まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

国民の義務の権利について知ろう!

      2016/11/26

 - 日常・生活

国民である限り、義務と権利は良く耳にすると思います。しかし、それを説明するとなると詳しく説明できない方が多いのではないでしょうか。今回は、日本国民の義務と権利について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

ヤマダ電機でパソコンを廃棄、回収してもらう

今使っているパソコンが壊れて新しいパソコンを買うときや、その他の場合など、いらなくなったパソコンの処分に困っていませんか?ヤマダ電機でパソコンを購入する時に、今までのパソコンを廃棄してもらえるのでしょうか。詳しく調べてみました。

看護師と患者の間にトラブルはつきもの?そのトラブルの実態

医療現場を支える看護師。その仕事の大変さと苦労は計り知れません。医者よりも距離が近い分、患者とのトラブルに遭遇することも多いのではないでしょうか?年々増加していると言われている看護師と患者の間のトラブルについて調べてみました。

陸運局に行って車のナンバー照会をする

長期間私有地に放置された自動車は、本当に困ります。所有者を特定して、移動を催促したいけれどナンバーしか解らない。こんな場合、陸運局に行けばナンバーから所有者を照会出来るのか調べました。

炊飯器で炊いたご飯がかたいときの対処法

炊飯器はボタン一つでご飯をおいしく炊いてくれるのでとても便利ですね。しかし水加減などを間違えて、炊き上がりのご飯がかたい場合はどうしたらいいのでしょうか?今回はご飯がかたい場合の対処法を調べました。

賃貸借契約の変更はできる?入居中の契約について

賃貸のマンションやアパートに入居中の場合、契約名義人の変更は可能なのでしょうか。どうしても変えないといけない場合にはどうしたらいいのでしょうか。今回は賃貸借契約の変更について調べました。

コロコロ変わる日本の首相の任期は

短い間に何人も首相が代わって名前も覚えられない。なんで日本の首相は短命なのか、その中でも長く勤めた首相は居るのか。そんな疑問から首相の任期に付いて調べました。

大学生が家庭教師を個人契約する際の注意点

大学生ともなると、付き合いも増えて出費も増えてきます。金銭的なゆとりが欲しくて家庭教師を始める方もいると思います。派遣会社ではなく個人契約となるとどの様な事に気を付ければ良いのでしょうか。

今年のバレンタインは?彼氏から家族まで、多様化するバレンタイン

近年、バレンタインは友チョコや家族チョコなど、どんどん多様化してきています。彼氏にあげるだけじゃない、そんなバレンタインについて調べてみました。

親の葬儀でかかる費用、兄弟でどう負担する?

ほとんどの人が避けては通れない親の葬儀。考えたくないとは思いますが、葬儀にかかる費用は決して安くはありません。兄弟がいる場合はその支払いでもめるケースもあるようです。今回は葬儀でかかる費用について調べました。

北海道で住宅メーカの選ぶときは評判を確認しよう

北海道で念願のマイホームを建てる際に一番気になるのが住宅メーカーです。一生に一度と言っても過言ではないマイホーム建築だからこそ、後悔しないために住宅メーカーの評判が大事だと思うのですが。

トイレの便器の黒ずみを綺麗にしたい!

トイレ掃除は大変ですよね。汚れも多く綺麗にするのに一苦労です。黒ずみを綺麗にする方法はあるのでしょうか。そこで、今回はトイレ便器の黒ずみを綺麗にする方法などについて調べてみました。

文系なので数学が苦手!どうしたらよいか

勉強でお悩みの方も多いと思います。しかし、文系で苦手な数学を勉強しようと思っているけど、まったく頭に入ってこない。このような場合、対策、勉強などどのようにして行っていけばよいのでしょうか。

料理が下手な女性の特徴と、克服する方法

女性の社会進出が目立つようになった現代。それに比例するかのように、料理が下手な女性が、私の周りでも何人かいます。でも主婦である以上、料理は絶対に避けられない道。料理が下手な女性の特徴から克服する方法まで、調べてみました。

大学を編入学するけど友達はできる?

多くの学生が大学に進学するようになりました。そこで、編入を視野に入れている方も多いのではないでしょうか。しかし、新しい環境で友達ができるかと心配になることでしょう。そこで今回は、大学編入と友達について調べてみました。

料理初心者だけど、献立が決まらない

一人暮らしや、料理に興味を持った方など、いざ料理を作ろうとしても献立が決まらず、時間だけが過ぎていくということがありますよね。料理初心者でもわかる献立の決め方について調べてみました。

長靴を選ぶときのポイントは?子供の足と長靴のサイズ

長靴は小さい頃はなくてはならないものですね!子供の長靴を選ぶときにサイズは足の大きさに対してどのくらいのものを選べばいいのでしょうか?今回は子供の長靴を選ぶときのポイントを調べました。

お好み焼きソースの代わりになるものは?

お好み焼きはすごくおいしいですよね。そこで肝心なのはやはりお好み焼きソースですよね。しかし、いざ食べるとなるとお好み焼きソースがない!そのようなとき、代わりになるものはないでしょうか。

インターネットの契約はブラックでも出来るのか

色々な理由で本人の意思とは関係なく、ブラックになってしまう事があるかと思います。でも、今の情報化社会では、インターネットが無いと不便でなりません。申し込みはホームページでなんて普通です。ブラックでも契約は可能なのか調べました。

離婚の慰謝料 性格の不一致の場合

離婚の理由は色々とありますが、一緒に生活を始めると互いの価値観や生活のすれ違いにより離婚に至る性格の不一致があります。この場合の原因は、どちらがと言う訳ではないため慰謝料はどうなるのでしょうか。

いつがいい?結婚する際の友達への報告

結婚が決まった!となった時に考えるのは周囲への報告のタイミングですね。友達にはいつ頃報告するのがいいのでしょうか。今回は友達への結婚の報告のタイミングについて調べてみました。

●義務とは何か

倫理学的には,絶対的に必然性と普遍性をもった法則,規範の存在が前提とされ,それの人間への命令,強制が義務であると考えられる。歴史的にはソクラテスに始り,ストア,エピクロス,キリスト教の立場などから考察されたが,カントにおいて義務の概念は道徳哲学の中核におかれ,道徳的法則すなわち義務の法則への畏敬によって人間の行為が規定されるべきであるとされた。

引用元-コトバンク

スポンサーリンク

  人気記事

●権利とは何か

「権利と義務」は人間が基本的に与えられている「ことになっている」概念です。
しかしこれは「あるかないかわからないが、とりあえずあることにしよう」というお約束のもとに成り立っている単なる抽象概念に過ぎないということを意識していることは少ないでしょう。

そもそも権利とは、「神ありき」の概念です。人間に「権利を与え」たり、「罰を与え」たりできる存在としては神しか考えられません。人間にそのような「権利」はないからです。

「人間には誰でも基本的人権がある」と言われて、それに反論する人はまずいないでしょう。しかし「それは何故か?」と改めて問われると、神の概念を抜きにして明快な答えを返せる人はいないと思います。「根拠」がないからです。

権利の本質とは、人間同士が「私はあなたを尊重しますから、あなたも私を尊重してください」という互いを認め合う心です。つまり「約束」であって、誰かから与えられたものではありません。
とはいえ、しょせん人間同士の約束ですから、人間以外の相手には当然通用しません。猛獣に襲われる際に基本的人権を主張しても無駄だということは誰でもわかりますね。

しかしここで、「人間同士の約束は誰かの都合で簡単に反故にされてしまうものだ」という古今東西の鉄則を思い出さなくてはなりません。

基本的人権すら、「ある国」「あることになっているが守られていない国」「あるはずだが誰もそれを知らない国」など統治者の都合によって容易に左右されているのが、この世界の現実です。

引用元-法律の基本的教養

●日本国民の三大義務と三大権利

最初の三大○○はやはり日本国民としての三大義務の確認です。
中学のときに習いましたね

1.教育

すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。(第26条2項)

2.勤労

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。(第27条1項)

3.納税

国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。(第30条)

三大権利は生存権(健康で文化的な最低限度の生活を営む権利)、教育を受ける権利(教育を受ける権利)、参政権(政治に参加する権利)です。
権利は放棄することもできますが、義務は放棄できませんね!!

引用元-ライブドアブログ

国民の義務と権利の違い

義務」と「権利」の意味、違いを教えて頂けないでしょうか?

けんり【権利】

ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりすることのできる資格・能力。「邪魔する―は誰にもない」「当然の―」「―を主張する」義務。2 一定の利益を自分のために主張し、また、これを… [さらに]

ぎ‐む【義務】

1 人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務め。「―を果たす」権利。2 倫理学で、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと。3 法律によって人に課せられる拘束。法的義務はつねに権利に対応して… [

平たく言えば、義務は「~ねばならない」こと
権利は「~できる」こと。

引用元-Yahoo知恵袋

●日本国憲法での国民の権利

参政権は、国家の存在が前提となる権利ですので、言い換えれば「国家がなければ発生しえない」ということで、基本的人権の概念とは別の概念の権利です。なので、具体的に規定されています。裁判や刑事に関することも、「国家が存在し、刑事罰が存在しなければ、そもそも規定する必要がないもの」でもあり、また、戦前には十分な保証がなされなかった権利でもあるので、これも具体的に規定されています。
思想や信教、表現、学問に関しては、11条や13条の概念に入れてもいいぐらいの基本的な権利ですが、これらは戦前の日本のみならず、世界的にも弾圧を受けたり迫害を受けた歴史があるので、特に具体的に記述しているわけです。

しかし、環境権やプライバシー権といった、『戦後の文化や文明の発展に伴って解釈した場合、概念として発生した』いわゆる「新しい権利」もあります。
また、確立された権利ではないものの、国民主権の原理から発生した「抵抗権」という概念も、一部の学説では唱えられています。

よって、単純に数だけをいえば23となりますが、「権利」の数を言われると、正直言って回答不能ということになります。(泣)

ちなみに、国民の三大義務は、いずれも「国家や社会に対する義務」です。

安定した国家運営をするには、そのために必要な資金が必要となるので、国民には納税の義務が課されます。
一定の秩序の下に安定した社会を維持するためには、社会に富が発生しなければなりませんから、国民には勤労の義務が課されます。
そして、国家や社会を維持するために必要な能力を国民は養う必要があります。このために、国民は次世代を担う子供たちに対して必要な教育を受けさせる義務を負うのです。

これ以外にも国民には「義務」「責任」があります。これは、憲法が保障する自由や権利(=生まれながらに国民が享有している自由や権利)に内在しているものです。これが第12条で「公共の福祉」として包括的に記述されているわけです。
なので、決して義務は3つしかないということではありません。ただし、この「公共の福祉」の範囲については、通説はありますが、少数説も無視できないので、これに注意する必要はありますね。

引用元-Yahoo知恵袋

まとめ
義務や権利が存在するからこそ、日本国民として生活していけるのではないでしょうか。これからも義務や権利を意識しながら大切にしていきたいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活