日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

子供の友達がなかなか帰らない…困ったときの対処法

      2016/06/25

子供の友達がなかなか帰らない…困ったときの対処法

子供の友達が家に来た場合なかなか帰ってくれないことはよくあるようです。そんな時はどのように対処すればいいのでしょうか。子供の友達付き合いにどこまで口を出すべきか悩みますね。今回は子供の友達が帰らないときの対処法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

子供の友達が家に来た時に困ることは?

苦痛に思うママたちの声

子どもの友達が家に遊びにきて苦痛に思うママたち…どのようなことを苦痛に思うのでしょうか。

図々しくてびっくり

素直で子どもらしい子どもと言えるのかもしれませんが、図々しさにびっくりしてしまうママも多いようです。
学校が終わってすぐに遊びに来るときなど、おやつを持参して来てくれる子もいます。
しかし中にはそうではなく「お腹すいた」とおやつを要求する子もいるのです。
初めのうちは「何か違うな…」と思いつつも出していますが、毎回のことになってくると正直、うちにおやつを食べにきてるのかな?と思えてくるほどです。

とにかくうるさい

子どもですからうるさいのは当然です。
小学校低学年の男の子は特に、家の中で戦いごっこが始まってしまったり、ソファでトランポリンのようにぴょんぴょん飛び跳ねたり、バタバタ走りまわったり…注意するのも疲れてしまいますよね。

あいさつをしない

あいさつのできない子にもママたちのイライラはつのるようです。
「こんにちは」「おじゃまします」「おじゃましました」などの基本的なあいさつはやはりしてもらいたいですよね。

携帯ゲームの充電をしていく

携帯ゲームを持ってきてみんなで遊ぶ姿は最近では当たり前の姿になっていますよね。
ゲーム機の充電がなくなりひとり友達のゲームを横で見ているだけの子をみると「充電していいよ」と充電器を貸してあげたくなるのですが、当たり前のように充電器まで持参で断りもなくコンセントを差し込む姿に、イライラとしてしまうママが多いようです。
充電する気満々で来られると、やはり良い気持ちはしません。
せめて一言あってもいいのにと思ってしまいます。

なかなか帰らない

子どもの友達が遊びに来ることが苦痛になってくると、早く帰る時間にならないかな…と思ってしまいます。
いよいよ帰らせたい時間になり声をかけても「うちはまだ帰らなくていい時間だから」と言われてしまうこともあるようです。
こちらの気持ちやこちらのこれからの予定のことなど、もちろん考えませんからなおイライラしてしまいます。

引用元-mamanoko

友達が帰らない場合、家のルールを守るように言おう

子供の交友関係に親が口を出すのはよくないと言われています。
しかし、家庭ごとに教育方針の違いなどもあるので、お友達と遊ぶ時のルール作りをしておきましょう。

家に上げる時は、帰る時間、片付け、飲食のルールは絶対に守らせます。
守れなければ家では遊べない、とお友達にも伝えておきましょう。
おやつやジュースなどの甘いものは、親同士が了承していなければあげてはいけません。こどもたちが食べたがっても毅然とした態度で「ダメ」と断りましょう。
自分の子供とも、よそのおうちでおやつを出されたら、どうすればよいのか決めておきましょう。

子供同士が遊んでいるところに口は出しませんが、帰る時間の10分前くらいには「もうすぐ時間だから片づけしようね」と帰る支度を促しましょう。
もっと遊びたいと言っても、「うちで遊んでいいのは何時まで」「お母さんが心配するから」と時間を守らせましょう。

引用元-マイナビニュース

自分の子供が遊びに行っていて帰らないと言ったら?

帰らないなら、遊ばない
「帰る時間」と言っても帰らないならもう遊びに来ないと決めましょう。
ずっと遊んでいたい気持ちはわかります。でも相手の家の都合もあります。
ご飯やお風呂の時間になります。迷惑がかかる場合もあります。
決まった時間に帰れないならおじゃまできない、と言い聞かせましょう。

泣くくらいなら、遊ばない

娘は帰りたくない、と泣くことがありました。
無理矢理抱っこして泣き叫びながら退散するという(´ε`;)
大泣きして「ママなんて嫌い!!」なんて言います。
はいはい、無理に連れて行こうとするママが悪いですよ(^_^;
でも毎回泣いてたらせっかく楽しく遊んでたのに後味が悪くて台無しです。
私は娘に言いました。「毎回泣くの?」と。
娘は「それはやだ」と言いました。
でしょ。「せっかく楽しく遊んだなら、さっぱりバイバイと手え振ってまた遊びに来ればいいじゃん」娘は納得しました。
泣くくらいなら遊びに行かなくてもいい、怒られて帰るくらいなら遊びに行かなくてもいいってことです。
だって、また来ればいい話ですから。
これを理解してから娘は驚く程さっぱりバイバイするようになりました。

引用元-Smile page

子供の友達にもきちんと注意しよう

強制的に家にあげず、公園につれていく。自分が親代わりとなってあえて注意する。
出たり入ったりすることは禁止するなど、その場・環境に応じて使いわけても効果的かもしれません。
一時的なものであることも踏まえて、ドンと構えているのが得策です。

ちょうど他人とのかかわり合いが増える時期でもありますし、これまで両親とのふれあいばかりだったのが、友達や先生・親せきの家など、よその家を訪ねる機会はぐんとあがります。
そうなってくると家庭での訪問マナーは少しづつでもいいので、子どもに分かりやすく教えていくことが必要があるでしょう。

あいさつをする、ものをねだらない、部屋はきれいに使う、迷惑をかけないなど子ども本人に意識をもたせることが大事なようですね。
訪問先のママに「○○くん、あいさつもできて礼儀正しくてステキね! 絶対にまた遊びにきてね」といってもらえたら上々!
 普段の子育てが丸わかりになってしまうので、早い段階でマナーは身に着けさせたいものです。

引用元-SELECT

迷惑な場合は我慢をせずに相手の親にもきちんと伝えよう

小学3年生の娘がいるririka17さんは、「休日の朝から来て、私の了承もなく、あがり込もうとし、挙句の果てに、お昼になっても帰らず、『ウチはお昼ご飯は朝と兼用だから帰らなくていい」と言う子もいれば、何の挨拶もなく、笑顔で勝手に家に入る子もいます」と回答。

この行動に対して、「やはり親のしつけですね。私は口のうるさい方なので、仲の良い娘のお友達には注意します」と話します。

■我慢せずに伝えることが大切
「おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わってなかったと思います」と回答しているのは小学校2年生の息子がいるyamappieさん。

「万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱりと割り切ってしまいませんか?親同士の価値観が違うのだ、と」と心強いアドバイスを寄せています。
さらに「ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います」と心配する声も。
態度にイライラしているより、場合によっては我が子のように叱り、また、思っていることを相手の親に率直に伝えることも大切なのかもしれませんね。

引用元-livedoorNEWS

まとめ
子供の友達がなかなか帰らない場合はきちんと注意しましょう。我慢するのは今後の付き合いに影響しそうです。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ