日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

排卵誘発剤の注射は双子を妊娠しやすい!?その確率とは

      2016/06/26

排卵誘発剤の注射は双子を妊娠しやすい!?その確率とは

排卵誘発剤にはいくつかの種類があります。排卵誘発剤は不妊治療に用いられることが多いですが、注射の場合は双子を妊娠する確率が高いと言われています。その確率はどのくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

地震と火山の噴火は関係ある?地震と噴火の予知について

今現在地震は正確な予知ができないといわれていますが、火山の噴...

肩が重いのは霊のせい!?原因と対策

日常生活で肩が凝ったり重いなと感じることは多いですね。いつま...

アマゾンのギフトのカードをコンビニで購入して便利に決済

ネットで買い物は時間の短縮、商品量が多い、配達してくれるなど...

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。19...

スポンサーリンク

排卵誘発剤とは

卵子(らんし)が卵巣(らんそう)から排出(排卵)されるのを促進する薬を、排卵誘発剤といいます。一般には、月経不順や無月経、排卵障害が原因の不妊症の治療に使われますが、排卵がふつうにある場合でも、人工授精や体外受精のときに、妊娠率を上げる目的でもよく用いられます。

●排卵のしくみ

卵巣には、卵子を包んでいる卵胞(らんぽう)が20万個以上つまっています。ふつう、初潮から閉経までの間に、毎月1個ずつそれが成熟して、左右交互に排卵されます。

 この調節には、脳の中の間脳視床下部(かんのうししょうかぶ)と脳下垂体(のうかすいたい)と卵巣とが、相互に関連しあっています。間脳の視床下部から黄体形成(おうたいけいせい)ホルモン放出ホルモンが分泌(ぶんぴつ)され、その刺激により脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌され、このホルモンが卵巣を刺激し、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)が脳に作用して排卵がおこります。したがって、脳の間脳、下垂体系や卵巣に問題があると、排卵がスムーズにいかなくなり、無排卵の状態になって、妊娠も不可能になります。

 実際に、不妊症の原因の3分の1が排卵障害と考えられ、排卵誘発剤は婦人科では必要不可欠な薬となっています。こうしたことから、その開発や投与方法に対する研究に多くの努力がなされています。

引用元-コトバンク

排卵誘発剤の薬や注射は双子など多胎になりやすい

排卵誘発剤投与のリスク

世界的にも広く使われており、非常に安全な薬剤の一つですが、以下にあげるいくつかの副作用があります。

多胎率の増加

多胎とは双子、三つ子以上となった妊娠のことです。通常自然排卵周期では一つしか排卵しませんので自然妊娠のほとんどは単胎となります(自然妊娠でも一卵性の多胎や自然に二つ以上排卵し多胎となることはあります)。排卵誘発剤を使うと2つ以上排卵することが多くなるので当然多胎率は高くなります。自然妊娠でも1%は多胎となりますが、クロミフェンによる多胎率は約4-5%、ゴナドトロピンによる多胎率は約15-20%とされています。

双子はかわいいものですが、やはり早産などの周産期リスクはかなり高くなり、当院での出産は原則できません。また出産後の育児負担も相当なものです。

当クリニックでは排卵させる前に発育した卵胞数をモニターし、あまり多くの排卵が予想される場合はその周期をキャンセルする場合もあります。それでも多胎の発生を完全に防ぐことはできません。どうしても心配なら体外受精をお勧めします。体外受精であれば戻す胚の数を一つにすれば多胎になることはないからです。(ただし1卵性多胎を除く)

引用元-恵愛生殖医療クリニック 志木

排卵誘発剤の内服薬と注射の双子妊娠の確率は?

セキソビット(シクロフェニル製剤)

セキソビットは不妊治療の初期に使用される内服薬タイプの排卵誘発剤です。不妊治療で使用される排卵誘発剤の中でも効果が弱い代わりに、身体への負担も小さくなるので軽度の排卵障害に有効です。セキソビットを服用した場合に双子ができる確率は約5%と言われています。

クロミッド(クエン酸クロミフェン製剤)

クロミッドは不妊治療の初期に使用される内服薬タイプの排卵誘発剤です。クロミッドはセキソビットと同様に、不妊治療の初期に使用されますが、セキソビットよりも若干効果が強いです。ただし、効果が強い分だけ身体への負担が大きくなるので、クロミッドはセキソビットよりも副作用も大きくなります。クロミッドを福証した場合に双子ができる確率はセキソビットの場合と変わらず、約5%と言われています。

ヒュメゴン(hMG製剤)

ヒュメゴンは卵巣に直接作用して卵胞を成熟させるように指示をする注射薬タイプの排卵誘発剤です。セキソビットやクロミッドの内服薬よりも効果が強く、その代わりに副作用も大きくなります。特に、卵巣に与える影響が大きく、卵巣が大きく腫れてしまう「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」を発症することもあります。強力に排卵を誘発するので複数の排卵が起こりやすくなり、双子が生まれる確率は約20%と言われています。

HCG(hCG製剤)

HCGは卵巣に直接作用して卵胞を成熟させるように指示をする注射薬タイプの排卵誘発剤です。ヒュメゴンと同様に、内服薬と比較して効果が大きい反面、副作用も大きくなります。HCGも強力に排卵を誘発するので、複数の排卵が起こりやすく、双子が生まれる確率は約20%と言われています。

引用元-不妊症の原因を知って対策!ゆか子の不妊症戦記!

双子を妊娠する確率

双子には一卵性と二卵性があり、一卵性と二卵性を合わせると双子が産まれる確率は1~2%程度です(※1)。一卵性は、受精卵が細胞分裂する過程で二つに分裂し、それぞれがそのまま大きく成長することで、全分娩の約0.3~4%といわれています。一卵性の場合、子供の顔はそっくりで性格や血液型も似ています。

一方、二卵性はなんらかの原因で卵子が二個排卵され、二個の受精卵ができることで、確率は全分娩の約1%といわれています。二卵性の場合、子供は血液型も異なりますし、顔もあまり似ないことが多いです。

引用元-こそだてハック

双子を妊娠した場合は

お腹に赤ちゃんが1人いるだけでも大変なのに、二人ならばその大変さは押して知るべしです。大型の哺乳類と同じように人間は1回の妊娠につき1人の赤ちゃんを育てるように出来ているので、2人となればその大変さは3倍以上と言われています。

現在では、赤ちゃん達の体重が低体重児の基準に達すれば、お母さんの身体の負担を考えて早めに出産しNICUで治療を行うというのが一般的になっていて、平均分娩週数は35.1週と赤ちゃんの肺の機能が出来上がる頃となっています。

しかし実際はそれよりも早く低体重児以下の体重で産まれてしまう事も多いため、妊娠20週から30週の間に管理入院を勧める病院もあります。

早産が多くてもなるべくお母さんのお腹の中にいた方が良いので、お母さんは絶対に無理をせず安静を心がけるようにしましょう。

引用元-ニンアカ

まとめ
いかがでしたか。排卵誘発剤の注射は双子妊娠の確率がかなり高くなるようですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ