日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

派遣会社の仕組みと営業からの電話応対について

      2016/06/22

派遣会社の仕組みと営業からの電話応対について

雇用の形態はさまざまありますが、同じ求人内容でも派遣会社を通してのほうが時給がいい場合がありますね。また、信頼できる派遣会社、営業であれば派遣先でのトラブルや気になることを電話で相談することが出来フォローもしてもらえます。そんな派遣会社の仕組みなどを調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

派遣会社の仕組み

ご存知ですか?人材派遣の仕組み

人材派遣とは、「派遣会社」と雇用契約を結び、派遣会社から紹介された「派遣先企業」で働くという勤務形態です。正社員・契約社員・アルバイトなどの直接雇用との大きな違いは、「雇用契約を結ぶ会社」と「実際に働く会社」が異なるということです。たとえば、派遣スタッフの給与は派遣先企業ではなく、契約している派遣会社から支払われます。

多くの場合、スタッフと派遣会社との雇用関係は、スタッフの就業先が決まった時点で成立します。登録するだけでは雇用関係は発生していません。そして派遣期間が終わると、雇用契約も終了します。

派遣スタッフと派遣会社、働く企業との関係

人材派遣では、「派遣スタッフ」と「派遣会社」、そして「派遣会社」と「派遣先企業」が、それぞれに契約を結びます。簡単に、人材派遣の流れをご説明します。

派遣で働きたいと思った人は、まず人材派遣会社を探し、登録します。派遣会社は個々のスタッフに合った派遣先を探し、派遣先の企業や仕事内容、勤務条件などについて詳しく説明します。スタッフが納得し、その派遣先で勤務することが決まったら、派遣会社と雇用契約や社会保険・税金などの手続きに入ります 。派遣会社がスタッフの雇用主となりますので、給与も派遣先の企業ではなく、派遣会社から支払われます。

同時に派遣会社は、派遣先の企業とも派遣契約を結びます。双方の契約が結ばれた後、スタッフを派遣先企業に派遣します。スタッフは派遣社員として派遣先企業から仕事の指示を受け、定められた業務を行います。

契約や仕事上のトラブルが起こった場合は、まず派遣会社の担当者に状況を伝え、担当者から派遣先の企業に交渉してもらいます。派遣先の上司と良い関係が築けている場合、直接相談に乗ってもらえることもあります。

人材派遣の3つのスタイル

人材派遣には、大きく分けて「一般派遣(登録型)」「特定派遣」「紹介予定派遣」という3種類の派遣スタイルがあります。それぞれに働き方や雇用契約が異なるので、知っておくと役立ちます。なお、当社では一般派遣と紹介予定派遣を扱っています。

一般派遣(登録型)

派遣で働こうとする人が派遣会社に登録し、派遣先の紹介を受けて働くスタイルです。派遣契約の期間のみ、派遣会社との雇用関係にあります。派遣会社に登録しても、必ず派遣される保障はありませんが、仕事の内容や条件を選択できるメリットがあります。

特定労働者派遣(常用型)

派遣会社に正社員あるいは契約社員として入社し、派遣先に派遣されるスタイルです。派遣会社との雇用関係は退職まで続きます。

紹介予定派遣

派遣先の企業に、いずれは正社員や契約社員等として直接雇用されることを前提に派遣されるスタイルです。最長6カ月間の派遣期間の後、双方が合意した場合に、正式に派遣先企業と直接雇用契約を結びます。就職する前に自分の適性や、勤務先や仕事の実情を知ることができます。

引用元-MS&ADスタッフサービス

派遣会社の営業職の仕事内容とは?

人材派遣会社の営業職と言えばどのようなことが思い浮かぶでしょうか。派遣会社の仕事にフォーカスした作品が一昔前にテレビドラマにもなりましたが、この仕事は派遣スタッフの方にしっかりと働いてもらうことが最大の価値提供となるビジネスです。

だから基本的に派遣会社の営業担当は、派遣スタッフが働きやすくなる為にフォローアップすることが業務として求められます。そして継続的に働いてもらうことで、毎月の売上が担保されていきます。

よって、数字という側面から見ても派遣スタッフに働き続けてもらうことがとても重要になります。
そして次に考えなければならないことは、受注の獲得です。

人材派遣会社における受注とは既存の取引会社から新たな部署の採用枠をもらうことや新規の取引先を開拓することを指します。そして受注を獲得したら、仕事を求めて登録してくる派遣スタッフと受注した案件をマッチングさせなければなりません。人材紹介など書類選考がある案件の場合はその書類が通過するように求職者に対してアドバイスすることも重要な役割です。

そして就業が決定して、実際に派遣スタッフが働きはじめると売上として数字を計上することができるのです。このように人材派遣会社営業職は数字を常に意識して人材のマッチング、派遣スタッフのフォローと取引先の開拓をしていくことが求められる仕事です。

引用元-Hatena Blog

派遣会社の営業担当者との電話や面談の応対の仕方

<1>
派遣会社に電話するときは、敬語に注意して応対してください。
けっして友達ことばや、なれなれしい言葉は使わないようにしましょう。

<2>
一度受けた仕事をキャンセルする場合は、派遣会社が納得する「本当に仕方ない理由」で断るようにしましょう。

<3>
派遣先への会社見学(面談)当日にドタキャンや病気欠席は絶対しないでください。

<4>
派遣契約期間満了日前に自己都合で退職しないようにしましょう。派遣期間はまっとうするようにしましょう。

引用元-派遣社員 悩み相談なら 派遣社員の救急箱

派遣会社の営業に折り返しの電話マナー

留守電があった場合には、「再度電話します」といったメッセージであっても、電話を受けた側から折り返し電話をかけるのがマナーです。 ぜひ、ポップコーンさんから派遣会社に電話をしてください。

電話に出られなかったことを丁寧にお詫びし、「エン派遣より応募しました、○○と申します。昨日△△時ごろに、□□さまよりお電話をいただいておりました。遅くなりましたが、折り返させていただきました」などと伝えると、話がスムーズに通じると思います。

また、折り返し連絡をする場合は次の点に気をつけましょう。
・派遣会社の営業日や応募受付時間内に連絡をすること
・登録に行く時間や持ち物などを控えられるように、メモを準備すること

電話での対応も、選考に進むための判断材料としている派遣会社もあります。上記を参考に、好印象となるような対応を心がけてくださいね。

引用元-エン派遣

派遣先でのトラブル、営業さんへ相談

複数の派遣会社に登録して派遣された経験がありますが、派遣先に問題がある場合はどこの派遣会社の営業さんもお仕事紹介の際に「○×△な問題があって以前の方は辞められました。そんな職場ですが大丈夫ですか?」と聞いてくるので、職場の問題を派遣会社の営業に相談してから辞める派遣社員って多いんだと思います。

派遣会社の営業さんに相談して、「社員や同僚の派遣社員から理不尽なことを言われる派遣先で、以前の方は馴染めず辞めましたが大丈夫ですか?」となるか、「4ヶ月たっても仕事を覚えず教えてちゃんなので社員や同僚の派遣社員がキレて、以前の方は辞めましたが大丈夫ですか?」となるか、たいした問題じゃないとスルーされるかは分かりませんが。派遣会社も合わない人を派遣先に送り込んですぐ辞められると派遣先の信用を失いますから、次の派遣社員を選考する際に役立てようとちゃんと聞いてくれると思います。

それに理由もなく辞めるより、【長期予定で入った派遣を数か月で辞めてしまうにいたった経緯や原因を知って】もらった方が次の仕事の紹介への影響が少ないですし。人によって合う派遣先、合わない派遣先ってありますから。今回は合わなくて残念でしたね。

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

まとめ
派遣会社への登録は営業の方の話を聞くなど、信頼のできる会社へしたいですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ