日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

高齢者運転、迷惑運転の改善策は?

      2016/06/14

高齢者運転、迷惑運転の改善策は?

日本の高齢化社会で車を運転する年齢も高齢化が進んでいます。それにより、高齢者による交通事故や迷惑な運転が目立ちます。改善するためには我々がどのように対応すればよいのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

高齢者の運転について

誰でも高齢者にはなるのだし、個人差もあるし、高齢者を大切にしなければならない、若いドライバーだって下手、マナー違反、危険運転をするじゃないか、なぜ高齢者いじめをするのか、という一種のタテマエ論はその通りですが、車の運転という頭脳も含めた総合的な身体能力、判断能力を要求され、それが不十分な場合は事故にもつながりかねない技術、資格については、やはりタテマエだけでは到底認められないものがあるのは疑いようのないことだと思います。

若い運転者にもけしからんやつは沢山いますが、高齢者の場合は「善良なる高齢者」であっても、能力の衰えが確実に来るということは間違いありません。

ドアミラーをたたんだままで運転している車、横道から幹線道路に何の警戒もなく、一時停止せずに進入してくる車、交差点の停止線を超えて停止し、右左折してくる車の進路妨害になっていても、少し前進して左によるとかした対応ができない(技術がないのではなく、自分の車が障害となっている状況認識ができない)、駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えて大事故を起こす、挙句の果ては高速道路を逆走する・・・・そういっちゃなんですが、こういう危険運転をするのは高齢者とオバちゃんです。

若い頃に免許をとり、全く問題なくマナーも守った運転をしていても、加齢とともに総合的能力が低下しているのです。

高速道路の逆走なんて、やれといわれても逆に相当無理に頭を使わないとできませんよね。 だいたいはサービスエリアからさっき来た道に逆に入っているのが原因らしいですが、ふつうに運転していれば自然と車の流れ、進行方向通りに進んでいくでしょうが。

いずれにしても、70歳以上は更新間隔が3年になる、講習時間が長くなる、簡易な適性検査をする、という現行制度では絶対に不十分だと思います。

もう少しきちんとした適性検査、身体能力検査を行い、基準に達していない人は免許を取り上げるくらいのことまでやるべきだと思います。また、高速道路の逆走など酒酔い運転と同等かそれ以上に危険な行為をした場合は、その場で直ちに免停、免許取り消し処分にすべきと思います。

引用元-高齢者の運転に常々思うこと。 – 車運転中に交差点を直進しようと車を進めてい… – Yahoo!知恵袋

お年寄りの迷惑運転をどう思うか

田舎住みの現在、ここらではもみじマークの車わんさかいます。理由の一つに「他の交通機関がない」「あっても高額&少ない」などが理由だと思居ます。都内繁華街で毎日車運転していた私ですが、それでも車に傷などほとんどありませんでしたが、ここにきてからというもの、広いスーパーの駐車場では頭から駐車した車が出て行く時にはこちらのヨコサイドに1本線、扉の真ん中には隣の車がぶつけたへこみ…キリがないです。極めつけはいきなりUターン!ウインカー出さずに右折・左折・進路変更など当たり前、こんな運転する高齢者の車にとうとう事故を誘発されました。いきなり反対車線から道路の中央分離帯の切れ目から出てこられ、避けるためによけて縁石にぶつかりタイヤ&ホイール破損。警察も入り後は保険やの話し合いになって「俺は事故なんてしてない」「はあ~ほお~」とトボケたふり。あまりの事にこちら側の保険担当者から「タチが悪いので裁判しましょう」と言われる始末。ちなみに都内住みの親は東京都が出しているフリーパス(千円払えば都バス&都営栄地下鉄が乗り放題)を使える年齢になったらさっさと免許返納してしまいました

引用元-お年寄りの運転をどう思いますか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

高齢者に、迷惑な車の運転を止めさせたい

長年続けてきたものを、本人の自覚無しに辞めろって言われたら、だれだってカチンと来て、反逆したくなりませんか?本人は、車を運転するのが好きなものと推測します。現在高齢者の方々には、教習所とか警察の免許更新とかありますので、まず実力を試させてみてはどうでしょうか?眼科で視力検査、耳鼻科で聴力検査、教習所で、頼んでS字カーブやクランクの普通でも難しい所をやってもらうとか。でも、あなた自身では、すでにお姉さんと喧嘩しているようなものですから、お姉さんのお友達とかに頼んでみるのが良いでしょう。後は、ビデオで交通事故関係のものを見させるとか、運転が怖くなるように仕組むとかかな?

引用元-高齢者に車の運転を止めさせる方烹 [質問ID:9066] – お悩みQ

高齢ドライバーは免許を卒業できますか?

高齢ドライバーが激増している時代に突入してしまったわけですから、この免許の返納というのは、現実味を帯びてきたんじゃないかと思いますね。
ただその場合、いくつか条件があるかと思うんですけれども、車の運転ができるということは、お年寄りにとって、これはまさに自立の象徴なんですよね。
ですから周辺者の方が、危ないからやめろと、安易に言い放つということは、非常に自己の尊厳を傷つけるといいますか、そういう問題があります。
例えば私が調査した中では、軽度の認知症にかかっていたお年寄りですけれども、自分の運転免許は、まさに国家資格であると。
日本国が自分に与えてくれたものであると。
ですから息子さんや娘さんたちに、お前たちの言うことは聞かないと、そう言ったということです。
ですから、運転免許の問題というのは、認知症の介護破綻の一つの要因であるという、精神科医の報告などもございますから、これは非常に慎重にいかなければいけないということです。

引用元-運転し続けたい ~高齢ドライバー事故の対策最前線~ | NHK クローズアップ現代

免許返納を呼びかける運動をどうみるか

高齢ドライバーが激増している時代に突入してしまったわけですから、この免許の返納というのは、現実味を帯びてきたんじゃないかと思いますね。ただその場合、いくつか条件があるかと思うんですけれども、車の運転ができるということは、お年寄りにとって、これはまさに自立の象徴なんですよね。ですから周辺者の方が、危ないからやめろと、安易に言い放つということは、非常に自己の尊厳を傷つけるといいますか、そういう問題があります。例えば私が調査した中では、軽度の認知症にかかっていたお年寄りですけれども、自分の運転免許は、まさに国家資格であると。日本国が自分に与えてくれたものであると。ですから息子さんや娘さんたちに、お前たちの言うことは聞かないと、そう言ったということです。ですから、運転免許の問題というのは、認知症の介護破綻の一つの要因であるという、精神科医の報告などもございますから、これは非常に慎重にいかなければいけないということです。

引用元-運転し続けたい ~高齢ドライバー事故の対策最前線~ | NHK クローズアップ現代

まとめ
これからの進行していく高齢化社会でどのように対応していくかが今後の課題かもしれませんね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ