日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

インフルエンザの仕事へ復帰できるのはいつ?

      2016/06/29

インフルエンザの仕事へ復帰できるのはいつ?

インフルエンザが猛威を振るう時期には、自ら予防手段を心がけましょう。それには、人と多く接する場所ではマスクの着用が効果的です。マスクは自分を守るためのにも活用しましょう。万が一かかってしまったら、人にうつさない努力が必要です。仕事の復帰までの時期は家族感染にも気配りをしましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もい...

結婚式の招待状の返信はどう書く?返信のマナー

結婚式の招待状には出席か欠席かの返信はがきが同封してあります...

スポンサーリンク

インフルエンザにかかったら仕事の復帰はいつ頃?

会社によっては「医療機関を受診し、回復したという診断書の提出」を要求してくる場合や、熱が下がって回復してからも、二日か三日は休まなければいけないという規則があったりとか様々です。職業によっては、もっと厳しい決まり事があるかもしれません。一般的には、インフルエンザにかかった場合抗インフルエンザ薬は五日ほど処方されます。
※タミフル、リレンザ、アビガン(富士フイルムの最新治療薬)など

それにより緩やかですが熱が下りインフルエンザA型の諸症状が緩和されてきます。

基本的には、解熱されても二日から三日はインフルエンザA型、B型ともにウィルスを排菌しているので抗インフルエンザ薬は途中でやめたりしないで最後まで飲み切ることが大切です。つまりは、発熱後、薬を飲めば、通常3日で熱は下がり、残り2日で完全回復というぐあいです。

一般的には、社会復帰時期は、熱が下がってから2日間は休んだほうがよいですね。

ただし、インフルエンザは飛沫感染のため、マスクをしていけば、周りに感染させることはありません。仕組み的には、熱があっても、基本マスクをしていれば他人に感染することは少ないでしょう。※空気感染や接触感染はしません。くしゃみや咳による、口から口への飛沫感染のみですが、乾燥した室内だとまれに数時間ほど生息しているといケースもあります。

引用元-インフルエンザ回復後の社会復帰について

インフルエンザで仕事に復帰するのは診断書の提出が必要?

職場復帰の際に診断書の提出を求める会社もある

インフルエンザから職場復帰するときに気をつけなければならないのは、診断書を提出することです。これも会社によりますが、医療機関を受診して「回復した」という診断書の提出を求められることがありますので、注意しましょう。

また、マスクをして行くこともまわりへの配慮として大切です。インフルエンザの感染経路は飛沫感染だとされています。念のためにマスクは忘れないようにしましょう。

引用元-インフルエンザにかかった際の仕事復帰のタイミング | キャリアのことならキャリアパーク

インフルエンザの仕事復帰までの間は家族内感染を予防しよう

【ポイント①:インフルエンザの感染経路を遮断】

インフルエンザの主な感染経路は飛沫感染と接触感染です。飛沫感染とは感染した人のくしゃみや咳によって、飛び散ったウイルスを吸い込むことで起こる感染を指します。接触感染は感染した人のくしゃみや咳・鼻水などがついた手で触れたものに触れることにより、間接的に感染することを言います。この2つの感染経路を断つことが一つ目のポイントです。

【ポイント②:インフルエンザウイルスの浮遊を防ぐ】

乾燥しているとウイルスが浮遊しやすくなります。逆に空気に水蒸気があると、ウイルスは水蒸気にくっついて下に落ちるため、空気中に広がるのを防ぐことができます。そこで湿度を保ちウイルスの浮遊を防ぐこともポイントとなります。それではこの2つのポイントを注意して実践するべき実際の予防策をご紹介していきたいと思います。

引用元-インフルエンザの家族感染予防!ポイントは7つ! | 健康の気になるあれこれ

仕事復帰への基礎知識・インフルエンザと普通の風との違いは?

Q.1: インフルエンザと普通の風邪はどう違うのですか?

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

Q.2: インフルエンザはいつ流行するのですか?

インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。日本では、例年12月~3月頃に流行します。

Q.3: インフルエンザと新型インフルエンザはどう違うのですか?

A型のインフルエンザはその原因となるインフルエンザウイルスの抗原性が小さく変化しながら毎年世界中のヒトの間で流行しています。これが季節性インフルエンザです。一方、新型インフルエンザは、時としてこの抗原性が大きく異なるインフルエンザウイルスが現れ、多くの国民が免疫を獲得していないことから、全国的に急速にまん延することによっておこります。

引用元-厚生労働省

インフルエンザの仕事の復帰までの時間を設けている理由とは?

インフルエンザ 解熱後2日の欠勤が必要な理由は?

インフルエンザによる熱が下がり、体調が少しよくなると、「仕事でこれ以上迷惑をかけられない」という理由から出勤してしまう方もいますよね。なぜ、解熱後2日会社を休まなくてはいけないかという理由を調べたところ、「インフルエンザの場合、解熱後2日目が一番ウイルスを放出する量が多いから」ということがあるようでした。また、熱が下がったからといっても、体内のウイルス量も減っておらず、活性状態にあるのだそうです。おおむね「インフルエンザのウイルスの感染力は約1週間」とみなされているようです。

特に多忙で、代わりの人のいない仕事の場合、1週間というのは、とんでもなく長い期間に思えるかもしれませんが、インフルエンザで欠勤するのは大事なマナーだと思います。仕事の方は大変でしょうが、まず治すことが最優先の仕事と考えてくださいね。無理して仕事へ行き、職場のメンバーにうつしてしまったら大変な迷惑をかけるのはもちろんのこと、そこからその方のご家族、幼児や高齢者まで感染してしまう可能性もあることを想定し、どうぞお大事にお過ごしください。

引用元-スマイル22

まとめ
インフルエンザは予防すればうつりにくい病気です。流行時期は自ら予防しましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ