです。子宮体癌(がん)検査は、癌自体が、体部にできる「ガン」であることから、子宮の奥にの細胞を採取する細胞診を行います。
 
子宮体癌検査は少し痛い場合や、少し出血する場合もありますが、ほんの少しなので心配はいらないようです。通常は、麻酔なしで行うそうですが、患者さんによっては、痛みなどの恐怖心を拭い去る目的で麻酔をしてくれる場合もあるようです。気になる方は麻酔が可能かきいてみるといいでしょう。

引用元-子宮体癌(がん) 検査の出血と痛み

子宮がんの検診後、出血について

子宮がん検診を受けた後、多くの女性が出血について不安を覚えると言います。

確かに、検査後に出血が見られると身体になにか異常があるのではないか、がんが進行していてそこから出血しているのではないか、といった疑問が膨れ上がってしまいがちです。

しかし、子宮がん検診でみられる出血は、必ずしも異常に即結びつくものではありませんので安心して下さい。

子宮がん検診の出血は子宮頸がん検診、子宮体がん検診、どちらでも見られるものです。

子宮頸がん検診では子宮頸部の表面の細胞を、子宮体がん検診では子宮内膜の細胞を採取して細胞診を行いますが、どちらも専用の器具や綿棒で軽く細胞をこそげ取ることになりますので、出血する可能性があります。

また、子宮頸部の細胞は、専用のヘラや綿棒などで表面を軽くなでるようにして採取しますが、子宮内膜の細胞は専用の器具(ブラシ)を挿入して採取をするため、より出血が起こりやすいというのが実状です。

いずれにしても、子宮がん検診において出血自体は珍しいものではないという訳ですね。

ショーツにうっすらと残る出血や、おりものに血が混じるといった程度の出血であれば、過剰に心配する事はありません。

しかし、子宮がん検後に出血をするリスクが高くなるケースも少なからずあります。

例えば、妊娠初期の初診時に子宮がん検診を行いますが、これは妊娠週数が進むと細胞診時に出血しやすくなるためです。

妊娠の週数が進むと、子宮の入り口周辺が肥大して柔らかくなっていくため、細胞診のような小さな刺激を受けても、周辺が出血しやすくなり、診断も困難となります。

また、細胞診後に出血量が異常に多かった場合や、数日~数週間出血が止まらないといった場合には、検査を行った子宮頸部や子宮内膜に何かしらの異常が生じている可能性が高いため、検査結果のいかんによらず、医師の診察を受けることをお勧めします。

子宮がん検診後の出血自体は「起こり得るもの」としてとらえ、いたずらに恐れず、落ち着いて自分の身体の状態を観察するとよいでしょう!

引用元-子宮がん検診後の出血 | 子宮がんのき・ほ・ん

まとめ
命のためにも検査を受けることをお勧めします。

twitterの反応

 - 美容・健康