日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

演劇の事を学べる関東の大学<有名どころをピックアップ!>

      2016/06/16

演劇の事を学べる関東の大学<有名どころをピックアップ!>

演劇の道に進みたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?演劇の事を学ぶには、大学の他にもいろんな方法はありますが、今回は、演劇の事を学べる関東の大学にスポットを当てて、有名どころをピックアップしてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

スポンサーリンク

あの演劇で有名な大学には博物館も!

日本国内で演劇・映像の専門博物館は早稲田大学演劇博物館だけです。演劇の歴史を見て取ることができる常設展や企画展も開催されています。

1.早稲田大学演劇博物館とは?

1928年(昭和3年)10月に英文学者坪内逍遥氏の70歳の時に、1909年(明治42年)から19年間もの歳月をかけて翻訳された『シェークスピヤ全集』の完成を記念して、東京都新宿区の早稲田大学構内に設立されました。数多くの演劇や映像に係わる貴重な資料が保存されています。

2.早稲田大学演劇博物館の魅力

西洋演劇から民俗芸能、東洋演劇、古代・中世、近世、近代・現代、映画・テレビと、世界各地や様々な時代にわかれて展示されているので、演劇に詳しくなくても楽しむことが出来ます。入館料も無料なので、緑豊かなキャンパス内をお散歩したついでに、気軽に立ち寄れるというのもいいですね。

引用元-Find Trabel

演劇の事を学べる大学~桐朋学園芸術短期大学~

演劇専攻の概要

演劇専攻は、戦後の演劇界に多くの逸材を輩出したことで知られる俳優座養成所を前身とし、千田是也、安部公房、田中千禾夫という日本演劇界の巨星たちにより、専門俳優を大学で養成する目的をもつ日本で初めての教育機関として、1966年に創設されました。劇団の養成機関のように演技指導に力点をおくだけではなく、専門俳優・表現者に必要な実技訓練に支えられ、幅広い教養と視野を兼ね備えた専門俳優の育成を目指しています。

引用元-桐朋学園芸術短期大学

演劇の事を学べる大学~日本大学芸術学部~

演劇学科概要COURSE OF STUDY

芸能は人類とともに生まれたと言えるほど長い伝統を持つ芸術の原型であり、いろいろな芸術が織りなす総合芸術でもあります。演劇学科では、時代とともに変貌し、多種多様な表情を見せる演劇を、理論的かつ実践的に研究し、より創造的な表現を生み出す方法と技術を磨くことを目標としています。

カリキュラムは「理論と歴史」「表現方法と技術」の2分野で編成され、1年次からそれぞれの分野の専門基礎科目を履修。特に「表現方法と技術」の分野では、コース別で専攻基礎の教育に力を注いでいます。

また実習授業や作品の学外発信活動、演劇系大学共同制作への参加、内外の演出家を招いてのワークショップなど、多くの発表の機会を用意。さらに福祉・教育・企画・制作など、演劇の応用領域に関する実践的な領域の研究も重ね、新しい形のシアターワーク、演劇を通じたカルチュラルワークなどの開発にも、積極的に取り組んでいます。

引用元-日本大学芸術学部

演劇の事を学べる大学~桜美林大学~

演劇専修

〈舞台芸術〉を通して、「自己」を磨き「他者」と結びつき「今」を考える力を身につける

学習のポイント

1.演劇、ダンス界の第一線で活躍する講師陣が生きた授業を行う
2.プロの演出家、振付家による本格的な舞台公演を行い、俳優・スタッフ共に実践を通して成長する
3.舞台芸術の歴史から最新動向までを知り、地域の芸術文化を担う姿勢や国際感覚を身につける

舞台芸術について学ぶことは「人間」について学ぶことです。舞台を通じて自己を探求し、他者と共感し、両者の結びつきを探ります。時代を写す鏡と呼ばれる「演劇」や「コンテンポラリーダンス」と格闘することで、「今」という時代を読み解く眼も獲得します。授業では幅広い演劇的な教養から企画の発想までを身につけ、さらに実技・実践を重視して俳優やダンサースタッフとしての専門的な知識や技術を磨き、実際の「公演」に向けて講師や仲間たちと磨き合い結びつく中で、表現技術とコミュニケーション能力を養います。また、舞台芸術の最新動向にも目を向け、市民参加劇やアウトリーチに触れることで地域の芸術文化を担う姿勢を、海外研修や京劇で国際感覚を育成します。.

トピックス ~演劇界で活躍する人材を輩出~

1年次には、俳優・スタッフ双方の講義や実技のすべてを経験することで、自分に向いているものを探せます。さらに毎回プロの演出家・振付家がプロデュースし、学生がスタッフ、キャストを務める桜美林大学パフォーミングアーツプログラム(OPAP)は、一般観客の鑑賞にもたえ得る高いレベルのもの。プルヌスホールや小劇場など、専用劇場や稽古場などの設備も充実していて、4年間で演劇の最前線のノウハウを体得できます。近年、演劇界で活躍する卒業生が増えており、演劇界の芥川賞ともいわれる岸田國士戯曲賞の受賞者などを輩出しています。

引用元-桜美林大学

演劇の事を学べる大学~尚美学園大学~

芸術監督、演出家、振付師・・・。
舞台を究めた一流の指導者を集めました。

これまでの教育は、“アーティストが持論をもとに指導する”ケースが少なくありませんでした。開設する舞台表現学科のもっとも大きな特色と言えるのが、ほとんどの教員が“アーティストを発掘し育成してきたプロフェッショナル”であること。つまり、キャストとして選ばれるために必要なスキルやトレーニングを客観的に指導できる、幅広い視点と豊富な経験を持っているわけです。学科長に就任予定の芸術監督をはじめ、著名な劇団や作品で注目の新人を世に送り出してきた指導者が、学生一人ひとりに的確なアドバイスを与えていきます。

表現者としての土台づくりを重視。
「理論」や「教養」も身につく4年制大学ならではのプログラムです。

どんな舞台芸術を追求するにしても、声と身体を使って表現するという基本は変わりありません。そして、その基本が確かな知識や技術、理論や教養でなければ、人を感動させる新たな表現を創造していくことはできないのです。そこで用意したのが、1・2年次に学ぶ多彩な「基礎科目」。呼吸・発声・発音のスキルはもちろん、身体表現の基礎として欠かせない「バレエ」や「タップダンス」、日本のあらゆる芸能が凝縮された「日本舞踊」を所作とともに身につけるなど、世界で通用するベーシックを集中的に鍛えられるプログラムにしました。

「ミュージカル」「演劇」「ダンス」からなる3つのコースを設置。
スペシャリティーを追求します。

3年次からはコースに分かれて専門性を磨きます。現代の舞台表現に加えて古典芸能なども学び、多彩な芸術表現ができる俳優を育成する「ミュージカルコース」。創造的な活動で演劇界をリードできる役者を育て、演出・脚本・制作でも能力を発揮できる舞台人を育成する「演劇コース」。バレエ・タップ・コンテンポラリーの分野を中心に活躍するダンサーや、教育や医療介護などの現場で人を支えるダンスセラピストなどを育成する「ダンスコース」。成果を試す機会として、舞台公演や外部団体を招いたオーディションを全コースで開催する予定です。

レッスンや発表が待ちどおしくなる
さまざまな施設を完備したキャンパスです。

2学部4学科をもつ4年制大学として、音楽・芸術分野の人材教育を行ってきた尚美学園大学。広大な敷地面積をもつ川越キャンパスには、すでに舞台表現を学ぶ上で十分な施設設備が整っています。多くの学生が同時に指導を受けられるレッスンスタジオ。オリジナル作品を大勢の観客を招いて上演できるホール。化粧台やドレッシングルーム、舞台装置や音響設備など、実際の舞台公演を想定した環境にもこだわっています。舞台表現学科の設置にあたって、施設の拡充も計画中です。キャンパスライフを大いに楽しんでください。

引用元-SHOBI UNIVERSITY

演劇の事を学べる大学~明治大学~

劇(ドラマ)を通して人間を考える

世界の中でも独特な日本の演劇

歌舞伎が始まってから400年、こんなに古い演劇が未だに現代にあって人気を集めている国は、世界に類がありません。歌舞伎だけではありません。能も狂言も現代演劇やミュージカルと共に未だに人気の演劇であり続けています。

演劇は文化、演劇は歴史

西洋でも日本でも、演劇はそれが属するそれぞれの国の文化伝統の中で歴史的に独自の発展を遂げてきました。劇場だけでなく、上演台本としての戯曲、舞台装置、衣装、俳優の演技などに、それぞれ実に興味深い特色が見受けられます。演劇学専攻では、それらを歴史的、理論的に学んでいきます。

演劇は舞台芸術の原理

舞台芸術としての演劇はさまざまなジャンルに分かれて発展してきました。ドラマ、オペラ、バレエ、ダンス、ミュージカル、パントマイムなど、そして19世紀末には映画が誕生しました。しかし、これらの芸術に共通しているのは、「今、ここで」体験する一回限りのパフォーマンスであるという演劇の原理です。

「厳楽(きびたの)しい」少人数ゼミ

こんなに多彩なジャンルを擁し、特色にあふれた演劇の世界の中から、自分の関心のある分野を選んで研究し、仲間や先生の前で発表するゼミが1年次から設置されています(1年次:基礎演習、2年・3年次:演劇学演習)。ハラハラドキドキ、厳しくて楽しくて……きっと学生生活のよい思い出になること請け合いです。

引用元-明治大学

ちなみに演劇で有名なこの大学は、文学部の中にあります~早稲田大学~

演劇・映像の本質と多様性を学ぶ

早稲田大学の演劇映像コースでは、演劇・映画を中心とする身体・映像にかかわる文化表象について総合的に考察し、早稲田大学における坪内逍遥博士以来の演劇研究の伝統を発展的に継承することを目的とします。

対象領域は、日本の古典演劇から、いまだ発展途上の分野といえる現代演劇や、デジタルコンテンツの登場で多方面へ広がる可能性を持つ映像まで、非常に幅広いです。また、その研究手法も、戯曲研究などの文献を用いた方法や歴史的探究のほか、言語分析や精神分析など、さまざまな新しいアプローチが取り入れられています。

学生は、演劇系・映像系の2つの系統のいずれかに属し、自系統の演習科目を中心に、他系統の科目も合わせて履修します。演劇を専攻する学生は、東洋・西洋の古典劇・現代劇、舞踊、民俗芸能などの多様な演劇的表現の探究を通じて、言語・身体・空間の関係のありようを再考します。映像系については、芸術およびメディアとしての映画の特性をめぐって、映画史、映画理論をはじめとする多角的なアプローチを展開するとともに、映画以降の映像表現も視野に収めて、映像文化に対する深く幅広い理解を育成します。さらに、2つの研究領域にまたがる複合的・横断的なテーマを検討することで、より大きな文脈のもとで芸術・文化を見つめるまなざしを養います。ブリッジ科目には演劇・映像関連の講義科目が多数設置されており、個々の関心に応じて多彩な科目選択を行うことができます。

演劇映像コースでは、社会の歯車の「あそび」、労働に対する「遊び」、神を楽しませるために舞や詩歌が捧げられた「神遊び」など、芸術の存在意義を肯定的、積極的に捉えられる人間を育てていきます。

引用元-早稲田大学文学部

まとめ
私でも知っていた演劇で有名な早稲田大学には、博物館まであったことに驚きました。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ