日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ADHDの人への仕事の教え方のポイントとは

      2016/07/02

ADHDの人への仕事の教え方のポイントとは

ADHDという言葉を知っていますか?不注意、多動性、衝動性という3つの要素がある障害のことを言います。大人になると多動性は軽減されるようです。ADHDの人へ仕事を教える場合は正しい教え方をしないといけません。今回はADHDの人へ仕事を教えるポイントを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

ADHDとは

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは

ADHDは(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD)は、別名注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性(順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。
小さい子どもであればこれらの要素は誰にでも見られるものなので、周囲の人たちに障害という認識をもってもらえず、ただの乱暴者や親のしつけが出来ていない子といった認識をされてしまうといった、誤解を受けてしまうケースが多々あります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴

特年齢や発達に不釣り合いな行動が多く、社会的な活動や学業に支障をきたすことがあります。
ADHDの子どもには知的な遅れはありません。
感情や行動を自分自身で上手にコントロールすることが難しいだけなのです。

ADHD(注意欠陥多動性障害)によく見られる行動リスト

・落ち着きがなく、注意を持続する事が難しい。または困難である
→授業中立ち歩く、または途中でどこかに行ってしまう。
・気が散りやすい。集中力が続かない
→与えられた課題が終わっていなくてもあちこち手を出してしまう。
・失くし物や忘れ物をしやすい
→おもちゃや文具など失くしものや落し物が多い。宿題等忘れ物をすることがよくある。
・ルールが守れない
→衝動を抑えることが出来ず、待つことが苦手で順番を守ることが出来ず、割り込みをしてしまう。
・理解できる指示をされても従おうとしない
→静かにしてください」と言われても静かにすることが出来ずおしゃべりを続けてしまう。
「注目してください」と言われても注目できずすぐに他に関心が移ってしまう。
・事前に良く考えて行動できない
→物事をぱっと見で判断してしまい、うっかりミスをしてしまうことがよくある。

引用元-Leaf

大人のADHDの症状

大人のADHD

子供にはよくみられる多動性は、大人になると軽減されてきます。
大人のADHDの主な症状は衝動性と不注意です。(しかし、動き回るのがなくなっても、モジモジしたり、キョロキョロしたりする症状や多弁の症状に変わって残る場合もあります。)

大人のADHDの症状は、社会生活においてマイナス面となることも多く、重要なものを失くしたり、約束を忘れたりすることは、だらしない・無責任と思われてしまいます。
また、車の運転をする場合には注意力は不可欠となり、大きなトラブルの原因にもなってしまいます。

引用元-発達障害療育の糸口

こんな風にして対策をしてみよう

☆用事を先送りにしてしまいがちな人への改善策

最も簡単で効果的な対策が、ノートとカレンダーを使ってやるべきことがいつでも見られる状態に整理することです。

ADHDの一番の特徴は飽きっぽいことですから、最初上手くいっていた方法も飽きてくるとやらなくなりがちです。
カウンセラーはそういったクセを正しく理解していて、その傾向について前もって話をしたり、必要なタイミングで励ましたり行動を促したりといったお手伝いをすることができます。
そして改善のための行動が習慣として身につくまで、毎回のカウンセリングで確認していきます。

この習慣を身に付けることで、ズルズルと先送りにした締め切りに追われて時間ギリギリの毎日を過ごしている方も、時間に余裕を持って仕事や課題を終えることができるようになります。
その結果、心と時間に余裕が生まれ、いつも何かに追いかけられている不安な気持ちがなくなりますので、落ち着いた状態で自分本来の能力を発揮できます。

☆必要な物をいつも無くしてしまう人への改善策

ADHDの人は注意があちこちに飛びやすいので、大事なものを持っていても次の瞬間別の事に注意が向いてしまうと、その大事なものをどこに置いたか分からなくなりがちです。

例えばカギや財布が部屋の中ですぐに行方不明になってしまう方への改善策としては、カギはドアの近く、財布は決まった引き出しの中など置き場を決めて、常にそこに置くように習慣づけます。
ここでも、ADHDの人は習慣づける前に飽きてしまい同じ失敗を繰り返しがちですが、問題がなくなるまでカウンセラーは諦めずお手伝いを続けていきます。

気がつくといつも何か物を探していて、人生の貴重な時間を無駄に過ごしてしまっていませんか?
とてもシンプルな方法ですが、「物の置き場を決める」という習慣を身に付けるだけで自由に使うことができる時間が増えるのです。

朝出かける前にカギがない!財布がない!と昨日着ていた服のポケットを探すようなドタバタがなくなって朝の自由時間が増えたら、コーヒー一杯をゆっくり楽しむ時間ができるかもしれませんね。

このように、ADHDという理解をしたうえで、ADHDに合った改善策をとっていけば多くの方は目に見えて状態が改善します。

引用元-カウンセリングルーム すのわ

ADHDの人への仕事の教え方とは

ADHD症状のある人に対して仕事を教えていくときには、正しい教え方をしていくことが重要です。
ADHDであっても非常に高い能力を有している人は多く、その能力を活かしていくためにもどのような指導方法をとって教えていくのかが大きなポイントになります。

ADHDの傾向のある人は、さまざまなことが気になったり、またその気になったことに対して神経が行ってしまうために集中することができないようなケースもあります。
そこで教え方のポイントとして1つずつ指示をすることを大切です。

複数のことを同時に考えて順序立てていくことが苦手なことが多いため、今しなければいけない仕事について1つ指示をする。
その仕事が完了したところで次の指示を出すようにしていくと1つ1つの作業を確実にしていくことができるので失敗をすることなくできます。

また、2つ目の指導のポイントとしては、口で伝達をするのではなく視覚情報として相手に伝えることも大切です。
口で伝達をされるとその情報を忘れてしまうことになります。
そこでメモで渡すことやメールなどの文章にして指示を伝えることによって作業を進めていくことができるようになります。
できれば、作業が完了したときにはそのメモやメールを捨てるや削除するといった完了の表現の仕方を教えておくことによって、指導されている側は仕事を確認しながら進めることができようになります。

このようにADHDの症状のある人は注意力が散漫になったり、他のことに気が散ったりとすることが多いです。
そこで、そうならないように教え方を工夫したり、作業が完了したときの合図を決めたり、指示の方法を変えることによって理解をすることができ、仕事を覚えることができます。

引用元-ADHDの人に仕事を指導していくときの教え方

仕事の教え方のポイント

仕事の指導方法のポイント

ADHDの社員はいわゆる「報・連・相」が苦手です。
どのタイミングで誰に何を相談していいか判断出来ない、つまり相談する内容が判らないという事があります。

前述したto do リストですが、優先順位をつける時は、判断に迷うかもしれません。
業務を依頼する時は、納期と優先順位を伝えてあげましょう。
もしくは、迷ったら相談するようにと説明します。
大切なのは、できるだけ明確化、ルール化してあげることです。
もちろん全てを網羅するのは無理ですが、ある程度指針になるレベルで、「こうした時には報告する/連絡する/相談する」とルール化することで「報・連・相」を身に着けることができます。

また誰にというのは、これもリスト化して、この業務内容の報告は誰にと決めておくとかなりスムーズです。
細かくて決められない場合は、まずは一時受けとして相談する人を決めて、その人が誰に相談するかを教えてあげるという方法もあります。
内容については、口頭でする前に自分用のメモを作るというのがかなり有効です。
箇条書きでいいのでポイントだけでも書いておくと、報告や相談する時に頭が真っ白という状況を防ぎ、お互いの時間の短縮につながります。

引用元-時事ネタ斬

仕事に集中できない場合は

ADHDの部下が集中できず仕事が進まない場合

ADHDの方は、つい意識が別の所に飛んでしまいがちです。
他の方同士が喋っていたら、つい耳を傾けてしまいますし、外の騒音も気になります。
仕事の途中で電話が鳴り、対応に入ってしまうと、もうさっきまでしていた仕事の内容は忘れてしまっていることもしばしばです。

そんなことはないだろう、と思われる方も多いかもしれませんが、当人からすれば本当によくあることです。
他にも、心配要素や、誰かに見られている、など色々な原因によって集中できない、そわそわしてしまう、効率的な作業が行えないということは多いです。

そこで対策のご提案です。

ADHDの方には、耳栓の許可をしてあげては如何でしょうか。

耳栓なんてしていたら指示を出す時にどうすればいいんだ、という場合は、呼びかける時はそっと横から手を出すだけで意思は通じますので、その時に改めて耳栓を外してもらうように指示しておきましょう。

いきなり肩に手を置いてもびっくりしますし、恐らくそれまでの仕事の内容は抜けます。また、予め決めた合図の前にも、仕事が一段落しているかどうか、少し眺めてから合図をしてあげてください。

そして、ADHDの方は、一対一で会話している時も、他に喋っている人がいると、そっちにも耳が向いてしまいます。
少しでも真剣な話、込み入った話をされたい場合は、少し静かな場所に移動しましょう。

引用元-話題のアレ

まとめ
ADHDの人は高い能力を持っている人が多いので、その能力を活かせるように仕事の教え方や対策をきちんとする必要があります。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ