まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

ヨーグルトは効果あり?アレルギーに効くヨーグルトとは

      2016/06/15

 - 美容・健康

現在は3人に1人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。花粉症やアトピー…つらいですね。そんなアレルギーにヨーグルトが効果があるという話があります。どのようなヨーグルトを摂取すれば効果があるのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

身体測定前に実践☆身長を簡単に伸ばす方法まとめ

『あと1cmあれば170cmなのに…』身体測定を前に、あと少し身長を伸ばしたいあなたへ!簡単に身長を伸ばす方法があります!これを見てぜひ試してみてください♪少し気をつけるだけで結果が変わるので驚きですよ☆

ノンアルコールビールは飲んでも大丈夫?肝臓への影響は

肝臓はアルコールを摂取した場合に影響が出やすい臓器です。そのため、お酒を飲む人は休肝日を作る必要がありますね。ところでノンアルコールビールは肝臓への影響はないのでしょうか?

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

奥歯の根元が虫歯に?治療はどうする?

奥歯は虫歯になりやすい歯です。歯の根元も気を付けないと段差ができたり虫歯になりやすくなります。歯の根元が虫歯になったときは早めに治療に行く必要があります。今回は虫歯になりやすい歯の症状について調べました。

美容室でトリートメントはするべき?トリートメントの種類と効果

美容室でトリートメントをすると髪がサラサラになりますね!しかし美容室のトリートメントは傷んだ髪を治すことはできません。たくさんの種類のトリートメントはどのような時にすると効果的なのでしょうか。

膀胱炎の症状と子供の場合の注意点

膀胱炎という症状をたまに聞くかもしれません。実際になったことがある方も多いかもしれません。しかし、子供がかかってしまった場合にはどのような点で注意しなければならないのでしょうか。

妊娠初期はつわりが大変!仕事のやる気が出ない時はどうする?

妊娠初期はつわりなどの症状があり、精神的にも不安定になりやすい時期です。仕事をしている人はやる気が出なかったり、大変なことも多いでしょう。今回は妊娠初期の仕事について調べました。

虫歯治療後、麻酔が切れる時間や痛みについて

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。しかし、麻酔は時間が経てば切れてしまいますし、切れた後、痛かったりしますよね。そこで今回は、虫歯治療後麻酔が切れる時間などについて調べてみました。

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

子宮頸がんの検査は痛いのか

子宮頸がんの検査をひかえている方もいるでしょう。初めての方は子宮頸がんの検査がどんなものか不安だと思います。実際、出血を伴ったり、痛いものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

皮膚科に行ってシミにバイバイ!ハイドロキノン治療

『あ、シミができてる…』鏡を見て気づいてしまったら。あなたは皮膚科に行ったことはありますか?ハイドロキノンという薬がシミに効くと話題です!一体どのようなものなのでしょうか?

タバコを止めたいあなたへ~タール&ニコチンの害~

この記事を開いたあなたはタバコを止めたいと思っているのですよね?「わかってはいるけど、止められない…」と悩んではいませんか?悩んでいると、余計タバコに依存してしまうかもしれません。ではどうすればいいのでしょうか?答えは案外シンプルだったりするのです。

新生児の鼻が低いのは何故?気になる場合はどうすればいい?

生まれたばかりの新生児は鼻が低い場合があります。新生児の鼻が低い原因はいくつかあるようですが、場合によっては病気が原因の時もあるようです。今回は新生児の鼻が低い原因について調べました。

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

頭を強打してたんこぶができてしまうことがありますね。たんこぶができた時はどうしたらいいのでしょうか。たんこぶができて、さらにほかの症状がある場合は注意が必要なようです。今回はたんこぶができた場合の対処法を調べました。

貧血の症状と病院での処方

貧血でお悩みの方も多いことでしょう。貧血にも多くの種類がありますが、症状の重さは様々です。普段の生活に支障をきたす場合もあります。貧血の症状はどういったものなのでしょうか。その場合の病院での処方について調べてみました。

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

生理痛の薬でアレルギー!?服用時の注意点とは

つらい生理痛の時は鎮痛剤で痛みを和らげる人もいるのではないでしょうか?しかし中には生理痛の薬でアレルギーが出てしまう人もいるようなので注意が必要です。今回は生理痛の薬について調べました。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

寝起きに心臓がドキドキ(動悸)することって良くありますよね。そんな時は、少なからず大丈夫かなぁと自分の心臓に問いかけるように心配になるものです。何か心当たりでもある場合は別ですが、何も無い場合はなおさら。ドキドキ(動悸)の原因を探るべく調べました。

アレルギーとは

アレルギーとは何か?

アレルギーとは、免疫の誤作動・暴走なのです。「免疫」というのは、病原体などの異物から体を守るために人体に備わった複雑な防衛システムのことです。この免疫が、時に花粉やダニや小麦タンパクなどを危険な敵と勘違いすることがあります。そして過剰防衛に出た結果いろいろな症状がでるのがアレルギーです。

アレルギー発症のしくみをもう少し詳しく

身体に微生物や有害な異物が入ってくると、これに対抗するための「抗体」というたんぱく質が作られます。抗体の一番の役目は異物に結合すること。そして抗体は叫び声をあげます。「危険な侵入者をつかまえたぞ。羽交い絞めにしてるからやっつけてくれ!!」するとマクロファージやNK細胞などの白血球兵士が集まってきて、異物を抗体ごと食べて破壊します。

この一連のしくみが免疫です。ここで抗体が勘違いをしたらどうなるか?例えば無害な花粉を危険な敵と勘違いして行動を起こしたら?免疫が作動する時、体内では同時に多くの生化学反応が起きます。「花粉は危険だ!鼻水や涙をどんどん出して洗い流せ!くしゃみで吹き飛ばせ!」花粉に対する抗体の大量生産により、ヒスタミンが放出されて鼻水やくしゃみが止まらなくなります。

そんな勘違いの指示にカラダが支配されている状態が、花粉症というアレルギーです。他のアレルギーも仕組みは同じ。一言で言うと過剰防衛反応で自分自身が苦しめられている状態。「免疫の誤作動・暴走がアレルギー」というのは、こういう意味です。

引用元-乳酸菌のアレルギー改善効果

スポンサーリンク

  人気記事

花粉症に効果があるヨーグルトとは

1.花粉症にヨーグルトが効く理由

花粉症がヨーグルトに効く理由を、お話しします。

アレルギー症状が抑えられる
ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、免疫細胞(外部から体内に侵入してくる異物と戦う細胞)のバランスを整える働きを持つため、アレルギー症状が抑えられます。アレルギー症状は、2種類ある免疫細胞(Th1細胞、Th2細胞)のバランスが乱れることで起こります。花粉症の人は、Th2細胞の方が多くなっています。

Th2細胞が多い理由は、はっきりとは分かっていませんが、食生活の乱れや腸内環境が悪い状態にあることなどが関係していると言われています。Th2細胞が多いことで花粉症の症状が引き起こされますが、乳酸菌・ビフィズス菌は、2つの免疫細胞のバランスを整えます。

免疫細胞のバランスを整えることに関しては、すべての乳酸菌やビフィズス菌が当てはまるわけではないので、花粉症の症状におすすめの菌を、次の章でご紹介します。

2.花粉症におすすめの菌の種類

体質のお手入れや、アレルギー症状を抑える働きが期待できる菌を6つご紹介します。

・KW乳酸菌
・フェカリス菌
・LG21乳酸菌
・1073R-1乳酸菌
・BB536ビフィズス菌
・L-55乳酸菌

引用元-肌らぶ

アレルギー性皮膚炎とビフィズス菌の相性とは

アトピーとビフィズス菌は相性が悪い

現在人気のヨーグルトには、ほとんどのものにビフィズス菌が含まれています。ところが、誰もが身体にいいと信じ切っているビフィズス菌が、意外なことにアトピーには良くないようなんです。その原因は、ビフィズス菌の種類によっては、アトピーの改善に役立つ「ビオチン」というビタミンを、消化してしまうものがあるからです。 アトピーの人は普段からビオチンが欠乏しているので、ビフィズス菌を摂取しすぎると、炎症がひどくなり、アトピーを悪化させてしまう可能性もあります。ビフィズス菌を含んだヨーグルトは、「ビフィドバクテリウム」という成分が表示されているので、ラベルなどで確認してください。

おすすめはラクトバチルス

ヨーグルトには、ビフィズス菌としての乳酸菌を含むもの以外にも、別なタイプの乳酸菌を使ったものがあります。それが「ラクトバチルス」と言って、乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)に分類されるタイプです。この菌は、昔からヨーロッパでヨーグルト作りに使われてきました。しかもスウェーデンで行われた研究では、腸内にラクトバチルスが多い子どもは、アレルギー疾患にかかりにくい、という報告もあるそうです。ヨーグルトの表示には、「ラクトバチルス・アシドフィルス」や「ラクトバチルス・パラカゼイ」と書かれているので、確認してから試してください。

引用元-NICOLY

アレルギー性皮膚炎に効果がある乳酸菌

今日はたまたまアレルギー性皮膚炎と乳酸菌の効果についてネットサーフィンしてると面白い記事を発見。せっかくなので皆さんとシェアします。

アレルギー性皮膚炎を改善するにはアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるものを言いますが、具体的な症状があるわけではない人においても、その抗体と反応する抗原もアレルゲンと呼ぶそうです。)を生活環境から取り除く事と免疫バランスを回復する事がアトピー性皮膚炎に良いそうですよ。

ある小児科の医師いわく、アレルギー性皮膚炎を持つ幼児達に見られる下痢などの消化系器官の症状も腸内が丈夫に成長するに従い、3歳頃までには少しづつ改善されるんだそうです。

そのアレルギー性皮膚炎になリやすい原因にはダニやハウスダストだそうです。しかしそのアレルギー性皮膚炎になる要因は年齢とともに変化してくモノらしいです。

ここで朗報です。最近では早い段階で診断、対処すればアレルギー性皮膚炎は予防できるようです。よって早い段階の幼児期から正しい食生活を意識してお子さんを育てる事はアレルギー予防にとってとても大事な事です。

話が少し長くなりましたが、ここからが本題、聞きなれた乳酸菌でも「L-92乳酸菌」というのは聞きなれていない人も多いはず、なんとこのL-92乳酸菌は免疫力のバランスを整え、アレルギー性皮膚炎の改善に大きく影響をもたらすようです。

このL-92乳酸菌」と言うのはTh1細胞を活性化させる事によって、体内のTh1、Th2のバランスを整え、アレルギー抑制につながる事が既に実証されている次世代の乳酸菌と言っても過言ではないでしょう。

この乳酸菌の存在を知り、アレルギー性皮膚炎でお悩みのお子様をもつ親御さん達にとって明るいニュースです。

またこの「L-92乳酸菌」は小児のアトピー性皮膚炎だけでなく、大人の方もお悩みの方も多い、花粉症の改善にも効果があるそうです。

その乳酸菌の粉末を8週間摂取すると明らかに治療補助効果があるという実験結果が証明されています。

引用元-アレルギー性皮膚炎に乳酸菌は効果あるのか?

蕁麻疹などに効果があるヨーグルト

蕁麻疹やかゆみに効くヨーグルトは?

蕁麻疹や体のかゆみに有効な商品も注目を集めています。アトピーの場合も、体質改善が必要になりますので、毎日摂取することが大切です。なかには100日で完治したという人もいて、気長に続けてみても良いかと思われます。特に 大人のアトピーに効果的なようです。ただし、腸内環境は人により様々で、自分に最適な乳酸菌を発見するのは難しいとされています。

場合によっては、アレルギーが出るものもあり、人によっては悪化してしまう場合も
あります。何か不具合があれば、中止することも考慮しておきましょう。蕁麻疹やかゆみ、アトピーに効果があったといわれているのは、下記のものです。

・カスピ海ヨーグルト
・タカナシ乳業 おなかへGG
・メイトー お腹で増えるLKM512

もちろん、絶対に効果があると断言することはできませんが、期待できるものから試していくことで、改善への道が開けますね。

引用元-Sakiyomi trivia.com

まとめ
ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類はいろいろあるので、自分の体質に合った乳酸菌を摂取しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康