日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

インフルエンザの仕事へ復帰できるのはいつ?

      2016/06/29

インフルエンザの仕事へ復帰できるのはいつ?

インフルエンザが猛威を振るう時期には、自ら予防手段を心がけましょう。それには、人と多く接する場所ではマスクの着用が効果的です。マスクは自分を守るためのにも活用しましょう。万が一かかってしまったら、人にうつさない努力が必要です。仕事の復帰までの時期は家族感染にも気配りをしましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでし...

北海道を車で移動するときの注意点は?

旅行で北海道へ行った時はレンタカーが便利です。しかし、計画的...

目が小さいのが悩み!コンプレックスを解消するには!?

目が小さいのが悩みの人は多いのではないしょうか?この目が小さ...

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニン...

腕時計の自動巻き時計を保管するスタンドは必要?

機械式の腕時計には装着していれば自動的にゼンマイが巻きあがる...

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が...

シャネルの香水でおすすめは?人気の香水を紹介!

シャネルといえば香水も有名ですね。シャネルの「No5」はマリ...

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えてい...

アパートの隣の部屋から異臭が! 対応の仕方

アパート住まい、何の臭いか分からないけど、でもなんか臭い…お...

口座の入金の確認する方法は?

銀行は土日祝日は営業をしていません。相手が金曜日に振り込んだ...

欲しいチケットはどうとる?コンビニとネットはどっちがいい?

ライブなどのチケットを取りたいときは、電話、コンビニ、ネット...

腕時計の文字盤は何色がいい?シーンで使い分けよう

腕時計の文字盤の色をシーンによって使い分けていますか?文字盤...

スポンサーリンク

インフルエンザにかかったら仕事の復帰はいつ頃?

会社によっては「医療機関を受診し、回復したという診断書の提出」を要求してくる場合や、熱が下がって回復してからも、二日か三日は休まなければいけないという規則があったりとか様々です。職業によっては、もっと厳しい決まり事があるかもしれません。一般的には、インフルエンザにかかった場合抗インフルエンザ薬は五日ほど処方されます。
※タミフル、リレンザ、アビガン(富士フイルムの最新治療薬)など

それにより緩やかですが熱が下りインフルエンザA型の諸症状が緩和されてきます。

基本的には、解熱されても二日から三日はインフルエンザA型、B型ともにウィルスを排菌しているので抗インフルエンザ薬は途中でやめたりしないで最後まで飲み切ることが大切です。つまりは、発熱後、薬を飲めば、通常3日で熱は下がり、残り2日で完全回復というぐあいです。

一般的には、社会復帰時期は、熱が下がってから2日間は休んだほうがよいですね。

ただし、インフルエンザは飛沫感染のため、マスクをしていけば、周りに感染させることはありません。仕組み的には、熱があっても、基本マスクをしていれば他人に感染することは少ないでしょう。※空気感染や接触感染はしません。くしゃみや咳による、口から口への飛沫感染のみですが、乾燥した室内だとまれに数時間ほど生息しているといケースもあります。

引用元-インフルエンザ回復後の社会復帰について

インフルエンザで仕事に復帰するのは診断書の提出が必要?

職場復帰の際に診断書の提出を求める会社もある

インフルエンザから職場復帰するときに気をつけなければならないのは、診断書を提出することです。これも会社によりますが、医療機関を受診して「回復した」という診断書の提出を求められることがありますので、注意しましょう。

また、マスクをして行くこともまわりへの配慮として大切です。インフルエンザの感染経路は飛沫感染だとされています。念のためにマスクは忘れないようにしましょう。

引用元-インフルエンザにかかった際の仕事復帰のタイミング | キャリアのことならキャリアパーク

インフルエンザの仕事復帰までの間は家族内感染を予防しよう

【ポイント①:インフルエンザの感染経路を遮断】

インフルエンザの主な感染経路は飛沫感染と接触感染です。飛沫感染とは感染した人のくしゃみや咳によって、飛び散ったウイルスを吸い込むことで起こる感染を指します。接触感染は感染した人のくしゃみや咳・鼻水などがついた手で触れたものに触れることにより、間接的に感染することを言います。この2つの感染経路を断つことが一つ目のポイントです。

【ポイント②:インフルエンザウイルスの浮遊を防ぐ】

乾燥しているとウイルスが浮遊しやすくなります。逆に空気に水蒸気があると、ウイルスは水蒸気にくっついて下に落ちるため、空気中に広がるのを防ぐことができます。そこで湿度を保ちウイルスの浮遊を防ぐこともポイントとなります。それではこの2つのポイントを注意して実践するべき実際の予防策をご紹介していきたいと思います。

引用元-インフルエンザの家族感染予防!ポイントは7つ! | 健康の気になるあれこれ

仕事復帰への基礎知識・インフルエンザと普通の風との違いは?

Q.1: インフルエンザと普通の風邪はどう違うのですか?

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

Q.2: インフルエンザはいつ流行するのですか?

インフルエンザは流行性があり、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。日本では、例年12月~3月頃に流行します。

Q.3: インフルエンザと新型インフルエンザはどう違うのですか?

A型のインフルエンザはその原因となるインフルエンザウイルスの抗原性が小さく変化しながら毎年世界中のヒトの間で流行しています。これが季節性インフルエンザです。一方、新型インフルエンザは、時としてこの抗原性が大きく異なるインフルエンザウイルスが現れ、多くの国民が免疫を獲得していないことから、全国的に急速にまん延することによっておこります。

引用元-厚生労働省

インフルエンザの仕事の復帰までの時間を設けている理由とは?

インフルエンザ 解熱後2日の欠勤が必要な理由は?

インフルエンザによる熱が下がり、体調が少しよくなると、「仕事でこれ以上迷惑をかけられない」という理由から出勤してしまう方もいますよね。なぜ、解熱後2日会社を休まなくてはいけないかという理由を調べたところ、「インフルエンザの場合、解熱後2日目が一番ウイルスを放出する量が多いから」ということがあるようでした。また、熱が下がったからといっても、体内のウイルス量も減っておらず、活性状態にあるのだそうです。おおむね「インフルエンザのウイルスの感染力は約1週間」とみなされているようです。

特に多忙で、代わりの人のいない仕事の場合、1週間というのは、とんでもなく長い期間に思えるかもしれませんが、インフルエンザで欠勤するのは大事なマナーだと思います。仕事の方は大変でしょうが、まず治すことが最優先の仕事と考えてくださいね。無理して仕事へ行き、職場のメンバーにうつしてしまったら大変な迷惑をかけるのはもちろんのこと、そこからその方のご家族、幼児や高齢者まで感染してしまう可能性もあることを想定し、どうぞお大事にお過ごしください。

引用元-スマイル22

まとめ
インフルエンザは予防すればうつりにくい病気です。流行時期は自ら予防しましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ