日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

飛行機の座席のランクによって出国から到着まで全てに違いがある

      2016/07/29

飛行機の座席のランクによって出国から到着まで全てに違いがある

飛行機を使った国内旅行や海外旅行の経験はありますか?飛行機は座席のランクによってチェックインカウンターから到着までの待遇に違いが出ます。旅はそこから始まっています。あなたは安さを選びますか?快適さを選びますか?1度は上級のクラスを体験してみたいものです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

飛行機の座席のランクは会社によって呼び方が違います

JAL

JALの場合、以下の3つが座席の区分です。上から順に座席のグレードが上がります。
・ファーストクラス
・クラスJ
・普通席

JALの場合、1,000円で座席のグレードを上げられる「クラスJ」があります。普通席よりも座席が大きく、疲れにくいです。座席数は普通席と比べて少ないので利用する場合、出発予定日よりも早めに予約するようにしましょう。

ファーストクラスは普通席の運賃に8,000円追加することで利用できます。シートがどの区分よりも大きく、空港内のラウンジを利用できるなどサービスが充実しています。

普通席は座席数が最も多い区分です。普通席でも、無料でドリンクを楽しむことができます。

クラスJの詳細は1,000円で快適に!JALの国内線「クラスJ」ってなに?、ファーストクラスの詳細は意外と安い!?国内線、JALのファーストクラスで優雅な旅!を参考にしてください。

ANA

ANAの座席の区分は以下の2つです。
・プレミアムクラス
・普通席

ANAのプレミアムクラスは普通席の運賃に9,000円追加料金を支払えば利用できる区分です。シートが普通席より大きく、「枕」「高性能ヘッドフォン」などアメニティが充実しています。

普通席は2015年5月から新シートを導入しています。膝周りが従来の座席よりも広くなっています。ANAもJALと同様に無料でドリンクサービスを利用できます。

引用元-空旅.com

飛行機の航空券ははエコノミーでも格安とノーマルで座席が違う

エコノミークラスでも、格安航空券を8万円で買って乗っている人と、ノーマル航空券で数十万円も支払っている人が隣り合わせるというケースは珍しくありません。当然のことながらフライト中のサービスに差は ナシ。これって何だか不公平なような気がしますよね。

航空会社もこんな状況を無視できなくなってきたようで、正規運賃を払って乗ってくれるゲストや、マイレージ会員の中でもより頻繁に利用してくれているフリークエントフライヤーのために、何とか差をつけねばと考えるよう になりました。その答えが上級エコノミーともいうべき、プレミアムエコノミークラスの設定。同じエコノミーでもシートの幅や座席のピッチを広げて、より快適な空間を提供しようというわけです。

引用元-Hotelista

飛行機のの座席は指定することができる場合が多い

旅行会社での座席指定操作

旅行会社では予約システム(CRS)を使用して予約記録を作成しています。現在日本では5つのCRSが展開しており、各CRSと航空会社との接続レベルで座席指定の方法が異なります。

シートマップを表示して、その場で希望座席を確保する場合もあれば、(最近はほぼこのパターン)単に窓側、通路側希望とメーセージを流し回答を待つ場合もあります。(このパターンは少なくなりました)正規割引料金であれば、基本的にどの航空会社でも座席指定は可能です(旅行会社で購入する格安航空券の場合、事前座席指定ができない場合もあります)

座席指定を依頼する前に

マイレージプログラムのエリートメンバーであれば、座席指定の前に必ず会員番号を入力してください機内前方などいい席の座席指定が可能です。

座席指定だけでなくキャンセル待ちの場合も優先順位があがりますので予約時にマイレージ会員番号の入力をお勧めします

パソコン(スマホ)から座席指定

旅行会社に依頼した手配でも一部の航空会社では旅客自らパソコン(スマホ)で事前座席指定ができます。事前座席指定ができない場合でも ウェブチェックイン時にパソコン(スマホ)で座席指定ができます(指定した座席の変更も可)  

もちろん 旅客自ら航空会社ホームページで予約した場合は座席指定が可能です。

引用元-航空機座席解説

飛行機の座席のランクによって出国までの対応も違う

出入国審査

チェックインが終了したら出入力審査をおこなう。X線検査やパスポート高価な品や多額の現金を持っている場合など必要に応じては税関手続きなどをおこなう出入力審査においてはエコノミークラスもビジネスクラスも大きな違いはないことが多い。ただ、ビジネスクラスの方が早く降りることができるので、入国審査も早く受けることができるのだ。

ビジネスクラス専用ラウンジ

審査も終わり 搭乗ゲートに出る。大きな空港だと免税店をはじめ多くの店や飲食店などがあるのでそういったところに訪れるのもいいがビジネスクラスの場合は専用のラウンジがサービスされているのが一般的、成田空港の「さくらラウンジ」や関西国際空港の「飛鳥ラウンジ」が有名だが航空会社によって独自のラウンジを設けていることも多い。

ラウンジの様子

空港やラウンジによって違いはあるものの、ゆったりとしたソファーにジュースやコーヒーなどのソフトドリンク、ビール、ワイン、日本酒などのアルコール類にサンドイッチやちょっとしたっつまみ、ヨーグルト、ケーキなどの軽食などのセルフもちろん、おかわり自由、昼食にもなった。インターネットやLANのサービスにシャワー室を用意しているラウンジもあった。ホノルル路線など夜出発して朝到着する便など搭乗前にシャワーを浴びることができるのでうれしいサービスだ。

引用元-くらの旅行記

飛行機の座席のランクによって疲れ方が違う

エコノミークラスでのハワイ旅行では、到着初日は時差ボケと飛行機疲れから、ワイキキを軽く散策するのが限界となります。一方で、ビジネスクラスを利用した場合、快適なシートでゆっくり休んでスタートできるので到着初日も行動できる元気があります。

そのシートの快適さですが、どのように違うのかと言いますと。まずエコノミークラスの場合、前の人が背もたれを倒すと自分の膝がぶつかってしまうくらい狭いです。そのため、エコミークラスのシートは、エコノミークラス症候群と言う言葉があるくらいなんですね。そして、日本からホノルルのフライト時間は7時間程度なので、この狭いシートだと普通の人でも疲れますし、腰が悪い人は特に辛い思いをすることになります。

それに対しビジネスクラスでは、足を伸ばしてもゆったりとしたスペースとなっています。さらに、ビジネスクラスでは、シートを倒して横になることもできるんですね。そのためホノルルに着いた時の疲れ方は、明らかにビジネスクラスのほうが少ないです。

さて、そのビジネスクラスのシートの種類ですが、同じ航空会社であっても便によって異なります。JALのホノルルまでの飛行機では、これまでJAL SHELL FLAT SEATと言うシートを中心に採用されていました。ですが、2015年3月からは、一部の便ではより快適なフルフラットシートが導入されました。

引用元-はじめてのハワイ旅行

まとめ
飛行機の座席のランクで様々なサービス違いがあります。あなたは安さと快適さのどちらを選びますか?

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ