日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

幼稚園の年中でのクラス替えはどう決まる?

      2016/06/27

幼稚園の年中でのクラス替えはどう決まる?

子供が幼稚園に通いだして一年、年中に進級するとほとんどの幼稚園はクラス替えを行うようです。年中でのクラス替えは子供の中には不安になる子もいるようですが、年中のクラス替えはどうやって決まっているのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

離婚をした場合子供の親権はどうなる?父親が親権を取るには

近年離婚をする夫婦の割合は増加しています。子供がいる場合はど...

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに...

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたい...

いつまでOK?父親と娘が一緒にお風呂に入る年齢

子どもが小さいころは父親がお風呂に入れてくれると母親としては...

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

スポンサーリンク

幼稚園の年中のクラス替えの決め方とは

幼稚園のクラス替えの決め方①通園環境

幼稚園のクラス替えの決め方の1つめは、幼稚園児たちの通園環境です。
家が近い幼稚園児同士だけでなく、家が遠い幼稚園児たちとも交流ができるようにします。
幼稚園児たちに世界を広げてもらいたいという気持ちがあり、幅広い交流ができるようにクラス替えするようです。
幼稚園児たちの自宅の位置に偏りがないように、配慮してクラス替えをしている幼稚園もあります。

しかし逆のパターンもあり、バスコースで分けてクラス替えをしている幼稚園もあります。
最初のバスで来た幼稚園児が遊びに飽きた頃に、最後のバスで来た幼稚園児が遊び始めるのを避けるためです。
どちらの幼稚園のクラス替えの決め方も、きちんと幼稚園児たちのことを配慮しているのですね。

幼稚園のクラス替えの決め方②誕生日

幼稚園のクラス替えの決め方の2つめは、幼稚園児たちの誕生日です。
これが一番多い幼稚園のクラス替えの決め方のようです。
幼稚園では毎月お誕生会を行うので、その都合上ということです。

お誕生日の幼稚園児たちの人数にムラがあると、せっかくのお誕生日会もやりずらいですよね。
なので毎月必ずお誕生日の幼稚園児がいるように、クラス替えを決めるということです。
また特に幼稚園の3歳児クラスの場合は、4月生まれと3月生まれではかなり成長や発達に差があります。
そういったことを配慮している幼稚園もあります。

幼稚園のクラス替えの決め方③幼稚園児たちの関係

幼稚園のクラス替えの決め方の3つめは、幼稚園児たちの関係性です。

しっかりした幼稚園児、落ち着きのない幼稚園児、引っ込み思案な幼稚園児など、偏りのないようクラス替えをします。
その場合は前年の幼稚園の担任の先生が、園長先生と相談しながらクラス替えを決めたりします。
幼稚園のクラス全体のバランスよく、均等にクラス替えを決めるということです。

また幼稚園児たちの人間関係などを考慮する、クラス替えの決め方もあります。
いろいろな幼稚園児たちと接することによって、子供たちはいろいろな事を学べます。
仲が良い幼稚園児と一緒のクラスになるのは嬉しいことですが、「別れ」の経験をすることも大切という考え方です。

幼稚園のクラス替えの決め方は様々ですが、ご紹介した3つのクラス替えの決め方が多いです。
どのクラス替えの決め方でも、それぞれきちんと幼稚園児たちのことを考えているのです。

引用元-春夏秋冬。

実際に幼稚園で働いていた人の話

これは、私の幼稚園でのことなので、他の全ての幼稚園に共通する法則ではないかもしれない、という事を最初に断っておきます。

さて、クラス編成はどのように行われるのか。
答え。「知らない。」

あ、怒りました?
でも本当に知らないんです・・・
だって、理事長が1人で勝手に全部決めちゃうから。
これを話すと、別の幼稚園に勤める友達には耳を疑われる。
担任がクラス編成に関わらないなんて、有り得ないみたい。
でも事実だから仕方ない。
ブログを読んでいて分かると思いますが、うちは理事長のワンマン幼稚園なので、教師の意見なんて聞きませんから。

それでも、何年も勤務していれば、ある程度は分かる。
今日は、その「分かる範囲」で書きましょう。

年中・年長の場合。

まず、「リーダー的存在になれる人」を見極めていく。
これは、しっかりした意見を持っている人、自分の意見を自信を持って言える人、教師の言葉に対して的確な答えを出し、行動力も理解力もある人、多少気が強くても皆を引っ張っていく力のある人、を差します。
そして、これらの人を、各クラスに均等に分けていく。

その後は、基本は誕生月。
4~3月生まれの子が、偏りすぎないように、そこそこ均等に分けるみたい。
担任との相性も考慮しながら、分けていくみたいよ。
で、一通り分けたら、今度はクラス内のメンバーを見ながら、少しずつ調整して動かしていく。
仲が悪いお母さん同士は離したりもするかな。
ちょっとした事でもすぐもめられると、保育に支障をきたすことにもなりかねないからね。

こんなとこかな・・・?何分知らないので、憶測も入ってるけど。

引用元-幼稚園の先生の本音

年中のクラス替えで登園拒否?

年少の1年間幼稚園に通っていたはずなのに、慣れてきたはずの年中になってから、ゴールデンウィーク明けや夏休み明け、月曜日、何かの出来事がきっかっけで幼稚園に行きたがらないでぐずり、登園拒否しまう子供は少なくありません。
そんな年中児への対応を5つご紹介します。
年中児の登園拒否には、心も成長している年中児だからこその、年少児とは違う複雑な理由があります。
そのため「行きたくない」気持ちも、年少児よりずっと強いのです。
そんな、年中児の気持ちを理解したママの対応が、子供への勇気づけとなり、登園への意欲に繋がります。

【年中だから!】幼稚園に行きたがらない理由

なんとなく「行きたくない」年少児と違い、年中児は周囲を観察する力、先を予測する力、想像力、お友達と協調して遊ぶ力が育ってきています。
そのためハッキリとした意思がある子が多く、登園拒否には本人なりの理由があります。
成長して周囲の人間と関わることができるようになった分、周囲と自分との違いに気づき、友達との意見の相違があることで…
「友達と一緒に遊びたい!でも私は○○で遊びたいのにちっともできない」 「ぼくはピンクが好きなのに、○○くんは女の色だ!って笑う…。ぼくはいけないの?」 「私は工作がしたいのに、運動会の練習ばかりでイヤ!」 などと、自分という存在の確立にジレンマも感じるようになります。

引用元-マーミー

子供がクラス替えで不安定な時は

「不安定だ」という事実は伝えて

まだ経験が浅く、子どもを把握しきれていない先生もいるかもしれませんし、前のクラスの先生とは声かけや姿勢が違う場合もあります。
とはいえ、親にできることは心配することと、優しい言葉をかけてあげるくらいです。
親が園にかけあって先生を戻してもらう……なんていうことはできるはずがありませんし、それは親がやるべきことを超えています。

ただそれでも、園には「進級したことで子どもが不安定になっている」という事実を伝えておきましょう。
1クラスの子どもの人数が多く、先生がなかなか全員の細かい部分まで把握できないような園の場合は特に、そういったことを園に伝えておくべきでしょう。

引用元-AllAbout

子供が幼稚園に行きたくないと言った時の対処法

(1)必ず登園させる

幼稚園に入る数か月前、1年近く通っていた習い事の水泳に息子が「行きたくない!」と言い出したことがありました。
そのとき、水泳のコーチから「連れて来てください」とご指導をいただき、息子を無理矢理連れて行ったところ、コーチが暴れる息子を抱っこしながらプールに入れてくれました。

しばらくして、息子も落ち着いたのか、他の子どもたちとともにいつも通りレッスンを受けていました。
コーチいわく、『前回のレッスン中に嫌だなと思ったことがあったのでしょう。少し無理をさせていたのかもしれません。いつも通り楽しいということが分かれば、大丈夫ですから』とのことでした。

幼稚園に通うのも同じです。幼稚園に行かなければ、その楽しさは分かりません。どんなに暴れても連れて行ってください。

水泳のときのことがあったおかげで、私も幼稚園を休ませることはしませんでした。
泣き叫んでいた息子は、お迎えのころには普通の顔をして戻ってきましたよ。

(2)にこやかな顔をして見送る

私の方を見つめて泣き叫ぶ息子を、先生が抱っこしながら教室へ連れて行くときには、私自身も涙目になりながら見送りました。

お迎えの際も、私が悲痛な表情を浮かべていたところ、担任の先生から次のようなアドバイスをいただきました。
『(入園当初、「行きたくない!」というのは)よくあること。お母さんが動揺していてはダメ。お母さんの不安が子供に伝わります。堂々としていなさいね』

確かに、私にとっても初めての“幼稚園生活”で、幼稚園との関わり方や、他のママさん方とのお付き合いなど不安な気持ちでいっぱいでした。
その不安が、息子に伝わっていたのかもしれません。

ママが不安がると子どもに伝わると思います。とにかく、お子さんを笑顔で見送ることを心がけてみてください。

(3)行きたくない理由を無理に聞き出さない

私は、幼稚園を嫌がる息子に「なんで、行きたくないの? 嫌なことがあったの?」と何度も聞いてしまいました(苦笑)。
聞けば聞くほど、息子は黙り込んでいました。
大人は、ついつい原因を追究しがちです。
理由を言いたがらない子どもには、どのように対処していけばよいのでしょうか?

幼児教室の先生から、次のようなご意見をいただきました。
『慎重なお子さんの場合、新しい環境や事柄に対して不安になっているのだと思います。どんな理由かを聞き出すよりも、何があっても「ママが味方だから大丈夫だ」と言い聞かせてください』

相談者さんのお子さんのように「楽しくない!」と言ったとしても、「何が楽しくないの?」と根掘り葉掘り聞き出すのを止めて、「ママが味方だから、大丈夫!」などと、安心させるような言葉をかけてくださいね。

引用元-パピマミ

まとめ
子供がクラス替えで不安になっても怒らずにいつも通りに送り出してあげましょう。そのうち子供も慣れるようです。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ