日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供の貯金通帳は作るべき?メリット・デメリットとは

      2016/07/10

子供の貯金通帳は作るべき?メリット・デメリットとは

子供の貯金通帳を作っていますか?子供用に貯金通帳を作っておくとメリットが多いようなのでおすすめです。しかし注意しなければいけないこともあるようなので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ゆうちょ銀行のATM引き出し限度額はいくら?

ゆうちょ銀行は国内の都道府県に必ずあり、今はコンビのATMで...

日本で行方不明になっている子供について

日本では行方不明になっている子供が5000人以上いるといわれ...

一生住みたい気になるマンションの建て替えと築年数

気軽に暮らせそうなマンションですが、安全性を考えると考慮すべ...

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

スポンサーリンク

子供の貯金通帳を作るには

●子どもの同伴なしで、親のみの来店でOK
●必要なものは、「子どもの保険証」「親の運転免許証(またはパスポート)」
 「印鑑」の3つ。

「親の保険証ではダメですか?」と聞いてみたところ、顔写真が載っていないのでNGとのこと。また、印鑑は、親の口座で使っている印鑑と同じものでもOKでした。

また、申し込む支店はは、なるべく自宅から一番近い場所に来てくださいとのこと。何か追加で手続きが発生したときに、スムーズに行きやすいからだそうです。

引用元-意外と簡単?子ども名義の銀行口座の作り方、体験レポ [銀行・郵便局] All About

ゆうちょ銀行で作る場合は

★用意するもの★

1)子供の身分証(健康保険被保険者証)
2)親の身分証(自動車運転免許証・健康保険証など)
3)印鑑(→銀行印として使える専用のものがよい)
4)暗証番号を考えておく(4桁)
5)預けるお金(無くても良い)

★ゆうちょ銀行の口座を開設する流れ★

1)総合口座利用申込書に記入・捺印、提出する。
2)通帳のデザインを選択する。
3)しばらく待った後、暗証番号を機械に入力する。

となります。

引用元-厳選!新鮮!とっておき@びっくり情報

子供の貯金通帳を作るメリットのひとつ

子ども用の貯蓄としてきちんと確保しやすい

お年玉や入園・入学など節目のお祝いで、親戚の方々からお金をもらう機会もあると思います。また、”児童手当”を将来のお子さんの教育資金として貯めている方もいらっしゃることでしょう。そんなとき、子ども用のお金を親の銀行口座に入れてしまうと、どうなるでしょうか? 

住宅を買うときの頭金にしてしまったり、「お金がたくさんあるから海外旅行に行こう!」なんて勘違いして使い果たしてしまったり……わからなくなってしまうのではないでしょうか。

そんな悲しい事態を防ぐためにも、子ども名義の口座があれば安心。「子どものための貯蓄」として別取りできて、うっかり使いこんでしまうことがなくなるからです。

引用元-AllAbout

子供の通帳はお金をおろすことが出来なくなる場合も

最近はマネーロンダリングといった金融機関を使った犯罪などの防止のため、銀行における本人確認などの管理がかなり厳しくなっています。

親が子のために子供名義で口座を作ってそれを下ろすとき、「ご本人様(子供)でないと下せません」みたいなことになる可能性もあります。ですから、子供の教育資金などを積み立てるつもりで預金口座を作るといったつもりであれば素直に自分(父親か母親)の名義で口座を作ってそちらに積立する方が正しいと思います(子供の教育資金の積立用口座を作ろう)

引用元-子供とお金の大辞典

気を付けないと贈与税がかかる場合も

こんな贈与は、税務署は”名義借り預金”扱いに!

長い間、子や孫名義で預金をしていても、それは贈与ではなく、単に子や孫の名義を借りた「借名口座」とされて、ご本人の財産として相続時には相続税がかかってくることに。自分なりの考えで、つぎのように軽い気持ちで子や孫名義の預金をしていると、あとで税務署ともめることは請け合いです。

通帳用の印鑑は自分のものだ!

子や孫の銀行口座の取引印はご自身の認め印であり、自分の銀行口座の取引印と同じものを使っている。

贈与税の申告はしていない!

贈与とはいうものの、その額は年間110万円以下と(贈与税の)基礎控除額を下回っており、贈与税の申告はしたことがない。また、贈与税がでないのに申告をする意思はない。

子や孫名義の預金を引き出したことがある!

急にオカネが必要になったときに、自分の都合で子や孫名義の預金を引き出したことがあった。

子や孫名義の毎月積み立ての預金や月払いの生命保険料を負担している!

預金の積み立てや支払は親(祖父母)がしていた。
もちろん、通帳や保険証券の管理も自分がしている。

こうした「贈与したあとにも、贈与を受けた子や孫が管理していない”子や孫名義の預金など〝」は、親の財産(=預金)とみなされてしまうワケです。

引用元-横浜駅前相続サポートセンター

まとめ
子供の貯金用に口座を作っても引き落とせなかったり、贈与税がかかる場合もあるので気を付けましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ