日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

      2016/08/09

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

女性必見!男性が魅力的に感じる脚とは?

■ふくらはぎにハリがある
・「ふくらはぎあたりにハリがあること。健康そうだし、足首との対比で形がよく見えるから」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「ふくらはぎに適度な筋肉がある女子」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

ふくらはぎから足首に向かって徐々に細くなっていくラインは、脚フェチにはたまらないよう。

■メリハリがある
・「細すぎない。健康に見えるのも大事だから」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「ゴボウみたいな足じゃなくてメリハリのある足。色気がある」(31歳/情報・IT/技術職)

細すぎず太すぎず、バランスのいい脚こそ美脚というもの。
毎日座りっぱなしの運動不足では、筋肉がつかず、いつまでも美脚にはなれませんね。

女性としては「とにかく細い脚!」と思いがちですが、大切なのはバランス。
細くても骨と皮だけのような不健康そうな脚は、男性も美脚とは思わないよう。
モテる女性が持っているのはバランスのいい健康的な体つき。
これらを参考にして、あなたも脚美人を目指しましょう。

引用元-Peachy

美脚になるにはこの筋肉を鍛えよう!

美脚になれる筋肉「内転筋」!

スラッと真っ直ぐにのびた、程よく細くて綺麗な脚。とっても憧れますが、実はその美脚作りに欠かせないのが「内転筋」という筋肉なんです!
ただ細いだけじゃない美しい脚には、必要不可欠な筋肉です。

内転筋ってどこ!?

内転筋はさまざなな部位があるので、まとめて“股関節内転筋群”とも呼ばれています。内もも全体にあり、骨盤ともつながっているため、内臓や下半身全体に影響を及ぼす筋肉です。
左右の太ももの内側をつけ、脚を閉じる時に使われる筋肉です。

内転筋が衰えると…?

太ももが太いのが悩み!という女性は多いですよね。
実は内転筋が弱くなることで、内ももにお肉がつくことはもちろん、骨盤への影響で身体の歪みや、代謝不良、便秘なども引き起こす原因になっているんです。
下半身全体が太くなる元凶だと言えます!

引用元-Locari

内転筋を鍛えて美脚に!

内もも挟みエクササイズ

(1)脚を、握りこぶし1つ分ほど開いて立ちます。このとき、ヒザは正面を向くようにしましょう。
(2)ヒザの間にタオルを挟み、内側にぐっと力を入れてタオルを落とさないようにキープします。このとき、ヒザが内側を向かないよう注意してください。
(3)上半身は、腹筋に力を入れて、天井から吊られているようなイメージで背筋をまっすぐ伸ばします。
(4)この姿勢を限界までキープしたら、ゆっくり力を抜きましょう。

椅子に座った状態でタオルを挟んで行ってもOKです。
ただし、このときも背筋はまっすぐ伸ばすよう意識しましょう。

引用元-ヘルスケア大学

ふくらはぎの筋肉はマッサージを

「ふくらはぎをもみなさい」という本もありましたが、筋肉太りだけでなく、ふくらはぎのマッサージは脚やせだけでなく、健康にもなれるのでぜひやるべきでしょう。

今の筋肉でふくらはぎが太い人も、昔の筋肉が硬くなって脂肪に変わっている人も、どちらの人にも必要なのが、「筋肉や脂肪をほぐすマッサージ」です。

筋肉で燃焼できなかった栄養は、脂肪となって筋肉にこびりつきます。
毎日少しづつ、その脂肪が溜まっていくと、筋肉にこびりついた脂肪はどんどん硬くなってまるで筋肉のようになっていきます。
そうなると血行も悪くなり、老廃物も溜まるようになってしまい結果的に脚も太くなってしまうのです。

長期的には歩き方や姿勢を正しくして、筋肉のつき方から変えて行くことで、脚はまっすぐ細くなっていきます。
ですが、今のガチガチ・パンパンの筋肉脚のままでやっても効果が出ません。
まずは、脚についている脂肪や筋肉をほぐして、老廃物を外に出しやすくすることが、筋肉質なふくらはぎを細くする第一歩です。

引用元-美脚の女神

ふくらはぎを細くするには

原因別ふくらはぎ痩せダイエット法

むくみ対策ダイエット法

不要な物質はリンパ管を通り、体外へ排出されるのですが、特に重力に逆らって老廃物を運ばなければいけないふくらはぎでそれらが滞りやすくなります。
冷えによって筋肉が適切に活動出来なかったり、筋力自体が弱い場合、老廃物は滞りやすく、むくみとして下半身が太る原因となっています。

ツボを刺激!

委中、承筋、承間、承山の4つのツボを刺激することで、脂肪やむくみを取り除いて、スッキリひきしめることができます。

椅子に座って片方の足を上げ、その足にある委中に中指を重ねてあてます。
そして、ふくらはぎを包み込むようにして、承筋、承間、承山のツボを意識しながら親指以外の指で刺激します。
つま先を伸ばしたり曲げたりを繰り返す動作を同時におこなうと更に効果的(アキレス腱を伸ばすようにおこなうのがポイント)。
両足ともにそれぞれ2分程度おこないます。

引用元-ダイエットサイト.BIZ

女性も適度な筋肉をつけておくことが大事

筋トレや運動は、控えるべき?10年後も美人でありたければ、答えはNOです

だったら筋トレや運動にはむしろ励まない方が女性らしい美を保てるのかと言えば、実はこれもまたダメなんですね。
というのは、筋肉を付けるというと、どうしてもムキムキのボディビルダーみたいなカラダを想像してしまいますが
・みずみずしく輝いた美肌
・モデルのように整ったボディライン
・柔らかくてハリのある上向きバストとヒップ
・食べながら綺麗に痩せる体質
・年齢を重ねるたびに若返るボディ

これらは全て筋トレをしないことには手に入れられないからです。

筋肉には美ボディ&アンチエイジング効果がいくつもあって保水効果でうるおいに満ちた美肌を作ったり、骨格を支えてボディラインをパーフェクトに整えたり、バストとヒップを形良くリフトアップしたり、食べても太らない細身グラマラス体質にしたり、成長ホルモンの分泌を高めてどんどんボディを若返らせたり、若々しい健康美ボディ作りには大事な器官なんですね。

引用元-脚美人の下半身ダイエット

まとめ
美脚になるには適度に筋肉をつける必要があるようですね。エクササイズで美脚を目指しましょう!

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ