日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

Wordで図形の加工ができる!図形のぼかし方

      2016/07/06

Wordで図形の加工ができる!図形のぼかし方

WordはMicrosoft社の開発したソフトで利用している人も多いのではないでしょうか。Wordでは文章作成の他に図形の挿入や加工を行うこともできます。今回はWordで挿入した図形のぼかし方を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでし...

北海道を車で移動するときの注意点は?

旅行で北海道へ行った時はレンタカーが便利です。しかし、計画的...

目が小さいのが悩み!コンプレックスを解消するには!?

目が小さいのが悩みの人は多いのではないしょうか?この目が小さ...

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニン...

腕時計の自動巻き時計を保管するスタンドは必要?

機械式の腕時計には装着していれば自動的にゼンマイが巻きあがる...

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が...

スポンサーリンク

Wordとは

ワードは書類作成に使用し、エクセルは数字を打ち込んで計算、グラフ化、数字の保管等に使用します。どちらも事務系の職業には欠かせないソフトですが、事務職以外でも両ソフトが使える人材は要求されます。ワードとエクセルがなぜ多くの会社で必要とされるかというと、やはり、大方のパソコンに標準で入っている有名なソフトで、パソコンが変わっても作業ができるところでしょうね。お仕事で、お客さんに紙ではなくデータで資料を送る際も、相手方にも同じソフトが入ってますから困りません。

引用元-エクセル、ワードって何!? – Windows XP 解決済 | 教えて!goo

Wordに図形を挿入する方法

1.[挿入] タブの [図] で [図形] をクリックします。

2.目的の図形をクリックし、ドキュメント上の任意の位置をクリックしてド
 ラッグし、図形を配置します。

 正確な正方形または円を作成するか、またはその他の図形の縦横比を維持す
 るには、Shift キーを押しながらドラッグします。

グラフに個々の図形を追加したり、SmartArt グラフィックの上に図形を重ねたりして、それらのグラフや SmartArt グラフィックを自由にカスタマイズできます。

引用元-Microsoft

Wordで挿入した図形の輪郭のぼかし方

2007ではあった「図の形状」のボタンがなくなったのですが同じようにしたい場合、どのように切り抜いたらよいのでしょうか?
というご質問がありました。

Word2007から導入されたあの便利な機能がなくなってしまった!?いえいえ あんな便利な機能をなくすわけありませんよね。

Word2010では「トリミング」に用意されています。
操作方法はWord2007と同様です

では手順です
1.形状変更したい図を挿入します
2.図が選択されていると「図ツール」の「書式」が表示されます
 2007のときに「図のスタイル」項目の「図の形状」があった場所は「図の枠
 線」になっています
3.「サイズ」項目の「トリミング」をクリック
4.「図形に合わせてトリミング」にマウスポインタを合わせると
  色々な種類の「形状」が表示されます
5変更(トリミング)したい形状をクリックして形状を変更します

このままでももちろんいい感じですが「図の効果」「ぼかし」で輪郭をぼかすと・・・
こんなにいい感じにできました。
Word2010でも図の形状の変更ができます。
図を切り抜くというイメージから「トリミング」に含めたのでしょうね。

引用元-RYUのブログ

2枚の図形を重ねてするぼかし方

ワードのオートシェイプの四角を書き、その中に画像を入れます。
画像の入れ方は四角の中を右クリック、「オートシェイプの書式設定」をクリックし、「色と線」の色の横の下向き三角をクリック、「塗りつぶし効果」をクリックします。

図→図の選択をクリックし、パソコン内の画像を挿入します。

四角の中に画像が入りました。それをコピーしてそのまま貼り付けます。
貼り付けたほうの画像を右クリック、もう一度「オートシェイプの書式設定」を出し、同じく塗りつぶし効果から今度はパターンを選びます。模様、前景色などお好きな色を選び、okします

書式設定に戻りますので、透過性を好みで(50~60)設定し、OKします。

後は2枚の画像を重ねてグループ化し、保存します。

あとはこれの応用です。
虹の画像は虹のイラストの上に上図のような画像を重ねてあります。
真ん中の画像はオートシェイプの楕円を利用し、影をつけました。

一番下の水色に白いバラはグラデーションを重ねてあります。

このままの状態を保存するときはプリントスクリーンで画面をキャプチャして切り抜きます。または、ウエブページで保存してjpg画像を取り出します。
保存形式や貼り付けるソフトによって違ってきます。

引用元-パソコン de あれこれ

図形の一部をぼかす方法

例ではWord2010を使っています
1.画像をコピーして、同じ画像を2つ用意します。

2.コピーした画像を、ぼかしたい部分だけにトリミングします。

3.トリミングした画像で[文字列の折り返し]-[前面]を選択し、元の画像の同じ位置に重ねます。

4.リボンの[図ツール]-[書式]タブ-[アート効果]から「ぼかし」を選択します。その他「パッチワーク」や「ガラス」の効果でもよいでしょう。

元の画像との境界線が気になる場合は、[図の効果]-[ぼかし]を選び、画像の周りをぼかします。

5.ぼかし効果が完成です。

ワンポイント
この方法では、画像を2つ使いますのでファイルの容量が増えてしまいます。そのため、トリミングした画像は[図の圧縮]でトリミングした部分を削除しておくとよいでしょう。

引用元-株式会社アステム

まとめ
いかがでしたか?加工の仕方を覚えておくと一味違った書類などの作成ができますね!

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ