日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

パソコンのメールアドレスの設定はどうなる?買い替えた場合

      2016/07/01

パソコンのメールアドレスの設定はどうなる?買い替えた場合

パソコンを買い替えたりすると古いパソコンからデータを移行しないといけません。メールアドレスの設定なども一からしないといけないのでしょうか?今回はパソコンを買い替えた場合のメールアドレスなどの設定について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

喪中の相手に年賀状を出してしまった!どうしたらいい?

喪中の場合は年末になると事前にはがきを出して、喪中であること...

スポンサーリンク

パソコンの買い替え時にはメールアドレスなどのデータの移行が必要

パソコンの買い替えなどで、別のパソコンにメールや連絡先を移行するためにバックアップしたい

新しいパソコンを購入したら、古いパソコンの Outlook から新しいパソコンの Outlook にデータを移行することで、いままでのメールや連絡先などを表示できるようになります。
Outlook のデータを移行するには、古いパソコンの Outlook でデータをバックアップし、新しいパソコンの Outlook で復元を行います。

引用元-Microsoft

買い替えたパソコンへのデータの移行でメールアドレスなどの設定はどうなる?

メールアカウント

メールアカウントは主にパソコン買い替え時のデータ移行の際にバックアップをとります。
メールアカウントのファイルには、詳細設定も書き込まれています。
なのでこのファイルがあれば、新しいパソコンでメールアカウントを再設定しなくてもいいというメリットがあります。

有名なところでは XPのOutolook Expressや、VistaのWindowsメール、XP・Vista・7・8で使用できる Windows Live Mailがあります。
いずれもMicrosoftのメールソフトなので メールアカウントのファイルの拡張子は .iafです。
互換性はあり、Outlook ExpressからWindows Live Mailへインポートすることもできます。

メールアカウントの設定ファイルは 決まったフォルダに保存されているというわけではなく、メールソフトを起動してエクスポートすることで取り出すことができます。
またOfficeのOutlookというメールソフトには 残念ながらメールアカウントのエクスポートはありません。
パソコン買い替え時などは 再設定が必要になります。

アドレス帳

メールアカウントと同じく ある程度の互換性はありますので データを移行させることができます。
特によく行われるのが Outlook ExpressからWindows Live Mailへの移行です。
Outlook Expressのアドレス帳は、Adress bookという専用のフォルダの中に .wabという拡張子で 1つのファイルとして保存されています。
このフォルダをとっておけば、Windows Live Mailへの移行はスムーズに行うことができます。

メール送受信データ

蓄積している過去のメールデータも移行したい保存したいということもあります。

このメールデータも 例えば Outlook Expressなら Outlook Expressという専用のフォルダに保存されています。
なのでこのフォルダをとっておけば、パソコン買い替え時などでもWindows Live Mailへの移行はスムーズに行うことができます。

またメールアカウントやアドレス帳と同じく メールソフトを起動させてエクスポート機能を使用することもできます。

引用元-パソコン初心者講座

買い替えたパソコンと古いパソコンを直接つなげるUSBケーブル

USBリンクケーブルとは

USBリンクケーブルとは、パソコン間を接続してデータのやり取りをすることができる仕組みです。
パソコンと言いますと今や多くの人が所有し、さらには一人で複数台所有することもあるでしょう。
社内においては一人一台の時代になっています。
社内などではLANケーブルなどで社内ネットワークに接続されているのでデータの送受信はメールなどを使って行うことがあります。
しかしメールを利用するとセキュリティの問題から容易に行えないことがあります。
またデータ量が多い場合にはネットワークに負担をかけることがあります。
USBリンクケーブルについては、データのやり取りをしたいパソコン同士を接続するだけでデータのやり取りが可能になります。
同じ部署同士など身近にいる人たちと大きなファイルのやり取りをしたい場合に使うと効率的になるでしょう。

初心者にオススメのUSBリンクケーブルの使い方・利用方法

USBリンクケーブルを初心者が利用する時の使い方としては、データの移動があります。自宅にあるパソコンにおいて、一台は古いOSが入っていて、別のパソコンには新しいOSが入っていることがあります。古いOSの場合はデータを利用することができません。
このときにUSBリンクケーブルを使って新しいOSのパソコンに移動させることで利用できるようになります。
初歩的なこととしては特に難しいことはありません。
基本には互いのパソコンのUSBポートに挿すだけになります。
両方に挿してみて一方のパソコンのマウスを動かしてみましょう。そうするともう一台のパソコンのマウスも動くようになります。
こうなると準備が出来た状態なので、ファイルの移動などを行います。

引用元- 初めての利用方法や使用方法・初心者でも簡単 使い方ラボ

Windowsなら転送ツールでデータの移行もできる

■主なファイルを引越してくれる

パソコンを買い替えたら、古いパソコンに貯まったファイルを新しいパソコンに引越ししたいものです。
ところが、長年使用していたパソコンには、思った以上に大量のファイルができていて、いちいち探して選ぶのは大変です。
そんな経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

さらに、ワードやエクセルなどの文書ファイルだけでなく、メールのアドレス帳や本文、ブラウザのお気に入りなどももちろん、新しいパソコンに持っていきたいわけですが、どこにあるのか探すのも大変だったり、ただファイルコピーして持っていくだけでよいのかなど、正しい引越しの方法がよく分からなかったり…。

ところが便利なことに、Windows VistaやWindows 7には「Windows 転送ツール」という便利な機能が標準搭載されています。
この転送ツールを使っての引越し方法をご紹介しましょう。
※Windows XPのパソコン同士の間での引越しではWindows 転送ツールは使えません。

Windows 転送ツールを使って簡単引越し

「Windows 転送ツール」は、正に、パソコンの中身を別のパソコンに引越しするためのソフトです。
これを使用することで、自分でファイルなどを探さずとも、引越しすることができます。

Windows 転送ツールは、Windows XPからWindows VistaやWindows 7へ、またWindows VistaからWindows 7へ、またはWindows 7のパソコン同士の間で使用できます。
ワードやエクセルで作成した文書ファイルやフォルダの他、メール本文やアドレス帳、さらにはユーザーアカウントやWindowsの設定情報まで、新しいパソコンで必要となる様々なデータをまとめて移動することができます。

なお、引越し元となるパソコンがWindows XPやWindows Vistaの場合には、新たにWindows 転送ツールをインストールする必要があります。

引用元-FLET’S光

転送ツールでデータを移行する手順

転送元のパソコンでの操作手順

転送元となるWindows 8のパソコンでは、以下の操作手順を行ってください。

1.スタート画面上で右クリックし、画面下部に表示されたアプリバーから「すべてのアプリ」をクリックします。

2.アプリ画面が表示されます。「Windows転送ツール」をクリックします。

3.「Windows転送ツール」が起動します。「次へ」をクリックします。

4.「項目を新しいPCに転送する方法を選択してください。」という画面が表示されます。
利用する転送方法をクリックします。
ここでは例として、「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」を使用して転送を行います。

5.「現在使用しているPC」という画面が表示されます。
転送元のパソコンでは「これは今までのPCです」をクリックします。

6.「このPCから転送する内容を選択します」という画面が表示されます。
転送するユーザーアカウント名にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

補足

「ユーザー設定」をクリックすると、ユーザーアカウントごとに転送するファイルや設定を詳細に選択することができます。
さらに、フォルダを選択する場合は「詳細設定」をクリックし、選択が終了したら「次へ」をクリックします。

7.「転送するファイルおよび設定を保存します」という画面が表示されます。
転送内容をパスワードで保護する場合は、「パスワード」ボックスと「パスワードの確認入力」ボックスに任意のパスワードを入力し、「保存」をクリックします。
※ パスワードを設定しない場合は、何も入力せずにそのまま「保存」をクリックします。

8.「転送ツールファイルの保存」が表示されます。
保存先を設定し、任意のファイル名を入力したら「保存」をクリックします。

9.「転送のためのファイルと設定が保存されました」という画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。
※ 転送するファイルサイズの大きさなどによって、転送に時間がかかる場合があります。

10.「転送ファイルが作成されました」という画面が表示されます。
転送ファイルの保存場所を確認したら「次へ」をクリックします。

11.「このPC上でのWindows転送ツールの処理は完了しました。」という画面が表示されたら、「閉じる」をクリックします。

転送先のパソコンでの操作手順

転送先のパソコンでは、以下の操作手順を行ってください。

1.転送内容を保存したハードディスクやUSBフラッシュドライブを転送先のパソコンに接続します。

2.スタート画面上で右クリックし、画面下部に表示されたアプリバーから「すべてのアプリ」をクリックします。

3.アプリ画面が表示されます。「Windows転送ツール」をクリックします。

4.「Windows転送ツール」が起動します。「次へ」をクリックします。

5.「項目を新しいPCに転送する方法を選択してください。」という画面が表示されます。
転送元で選択した転送方法と同じ項目をクリックします。
ここでは例として、「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」を選択します。

6.「現在使用しているPC」という画面が表示されます。
転送先のパソコンでは「これは新しいPCです」をクリックします。

7.「転送ツールファイルを開く」が表示されます。
転送元のパソコンで保存した「Windows転送ツール-今までのPCの項目」ファイルをクリックし、「開く」をクリックします。
※ 転送ファイルがパスワードで保護されている場合は、ファイルを開く際にパスワードの入力が求められます。

8.「このPCに転送する内容を選択します」という画面が表示されます。
転送するユーザーアカウントにチェックを入れ、「転送」をクリックします。
※ 「ユーザー設定」をクリックすると、ユーザーアカウントごとに転送するファイルや設定を選択することができます。

補足

「詳細オプション」をクリックすると、以下の画面が表示され、転送ファイルの内容を転送先のパソコンに登録されているユーザーアカウントの設定に保存することができます。

「今までのPC上のユーザーアカウント」(転送元)のユーザーアカウントから、設定やファイルを引き継ぐ「新しいPC上のユーザーアカウント」欄(転送先)のユーザーアカウント名をそれぞれ選択します。
※ 「新しいPC上のユーザーアカウント」欄では、各ボックスをクリックし、表示された一覧から「ユ―ザーの作成」を選択することで、新規ユーザーアカウントを作成することも可能です。
各項目の設定が完了したら、「保存」をクリックし画面を閉じます。

9.「転送が完了しました」という画面が表示されます。
転送された内容を確認したい場合は、「転送された内容の確認」および「新しいPCにインストールするアプリの一覧の確認」をクリックし、確認が完了したら「閉じる」をクリックします。
※ 転送された内容はWindows転送レポートに保存されており、後で確認することも可能です。

10.「転送を完了するには、PCを再起動してください」という画面が表示されます。
「今すぐ再起動する」もしくは「後で再起動する」をクリックします。
※ 転送を完了するには、パソコンを再起動する必要があります。

以上で操作完了です。

引用元-121ware

まとめ
いかがでしたか?データの移行や設定は面倒くさいですが、最近は簡単にできる方法もあるようなので参考にしてみてください。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ