日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

国民の義務の権利について知ろう!

      2016/11/26

国民の義務の権利について知ろう!

国民である限り、義務と権利は良く耳にすると思います。しかし、それを説明するとなると詳しく説明できない方が多いのではないでしょうか。今回は、日本国民の義務と権利について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

仕事を休むのはいけないこと?精神的につらい場合

精神的に疲れた時に仕事を休むことはいけないことなのでしょうか...

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

スポンサーリンク

●義務とは何か

倫理学的には,絶対的に必然性と普遍性をもった法則,規範の存在が前提とされ,それの人間への命令,強制が義務であると考えられる。歴史的にはソクラテスに始り,ストア,エピクロス,キリスト教の立場などから考察されたが,カントにおいて義務の概念は道徳哲学の中核におかれ,道徳的法則すなわち義務の法則への畏敬によって人間の行為が規定されるべきであるとされた。

引用元-コトバンク

●権利とは何か

「権利と義務」は人間が基本的に与えられている「ことになっている」概念です。
しかしこれは「あるかないかわからないが、とりあえずあることにしよう」というお約束のもとに成り立っている単なる抽象概念に過ぎないということを意識していることは少ないでしょう。

そもそも権利とは、「神ありき」の概念です。人間に「権利を与え」たり、「罰を与え」たりできる存在としては神しか考えられません。人間にそのような「権利」はないからです。

「人間には誰でも基本的人権がある」と言われて、それに反論する人はまずいないでしょう。しかし「それは何故か?」と改めて問われると、神の概念を抜きにして明快な答えを返せる人はいないと思います。「根拠」がないからです。

権利の本質とは、人間同士が「私はあなたを尊重しますから、あなたも私を尊重してください」という互いを認め合う心です。つまり「約束」であって、誰かから与えられたものではありません。
とはいえ、しょせん人間同士の約束ですから、人間以外の相手には当然通用しません。猛獣に襲われる際に基本的人権を主張しても無駄だということは誰でもわかりますね。

しかしここで、「人間同士の約束は誰かの都合で簡単に反故にされてしまうものだ」という古今東西の鉄則を思い出さなくてはなりません。

基本的人権すら、「ある国」「あることになっているが守られていない国」「あるはずだが誰もそれを知らない国」など統治者の都合によって容易に左右されているのが、この世界の現実です。

引用元-法律の基本的教養

●日本国民の三大義務と三大権利

最初の三大○○はやはり日本国民としての三大義務の確認です。
中学のときに習いましたね

1.教育

すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。(第26条2項)

2.勤労

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。(第27条1項)

3.納税

国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。(第30条)

三大権利は生存権(健康で文化的な最低限度の生活を営む権利)、教育を受ける権利(教育を受ける権利)、参政権(政治に参加する権利)です。
権利は放棄することもできますが、義務は放棄できませんね!!

引用元-ライブドアブログ

国民の義務と権利の違い

義務」と「権利」の意味、違いを教えて頂けないでしょうか?

けんり【権利】

ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりすることのできる資格・能力。「邪魔する―は誰にもない」「当然の―」「―を主張する」義務。2 一定の利益を自分のために主張し、また、これを… [さらに]

ぎ‐む【義務】

1 人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務め。「―を果たす」権利。2 倫理学で、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと。3 法律によって人に課せられる拘束。法的義務はつねに権利に対応して… [

平たく言えば、義務は「~ねばならない」こと
権利は「~できる」こと。

引用元-Yahoo知恵袋

●日本国憲法での国民の権利

参政権は、国家の存在が前提となる権利ですので、言い換えれば「国家がなければ発生しえない」ということで、基本的人権の概念とは別の概念の権利です。なので、具体的に規定されています。裁判や刑事に関することも、「国家が存在し、刑事罰が存在しなければ、そもそも規定する必要がないもの」でもあり、また、戦前には十分な保証がなされなかった権利でもあるので、これも具体的に規定されています。
思想や信教、表現、学問に関しては、11条や13条の概念に入れてもいいぐらいの基本的な権利ですが、これらは戦前の日本のみならず、世界的にも弾圧を受けたり迫害を受けた歴史があるので、特に具体的に記述しているわけです。

しかし、環境権やプライバシー権といった、『戦後の文化や文明の発展に伴って解釈した場合、概念として発生した』いわゆる「新しい権利」もあります。
また、確立された権利ではないものの、国民主権の原理から発生した「抵抗権」という概念も、一部の学説では唱えられています。

よって、単純に数だけをいえば23となりますが、「権利」の数を言われると、正直言って回答不能ということになります。(泣)

ちなみに、国民の三大義務は、いずれも「国家や社会に対する義務」です。

安定した国家運営をするには、そのために必要な資金が必要となるので、国民には納税の義務が課されます。
一定の秩序の下に安定した社会を維持するためには、社会に富が発生しなければなりませんから、国民には勤労の義務が課されます。
そして、国家や社会を維持するために必要な能力を国民は養う必要があります。このために、国民は次世代を担う子供たちに対して必要な教育を受けさせる義務を負うのです。

これ以外にも国民には「義務」「責任」があります。これは、憲法が保障する自由や権利(=生まれながらに国民が享有している自由や権利)に内在しているものです。これが第12条で「公共の福祉」として包括的に記述されているわけです。
なので、決して義務は3つしかないということではありません。ただし、この「公共の福祉」の範囲については、通説はありますが、少数説も無視できないので、これに注意する必要はありますね。

引用元-Yahoo知恵袋

まとめ
義務や権利が存在するからこそ、日本国民として生活していけるのではないでしょうか。これからも義務や権利を意識しながら大切にしていきたいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ