日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

新幹線の指定席は自由席に変更できる?指定席券の変更はどこまで可能か

      2016/08/14

新幹線の指定席は自由席に変更できる?指定席券の変更はどこまで可能か

新幹線には指定席と自由席があります。指定席は日時と座席を指定しての購入となりますが、変更はできるのでしょうか?また指定席から自由席への変更は可能なのでしょうか。今回は指定席券の変更について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

無線LANと有線LANはどっちがいい?その速度の違い

インターネットをするときに無線と有線はどちらがいいのでしょう...

お香典の金額の相場は?友人の親が亡くなられた場合

大人になると葬儀や通夜に参列することが増えていくでしょう。も...

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近...

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現...

幼稚園の説明会へ!ベストな服装は?

子供が大きくなってくると幼稚園選びをしないといけませんね。幼...

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

新幹線をキャンセル!乗車券の払い戻し

新幹線を予約していて、急に乗ることができなくなることあります...

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよ...

スポンサーリンク

新幹線の指定席はいつからとれる?

新幹線の予約はいつからできる?
新幹線だけではなくJRの指定席のチケットは予約というのはできないんですが、事前購入をすることができます。
利用する日の1ヶ月前の朝10時から全国のみどりの窓口で購入できます。
1ヶ月前に同じ日がない3月29日から31日までに利用したい場合は3月1日に一斉発売になります。
前倒しの発売はないので3月1日にまとめて、ということですね。

JR東日本なら「えきねっと」を使うのが最も早いです。
通常の1ヶ月前のさらにプラス7日前から事前購入登録ができます。
でもこれは乗るためだけのものでこの時点では座席の指定などはできません。
1ヶ月前に購入ができるかメールで届きます。

繁忙期やどうしても取りたいチケットがある場合は座席の指定はできなくても乗れる確率が高くなる「えきねっと」はおすすめです。

引用元-なるほどナットク

新幹線の指定席券を変更するには

新幹線の指定席予約の変更は、原則として1回に限り可能です。
きっぷの使用開始前で、有効期間内であることが条件です。1回変更した指定席券は、2回目の変更はできません。
2回目の変更をする場合は、予約を取り消して払い戻し、また買い直す、という手順になります。

新幹線回数券は、何度でも変更が可能です。
また、一部の格安チケット、早特きっぷなどのなかには、変更が1回もできないものもあります。
1回のみ変更可能、というのは、通常価格で新幹線のきっぷを買った場合の原則です。
1回目の変更に関しては、手数料は不要です。
変更は、JR駅の窓口で行えます。旅行会社で買ったきっぷなら、その旅行会社でも変更できます。

引用元-JR新幹線ネット

指定席から自由席への変更はできる?

定席から自由席への変更は原則不可

新幹線の指定席券を、同じ列車に乗るため自由席へ変更することはできません。
この場合は、手数料を払って払い戻しをして、買い直す、という手続きを経ることになります。

ただ、現実的には、指定席券を持っていれば、同じ列車の自由席に座っても差し障りはありません。
このとき、指定席料金と自由席料金の差額は返金されません。

指定席から他の列車の指定席に予約を変更することはできます。
そのとき、変更希望の列車が満席のときは、指定席から自由席への変更ができます。
このときは、指定席料金と自由席料金の差額は払い戻されます。

引用元-JR新幹線ネット

変更できずに指定席の新幹線に乗り遅れた場合は

もし変更せずに指定席列車に乗り遅れてしまったら…!?

この場合はその指定席特急券で、「その日後に来る列車の自由席」に乗車可能です。
本来は無効になるハズなんですが、一応特例ということになっています。
「仕方ないからいいよ…ただし自由席ね…」的な優しさでしょうか^^

もしどうしても確実に指定席に乗車したい場合は残念ですが、もう一度指定席特急券を購入しなければなりません。
まあこの場合は、「それはもったいない!」と思う方がほとんどだと思いますけどね^^

列車の種類は何でも可能

例えば「のぞみ」の指定席特急券を持っていて乗り遅れたとしても、「こだま」や「ひかり」の自由席に乗れます。
ですが自由席なので、もちろん必ず座れる保証はありません。

引用元-飽くなき探求心 気になる情報発信ブログ

指定席や自由席のキャンセルをした場合は

JRのきっぷ払いもどしの大原則

まず最初に、JRは「キャンセル」という表現をほとんどしません。
「払いもどし」という表現を使います。
きっぷのキャンセル料とは、JRでいう「払いもどし手数料」に該当します。

JRのルールでは新幹線に関するきっぷの払いもどし手数料の原則は、以下のようになっています。
きっぷの使用開始前で有効期間内のキャンセルのケースです。

【新幹線の払いもどし手数料の原則】

・自由席 220円(乗車券分)+220円(特急券分)=440円
・指定席(出発日の2日前まで) 220円(乗車券分)+330円(特急券分)=550円
・指定席(出発前日、当日) 220円(乗車券分)+特急料金の30%

念のために書きますと、「新幹線の料金」とは、乗車券と特急券の合計です。
JRでは、乗車券分と特急券分に分けて払いもどし手数料を設定していて、払いもどし時にはその総額がかかります。

引用元- 旅行総合研究所タビリス

まとめ
指定席から自由席への変更は基本的にできないようですね。チケットを取る場合は気を付けましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ