まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

女性が働く職場、女性が多い職場

      2015/11/18

 - 日常・生活

女性が働く職場に多い職場、少ない職場と様々です。これから女性の多い職場で働きたい、そこでの人間関係など、様々な疑問があると思います。今回は、これらの疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

大学のレポートのテーマがなかなか決まらない

大学ではレポートを作成する機会がある事でしょう。しかし、いざ書き始めようと思ってもなかなかテーマが決まらない、ということがあるかと思います。このような場合、テーマはどのようにして決めるといいのでしょうか。

新築の玄関に付けたい照明

新築の祭に以外と見過ごされがちな玄関の照明。おしゃれなインテリア、経済性、実用性、防犯を考えどのような選び方があるのか、また様々な体験談等を色々と探り集めてみました。玄関照明を検討する上で何か参考になると幸いです。

気になるミラコスタでの結婚式費用

ディズニーファンなら誰しも憧れるホテルミラコスタでの結婚式。二人の門出のお祝いに、あの素敵なホテルでと考えると思います。でも、気になるのが費用です。どれ位かかるのか調べました。

子供の友達がなかなか帰らない…困ったときの対処法

子供の友達が家に来た場合なかなか帰ってくれないことはよくあるようです。そんな時はどのように対処すればいいのでしょうか。子供の友達付き合いにどこまで口を出すべきか悩みますね。今回は子供の友達が帰らないときの対処法を調べました。

賃貸マンション・アパートの退去時のお部屋クリーニング費用

長い間気を使って、キレイに傷を付けずに使っていたお部屋でも、退去を考えたときに心配になるのは退去時のお部屋のクリーニング費用ですね。心配するくらいなら調べてみよう!

歴史に興味を持たせたい!いろんな本で子供も歴史に詳しくなれる!

歴史の勉強は大人でも苦手な人は苦手ですね。子供が興味をもって勉強してくれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は子供にお勧めの歴史の本や勉強法について調べました。

かっこいい英語の単語を使って見よう

英語は苦手でも、さり気なく英語を使う人を見てかっこいいと思います。学校で習った文法に沿った英語ではなく、幾つかの単語を並べただけで完結する英語は、ネイティブみたいで格好いいと思いませんか?

脅迫されたと思ったら警察に相談した方が良いのか

身に覚えのない事や弱みを握られて、脅迫と思われる脅しにあった時どの様に対処したら良いのでしょうか。警察に相談したら、今より益々状況が悪くなる事が怖くて相談出来ないでいる方もいらっしゃると思い調べました。

大学に夜間通学したい!関西地区

最近、日本全国に多くの大学が設立されています。大学生活を夢見ている方もいるのではないでしょうか。しかし、夜しか通学することができない方もいます。今回は、関西地方の夜間通学できる大学について調べてみました。

一人暮らしで電気代が1万円!どうやって節約する?

一人暮らしを始めると光熱費はなるべく節約したいですね。一人暮らしなのに電気代が月に1万円以上かかるという方はいろいろな節約術を試してみてはいかがでしょうか?今回は簡単にできる電気代の節約方法について調べました。

好きな人をLINEに追加したい

好きな人と同じグループLINEでやりとりしていると、友だちに追加したいですよね。でも、いきなりだと変に思われるかも知れないし、悩んでしまいます。こんな時はどうしたら良いのか調べました。

一周忌に参列する場合に持って行く香典の相場

親しい人の一周忌に参列する事になったとき、包む香典の中身はいくらくらい包めば良いのでしょうか?故人との関係や、また法事の後に食事が付くのか等によって変わるかと思います。

ガンがリンパへ転移した場合はどうなる?

ガンは日本では死亡原因の第一位になるほど身近な病気です。多くのガンは早期発見をすることで再発も防げるようですがリンパに転移した場合はどうなのでしょうか。今回はガンのリンパへの転移について調べました。

運転初心者が苦手な駐車について

免許初心者が運転で何が苦手かと聞かれたら、ほとんどの人が駐車と答えると思います。それは、車の運転の中で唯一バックするからではないかと思います。車に乗るからは避けて通れません。何か良いコツみたいのがないか調べました。

子供の貯金通帳は作るべき?メリット・デメリットとは

子供の貯金通帳を作っていますか?子供用に貯金通帳を作っておくとメリットが多いようなのでおすすめです。しかし注意しなければいけないこともあるようなので紹介します。

子供の教育、習い事は何がいいの?いつから始める?

日々成長する子供を見ていると、学校以外の教育として習い事をさせようと考えます。子供の個性に合った習い事、時期に
悩みます。そんな子供の習い事のことを調べてみました。

高校の文化祭、おススメのダンスとコツ

高校の文化祭での発表といえば、演劇やダンスなどががあります。しかし、何を踊ったらいいかわからなかったり、踊り方がわからなかったりするのではないでしょうか。今回は、高校の文化祭でのダンスについて調べてみました。

子供が大きくなると貯金ができない!?かしこく貯金をするには

子供が大きくなるにしたがって教育費などがかかり、貯金ができないと嘆いている人もいるのではないでしょうか。貯金をかしこくするにはどのようなことに気を付けたらいいのでしょう。今回は子供がいても貯金ができる方法を調べました。

扶養には保険と税金の2種類があるのをご存知ですか?

主婦・学生が扶養親族でいるには年収がかかわってきます。また、扶養には税金の扶養と健康保険の扶養の2種類があります。それぞれ扶養になれる年収の違いがありますので、よく確認してから働く条件を考えましょう。

子供の教育にゲームがあると邪魔?

ゲームのしすぎによる悪影響が懸念される昨今、子供にゲームをさせると教育上良いことなのか悪いことなのか悩みます。でも、全くゲームをさせないと言うのもどうかと思い調べました。

●女性が多い職場で働きたい(Q&A)

生命保険会社で勤務しています。
部署にもよりますが8~9割が女性です。私の友人は銀行、損保会社勤務も多いですが、男女比率はやはり女性の方が圧倒的に多いようで、金融機関は女性が多いと思います。

定年まで働いている方も結構いますが、機密事項が多い、資格試験の取得が望まれる、等、業界ならではの特殊な雰囲気があるように思います。
お手洗い含む職場環境では女性優位だと思います。

ですが、女性が多い職場ってお互い分かり合える面もありますが結構ネチネチしてて陰湿な面もありますよ。
クセのある中年女性も割といます。

引用元-大手小町

スポンサーリンク

  人気記事

●女性が多い職場でうまく立ち回る方法

そんな人間関係の中で、上手く立ち回るために心得るべき6カ条。

・社内恋愛は、きっちり諦める
・お局さまを敬う
・挨拶は愛想よく、でも話題には踏み込まない
・悪口かな?と思ったら、さりげなく身を引く
・可愛い子や若い子を優遇しない
・カッコよさは追及しない、心がけるべきは清潔感と礼儀正しさ

まず、まずまずまず、間違いなく!これだけは守りましょう。社内恋愛はきっちりかっちりきっぱり諦めてください。「心で想うだけ」もナシです。「皆には内緒ね」なんてもってのほか。オンナはそんなの30秒で見抜きます。

幼稚園時代から周りの空気を読みながら生きてきたオンナという生物の、エアリーディングっぷりを舐めちゃいけません。だから、どんなに可愛い子でもお気に入りでも、誰かを優遇するのはNG。

ましてやそれが可愛い子や若い子を対象にでもしようもんなら、そこから修羅の闘いが始まります。あなたの「良かれ」がお気に入りの彼女を追いつめることになりかねませんので、気を付けて!

もしも優遇するなら、お局さまを。オンナは、年下好きな男性は攻撃するけれど、年上好きな男性は生ぬる~い視線でスル―してくれます。いつかは自分も年をとるってことが分かってるからです。職場で上手く立ち回りたいなら年上の女性を大事にする姿勢を見せておきましょう。

そして大事なのは、悪口に加担しないこと。女性の会話は、いつの間にか悪口合戦になってることが少なくありません。表面的には悪口を言ってないように見えても、「悪い子じゃないんだけど」「別に嫌いなわけじゃないけど」とフォローしながら、ぺろーんと悪口を垂れ流してることだってあります。

そういう時、何の気なしに肯定でもしてしまおうもんなら、「○○さんの悪口を言ってた」と別グループから攻撃されるネタになってしまいます。聞いてるだけ、その場にいただけ、も同じこと。「あ、悪口っぽ」と思ったら、すぃーと音もなく逃げるが一番です。

引用元-女性の美学

●女性が多い職場で人間関係を良好にする方法

女性社員同士で起こり易いトラブル

女性は色々な意味で仲間を作ろうとします。

女性はコミュニティの中で少しでも異質な人がいる時、過剰に反応を起こします。男性なら気が合わない相手とも仕事と割り切って付き合え、仕事に私情を挟むことはあまりないようですが、女性はそういう割り切り方が苦手なのかも知れません。

例えば、以下の様なことがあるとき、反応を起こします。

・相手が自分より優れていると思うと、悪いところをあら捜しをする
・まわりの評価が高い人に、嫉妬心や対抗心を意地悪な形で出す
・はっきり異を唱える人を、嫌がる
・恋人や家庭が充実している人を、ねたむ
・仕事以外での付き合いが悪いと、仲間はずれにする

女性社員の中でのトラブルは、上記したようなターゲットを見つけてしまうところから始まるのではないでしょうか。

仲間意識のうらにあるものとは

複数の女性社員がいるところでは多かれ少なかれ、仲良しグループのようなものができますよね。そのようなグループは皆同じ考え、同じ価値観を持っていることが多いので、その中にいる女性達は安心していられるのです。そのため、そのグループとは違う考え方で、行動しているグループ外の人に対しては非常に厳しい視線を送るようになってしまうのです。

男性社員から見れば面倒くさいかも知れませんが、もともと女性はとても細かいところに目が行き届く性質があります。自分の居場所で自分の役割をスムーズに果たし、まわりも居心地よくしたいと気配りする動物なのです。

だから仲間の和ができていると仕事も楽しくやれるのです。つまり、女性の人間関係が良好である職場は、仕事も良好に進んでいくのです。

引用元-nanapi

●女性の多い職場で注意すべき心得

もし、転職先が女性ばかりだったら? 女性の多い職場で働いた経験がある男性164人に、「ストレスだと感じたポイント」を聞いたところ、1位「仕事中のおしゃべり」(74人)、2位「雑談などの際、会話がかみ合わない」(57人)、3位「派閥があり職場の雰囲気が悪い」(54人)、4位「プライベートに踏み込む質問、下ネタなど、話す内容に気を使う」(53人)、5位「平等さや差別に敏感でコミュニケーションに注意が必要」(52人)という結果に。

やはり異性というだけで、やりにくさを感じてしまう男性は少なくないということか。そこで、女性の多い職場で仕事をする際、気をつけるべきポイントについて、男女間のコミュニケーションに詳しいライターの島影真奈美さんに5つの心得を伝授してもらった。

1.徹底して「平等」に接する
女性は、自分が大事に扱われているかどうかに敏感なので、一部の女性にだけ奢ったり、出張土産をあげたりするのは危険!

2.「感謝」は3割増しで表現
感謝の気持ちは言葉で表現しないと伝わらない。こまめな「ありがとう」はもちろん、「○○さんのおかげだよ」などと常日頃から感謝の気持ちをアピール。

3. 女性同士の争いは、むやみに口を出さない
中途半端に男気を発揮し、「俺は関わらない」「どちらの味方もしないよ」などと宣言すると反発されるだけ。鈍感で気づかなかったというテイでやり過ごすのが◎。

4. 外見は何はともあれ、清潔感
しわしわのシャツはそれだけで汗臭さを感じさせるので要注意!ハンカチを常備し、こまめに汗をふきとるなど、不快感を与えないよう努力する姿勢が好感度を左右する

5.気安い間柄こそ“いじりすぎ”に注意
ニコニコ聞いてくれていると思っても、実は内心怒っていることがある。不穏な空気を感じたら「言い過ぎてゴメン」と甘いものでも差し入れて。

島影さん曰く、女性にとって“ないがしろにされていないかどうか”は男性が想像する以上に大問題。他の女性に比べて軽んじられたということにも敏感。以上を念頭において、常に相手を尊重するというスタンスで接するべし。

引用元-R25

●女性が多い職場での困りごと

1位 仲良しグループがあり、特定のグループに所属しないと居場所がない(26.0%)
2位 内緒話がすぐ広まる(25.0%)
3位 ランチや休憩など何をするにも一緒で、単独行動がしづらい(17.0%)
4位 先輩の身だしなみチェックが厳しく嫌みを言われる(16.0%)
5位 上司から評価されたときに同僚に妬まれ、冷たくされる(9.0%)

集団行動を強いられる息苦しさと社員同士の視線の厳しさに、働きにくさを感じていることが浮き彫りとなった。ほかにも、「陰口が多い」「その場にいない社員の噂話ばかりで盛り上がる」なども散見された。

ちなみに「女性の多い職場で働く男性」にも同様の調査を行ったところ、「働きにくい」と回答した男性は43%にとどまった。女性ほどは「働きにくさ」を感じていないようだが、それでも「女性の職場」特有のトラブルに巻き込まれることもあるようだ。アンケートで分かった男性の困りごとTOP5は以下の通り。

1位 ある女性社員の相談に乗ったら、他の女性社員から敵視された(11.4%)
2位 仲良くした女性の所属しているグループ以外の女性から冷たくされた(7.4%)
3位 仲良くしている女性社員と付き合っていると噂を立てられた(6.7%)
4位 エアコンの設定温度で女性の声が強く我慢を強いられる(5.4%)
4位 後輩を叱ったら泣かれてしまい、他の女性社員に白い目でみられた(5.4%)

5位以下には、「職場に30代女性がいるにもかかわらず、うっかり『昨日、合コンに行ったら30代のお局さんばっかで…』と失言してしまい、冷たくされた」「特定の女性社員から交際を打診されたが、断ったら、その女性が退職。自分のせいで辞めたという風評が広まった」という困りごとも。少数派ではあるが、「女性の陰口に付き合わせられる」「休み時間など、会話に入れない雰囲気を作られる」といった声もあった。

引用元-R25

まとめ
職場では人間関係に苦労することもあると思います。職場を探す際もゆっくり検討することも大切かもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活