日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

新生児を車で移動させても大丈夫?

      2016/06/12

新生児を車で移動させても大丈夫?

新生児を長距離移動させる場合や、保育園、買い物などに連れていく場合に移動手段に困ったことはありませんか?新生児を車に乗せて移動させてもよいものなのでしょうか。また、注意点も踏まえて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

車移動とチャイルドシート

お子さんを大切に思うならチャイルドシートです。事故の際、チャイルドシートで助かる赤ちゃんも抱っこなら死にます。

お母さまや親戚や周りになんと言われようと、赤ちゃんの安全はママであるあなたが守ってあげてください。育児もなんでも、どんどん進化しています。昔やったほうが良かった事が、今はやってはいけないことだなんてのはいっぱいあります。(もちろん逆もありますが)

チャイルドシートに座った状態で、普通の運転の振動で受ける影響なんて大したことないです。そもそもそんなものあるかどうかも聞いたことないです。(私が不勉強なだけかもしれませんが。)抱っこの状態で、事故で受ける状激は死に直結します。

きちんとお母さまにも説明してあげてください。たまたまお母さまは事故で赤ちゃんが命を落とす経験がなかったかもしれないけど、そういうことがたくさんあって、事故から赤ちゃんの命を守るために研究され開発されたのがチャイルドシートであり、法律で義務化されるほど安全効果は保証されてるものなんだよって。

どれだけご自身が気を付けて運転しても、いきなり車がノーブレーキで突っ込んでくることだってあります。避けられない事故というのはありますもの。
大事なものは守らないと。

引用元-新生児を車に乗せる際、チャイルドシートか抱っこか安全なのはどちらでしょ – その他(出産・育児) 締切済 | 教えて!goo

新生児の車移動は危険なのか

私も出産が自宅から離れた実家近くでした。車では3時間かかります。2児の経産婦です。2人とも2カ月程度で移動しました。

生後一週間、というのは産婦の身体にとっての負担はかなりあると思います。

どうしてもかえらねばならない抜き差しならない事情があるなら仕方のないことですが、一週間後でしたら、一か月後のほうがよろしいかと思います。一週間は普通分娩でもキズが多少痛みますし、疲れも取れていないと思います。一か月後でも授乳などで疲れるのは一緒ですが、産後疲れは少し取れるかもしれません。

首が座るのは3カ月~といったところなので待っていられないかとは思いますが。。
今はいいベビーシートもありますから大丈夫だと思います。

それより一か月検診は出産した病院ではされないのでしょうか?出産したところでされたほうがベターかなと思いますが、やむを得ない場合は仕方ないことですけれど。できたら一か月検診受けてから帰られればいいのかなと思います。

出産後一人で過ごされることも多いかと思います。けれど、一人目のお子さんなら落ち着ける環境であれば一人でもなんとかやっていけますのでがんばってくださいね。逆に一週間くらいはお母様に来てもらえればいいですね。

引用元-新生児の車移動ってそんなに危険?いつならOK? – 新生児の車移動の危険性っ… – Yahoo!知恵袋

新生児を乗せて長距離の車移動

私は東京-大阪間を里帰り出産しました。帰り(赤ちゃん連れ)は新幹線を利用しましたが、時間が長く大変でした。車でもやはり時間がかかるし負担になるのではないかと心配しています。チャイルドシートも、事故の時の安全性を重視すると長距離移動には向かない姿勢になるし、赤ちゃんの姿勢を重視すると事故の時の安全性に不安が残るんですよね・・・。

現在2人目妊娠中で、今度も里帰り出産ですが、次は行きも帰りも飛行機にするつもりです。空港には授乳室もあるし、設備は充実していますし、拘束される時間も短く済みます。飛行機内でもミルクなどを飲ませることによって気圧の変化にも対応できるようですし。(上の子は生後2ヶ月から何度も飛行機に乗せていますが、それなりの備えをしていれば絶対に楽です。)

荷物は宅急便を利用するつもりでいます。前回の時は、私の実家の両親が車で手伝いに来てくれたので、荷物運びもお願いしてしまいました。主人は休みのたびに赤ちゃんに会いに来てくれたので自宅を掃除して赤ちゃんを迎えるというのには無理があり、私も産後すぐに赤ちゃんの世話をしながら掃除をする自信がなかったもので、手伝いは必要でした。

今回は宅急便を利用するつもりではいますが、両親が車で手伝いに来てくれるとしたら喜んで好意に甘えようと思っています。また、主人が自分で車を出すことも考えているようなので、そうしたら両親には飛行機に同乗してもらって主人に荷物運びを頼むか・・・。これから相談するつもりでいます。が、宅急便も便利なので荷物運びだけのために車を出す必要はないと考えておりますが・・・。

長距離移動は赤ちゃんに影響がないはずはありませんが、移動しないわけにもいきませんからね。少しでも赤ちゃんとご家族に負担の少ない方法が見つけられればと思い、質問の主旨と違うかもしれない回答をしてしまいました。「こんな方法もある」程度に聞き流していただければと存じます。

引用元-新生児の長距離の車移動について – 妊娠 解決済 | 教えて!goo

新生児の車移動は産まれてすぐでも大丈夫

産婦人科の先生でも、「産まれてすぐに里帰りをしても問題がない」と言う方がいます。事実、入院生活が終ったその脚で実家に戻るママさんもいますね。買い物や保育園の送り迎えなどに積極的に外出させるのはお勧めできませんが、短距離の移動を1週間に1度程度行うのであれば問題ないです。ただし、退院時の体重が2500g以下ですと、チャイルドに乗せることはできません。新生児用チャイルドシートに乗れない場合には、誰かが抱っこをして移動をするようにしましょう。

適正なサイズ

新生児には新生児用サイズのチャイルドシートがあります。ママが運転するのであれば、月齢に合ったサイズをきちんと装着しなければシートから落ちてしまう危険性もあり得ます。また、使用している車にあった適正なチャイルドシートを利用しましょう。

チャイルドシートの形

新生児用のチャイルドシートは、フラット型と卵型の2パターンがあります。フラット型はベットのように横に平たい形なので、寝ている赤ちゃんは快適と考えられています。しかし、45度程度傾斜がある卵型の方が背中のダメージを分散し、身体への負担が最小限に抑えられます。

引用元-新生児の車移動はいつから?保育園の送り迎えや買い物での注意点

車移動で注意する点

日射し

短時間の移動でも寝そべっている新生児にとって車の日射しは強烈です。実際に紫外線の光は皮膚が薄い新生児の細胞を傷つけ、白内障の病気にもつながりかねません。カーテンを付けるなど、紫外線対策に気を使わなければなりません。

リズムを作る

保育園は登下校の時間が決まっていますね。しかし、新生児のリズムを崩すのは心身の成長に良い影響を与えません。保育園の送り迎えの時間までにミルクを済ませて眠らせるなど、日々の生活リズムを作ってあげましょう。できるだけ赤ちゃんを中心に考えてあげることが大切です。

車内に置き去りにしない

たとえ気持ちよく寝ていたとしても、車外へ出る場合には一緒に連れて行かなければなりません。ほんの少しの間でも、車の中に置き去りにするのは脱水症状などの危険性が伴います。

帰宅後はゆっくり休ませる

新生児は外出に慣れていません。ほんの数分の移動でもとても疲れています。しっかりとミルクを飲ませて、眠らせてあげることで、休息を取らせるようにしましょう。

引用元-新生児の車移動はいつから?保育園の送り迎えや買い物での注意点

まとめ
チャイルドシートを使用し、安全運転を心がけてください。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ