まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

子宮頸がんの検査は痛いのか

      2016/06/11

 - 美容・健康

子宮頸がんの検査をひかえている方もいるでしょう。初めての方は子宮頸がんの検査がどんなものか不安だと思います。実際、出血を伴ったり、痛いものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

no image
男性で鼻が低いのはコンプレックス?鼻を高くする方法はある?

日本人は欧米の人に比べると鼻が低いですね。特に男性は鼻が低いことをコンプレックスに思う人が多いようです。低い鼻を高くする方法はあるのでしょうか?今回は低い鼻のコンプレックス解消法を調べました。

金属アレルギーがある場合はどうする?ピアスをしたい場合

金属アレルギーは一度発症すると繰り返し出てしまうようです。そんな人でもピアスを楽しみたい場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は金属アレルギーでも付けることができるピアスについて調べました。

うつ病の症状を訴える30代が増えてきた

働き盛りの30代は、責任感の強さから様々なストレスに悩まされます。自分だけは大丈夫と思っていても、知らない内にうつ病の症状を発症しているかも知れません。うつ病は誰にでも起こり得る病気です。うつ病に付いて調べました。

ステロイドの副作用!? 内服の場合はどんな副作用がある?

ステロイドは皮膚科などでもらう塗り薬などの外用薬の他に、内服薬もあります。ステロイドの内服薬によって、治療に大きな効果がみられる場合もありますが、副作用が起きることもあります。今回はステロイド内服薬の副作用について調べました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

一重と二重の片方だけは気になる

片方だけが一重だったり、二重だったりすると気になりますよね。出来れば左右揃えたいのが人情と言うもの。二重にする方法や二重から一重に出来るの?と言った疑問。また、変える必要性などを集めてみました。

美容室でトリートメントはするべき?トリートメントの種類と効果

美容室でトリートメントをすると髪がサラサラになりますね!しかし美容室のトリートメントは傷んだ髪を治すことはできません。たくさんの種類のトリートメントはどのような時にすると効果的なのでしょうか。

風邪やインフルエンザは同時に感染するのか?

今年もインフルエンザが流行しました。かかってしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、通常の風邪と一緒にインフルエンザに感染することがあるのでしょうか。また、インフルエンザのA型、B型なども同時にかかることはあるのでしょうか。

腹痛に下痢!微熱まであるのはどんな病気?

腹痛から下痢になるととてもつらいですね。そのうえ微熱まで出てしまった場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。今回は腹痛、下痢、微熱を伴う症状の病気について調べました。

頭を強打した時は頭痛や様々な症状の変化を観察しましょう

頭を強打した場合、「たんこぶができれば大丈夫」とよく聞きませか?その言葉を鵜呑みにしてはいけません。今は医療の進歩によりきちんと検査ができます。症状をよく観察してください。頭痛やめまい、言語障害などの症状があったら、早めに受診しましょう。強打して意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

虫歯治療の麻酔使用直後に食事

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。麻酔は治療が終わった後も効果が続いています。そのようなときに食事はいつからとっていいのでしょうか。そこで今回は、虫歯治療の麻酔使用後の食事について調べてみました。

歯痛に効くのは?カロナールとロキソニンどっち?

急に歯痛が!そんな時は痛み止めを飲みますね。痛み止めといえばカロナールとロキソニンが代表的ですが、この2つの薬の違いは何でしょう。今回は歯痛の原因とその対処法について調べました。

DHCのサプリメントはどう飲む?おすすめの組み合わせ

サプリメントを食事の栄養補給のサポートとして飲んでいる人は多いでしょう。サプリメントといえばDHCが有名ですね。サプリメントは組み合わせを気を付けないとちゃんと吸収されないようです。今回はサプリメントについて調べました。

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

扁桃腺が腫れて片方だけ痛い

風邪を引くと扁桃腺が腫れることは良くあります。酷くなると唾を飲み込むことさえ容易ではありません。たまに、片方だけ腫れることがあります。何が原因なのか調べることにしました。

夢でトイレに行きたくなったら!?おねしょをしてしまった場合

夢でトイレに行ってそのままおねしょをしてしまった経験はありませんか?子供のころは比較的経験のある人は多いかもしれませんが、今は大人でもおねしょをしてしまう人が増えているようです。その原因と対策を調べました。

後頭部が腫れて痛い!腫れの原因は?

後頭部が腫れていたりしこりになっていたりしていませんか?痛みがない場合は問題がないことが多いようですが、痛みを伴う場合は注意しましょう。今回は後頭部の腫れについて調べました。

足にできるタコとウオノメの違いとは?その取り方と予防法

サイズの合わない靴などを履いていると足にタコや、ウオノメができやすいようです。タコとウオノメはでき方は似ていますが、対処法は異なります。今回はタコとウオノメの取り方について調べました。

歯の神経を取るのはどんな時?取った後はどうなる?

歯にはそれぞれ神経が通っています。歯の神経にはどのような役割があるのでしょうか?また、虫歯などで神経を取る場合はどのようの状態の時なのでしょうか?今回は歯の神経について調べました。

扁桃炎の手術で入院!医療保険は適応される?

扁桃炎になると手術をしないといけない場合があります。手術後はしばらく入院が必要なので、医療保険に加入していないと痛い出費となってしまいます。しかし扁桃炎の場合は手術には保険が適応されない場合があるようなので気を付けましょう。

子宮頸がんの検査

子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、女性の命はもちろんのこと、妊娠や出産の可能性まで奪ってしまう、生活や人生に大きな影響を及ぼす病気ですが、定期的な検診によってがんになる前に発見できる病気でもあります。子宮頸がんの検診や診断は、全国の婦人科クリニックで受けることができます。現在では、社会の関心が高まり以前より自治体での実施傾向が見直されたり、結婚前のブライダル検診の一部に含まれるなど、さまざまな形で検診が可能です。2年に一度は、検診を欠かさずに受けましょう。

何らかの症状があったり、医師に相談したいことがあるときは、事前にメモを作って準備しておくといいでしょう。より多くの情報を手に入れることは、よりよい選択につながります。恥ずかしがったり遠慮したりせず、率直に質問しましょう。自分の体を大切にすることは、決して恥ずかしいことではありません。子宮頸がんは定期的な検診によってがんになる前の状態(前がん病変)を発見することができ、がんになる前に治療が可能な病気です。検診そのものはわずか5分程度で終わる子宮頸がん検診。あなたの子宮と命を守るために、症状がなくても、1~2年に一度は、検診を欠かさずに受けましょう。

引用元-しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|まずは検診を受けましょう -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-

スポンサーリンク

  人気記事

子宮頸がんの検査方法

●問診
問診票に、月経周期や直近の月経の様子、生理痛の有無や月経血の量、妊娠歴、閉経した年齢などを記載していきます。また、診察室で医師からの質問に答えます。

●視診
膣鏡を膣内に挿入し、子宮頸部を観察します。おりものの状態や炎症の有無を目で確認します。

●細胞診
ブラシやヘラなどで子宮頸部を優しくこすり、細胞を採取します。ほとんど痛みは無く、短時間ですみます。

引用元-子宮頸がん検診の検査方法|知っておきたいがん検診

子宮ガン検査は痛いのか?

40代半ば、男性経験はありますが(同棲してました)はっきり言って痛いです。2年に1回の検診が苦痛です。

良い女性医師がいる婦人科を見つけたので毎回そこに行ってますが、先生いわく、私は膣も子宮口もとても細いそうなんです。「要は広さが問題で、性交渉がない方でももっと広い人はいます」と言われました。男性経験の有無は必ずしも目安になりません。

だからテレビとかで「さほど苦痛はないので皆さん検診受けましょう」とか言っているのを聞くと、ウソ!と思います。私の周りでも自然分娩経験者以外は、既婚者でも「痛くていや」と言う人はいますよ。

欧米では(このセリフ嫌いなんですが今回は別で)麻酔をしてくれる医院もあるそうです。ちょうど日本でも胃がん検診で麻酔してくれるところが出てきたような感じでしょうか。検診で何と言っても苦痛は胃カメラと子宮がん検診です。これだけ医学が進歩しているのだから、もっと苦痛がないようにしてほしいですよね。

引用元-子宮ガン検査って痛い? : 心や体の悩み : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

痛い?子宮がん検診について

子宮体癌(ガン)検査は痛いと聞いたことがある方もいると思いますが、少し痛い場合もあるようです。このあたりは個人差の範囲だそうです。子宮体癌(がん)検査は、癌自体が、体部にできる「ガン」であることから、子宮の奥にの細胞を採取する細胞診を行います。
 
子宮体癌検査は少し痛い場合や、少し出血する場合もありますが、ほんの少しなので心配はいらないようです。通常は、麻酔なしで行うそうですが、患者さんによっては、痛みなどの恐怖心を拭い去る目的で麻酔をしてくれる場合もあるようです。気になる方は麻酔が可能かきいてみるといいでしょう。

引用元-子宮体癌(がん) 検査の出血と痛み

子宮がんの検診後、出血について

子宮がん検診を受けた後、多くの女性が出血について不安を覚えると言います。

確かに、検査後に出血が見られると身体になにか異常があるのではないか、がんが進行していてそこから出血しているのではないか、といった疑問が膨れ上がってしまいがちです。

しかし、子宮がん検診でみられる出血は、必ずしも異常に即結びつくものではありませんので安心して下さい。

子宮がん検診の出血は子宮頸がん検診、子宮体がん検診、どちらでも見られるものです。

子宮頸がん検診では子宮頸部の表面の細胞を、子宮体がん検診では子宮内膜の細胞を採取して細胞診を行いますが、どちらも専用の器具や綿棒で軽く細胞をこそげ取ることになりますので、出血する可能性があります。

また、子宮頸部の細胞は、専用のヘラや綿棒などで表面を軽くなでるようにして採取しますが、子宮内膜の細胞は専用の器具(ブラシ)を挿入して採取をするため、より出血が起こりやすいというのが実状です。

いずれにしても、子宮がん検診において出血自体は珍しいものではないという訳ですね。

ショーツにうっすらと残る出血や、おりものに血が混じるといった程度の出血であれば、過剰に心配する事はありません。

しかし、子宮がん検後に出血をするリスクが高くなるケースも少なからずあります。

例えば、妊娠初期の初診時に子宮がん検診を行いますが、これは妊娠週数が進むと細胞診時に出血しやすくなるためです。

妊娠の週数が進むと、子宮の入り口周辺が肥大して柔らかくなっていくため、細胞診のような小さな刺激を受けても、周辺が出血しやすくなり、診断も困難となります。

また、細胞診後に出血量が異常に多かった場合や、数日~数週間出血が止まらないといった場合には、検査を行った子宮頸部や子宮内膜に何かしらの異常が生じている可能性が高いため、検査結果のいかんによらず、医師の診察を受けることをお勧めします。

子宮がん検診後の出血自体は「起こり得るもの」としてとらえ、いたずらに恐れず、落ち着いて自分の身体の状態を観察するとよいでしょう!

引用元-子宮がん検診後の出血 | 子宮がんのき・ほ・ん

まとめ
命のためにも検査を受けることをお勧めします。

twitterの反応

 - 美容・健康