日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供が大きくなると貯金ができない!?かしこく貯金をするには

      2016/07/05

子供が大きくなると貯金ができない!?かしこく貯金をするには

子供が大きくなるにしたがって教育費などがかかり、貯金ができないと嘆いている人もいるのではないでしょうか。貯金をかしこくするにはどのようなことに気を付けたらいいのでしょう。今回は子供がいても貯金ができる方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

洗濯機の洗剤投入口の詰まり対策

液体洗剤をお使いの方は、洗濯機の洗剤投入口に入れている方が多...

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人に...

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時...

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていま...

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決...

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

スポンサーリンク

子供がいる場合はどのくらい貯金をしている?

49人の家族に毎月の貯金額を教えてもらった結果、平均が41,958円となりました。

5万円と答えた人が10人、最高貯金額の人は12万でした。
その他10万円貯金している人が二人、5~10万円が一人となりました。
正直な感想として、皆さんしっかりと貯金しているんですね^^

10万円前後貯金出来る人は住宅ローンや車のローンが終っていたり、子供の教育費がかからなくなったという理由がありました。
やはり、子供にお金がかかる間はなかなか貯金にまで廻す事ができないといったのが現実でしょうか。
その中でも生活費から1万円~2万円貯金できればいいほうだと思います。

引用元-お金の使い方まとめ

子供が大きくなると貯金がうまくできない!?

思い通りには貯まらない!

我が家は主人が会社員、私がパートタイマーの共に40代後半の夫婦です。
子供は中学生が1人、高校生が1人の4人家族。
持ち家ですが中古住宅なので金額も安く、ローンはもう完済しています。
うちの毎月の貯金額は30,000円です。

結婚してから17年ほど毎月貯金をしていますが、最初の頃は私のパート収入70,000円をすべて貯金に回していました。
しかし最近になって子供たちの塾代や食費がかさむようになり、貯金できる金額が減ってしまっています。
今まで貯めたお金も車の買い替えや家の修理で半分ほど減ってしまい、もっと貯めなくてはと日々焦る思いです。
でも主人と私の収入合わせても年収500万円に届かず、どうやったらこれからの子供の学費貯金や老後資金を貯めれるのだろうと頭が痛いです。

引用元-マーミー

貯金ができない人とは

子供がいなかった頃の感覚のまま

出産して子供が生まれる前は、自分の収入はある程度使えますが、子供ができたらお金もかかってくるので、節約しなければなりません。
しかし、子供がいなかった頃の感覚が抜けていないので、ついつい外食をしたり、衝動買いしてしまいます。
なるべく、外食は抑えて自炊するのがいいですね。

全部使って最終的に残ったお金を貯金しようとしている

月々の必要な生活費以外で余ったお金を貯金すればいい、と思っている奥さんがいますが、ルーズな人はあればあるだけ使ってしまい、結局、なにも残らない状態になってしまいます。
貯金をするなら定期預金か給料天引きを行うといいでしょう。

家計簿を続けられない

家計簿をつけようと思い、いざお店に家計簿を買いに行き、その日は書くのですが日に日に面倒くさくなり、一週間ほどでやめてしまう。
このような奥さんは多いのではないでしょうか。
自分の収支を把握していないのは、危険なので、せめてレシートをクリアファイルにいれたり、ノートにのり付けして保存しておくことをオススメします。

豪華なご褒美を設定している

『育児ストレスがたまっていると良くないから、エステに行く』
『今日は家事を頑張ったから、ご褒美にマッサージに行く』
本当に頑張ったときにやたまにならいいのですが、自分へのご褒美の基準を低く設定していると、浪費が多くなります。
かといって全くストレス発散しないと健康を害するので、ほどほどが大切です。

今日は疲れたから、といってレストランへ

ご飯作りが面倒だからレストランに行く。
一日一日の金額ではたいしたことないですが、月で換算すると結構な金額になると思います。
もし行くなら、『月に4回まで』などのルールを決めることをオススメします。

クレジットカードを複数所持しており、合計金額が不明

クレジットカードは便利ですが、複数のクレジットカードを使っていると支出金額の合計が計算しにくいので、ついつい使いすぎることがあります。
できれば、クレジットカードは一つか二つくらいにして、使いすぎないように気をつけなければいけません。

趣味は美容とグルメ巡り

趣味と称して美容に力を入れたり、グルメ巡りを独身時代からしてきたからずっと続けていたり、独身時代の感覚で娯楽にお金を使いすぎている人は要注意です。
確かに、美容に力を入れたり、美味しいものを食べたり、ということは全く必要ではないわけではありません。
女性なら美容に気を使いたいし、ストレス発散で美味しいものは食べたいはずです。
しかし、生活費を切り詰めてまで行うことではないので、娯楽に対する過剰な浪費はさけて、ほどほどにしましょう。

引用元-働き方の常識が変わる?

切り詰めるだけではなかなか貯金ができない

ある日ぷっつりと糸が切れたように今までの節約生活に嫌気がさしてしまいました。
そして、このある日を境に、我が家の家計は見違えるように変わりました。

このある日を我が家では「家計の革命日」と名付け、過去10年間つけてきた家計簿を徹底的に見直し、どうして今まで貯められなかったのか、とことん追求しました。

その中で出た一つの結論。
「お金は使わないようにするもの」ではなくて「うまく使うもの」。

どうやって「切り詰めるか」ではなくどうやって「使うか」を考えて初めてお金が「生きてくる」。
そう考えられるようになったら、今までがんじがらめになっていた気持ちがすっとほぐれて楽になりました。
お金は「貯める」ことだけ考えていても味気なくつまらないものです。
ただやみくもに貯めるのではなく、無駄な支出を抑え、貯まったお金をどのように豊かな支出に変えていけるかを考える。
欲しいものを我慢し続けることが私の求める節約ではありません。
生活の質を下げて苦しい家計をやりくりすることも私の求める節約ではありません。

今ちょっとの我慢で欲しいものを確実に必ず手に入れる。
無駄を削り、支出の質を高め、生活レベルを上げる。

これが私の理想とする節約です。
この理想は今までの節約法とは大きくかけ離れたもののように感じるかもしれません。

多くの方が「節約」といえば、爪に火をともすような覚悟でケチケチとお金を使わないことにいそしむというイメージがあるのではないでしょうか。
そのため、節約は「生活の質が下がる・暗い・辛い・楽しくない」などネガティブなイメージが付きまといます。

以前の私もそのようなイメージを持っていました。
中にはそのように極端に生活の質を下げる節約にせざるを得ない苦しい状況にある方もいるかもしれません。
でも、仕事があり、今の生活と同じだけのある程度の定期的収入があるなら結果が出るまで修行僧のように「我慢の日々」を自らの課題としてとりくむような節約に手を出す必要はありません。

まずは「無駄を削る」だけでいいのです。
そして今まで「無駄」に使っていたお金を自分が本当に欲しいものに使うだけでいいのです。
無駄を省くことで今まで「それはちょっと贅沢だな」と感じていたことが「贅沢だ」とは感じなくなります。

「うちにそれを買う余裕はない」と思っていたもの次々と確実に必ず手に入ります。
そうなると節約に「生活の質が上がった・節約が楽しい・未来が明るくなった」などポジティブなイメージしかなくなります。

引用元-2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

子供がいてもうまく貯金ができる方法

我が家は、子供が生まれたときに名字ではなく名前で印鑑を作り子供の通帳をどこに行っても不自由なく使えるので郵便局に作っています。
毎月1万円とかその通帳に一定額を貯めて行きます。
子供の名前の通帳からは下ろしづらいので、かなり貯まります。
それを郵貯の学資保険に年払いしています。

ここでポイントがあります。
年払いすると、どの貯金より利率が良い。つまり割引率が良いんです。
最初はお祝い等で10万円とかあるでしょうからそれで年払いするのです。
で、後は月割りにしてちょっと多めに毎月貯めて、それを毎年まとめて年払いします。

また、誰で掛けるかでも違うんです。
実は女性の方が同じ保証で掛け金が安いって知っていました?!
母親の名義で掛けた方が絶対お得です。
試しに試算してもらったら良いですよ。
また、学資保険なので、満期日の翌月に払い戻しになります。
それを考えると1月か遅くとも2月までには掛けたいですね。
必要な時にお金が無い!!ってことになりますよ。受験費用嵩むそうです。
保険のおじさんによると、以前は300万円あれば、大学は行ける。という事でしたが今は、1千万円は必要だそうです。

なので、学資保険以外にもせっせと毎月上乗せしてある程度10万円とか余分に貯まったら、定期に入れて、気持ち的に安心しないようにしています。
同じ通帳の後ろに記載されるので通帳も増えません。
もちろんお祝金、お年玉、全て各自の通帳に積み立ててあります。
近頃、自由に使えるお金が欲しくてお年玉は全額ではありませんが、とにかく利子もつくよ!と貯金する癖をつけています。
使うのは一瞬ですが、貯めるとなると、ちょっとづつです。
子供が小学校にあがると、他にも色々要りようですから小さいうちに無理せず、コツコツ貯めておいた方が親も癖がついて良いです。
必ず大きくなって色々要るんですから!私立の入学金とか目が点になりますよ!

引用元-子供の貯金のオススメ方法や金額。 – 子育てのマネー 解決済 | 教えて!goo

まとめ
いかがでしたか?子供の教育費の為にも貯金はしておきたいですね。お金の管理をきちんとして無駄をなくしていきましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ