日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

      2016/08/09

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

女性必見!男性が魅力的に感じる脚とは?

■ふくらはぎにハリがある
・「ふくらはぎあたりにハリがあること。健康そうだし、足首との対比で形がよく見えるから」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「ふくらはぎに適度な筋肉がある女子」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

ふくらはぎから足首に向かって徐々に細くなっていくラインは、脚フェチにはたまらないよう。

■メリハリがある
・「細すぎない。健康に見えるのも大事だから」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「ゴボウみたいな足じゃなくてメリハリのある足。色気がある」(31歳/情報・IT/技術職)

細すぎず太すぎず、バランスのいい脚こそ美脚というもの。
毎日座りっぱなしの運動不足では、筋肉がつかず、いつまでも美脚にはなれませんね。

女性としては「とにかく細い脚!」と思いがちですが、大切なのはバランス。
細くても骨と皮だけのような不健康そうな脚は、男性も美脚とは思わないよう。
モテる女性が持っているのはバランスのいい健康的な体つき。
これらを参考にして、あなたも脚美人を目指しましょう。

引用元-Peachy

美脚になるにはこの筋肉を鍛えよう!

美脚になれる筋肉「内転筋」!

スラッと真っ直ぐにのびた、程よく細くて綺麗な脚。とっても憧れますが、実はその美脚作りに欠かせないのが「内転筋」という筋肉なんです!
ただ細いだけじゃない美しい脚には、必要不可欠な筋肉です。

内転筋ってどこ!?

内転筋はさまざなな部位があるので、まとめて“股関節内転筋群”とも呼ばれています。内もも全体にあり、骨盤ともつながっているため、内臓や下半身全体に影響を及ぼす筋肉です。
左右の太ももの内側をつけ、脚を閉じる時に使われる筋肉です。

内転筋が衰えると…?

太ももが太いのが悩み!という女性は多いですよね。
実は内転筋が弱くなることで、内ももにお肉がつくことはもちろん、骨盤への影響で身体の歪みや、代謝不良、便秘なども引き起こす原因になっているんです。
下半身全体が太くなる元凶だと言えます!

引用元-Locari

内転筋を鍛えて美脚に!

内もも挟みエクササイズ

(1)脚を、握りこぶし1つ分ほど開いて立ちます。このとき、ヒザは正面を向くようにしましょう。
(2)ヒザの間にタオルを挟み、内側にぐっと力を入れてタオルを落とさないようにキープします。このとき、ヒザが内側を向かないよう注意してください。
(3)上半身は、腹筋に力を入れて、天井から吊られているようなイメージで背筋をまっすぐ伸ばします。
(4)この姿勢を限界までキープしたら、ゆっくり力を抜きましょう。

椅子に座った状態でタオルを挟んで行ってもOKです。
ただし、このときも背筋はまっすぐ伸ばすよう意識しましょう。

引用元-ヘルスケア大学

ふくらはぎの筋肉はマッサージを

「ふくらはぎをもみなさい」という本もありましたが、筋肉太りだけでなく、ふくらはぎのマッサージは脚やせだけでなく、健康にもなれるのでぜひやるべきでしょう。

今の筋肉でふくらはぎが太い人も、昔の筋肉が硬くなって脂肪に変わっている人も、どちらの人にも必要なのが、「筋肉や脂肪をほぐすマッサージ」です。

筋肉で燃焼できなかった栄養は、脂肪となって筋肉にこびりつきます。
毎日少しづつ、その脂肪が溜まっていくと、筋肉にこびりついた脂肪はどんどん硬くなってまるで筋肉のようになっていきます。
そうなると血行も悪くなり、老廃物も溜まるようになってしまい結果的に脚も太くなってしまうのです。

長期的には歩き方や姿勢を正しくして、筋肉のつき方から変えて行くことで、脚はまっすぐ細くなっていきます。
ですが、今のガチガチ・パンパンの筋肉脚のままでやっても効果が出ません。
まずは、脚についている脂肪や筋肉をほぐして、老廃物を外に出しやすくすることが、筋肉質なふくらはぎを細くする第一歩です。

引用元-美脚の女神

ふくらはぎを細くするには

原因別ふくらはぎ痩せダイエット法

むくみ対策ダイエット法

不要な物質はリンパ管を通り、体外へ排出されるのですが、特に重力に逆らって老廃物を運ばなければいけないふくらはぎでそれらが滞りやすくなります。
冷えによって筋肉が適切に活動出来なかったり、筋力自体が弱い場合、老廃物は滞りやすく、むくみとして下半身が太る原因となっています。

ツボを刺激!

委中、承筋、承間、承山の4つのツボを刺激することで、脂肪やむくみを取り除いて、スッキリひきしめることができます。

椅子に座って片方の足を上げ、その足にある委中に中指を重ねてあてます。
そして、ふくらはぎを包み込むようにして、承筋、承間、承山のツボを意識しながら親指以外の指で刺激します。
つま先を伸ばしたり曲げたりを繰り返す動作を同時におこなうと更に効果的(アキレス腱を伸ばすようにおこなうのがポイント)。
両足ともにそれぞれ2分程度おこないます。

引用元-ダイエットサイト.BIZ

女性も適度な筋肉をつけておくことが大事

筋トレや運動は、控えるべき?10年後も美人でありたければ、答えはNOです

だったら筋トレや運動にはむしろ励まない方が女性らしい美を保てるのかと言えば、実はこれもまたダメなんですね。
というのは、筋肉を付けるというと、どうしてもムキムキのボディビルダーみたいなカラダを想像してしまいますが
・みずみずしく輝いた美肌
・モデルのように整ったボディライン
・柔らかくてハリのある上向きバストとヒップ
・食べながら綺麗に痩せる体質
・年齢を重ねるたびに若返るボディ

これらは全て筋トレをしないことには手に入れられないからです。

筋肉には美ボディ&アンチエイジング効果がいくつもあって保水効果でうるおいに満ちた美肌を作ったり、骨格を支えてボディラインをパーフェクトに整えたり、バストとヒップを形良くリフトアップしたり、食べても太らない細身グラマラス体質にしたり、成長ホルモンの分泌を高めてどんどんボディを若返らせたり、若々しい健康美ボディ作りには大事な器官なんですね。

引用元-脚美人の下半身ダイエット

まとめ
美脚になるには適度に筋肉をつける必要があるようですね。エクササイズで美脚を目指しましょう!

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ