日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

      2016/08/09

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

左利きでAB型の性格ってどんなですか?

血液型は性格に反映されのでしょうか?とても気になるところです...

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

スポンサーリンク

女性必見!男性が魅力的に感じる脚とは?

■ふくらはぎにハリがある
・「ふくらはぎあたりにハリがあること。健康そうだし、足首との対比で形がよく見えるから」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「ふくらはぎに適度な筋肉がある女子」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

ふくらはぎから足首に向かって徐々に細くなっていくラインは、脚フェチにはたまらないよう。

■メリハリがある
・「細すぎない。健康に見えるのも大事だから」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「ゴボウみたいな足じゃなくてメリハリのある足。色気がある」(31歳/情報・IT/技術職)

細すぎず太すぎず、バランスのいい脚こそ美脚というもの。
毎日座りっぱなしの運動不足では、筋肉がつかず、いつまでも美脚にはなれませんね。

女性としては「とにかく細い脚!」と思いがちですが、大切なのはバランス。
細くても骨と皮だけのような不健康そうな脚は、男性も美脚とは思わないよう。
モテる女性が持っているのはバランスのいい健康的な体つき。
これらを参考にして、あなたも脚美人を目指しましょう。

引用元-Peachy

美脚になるにはこの筋肉を鍛えよう!

美脚になれる筋肉「内転筋」!

スラッと真っ直ぐにのびた、程よく細くて綺麗な脚。とっても憧れますが、実はその美脚作りに欠かせないのが「内転筋」という筋肉なんです!
ただ細いだけじゃない美しい脚には、必要不可欠な筋肉です。

内転筋ってどこ!?

内転筋はさまざなな部位があるので、まとめて“股関節内転筋群”とも呼ばれています。内もも全体にあり、骨盤ともつながっているため、内臓や下半身全体に影響を及ぼす筋肉です。
左右の太ももの内側をつけ、脚を閉じる時に使われる筋肉です。

内転筋が衰えると…?

太ももが太いのが悩み!という女性は多いですよね。
実は内転筋が弱くなることで、内ももにお肉がつくことはもちろん、骨盤への影響で身体の歪みや、代謝不良、便秘なども引き起こす原因になっているんです。
下半身全体が太くなる元凶だと言えます!

引用元-Locari

内転筋を鍛えて美脚に!

内もも挟みエクササイズ

(1)脚を、握りこぶし1つ分ほど開いて立ちます。このとき、ヒザは正面を向くようにしましょう。
(2)ヒザの間にタオルを挟み、内側にぐっと力を入れてタオルを落とさないようにキープします。このとき、ヒザが内側を向かないよう注意してください。
(3)上半身は、腹筋に力を入れて、天井から吊られているようなイメージで背筋をまっすぐ伸ばします。
(4)この姿勢を限界までキープしたら、ゆっくり力を抜きましょう。

椅子に座った状態でタオルを挟んで行ってもOKです。
ただし、このときも背筋はまっすぐ伸ばすよう意識しましょう。

引用元-ヘルスケア大学

ふくらはぎの筋肉はマッサージを

「ふくらはぎをもみなさい」という本もありましたが、筋肉太りだけでなく、ふくらはぎのマッサージは脚やせだけでなく、健康にもなれるのでぜひやるべきでしょう。

今の筋肉でふくらはぎが太い人も、昔の筋肉が硬くなって脂肪に変わっている人も、どちらの人にも必要なのが、「筋肉や脂肪をほぐすマッサージ」です。

筋肉で燃焼できなかった栄養は、脂肪となって筋肉にこびりつきます。
毎日少しづつ、その脂肪が溜まっていくと、筋肉にこびりついた脂肪はどんどん硬くなってまるで筋肉のようになっていきます。
そうなると血行も悪くなり、老廃物も溜まるようになってしまい結果的に脚も太くなってしまうのです。

長期的には歩き方や姿勢を正しくして、筋肉のつき方から変えて行くことで、脚はまっすぐ細くなっていきます。
ですが、今のガチガチ・パンパンの筋肉脚のままでやっても効果が出ません。
まずは、脚についている脂肪や筋肉をほぐして、老廃物を外に出しやすくすることが、筋肉質なふくらはぎを細くする第一歩です。

引用元-美脚の女神

ふくらはぎを細くするには

原因別ふくらはぎ痩せダイエット法

むくみ対策ダイエット法

不要な物質はリンパ管を通り、体外へ排出されるのですが、特に重力に逆らって老廃物を運ばなければいけないふくらはぎでそれらが滞りやすくなります。
冷えによって筋肉が適切に活動出来なかったり、筋力自体が弱い場合、老廃物は滞りやすく、むくみとして下半身が太る原因となっています。

ツボを刺激!

委中、承筋、承間、承山の4つのツボを刺激することで、脂肪やむくみを取り除いて、スッキリひきしめることができます。

椅子に座って片方の足を上げ、その足にある委中に中指を重ねてあてます。
そして、ふくらはぎを包み込むようにして、承筋、承間、承山のツボを意識しながら親指以外の指で刺激します。
つま先を伸ばしたり曲げたりを繰り返す動作を同時におこなうと更に効果的(アキレス腱を伸ばすようにおこなうのがポイント)。
両足ともにそれぞれ2分程度おこないます。

引用元-ダイエットサイト.BIZ

女性も適度な筋肉をつけておくことが大事

筋トレや運動は、控えるべき?10年後も美人でありたければ、答えはNOです

だったら筋トレや運動にはむしろ励まない方が女性らしい美を保てるのかと言えば、実はこれもまたダメなんですね。
というのは、筋肉を付けるというと、どうしてもムキムキのボディビルダーみたいなカラダを想像してしまいますが
・みずみずしく輝いた美肌
・モデルのように整ったボディライン
・柔らかくてハリのある上向きバストとヒップ
・食べながら綺麗に痩せる体質
・年齢を重ねるたびに若返るボディ

これらは全て筋トレをしないことには手に入れられないからです。

筋肉には美ボディ&アンチエイジング効果がいくつもあって保水効果でうるおいに満ちた美肌を作ったり、骨格を支えてボディラインをパーフェクトに整えたり、バストとヒップを形良くリフトアップしたり、食べても太らない細身グラマラス体質にしたり、成長ホルモンの分泌を高めてどんどんボディを若返らせたり、若々しい健康美ボディ作りには大事な器官なんですね。

引用元-脚美人の下半身ダイエット

まとめ
美脚になるには適度に筋肉をつける必要があるようですね。エクササイズで美脚を目指しましょう!

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ