日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

女性が働く職場、女性が多い職場

      2015/11/18

女性が働く職場、女性が多い職場

女性が働く職場に多い職場、少ない職場と様々です。これから女性の多い職場で働きたい、そこでの人間関係など、様々な疑問があると思います。今回は、これらの疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

東京といえば山手線!乗り放題のおトクな切符3選

東京に住んでいない人でも、名前だけはなぜか知っている。山手線...

住宅の建築期間ってどのくらいかかるのでしょうか?

夢のマイホーム。みんなの憧れですよね。買うからには大きい買い...

奨学金の申請で慌てないために。児童手当も申告対象

大学で奨学金を申請しようとした場合、所得に関する書類を用意す...

好きな人への告白はまず中学で仲良しになってから

同じ中学に好きな人はいますか?好きな人に告白したいと思います...

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気に...

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

スポンサーリンク

●女性が多い職場で働きたい(Q&A)

生命保険会社で勤務しています。
部署にもよりますが8~9割が女性です。私の友人は銀行、損保会社勤務も多いですが、男女比率はやはり女性の方が圧倒的に多いようで、金融機関は女性が多いと思います。

定年まで働いている方も結構いますが、機密事項が多い、資格試験の取得が望まれる、等、業界ならではの特殊な雰囲気があるように思います。
お手洗い含む職場環境では女性優位だと思います。

ですが、女性が多い職場ってお互い分かり合える面もありますが結構ネチネチしてて陰湿な面もありますよ。
クセのある中年女性も割といます。

引用元-大手小町

●女性が多い職場でうまく立ち回る方法

そんな人間関係の中で、上手く立ち回るために心得るべき6カ条。

・社内恋愛は、きっちり諦める
・お局さまを敬う
・挨拶は愛想よく、でも話題には踏み込まない
・悪口かな?と思ったら、さりげなく身を引く
・可愛い子や若い子を優遇しない
・カッコよさは追及しない、心がけるべきは清潔感と礼儀正しさ

まず、まずまずまず、間違いなく!これだけは守りましょう。社内恋愛はきっちりかっちりきっぱり諦めてください。「心で想うだけ」もナシです。「皆には内緒ね」なんてもってのほか。オンナはそんなの30秒で見抜きます。

幼稚園時代から周りの空気を読みながら生きてきたオンナという生物の、エアリーディングっぷりを舐めちゃいけません。だから、どんなに可愛い子でもお気に入りでも、誰かを優遇するのはNG。

ましてやそれが可愛い子や若い子を対象にでもしようもんなら、そこから修羅の闘いが始まります。あなたの「良かれ」がお気に入りの彼女を追いつめることになりかねませんので、気を付けて!

もしも優遇するなら、お局さまを。オンナは、年下好きな男性は攻撃するけれど、年上好きな男性は生ぬる~い視線でスル―してくれます。いつかは自分も年をとるってことが分かってるからです。職場で上手く立ち回りたいなら年上の女性を大事にする姿勢を見せておきましょう。

そして大事なのは、悪口に加担しないこと。女性の会話は、いつの間にか悪口合戦になってることが少なくありません。表面的には悪口を言ってないように見えても、「悪い子じゃないんだけど」「別に嫌いなわけじゃないけど」とフォローしながら、ぺろーんと悪口を垂れ流してることだってあります。

そういう時、何の気なしに肯定でもしてしまおうもんなら、「○○さんの悪口を言ってた」と別グループから攻撃されるネタになってしまいます。聞いてるだけ、その場にいただけ、も同じこと。「あ、悪口っぽ」と思ったら、すぃーと音もなく逃げるが一番です。

引用元-女性の美学

●女性が多い職場で人間関係を良好にする方法

女性社員同士で起こり易いトラブル

女性は色々な意味で仲間を作ろうとします。

女性はコミュニティの中で少しでも異質な人がいる時、過剰に反応を起こします。男性なら気が合わない相手とも仕事と割り切って付き合え、仕事に私情を挟むことはあまりないようですが、女性はそういう割り切り方が苦手なのかも知れません。

例えば、以下の様なことがあるとき、反応を起こします。

・相手が自分より優れていると思うと、悪いところをあら捜しをする
・まわりの評価が高い人に、嫉妬心や対抗心を意地悪な形で出す
・はっきり異を唱える人を、嫌がる
・恋人や家庭が充実している人を、ねたむ
・仕事以外での付き合いが悪いと、仲間はずれにする

女性社員の中でのトラブルは、上記したようなターゲットを見つけてしまうところから始まるのではないでしょうか。

仲間意識のうらにあるものとは

複数の女性社員がいるところでは多かれ少なかれ、仲良しグループのようなものができますよね。そのようなグループは皆同じ考え、同じ価値観を持っていることが多いので、その中にいる女性達は安心していられるのです。そのため、そのグループとは違う考え方で、行動しているグループ外の人に対しては非常に厳しい視線を送るようになってしまうのです。

男性社員から見れば面倒くさいかも知れませんが、もともと女性はとても細かいところに目が行き届く性質があります。自分の居場所で自分の役割をスムーズに果たし、まわりも居心地よくしたいと気配りする動物なのです。

だから仲間の和ができていると仕事も楽しくやれるのです。つまり、女性の人間関係が良好である職場は、仕事も良好に進んでいくのです。

引用元-nanapi

●女性の多い職場で注意すべき心得

もし、転職先が女性ばかりだったら? 女性の多い職場で働いた経験がある男性164人に、「ストレスだと感じたポイント」を聞いたところ、1位「仕事中のおしゃべり」(74人)、2位「雑談などの際、会話がかみ合わない」(57人)、3位「派閥があり職場の雰囲気が悪い」(54人)、4位「プライベートに踏み込む質問、下ネタなど、話す内容に気を使う」(53人)、5位「平等さや差別に敏感でコミュニケーションに注意が必要」(52人)という結果に。

やはり異性というだけで、やりにくさを感じてしまう男性は少なくないということか。そこで、女性の多い職場で仕事をする際、気をつけるべきポイントについて、男女間のコミュニケーションに詳しいライターの島影真奈美さんに5つの心得を伝授してもらった。

1.徹底して「平等」に接する
女性は、自分が大事に扱われているかどうかに敏感なので、一部の女性にだけ奢ったり、出張土産をあげたりするのは危険!

2.「感謝」は3割増しで表現
感謝の気持ちは言葉で表現しないと伝わらない。こまめな「ありがとう」はもちろん、「○○さんのおかげだよ」などと常日頃から感謝の気持ちをアピール。

3. 女性同士の争いは、むやみに口を出さない
中途半端に男気を発揮し、「俺は関わらない」「どちらの味方もしないよ」などと宣言すると反発されるだけ。鈍感で気づかなかったというテイでやり過ごすのが◎。

4. 外見は何はともあれ、清潔感
しわしわのシャツはそれだけで汗臭さを感じさせるので要注意!ハンカチを常備し、こまめに汗をふきとるなど、不快感を与えないよう努力する姿勢が好感度を左右する

5.気安い間柄こそ“いじりすぎ”に注意
ニコニコ聞いてくれていると思っても、実は内心怒っていることがある。不穏な空気を感じたら「言い過ぎてゴメン」と甘いものでも差し入れて。

島影さん曰く、女性にとって“ないがしろにされていないかどうか”は男性が想像する以上に大問題。他の女性に比べて軽んじられたということにも敏感。以上を念頭において、常に相手を尊重するというスタンスで接するべし。

引用元-R25

●女性が多い職場での困りごと

1位 仲良しグループがあり、特定のグループに所属しないと居場所がない(26.0%)
2位 内緒話がすぐ広まる(25.0%)
3位 ランチや休憩など何をするにも一緒で、単独行動がしづらい(17.0%)
4位 先輩の身だしなみチェックが厳しく嫌みを言われる(16.0%)
5位 上司から評価されたときに同僚に妬まれ、冷たくされる(9.0%)

集団行動を強いられる息苦しさと社員同士の視線の厳しさに、働きにくさを感じていることが浮き彫りとなった。ほかにも、「陰口が多い」「その場にいない社員の噂話ばかりで盛り上がる」なども散見された。

ちなみに「女性の多い職場で働く男性」にも同様の調査を行ったところ、「働きにくい」と回答した男性は43%にとどまった。女性ほどは「働きにくさ」を感じていないようだが、それでも「女性の職場」特有のトラブルに巻き込まれることもあるようだ。アンケートで分かった男性の困りごとTOP5は以下の通り。

1位 ある女性社員の相談に乗ったら、他の女性社員から敵視された(11.4%)
2位 仲良くした女性の所属しているグループ以外の女性から冷たくされた(7.4%)
3位 仲良くしている女性社員と付き合っていると噂を立てられた(6.7%)
4位 エアコンの設定温度で女性の声が強く我慢を強いられる(5.4%)
4位 後輩を叱ったら泣かれてしまい、他の女性社員に白い目でみられた(5.4%)

5位以下には、「職場に30代女性がいるにもかかわらず、うっかり『昨日、合コンに行ったら30代のお局さんばっかで…』と失言してしまい、冷たくされた」「特定の女性社員から交際を打診されたが、断ったら、その女性が退職。自分のせいで辞めたという風評が広まった」という困りごとも。少数派ではあるが、「女性の陰口に付き合わせられる」「休み時間など、会話に入れない雰囲気を作られる」といった声もあった。

引用元-R25

まとめ
職場では人間関係に苦労することもあると思います。職場を探す際もゆっくり検討することも大切かもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ