日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

飛行機の座席のランクによって出国から到着まで全てに違いがある

      2016/07/29

飛行機の座席のランクによって出国から到着まで全てに違いがある

飛行機を使った国内旅行や海外旅行の経験はありますか?飛行機は座席のランクによってチェックインカウンターから到着までの待遇に違いが出ます。旅はそこから始まっています。あなたは安さを選びますか?快適さを選びますか?1度は上級のクラスを体験してみたいものです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

飛行機の座席のランクは会社によって呼び方が違います

JAL

JALの場合、以下の3つが座席の区分です。上から順に座席のグレードが上がります。
・ファーストクラス
・クラスJ
・普通席

JALの場合、1,000円で座席のグレードを上げられる「クラスJ」があります。普通席よりも座席が大きく、疲れにくいです。座席数は普通席と比べて少ないので利用する場合、出発予定日よりも早めに予約するようにしましょう。

ファーストクラスは普通席の運賃に8,000円追加することで利用できます。シートがどの区分よりも大きく、空港内のラウンジを利用できるなどサービスが充実しています。

普通席は座席数が最も多い区分です。普通席でも、無料でドリンクを楽しむことができます。

クラスJの詳細は1,000円で快適に!JALの国内線「クラスJ」ってなに?、ファーストクラスの詳細は意外と安い!?国内線、JALのファーストクラスで優雅な旅!を参考にしてください。

ANA

ANAの座席の区分は以下の2つです。
・プレミアムクラス
・普通席

ANAのプレミアムクラスは普通席の運賃に9,000円追加料金を支払えば利用できる区分です。シートが普通席より大きく、「枕」「高性能ヘッドフォン」などアメニティが充実しています。

普通席は2015年5月から新シートを導入しています。膝周りが従来の座席よりも広くなっています。ANAもJALと同様に無料でドリンクサービスを利用できます。

引用元-空旅.com

飛行機の航空券ははエコノミーでも格安とノーマルで座席が違う

エコノミークラスでも、格安航空券を8万円で買って乗っている人と、ノーマル航空券で数十万円も支払っている人が隣り合わせるというケースは珍しくありません。当然のことながらフライト中のサービスに差は ナシ。これって何だか不公平なような気がしますよね。

航空会社もこんな状況を無視できなくなってきたようで、正規運賃を払って乗ってくれるゲストや、マイレージ会員の中でもより頻繁に利用してくれているフリークエントフライヤーのために、何とか差をつけねばと考えるよう になりました。その答えが上級エコノミーともいうべき、プレミアムエコノミークラスの設定。同じエコノミーでもシートの幅や座席のピッチを広げて、より快適な空間を提供しようというわけです。

引用元-Hotelista

飛行機のの座席は指定することができる場合が多い

旅行会社での座席指定操作

旅行会社では予約システム(CRS)を使用して予約記録を作成しています。現在日本では5つのCRSが展開しており、各CRSと航空会社との接続レベルで座席指定の方法が異なります。

シートマップを表示して、その場で希望座席を確保する場合もあれば、(最近はほぼこのパターン)単に窓側、通路側希望とメーセージを流し回答を待つ場合もあります。(このパターンは少なくなりました)正規割引料金であれば、基本的にどの航空会社でも座席指定は可能です(旅行会社で購入する格安航空券の場合、事前座席指定ができない場合もあります)

座席指定を依頼する前に

マイレージプログラムのエリートメンバーであれば、座席指定の前に必ず会員番号を入力してください機内前方などいい席の座席指定が可能です。

座席指定だけでなくキャンセル待ちの場合も優先順位があがりますので予約時にマイレージ会員番号の入力をお勧めします

パソコン(スマホ)から座席指定

旅行会社に依頼した手配でも一部の航空会社では旅客自らパソコン(スマホ)で事前座席指定ができます。事前座席指定ができない場合でも ウェブチェックイン時にパソコン(スマホ)で座席指定ができます(指定した座席の変更も可)  

もちろん 旅客自ら航空会社ホームページで予約した場合は座席指定が可能です。

引用元-航空機座席解説

飛行機の座席のランクによって出国までの対応も違う

出入国審査

チェックインが終了したら出入力審査をおこなう。X線検査やパスポート高価な品や多額の現金を持っている場合など必要に応じては税関手続きなどをおこなう出入力審査においてはエコノミークラスもビジネスクラスも大きな違いはないことが多い。ただ、ビジネスクラスの方が早く降りることができるので、入国審査も早く受けることができるのだ。

ビジネスクラス専用ラウンジ

審査も終わり 搭乗ゲートに出る。大きな空港だと免税店をはじめ多くの店や飲食店などがあるのでそういったところに訪れるのもいいがビジネスクラスの場合は専用のラウンジがサービスされているのが一般的、成田空港の「さくらラウンジ」や関西国際空港の「飛鳥ラウンジ」が有名だが航空会社によって独自のラウンジを設けていることも多い。

ラウンジの様子

空港やラウンジによって違いはあるものの、ゆったりとしたソファーにジュースやコーヒーなどのソフトドリンク、ビール、ワイン、日本酒などのアルコール類にサンドイッチやちょっとしたっつまみ、ヨーグルト、ケーキなどの軽食などのセルフもちろん、おかわり自由、昼食にもなった。インターネットやLANのサービスにシャワー室を用意しているラウンジもあった。ホノルル路線など夜出発して朝到着する便など搭乗前にシャワーを浴びることができるのでうれしいサービスだ。

引用元-くらの旅行記

飛行機の座席のランクによって疲れ方が違う

エコノミークラスでのハワイ旅行では、到着初日は時差ボケと飛行機疲れから、ワイキキを軽く散策するのが限界となります。一方で、ビジネスクラスを利用した場合、快適なシートでゆっくり休んでスタートできるので到着初日も行動できる元気があります。

そのシートの快適さですが、どのように違うのかと言いますと。まずエコノミークラスの場合、前の人が背もたれを倒すと自分の膝がぶつかってしまうくらい狭いです。そのため、エコミークラスのシートは、エコノミークラス症候群と言う言葉があるくらいなんですね。そして、日本からホノルルのフライト時間は7時間程度なので、この狭いシートだと普通の人でも疲れますし、腰が悪い人は特に辛い思いをすることになります。

それに対しビジネスクラスでは、足を伸ばしてもゆったりとしたスペースとなっています。さらに、ビジネスクラスでは、シートを倒して横になることもできるんですね。そのためホノルルに着いた時の疲れ方は、明らかにビジネスクラスのほうが少ないです。

さて、そのビジネスクラスのシートの種類ですが、同じ航空会社であっても便によって異なります。JALのホノルルまでの飛行機では、これまでJAL SHELL FLAT SEATと言うシートを中心に採用されていました。ですが、2015年3月からは、一部の便ではより快適なフルフラットシートが導入されました。

引用元-はじめてのハワイ旅行

まとめ
飛行機の座席のランクで様々なサービス違いがあります。あなたは安さと快適さのどちらを選びますか?

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ