まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

赤ちゃんの動きが活発に!!部屋の安全対策はもうお済みですか?

      2016/08/11

 - 日常・生活

今まで寝かせておいた場所で、手足をばたばたさせていただけだった赤ちゃんが、そろそろ寝がえり、ずりハイをスタート。そうなると気になってくるのがお部屋の安全対策ですよね?「少し気をつけておけばいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、赤ちゃんにとって多くの危険が潜んでいるのです。しっかり対策をしておきましょう!

スポンサーリンク

  関連記事

調理師免許の取り方について

料理を作ったり、食べたりすることが大好きな方も多いでしょう。実際に調理師免許というものが存在しますが、所得するとなったら何から始めていいものなのでしょうか。今回は、調理師免許の取り方について調べてみました。

女性が働く職場、女性が多い職場

女性が働く職場に多い職場、少ない職場と様々です。これから女性の多い職場で働きたい、そこでの人間関係など、様々な疑問があると思います。今回は、これらの疑問について調べてみました。

離婚の慰謝料 性格の不一致の場合

離婚の理由は色々とありますが、一緒に生活を始めると互いの価値観や生活のすれ違いにより離婚に至る性格の不一致があります。この場合の原因は、どちらがと言う訳ではないため慰謝料はどうなるのでしょうか。

東京の商店街でアーケードの有るところ

東京で買い物をするのに皆さんは何処へ行きますか。私は、商店街で買い物をするのが好きです。最近は、突然の雨に見舞われる事が多くなりました。そんな時、アーケードがあると慌てずにすみます。アーケードを設置している商店街を調べてみました。

国民の義務の権利について知ろう!

国民である限り、義務と権利は良く耳にすると思います。しかし、それを説明するとなると詳しく説明できない方が多いのではないでしょうか。今回は、日本国民の義務と権利について詳しく調べてみました。

お盆の鉄道各社のダイヤはどうなるの

年末年始は休日ダイヤなのは分かるのですが、お盆のダイヤはどうなるのか分かりませんよね。鉄道各社で対応が違うみたいなんです。増便する会社もあるみたいで、調べてみました。

看護師と患者の間にトラブルはつきもの?そのトラブルの実態

医療現場を支える看護師。その仕事の大変さと苦労は計り知れません。医者よりも距離が近い分、患者とのトラブルに遭遇することも多いのではないでしょうか?年々増加していると言われている看護師と患者の間のトラブルについて調べてみました。

一周忌の挨拶で献杯の場合はどうしたら良い

一周忌を迎えると会場の手配、食事の手配など、準備でバタバタしてしまいます。しかも、何をどうしたら良いのかが解りません。一番悩んだのが、会食前の献杯を誰に頼むかです。迷ったので調べました。

四十九日法要はなぜもちをお供えするのか

親族がお亡くなりになられたときなど、四十九日があります。何度か出席している方もおられると思います。しかし、その時などにおもちをお供えしているものです。どういった理由があるのでしょうか。四十九日法要にもちをお供えすることについて調べてみました。

結婚の挨拶での言葉は何て言う

彼女へのプロポーズが終わっても、ご両親への結婚挨拶が残っています。下手すると、こっちの方が緊張するかも知れません。実際ご両親には、どの様な言葉で挨拶したら良いのでしょうか。

子供の友達がなかなか帰らない…困ったときの対処法

子供の友達が家に来た場合なかなか帰ってくれないことはよくあるようです。そんな時はどのように対処すればいいのでしょうか。子供の友達付き合いにどこまで口を出すべきか悩みますね。今回は子供の友達が帰らないときの対処法を調べました。

所得税の課税、非課税について

働いたり、ものを買ったりすることで税が発生します。色々なところに税はありますが、所得税が課税や非課税になることはどのような場合なのでしょうか。今回は所得税の課税非課税について調べてみました。

ダウンのブランドの高級品って何が違うの

一口にダウンと言っても色々有りそうです。特にブランド物の高級品となると、品質もさることながら、せっかく良い物を着ていても他人とかぶると気分も半減します。同じ高い買い物なら良い物で永く使える物にしたくて調べました。

学校でトイレを我慢するのは何故?

学校でトイレを我慢した経験はありませんか?やはり学校で大便をするのに抵抗がある人は多いようです。なぜ学校でのトイレを我慢してしまうのでしょうか?今回は学校のトイレについて調べました。

料理が下手な女性の特徴と、克服する方法

女性の社会進出が目立つようになった現代。それに比例するかのように、料理が下手な女性が、私の周りでも何人かいます。でも主婦である以上、料理は絶対に避けられない道。料理が下手な女性の特徴から克服する方法まで、調べてみました。

最新の冷蔵庫は電気代が20年前と比べて劇的に安い

古くなった冷蔵庫を買い換えようと考えている方も多いのでは無いでしょうか。しかも、20年前に購入した古い冷蔵庫で、最近では異音もするようになり、電気代も気になります。

カーテンの洗濯はコインランドリーが楽

最近、カーテンの汚れが気になり出しました。ここ数年は洗濯していなかったと思います。自宅の洗濯機は小さくて、何回かに分けて洗濯しなくてはなりません。近所にコインランドリーが在るのでやってみようと思い、調べてみました。

脅迫されたと思ったら警察に相談した方が良いのか

身に覚えのない事や弱みを握られて、脅迫と思われる脅しにあった時どの様に対処したら良いのでしょうか。警察に相談したら、今より益々状況が悪くなる事が怖くて相談出来ないでいる方もいらっしゃると思い調べました。

子供の貯金通帳は作るべき?メリット・デメリットとは

子供の貯金通帳を作っていますか?子供用に貯金通帳を作っておくとメリットが多いようなのでおすすめです。しかし注意しなければいけないこともあるようなので紹介します。

メールに何気なく質問を入れる恋愛感が良い

相手のことが気になって、送るメールの内容が質問だらけになってしまう事はありませんか。質問は良いのですが多すぎると逆効果らしいのです。恋愛に発展させるための質問メールを調べました。

赤ちゃんの事故について

大人の普通は赤ちゃんの危険

家の外にも中にも、赤ちゃんの生命を脅かすような危険なこと、危険な物がたくさんあります。赤ちゃんは体が小さいだけでなく、体の機能も働きも未発達。それなのに好奇心旺盛なので、一歩間違えると大変なことになりかねません。大人だけの暮らしでは気づかないような事故の要因を事前にできるだけ取り除き、起こりうる事故を認識しておくことで、正しく対処できるようにしておきましょう。

引用元-ベビータウン

スポンサーリンク

  人気記事

赤ちゃんのための部屋の安全対策

(1)暖房器具には手をふれないようガードを

床に置いたり、壁の低い位置に設置する暖房器具を使う場合は、赤ちゃんが近づいたり、さわったりできないように、必ずガードを設置しましょう。

(2)赤ちゃんが引っぱって落ちるものはなくして

赤ちゃんは、手にふれた物は引っぱります。電気ポットのコンセントやテーブルクロスなどを引っ張って、熱いお湯やお料理の入った食器などが落ちてケガや火傷をしないよう配慮を。

(3)階段や玄関などの段差、台所や浴室入り口にはゲートを

階段や玄関の段差に落ちたり、台所やお風呂場など危険なものがたくさんある場所に入ったりすることがないよう、心配なところにはゲートや柵などを設置しましょう。

(4)ピンポン玉より小さいものは赤ちゃんの手の届くところに置かない

ピンポン玉より小さいものは、赤ちゃんが口に入れたときに誤飲する危険があります。細かいもの、口に入れてはいけないものは、箱に入れてたんすや棚の上に置くか、引き出しにしまって開かないようにロックしておきましょう。

(5)テーブルや部屋の角などにぶつからないようクッション材でガードして

ハイハイ、つかまり立ちやつたい歩きをするようになったら、頭をぶつけてケガをしないよう、家具の角にはクッションを。とくに、歩き始めは転びやすいので、マットを敷いたり、すべりにくい工夫などもしておくと安心。

(6)扉や引き出しなどで指を挟まないようストッパーやクッション材を

引き出しや扉を開けたり閉めたりして、自分で指をはさむことも多いもの。開かないようにロックするか、完全に閉まらないようストッパーなどのクッション材をつけておきましょう。

(7)さわられて困るものは完全に見えないところにしまっておく

興味のあるものが見えれば、なんとしてでもさわりに行こうとするのが赤ちゃん。さわられたくないものは引き出しにしまうなど、完全に見えないようにしましょう。コンセントは外れないようにきちんと束ね、プラグの差し込み口にはカバーをつけるなどの配慮を。

引用元-gooベビー

赤ちゃん目線で部屋のお掃除☆

毎日お掃除していてもホコリがたまる場所と言えば…?そう、床です。それもすみっこ!あたりまえだけれど、ホコリは引力で下に落ちます。人の動きがある場所ではホコリは飛ばされていくので、自然とすみの方にたまっていくのですね。

ママの目線と赤ちゃんの目線を比べてみましょう

みなさんはどんな姿勢でお掃除していますか?現代はお掃除道具も進化していますから、床にはいつくばって雑巾がけしている人は少ないと思います。掃除機やモップなどは、ママがかがまずに使える形状がほとんどです。でもこのことが、毎日のお掃除の見落としにつながっているのです!

引用元-ベビータウン

布団の安全対策もしっかりと

布団での事故

まだ思うように動くことができない赤ちゃんは、布団を顔にかぶってしまっても、自分で取ることができません。ヘタをすれば、顔にかぶった布団で窒息してしまう可能性もあるのです。このような事故を防ぐため、赤ちゃんが寝ているからと目を離しっぱなしにしないように、たびたび気にかけてあげることが大切です。また、寝ている赤ちゃんの周囲に物を置かないこと、それから、体が沈み込むような柔らかい寝具を使わないことでも、事故を防ぐことができます。

・堅めの寝具なら、うつぶせに寝てしまったときでも、鼻や口をふさいでしまう心配がありません。

・特に兄弟がいる場合は、赤ちゃんの顔の周囲にオモチャなどを置かないように注意しましょう。

引用元-nanapi

[番外編]おもちゃの安全対策♪

舐めたりかじったり、とにかく赤ちゃんの口によく入れられてしまうおもちゃは、いつでも清潔にしておきたいもの。おもちゃの素材別のお手入れ方法を見てみましょう。

プラスチック製おもちゃ

くぼみなどに汚れがたまりやすくなっています。電気系の仕掛けがないものならば、汚れをスポンジで拭き取り水洗いしましょう。よく乾燥させたらお掃除終了です。

木製のおもちゃ

湯拭きするか、汚れが目立つときには酢水で拭きましょう。拭いた後は風通しの良い場所でしっかり乾燥させてください。濡れたままにしておくとカビが生えてしまいます。

引用元-おそうじ本舗

まとめ
安全対策グッズは今100円ショップでも気軽に買えるようになりました。少し目を離した隙に子どもは何をするか分からないので、しっかり考えたいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活