日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

排卵誘発剤の注射は双子を妊娠しやすい!?その確率とは

      2016/06/26

排卵誘発剤の注射は双子を妊娠しやすい!?その確率とは

排卵誘発剤にはいくつかの種類があります。排卵誘発剤は不妊治療に用いられることが多いですが、注射の場合は双子を妊娠する確率が高いと言われています。その確率はどのくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

スポンサーリンク

排卵誘発剤とは

卵子(らんし)が卵巣(らんそう)から排出(排卵)されるのを促進する薬を、排卵誘発剤といいます。一般には、月経不順や無月経、排卵障害が原因の不妊症の治療に使われますが、排卵がふつうにある場合でも、人工授精や体外受精のときに、妊娠率を上げる目的でもよく用いられます。

●排卵のしくみ

卵巣には、卵子を包んでいる卵胞(らんぽう)が20万個以上つまっています。ふつう、初潮から閉経までの間に、毎月1個ずつそれが成熟して、左右交互に排卵されます。

 この調節には、脳の中の間脳視床下部(かんのうししょうかぶ)と脳下垂体(のうかすいたい)と卵巣とが、相互に関連しあっています。間脳の視床下部から黄体形成(おうたいけいせい)ホルモン放出ホルモンが分泌(ぶんぴつ)され、その刺激により脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、このホルモンが卵巣を刺激し、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)が脳に作用して排卵がおこります。したがって、脳の間脳、下垂体系や卵巣に問題があると、排卵がスムーズにいかなくなり、無排卵の状態になって、妊娠も不可能になります。

 実際に、不妊症の原因の3分の1が排卵障害と考えられ、排卵誘発剤は婦人科では必要不可欠な薬となっています。こうしたことから、その開発や投与方法に対する研究に多くの努力がなされています。

引用元-コトバンク

排卵誘発剤の薬や注射は双子など多胎になりやすい

排卵誘発剤投与のリスク

世界的にも広く使われており、非常に安全な薬剤の一つですが、以下にあげるいくつかの副作用があります。

多胎率の増加

多胎とは双子、三つ子以上となった妊娠のことです。通常自然排卵周期では一つしか排卵しませんので自然妊娠のほとんどは単胎となります(自然妊娠でも一卵性の多胎や自然に二つ以上排卵し多胎となることはあります)。排卵誘発剤を使うと2つ以上排卵することが多くなるので当然多胎率は高くなります。自然妊娠でも1%は多胎となりますが、クロミフェンによる多胎率は約4-5%、ゴナドトロピンによる多胎率は約15-20%とされています。

双子はかわいいものですが、やはり早産などの周産期リスクはかなり高くなり、当院での出産は原則できません。また出産後の育児負担も相当なものです。

当クリニックでは排卵させる前に発育した卵胞数をモニターし、あまり多くの排卵が予想される場合はその周期をキャンセルする場合もあります。それでも多胎の発生を完全に防ぐことはできません。どうしても心配なら体外受精をお勧めします。体外受精であれば戻す胚の数を一つにすれば多胎になることはないからです。(ただし1卵性多胎を除く)

引用元-恵愛生殖医療クリニック 志木

排卵誘発剤の内服薬と注射の双子妊娠の確率は?

セキソビット(シクロフェニル製剤)

セキソビットは不妊治療の初期に使用される内服薬タイプの排卵誘発剤です。不妊治療で使用される排卵誘発剤の中でも効果が弱い代わりに、身体への負担も小さくなるので軽度の排卵障害に有効です。セキソビットを服用した場合に双子ができる確率は約5%と言われています。

クロミッド(クエン酸クロミフェン製剤)

クロミッドは不妊治療の初期に使用される内服薬タイプの排卵誘発剤です。クロミッドはセキソビットと同様に、不妊治療の初期に使用されますが、セキソビットよりも若干効果が強いです。ただし、効果が強い分だけ身体への負担が大きくなるので、クロミッドはセキソビットよりも副作用も大きくなります。クロミッドを福証した場合に双子ができる確率はセキソビットの場合と変わらず、約5%と言われています。

ヒュメゴン(hMG製剤)

ヒュメゴンは卵巣に直接作用して卵胞を成熟させるように指示をする注射薬タイプの排卵誘発剤です。セキソビットやクロミッドの内服薬よりも効果が強く、その代わりに副作用も大きくなります。特に、卵巣に与える影響が大きく、卵巣が大きく腫れてしまう「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」を発症することもあります。強力に排卵を誘発するので複数の排卵が起こりやすくなり、双子が生まれる確率は約20%と言われています。

HCG(hCG製剤)

HCGは卵巣に直接作用して卵胞を成熟させるように指示をする注射薬タイプの排卵誘発剤です。ヒュメゴンと同様に、内服薬と比較して効果が大きい反面、副作用も大きくなります。HCGも強力に排卵を誘発するので、複数の排卵が起こりやすく、双子が生まれる確率は約20%と言われています。

引用元-不妊症の原因を知って対策!ゆか子の不妊症戦記!

双子を妊娠する確率

双子には一卵性と二卵性があり、一卵性と二卵性を合わせると双子が産まれる確率は1~2%程度です(※1)。一卵性は、受精卵が細胞分裂する過程で二つに分裂し、それぞれがそのまま大きく成長することで、全分娩の約0.3~4%といわれています。一卵性の場合、子供の顔はそっくりで性格や血液型も似ています。

一方、二卵性はなんらかの原因で卵子が二個排卵され、二個の受精卵ができることで、確率は全分娩の約1%といわれています。二卵性の場合、子供は血液型も異なりますし、顔もあまり似ないことが多いです。

引用元-こそだてハック

双子を妊娠した場合は

お腹に赤ちゃんが1人いるだけでも大変なのに、二人ならばその大変さは押して知るべしです。大型の哺乳類と同じように人間は1回の妊娠につき1人の赤ちゃんを育てるように出来ているので、2人となればその大変さは3倍以上と言われています。

現在では、赤ちゃん達の体重が低体重児の基準に達すれば、お母さんの身体の負担を考えて早めに出産しNICUで治療を行うというのが一般的になっていて、平均分娩週数は35.1週と赤ちゃんの肺の機能が出来上がる頃となっています。

しかし実際はそれよりも早く低体重児以下の体重で産まれてしまう事も多いため、妊娠20週から30週の間に管理入院を勧める病院もあります。

早産が多くてもなるべくお母さんのお腹の中にいた方が良いので、お母さんは絶対に無理をせず安静を心がけるようにしましょう。

引用元-ニンアカ

まとめ
いかがでしたか。排卵誘発剤の注射は双子妊娠の確率がかなり高くなるようですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ