日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

国民の義務の権利について知ろう!

      2016/11/26

国民の義務の権利について知ろう!

国民である限り、義務と権利は良く耳にすると思います。しかし、それを説明するとなると詳しく説明できない方が多いのではないでしょうか。今回は、日本国民の義務と権利について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

保険の営業方法について考える 悩んでいるあなたへ

保険の営業をする際、自分を売り込むのに必死になっていませんか...

クローン人間を作ることにメリットはあるのか?

最近「わたしを離さないで」の題材となり、話題となったクローン...

無線LANと有線LANはどっちがいい?その速度の違い

インターネットをするときに無線と有線はどちらがいいのでしょう...

お香典の金額の相場は?友人の親が亡くなられた場合

大人になると葬儀や通夜に参列することが増えていくでしょう。も...

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近...

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現...

幼稚園の説明会へ!ベストな服装は?

子供が大きくなってくると幼稚園選びをしないといけませんね。幼...

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

スポンサーリンク

●義務とは何か

倫理学的には,絶対的に必然性と普遍性をもった法則,規範の存在が前提とされ,それの人間への命令,強制が義務であると考えられる。歴史的にはソクラテスに始り,ストア,エピクロス,キリスト教の立場などから考察されたが,カントにおいて義務の概念は道徳哲学の中核におかれ,道徳的法則すなわち義務の法則への畏敬によって人間の行為が規定されるべきであるとされた。

引用元-コトバンク

●権利とは何か

「権利と義務」は人間が基本的に与えられている「ことになっている」概念です。
しかしこれは「あるかないかわからないが、とりあえずあることにしよう」というお約束のもとに成り立っている単なる抽象概念に過ぎないということを意識していることは少ないでしょう。

そもそも権利とは、「神ありき」の概念です。人間に「権利を与え」たり、「罰を与え」たりできる存在としては神しか考えられません。人間にそのような「権利」はないからです。

「人間には誰でも基本的人権がある」と言われて、それに反論する人はまずいないでしょう。しかし「それは何故か?」と改めて問われると、神の概念を抜きにして明快な答えを返せる人はいないと思います。「根拠」がないからです。

権利の本質とは、人間同士が「私はあなたを尊重しますから、あなたも私を尊重してください」という互いを認め合う心です。つまり「約束」であって、誰かから与えられたものではありません。
とはいえ、しょせん人間同士の約束ですから、人間以外の相手には当然通用しません。猛獣に襲われる際に基本的人権を主張しても無駄だということは誰でもわかりますね。

しかしここで、「人間同士の約束は誰かの都合で簡単に反故にされてしまうものだ」という古今東西の鉄則を思い出さなくてはなりません。

基本的人権すら、「ある国」「あることになっているが守られていない国」「あるはずだが誰もそれを知らない国」など統治者の都合によって容易に左右されているのが、この世界の現実です。

引用元-法律の基本的教養

●日本国民の三大義務と三大権利

最初の三大○○はやはり日本国民としての三大義務の確認です。
中学のときに習いましたね

1.教育

すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。(第26条2項)

2.勤労

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。(第27条1項)

3.納税

国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。(第30条)

三大権利は生存権(健康で文化的な最低限度の生活を営む権利)、教育を受ける権利(教育を受ける権利)、参政権(政治に参加する権利)です。
権利は放棄することもできますが、義務は放棄できませんね!!

引用元-ライブドアブログ

国民の義務と権利の違い

義務」と「権利」の意味、違いを教えて頂けないでしょうか?

けんり【権利】

ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりすることのできる資格・能力。「邪魔する―は誰にもない」「当然の―」「―を主張する」義務。2 一定の利益を自分のために主張し、また、これを… [さらに]

ぎ‐む【義務】

1 人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務め。「―を果たす」権利。2 倫理学で、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと。3 法律によって人に課せられる拘束。法的義務はつねに権利に対応して… [

平たく言えば、義務は「~ねばならない」こと
権利は「~できる」こと。

引用元-Yahoo知恵袋

●日本国憲法での国民の権利

参政権は、国家の存在が前提となる権利ですので、言い換えれば「国家がなければ発生しえない」ということで、基本的人権の概念とは別の概念の権利です。なので、具体的に規定されています。裁判や刑事に関することも、「国家が存在し、刑事罰が存在しなければ、そもそも規定する必要がないもの」でもあり、また、戦前には十分な保証がなされなかった権利でもあるので、これも具体的に規定されています。
思想や信教、表現、学問に関しては、11条や13条の概念に入れてもいいぐらいの基本的な権利ですが、これらは戦前の日本のみならず、世界的にも弾圧を受けたり迫害を受けた歴史があるので、特に具体的に記述しているわけです。

しかし、環境権やプライバシー権といった、『戦後の文化や文明の発展に伴って解釈した場合、概念として発生した』いわゆる「新しい権利」もあります。
また、確立された権利ではないものの、国民主権の原理から発生した「抵抗権」という概念も、一部の学説では唱えられています。

よって、単純に数だけをいえば23となりますが、「権利」の数を言われると、正直言って回答不能ということになります。(泣)

ちなみに、国民の三大義務は、いずれも「国家や社会に対する義務」です。

安定した国家運営をするには、そのために必要な資金が必要となるので、国民には納税の義務が課されます。
一定の秩序の下に安定した社会を維持するためには、社会に富が発生しなければなりませんから、国民には勤労の義務が課されます。
そして、国家や社会を維持するために必要な能力を国民は養う必要があります。このために、国民は次世代を担う子供たちに対して必要な教育を受けさせる義務を負うのです。

これ以外にも国民には「義務」「責任」があります。これは、憲法が保障する自由や権利(=生まれながらに国民が享有している自由や権利)に内在しているものです。これが第12条で「公共の福祉」として包括的に記述されているわけです。
なので、決して義務は3つしかないということではありません。ただし、この「公共の福祉」の範囲については、通説はありますが、少数説も無視できないので、これに注意する必要はありますね。

引用元-Yahoo知恵袋

まとめ
義務や権利が存在するからこそ、日本国民として生活していけるのではないでしょうか。これからも義務や権利を意識しながら大切にしていきたいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ