日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

新幹線の指定席は自由席に変更できる?指定席券の変更はどこまで可能か

      2016/08/14

新幹線の指定席は自由席に変更できる?指定席券の変更はどこまで可能か

新幹線には指定席と自由席があります。指定席は日時と座席を指定しての購入となりますが、変更はできるのでしょうか?また指定席から自由席への変更は可能なのでしょうか。今回は指定席券の変更について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

地震と火山の噴火は関係ある?地震と噴火の予知について

今現在地震は正確な予知ができないといわれていますが、火山の噴...

肩が重いのは霊のせい!?原因と対策

日常生活で肩が凝ったり重いなと感じることは多いですね。いつま...

アマゾンのギフトのカードをコンビニで購入して便利に決済

ネットで買い物は時間の短縮、商品量が多い、配達してくれるなど...

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。19...

スポンサーリンク

新幹線の指定席はいつからとれる?

新幹線の予約はいつからできる?
新幹線だけではなくJRの指定席のチケットは予約というのはできないんですが、事前購入をすることができます。
利用する日の1ヶ月前の朝10時から全国のみどりの窓口で購入できます。
1ヶ月前に同じ日がない3月29日から31日までに利用したい場合は3月1日に一斉発売になります。
前倒しの発売はないので3月1日にまとめて、ということですね。

JR東日本なら「えきねっと」を使うのが最も早いです。
通常の1ヶ月前のさらにプラス7日前から事前購入登録ができます。
でもこれは乗るためだけのものでこの時点では座席の指定などはできません。
1ヶ月前に購入ができるかメールで届きます。

繁忙期やどうしても取りたいチケットがある場合は座席の指定はできなくても乗れる確率が高くなる「えきねっと」はおすすめです。

引用元-なるほどナットク

新幹線の指定席券を変更するには

新幹線の指定席予約の変更は、原則として1回に限り可能です。
きっぷの使用開始前で、有効期間内であることが条件です。1回変更した指定席券は、2回目の変更はできません。
2回目の変更をする場合は、予約を取り消して払い戻し、また買い直す、という手順になります。

新幹線回数券は、何度でも変更が可能です。
また、一部の格安チケット、早特きっぷなどのなかには、変更が1回もできないものもあります。
1回のみ変更可能、というのは、通常価格で新幹線のきっぷを買った場合の原則です。
1回目の変更に関しては、手数料は不要です。
変更は、JR駅の窓口で行えます。旅行会社で買ったきっぷなら、その旅行会社でも変更できます。

引用元-JR新幹線ネット

指定席から自由席への変更はできる?

定席から自由席への変更は原則不可

新幹線の指定席券を、同じ列車に乗るため自由席へ変更することはできません。
この場合は、手数料を払って払い戻しをして、買い直す、という手続きを経ることになります。

ただ、現実的には、指定席券を持っていれば、同じ列車の自由席に座っても差し障りはありません。
このとき、指定席料金と自由席料金の差額は返金されません。

指定席から他の列車の指定席に予約を変更することはできます。
そのとき、変更希望の列車が満席のときは、指定席から自由席への変更ができます。
このときは、指定席料金と自由席料金の差額は払い戻されます。

引用元-JR新幹線ネット

変更できずに指定席の新幹線に乗り遅れた場合は

もし変更せずに指定席列車に乗り遅れてしまったら…!?

この場合はその指定席特急券で、「その日後に来る列車の自由席」に乗車可能です。
本来は無効になるハズなんですが、一応特例ということになっています。
「仕方ないからいいよ…ただし自由席ね…」的な優しさでしょうか^^

もしどうしても確実に指定席に乗車したい場合は残念ですが、もう一度指定席特急券を購入しなければなりません。
まあこの場合は、「それはもったいない!」と思う方がほとんどだと思いますけどね^^

列車の種類は何でも可能

例えば「のぞみ」の指定席特急券を持っていて乗り遅れたとしても、「こだま」や「ひかり」の自由席に乗れます。
ですが自由席なので、もちろん必ず座れる保証はありません。

引用元-飽くなき探求心 気になる情報発信ブログ

指定席や自由席のキャンセルをした場合は

JRのきっぷ払いもどしの大原則

まず最初に、JRは「キャンセル」という表現をほとんどしません。
「払いもどし」という表現を使います。
きっぷのキャンセル料とは、JRでいう「払いもどし手数料」に該当します。

JRのルールでは新幹線に関するきっぷの払いもどし手数料の原則は、以下のようになっています。
きっぷの使用開始前で有効期間内のキャンセルのケースです。

【新幹線の払いもどし手数料の原則】

・自由席 220円(乗車券分)+220円(特急券分)=440円
・指定席(出発日の2日前まで) 220円(乗車券分)+330円(特急券分)=550円
・指定席(出発前日、当日) 220円(乗車券分)+特急料金の30%

念のために書きますと、「新幹線の料金」とは、乗車券と特急券の合計です。
JRでは、乗車券分と特急券分に分けて払いもどし手数料を設定していて、払いもどし時にはその総額がかかります。

引用元- 旅行総合研究所タビリス

まとめ
指定席から自由席への変更は基本的にできないようですね。チケットを取る場合は気を付けましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ