日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

大学院を卒業しても就職できない!?厳しい現実とは

      2016/06/21

大学院を卒業しても就職できない!?厳しい現実とは

大学を卒業して就職する人がほとんどであると思いますが、中には大学院に進学する人もいるでしょう。大学院を卒業した人は高学歴というイメージですが、実は大学院卒業生はなかなか就職できないという厳しい現実があるようです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

メルカリの商品を郵便局で発送!トラブルを防ぐには?

最近はメルカリというフリマアプリを利用している人は多いですね...

犬の去勢手術後に気を付けることは?術後に痛みはある?

犬の去勢手術は、健康面やトラブルの防止の面でも重要な手術です...

郵便局で荷物を送るには?送り方を紹介!

郵便局を利用して荷物を送る方法にはいくつかあります。その荷物...

日曜日にも郵便局は荷物や手紙を発送してる?

うっかり手紙や荷物を出すのを忘れて、土日に投函した場合はいつ...

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

スポンサーリンク

大学院は研究をするところ

大学院は「勉強するところ」ではない

さて、それでも大学院で勉強するのがベターだと思ったとしよう。そこで俺が言うのはこれだ。大学院というのは「勉強するところ」ではなくて「研究するところ」どこまで一般化できるのかは微妙だけれど、そうだと思う。

といっても、「勉強」も「研究」も何がちゃうねーん、という御仁も多かろう。なら、誰か近くにいる”研究”指向の人に、聞いてみるがいい。たぶん、色んな答えが得られるだろうけど、大差なし、って答えはねーと思う。というか、そんな答えする人がいたらアテにならんので話聞くのやめなさい。

勉強ってのは、どこまで行っても、他の誰かがやったことをなぞるだけ。既にあるものを、自分の中に吸収する作業だ。研究ってのは誰もやってないことを世界で初めてやること。自分の中で生まれ育ったオリジナルな物を、外に放出する作業。この点で言うと、勉強と研究は全く方向が逆とも言える。尤も、研究ってのは多くの場合、先にある成果に新しい成果を積み足す形になるので勉強せずに研究はできないけど。それでも、「研究は好きだけど勉強は嫌い」って研究者は結構多い。

引用元-無色透明いろめがね

大学院をなぜ途中で辞めてしまうのか

大まかに言えば修士論文関係で何かが起きた、ということでしょう。少し分けると、修士論文を出さなかった(出せなかった)or修士論文は提出したが、口頭試問などの審査過程で合格が出なかった、の二つとなります。

前者は研究や人間関係、私生活などのどれかに大問題が生じた結果、心が折れて研究を断念、そのまま休学(無断欠席)→退学するパターンが主でしょう。この場合は再び研究生活に戻るのが困難な場合が多いので、修士号取得は絶望的でしょう。ちなみに私の出身大学院の後輩は精神的に不安定になった結果、1年次後期からほぼ全欠席となり、2年次の頭に音信不通に…退学したのかも定かならず。一方、博士課程進学予定者の場合、指導教授と相談の上で2年次には出さずにさらに内容を詰める、ということもあるようです。この場合は翌年にたいていは修了できます。

後者は、口頭試問において論文中の致命的なミスを指摘された場合や、指導教授から提出断念を勧められたのに強行突破するなど、修士号を与えるのにふさわしくない何らかの事情があったためと思われます。この場合、翌年以降に再起のチャンスはあるにはありますが、テーマの変更を余儀なくされたり、大幅な修正を要したりすることが多く、さらに指導教授と対立した場合はさらに困難な状況になるので、こちらも修士号の取得はかなり難しいでしょうね。

引用元-YAHOO!知恵袋

実際に大学院を中退した人の話

周りの院生がやめていったことも、私の決断に影響した。取るに足らない人物がやめていったのなら、私もやめようとは思わなかっただろう。しかし、優秀な人からやめていった。それが自分にはかなりこたえた。

熱心に研究を行っていた人たちが、大学院をやめていった。彼らは、研究の道からはなれ、専門とは関係ない仕事をはじめていった。彼らは、私なんかよりも、ずっと研究者にふさわしい成果を挙げていた。彼らは、ポスト争奪戦が過酷であろうとも、それを勝ち抜いてアカデミックポストに就けるように見えた。それなのに、そういう人から先にやめていった。彼らは研究が嫌いだったわけではない。むしろ、平均的な院生よりずっと研究熱心だった。自主的にセミナーを開いたり、後輩などを熱心に指導したりしていた。尊敬に値する人たちだった。

言うなれば、優秀な船員がどんどん降りていく船のように感じられた。もしかして操船する者がいなくなって沈没するのではないかとも思った。「残った船員だけでも船は問題なく動くさ」と言う人もいる。実際、船はそう簡単に沈没するものではない。だが、一度抱いた不安はなかなかぬぐえなかった。

引用元-Colorless Green Ideas

大学院を卒業できない場合の就職はどうなる?

大学院を中退した場合、内定は取り消しになる?

大学4年生が留年を決定した場合には、内定取り消しになるケースが多いでしょう。一方で、来年の就職先企業の内定を獲得した後に、大学院の中退を決定した場合には内定は取り消しになってしまうのでしょうか。

結論から言うと、大学院の中退の場合でも内定が取り消しになることが多いでしょう。企業は修士号を持つ就活生だからこそ「大学院卒業見込み」という枠で採用したのだから、中退では企業にとってのメリットとなりえないと判断するかもしれません。また、大学留年でも同様のことが言えますが、大学院を中退するということに対して心象は悪くなります。研究を継続できない、やり通せない人間だと判断されても仕方がないわけです。

しかし、「大学院卒業見込み」の学生を大卒と同列に考えて採用している場合などは、そのまま来年から働ける場合があります。そのため、中退が決まりそうな場合にはまず、人事に相談しましょう。また、大学卒と院卒では給与が異なることが多いため、採用は問題なく行われるけれど給与が下がる場合もあります。このことも伝えられるはずなので、困ったら相談するということが一番です。

また、公務員採用の場合、受験資格である大学卒業を満たしているため、内定を取り消されることはほとんどありません。むしろ、公務員の場合は年齢で制限を行っているため、関係がないと言えます。ただし、公務員採用の場合でも大学卒と院卒で給与が異なる場合が多いため、こちらも確認が必要です。

せっかくの内定を獲得しても、大学院中退が決まり、内定取り消し……という事態を防ぐためには、大学教員・教授と相談することで信頼関係を築くこと、そして二年の研究生活をやり通しましょう。

引用元-ビーカイブ

大学院を卒業しても就職できない?

■学歴=就職には結びつかない

honxxさんは、資格や学歴について、需要と供給のバランスの観点から回答しています。

「現在、あまりにも大学、大学院、国家資格の種類と有資格者がおり、過剰になっています。(中略)…学歴や資格があってもそれを活用できない人が大量に溢れています。需要と供給のバランスが重要です」(honxxさん)

「日本では、高学歴のシンボルが博士だとされています」と話すcypress2012さんは、その意識と現実とのギャップについて回答。

「日本の博士号は幻想であって、たとえば、平均的には、理工系では実業界の需要と乖離しています。したがって、産業界では博士号取得者への需要はあまりありません。にもかかわらず、年々、博士製造メカニズムが大量に博士号を大盤振る舞いし、ポスドクが溢れかえる背景です」(cypress2012さん)

理系の大学を卒業したというikuchan250さんは、色々な事情から職を変え、最終的には6つの資格を得て47歳の時に就職が決まったことを例にして、学歴だけでは生きていくのは難しいと回答を寄せています。

「今の大学・大学院を出たからといって、手に職となるような資格がなければ話にならない、という事実は存在します。(中略)…大学や大学院が悪いとは言いませんが、必ずしもそれだけでは飯は食えなくなってきている、という現実は否定できません。下手に動くと学歴が邪魔をする、ということはあり得ます」(ikuchan250さん)

努力や研究を積み重ねてきた結果得られる学位や博士ですが、それが就職に直接結びつくわけではないという厳しい現実を、肌で感じている方も多いようです。

引用元-livedoorNEWS

大学院卒業生がなぜ就職できないのか

企業は社畜を求めている

企業は,社畜として一生を会社に尽くしてくれる(しかも用済みになったら早期退職してくれるような)人材を捜している.ゆえに学部あたりの新卒を一括採用して,企業で育てて染め上げるほうが都合が良い.ゆえに博士のように中途半端に専門性のある人材は必要ないのである.そして,企業にいる若手は同様の社畜精神を植え付けられているので,高学歴は使えない〜とか,大学で遊んでいた奴らは〜,といった言葉を吐くようになる.一方で,大学院生自身もそう言われてしまう,負の部分がある.

大学院生に就活の敗走者が増えてきた

大学院も,学部で就職が決まらなかったから院に逃げてきた人が最近増えている.そんな人は大体研究室にいてもまともに研究しないため,研究によって身につけられる専門性,文章力,プレゼン力などが向上しない.その結果,2年も修士をやったにも関わらず,学部生と大して変わらない人材のままなので.企業から見れば年功序列を乱してまで入れたいと思えないのである.

そういった人材に限って,修士は学部に比べて就職率は良いなどという言葉に踊らされる.結果,就職活動を軽んじて,妙なえり好みをして就職に失敗するのである.

引用元-良デザ!:日々を楽しくするデザイン

まとめ
大学院卒業生は高学歴ゆえに就職に不利になることもあるようですね。大学院進学を考えている人はよく考えましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ