日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

本屋のバイトは大変!?~メリットとデメリット~

      2016/07/01

本屋のバイトは大変!?~メリットとデメリット~

本が好きな人であれば、一度はしてみたいと思うのが、本屋のバイトですね。楽なイメージが強いですが、意外に体力勝負で、大変な仕事です。その反面、本屋で働いているからこそのメリットもあるようですよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

床のフローリングの種類は?シートタイプのメリット・デメリット

フローリングの床の種類にいくつかあります。最近よく使われてい...

小6女子の平均身長は?成長期はいつまで?

身長はいつまで伸びるのでしょうか?女子は大体小6頃に成長のピ...

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

スポンサーリンク

本屋のバイトのイメージは?

あなたの書店のアルバイトのイメージはどういうイメージをもっているでしょうか?

本屋さんでアルバイト」というと大抵の人がカウンターの中でのんびり立っているだけで楽なイメージが強いでしょう。

のんびりと自分の本を読みながら時を過ごしてお金がもらえる。

引用元-バイトの探し方・選び方ならバイトガイド

本屋のバイトは大変!理想と現実

お店がオープンしている状態だけみれば本の整理をしてレジ接客をするだけで簡単じゃないかと思う人も多いでしょう。ですが、そこに至るまでの準備がまさに戦いなのです。毎日山のように入荷してくる本を一つ一つ確認して売り場に出す作業は腰に来るし、運ぶのも一苦労。束になった雑誌はまるでダンベルのように両腕の筋肉を鍛え上げていくのです。

そう、一見楽そうな書店のアルバイトですがその本質は「肉体労働」これに尽きるのです。その上、店内の書籍や発売する雑誌の把握、定期購読をしているお客様の把握など暗記要素も強いのです。新聞の広告に載っていた本を探し求めていらっしゃるお客様、テレビCMで見た本を探し求めにいらっしゃるお客様。一体、どのような本を求められているのか・・・

まるで探偵にでもなったようにお客様の言葉を聞き、目的の本を探し出していくのです。時々店内でのんびりハタキをかけているだけのようにみえる店員も、その実態は店内の書籍を把握するためにチェックをしていたりします。初めて書店でバイトをするとこの重労働と覚えることの多さに圧倒されることでしょう。

引用元-バイトの探し方・選び方ならバイトガイド

本屋のバイトのデメリットは?

本が好きじゃない人は間違いなく向かない

本が好きな人でないとやはりなかなかキツイかもしれません。本が好きで、知識を深めたい人向けです。

書店によっては体力勝負!

本はダンボールに入った状態だと非常に重いです。とくに週刊誌など入れ替えが多い書籍に重点をおいている店舗の場合、毎日雑誌を入れ替えなければいけませんので体力がないとちょっとツラいかも。でも、女性の店員さんも多いので、慣れてくれば大丈夫!…なはず。

時給はさほど期待できない

今は本を読む人口も昔に比べて少ないですので、その分書店もがんがん儲かってる、というところは少なくなってきてます。そうなってくると時給もそれほど高くはないのは仕方のないところ。本屋さんの雰囲気が好きな人におすすめです。

引用元-お金がない時に.com

大変だけどいいこともある!~社員割引~

書店で働くと社割があります。これは、社員だけではなく、もちろんバイトにも適用されるので、好きな本が1割引で購入できます。また、発注の担当になったり、発注担当者と仲良くなれば、自分の趣味趣向、独断で好きな本を仕入れることもできます。(管理が厳しくできない店舗もあるかもしれません。)まあ、欲しい本はだいたい1割引で手に入ります。本をたくさん買うという本好きほど、書店でバイトするメリットがあります!

女性に多いかもしれませんが、中には雑誌が好きという人もいるでしょう。特に最近では付録が豪華だったりもします。付録目的で買っちゃう! みたいな人も最近は多いようで、以前海外のお客さんに「付録だけ欲しいんだよね。雑誌いらないから捨てといて!(←超流暢なイングリッシュ)」と言って、さっそうと帰って行く人もいました。そういう「雑誌はいらないけど付録だけ欲しい!」という人も、書店でバイトすればいいのです。雑誌にはだいたい、「見本誌」というものが存在するので、それを作ることで、付録が数個余ってしまいます。なんと書店員は、その付録の余りを貰うことができます!

引用元-ほぼステマブログ

他にはこんなメリットも!~整理整頓~

よく書店内で店員さんが本の整理をしているのを見かけますよね。立ち読み防止とかいう理由でやっている人もいるかもしれませんが、私の店ではそのようなことはしません。お客さんに「前失礼します~」などと声をかけて整理するというのは、正直面倒くさい邪魔になると思うので、極力お声掛けはしないことにしています。

しかし、絶対に気合いを入れて整理に行かなければならないのが児童書コーナー。特に土日なんか本当に戦場です。何度整理しても、少し目を離しただけでとんでもなく荒れています。恐るべし、子ども。帯や、表紙が破れてしまうことも多々。何なら帯がなくなっている場合もあります。そういうものは泣く泣く返品しています……恐るべし、子ども。

そんな中でも、整理整頓のいいところもあります。それは整理しながら物色ができるということです!本好きなら嬉しい特権です。「あ、この本かなり減ってるな。売れてるからチェックしよう」だとか「あ、あの作家さんの新刊出てる!」などなど。これを働きながらできるというのは、何だか給料泥棒している気分です!(給料泥棒できるほど給料よくないけど)

引用元-ほぼステマブログ

本屋のバイトの面接攻略法!

書店のアルバイトスタッフ採用のための面接で、必ずといっていいほど聞かれるのは、好きな本、好きな著者、好きな本のジャンルなどです。本は性格を表しやすいものですから、漫画でも小説でも、好きな分野があればそれを伝えれば良いでしょう。

お客様から本の在庫を聞かれた場合など、ある一定のジャンルの漫画本や雑誌が好きな人などは、そのジャンルにおいてはお客様が欲しいものがすぐに理解できますから、調べる手間も省けます。本が好きで、少しでも本の知識があるということをアピールできるのがこの質問への理想的な返答です。

好きな本は何かなどの質問には、素直に好きなジャンルの書物を伝えれば、先方からの好感度もあがりますよ。

引用元-本屋・書店のバイトの面接で聞かれる質問と傾向 | マイベストジョブの種

まとめ
子供の頃から、本は好きでした。一度は、本屋のアルバイトに憧れたこともあります。接客が向かないので諦めましたが、本屋の仕事って意外に重労働なのですね。驚きました。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ