日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

40代の女性が再婚するには?

      2016/08/25

40代の女性が再婚するには?

離婚に至った経緯を反省しましょう。大なり小なり自分にも非があるはずです。子ども連れで再婚となると、障害が大きくなります。お互いにより理解が必要になることでしょう。女性が40代になると出会いも少なくなりますから、再婚希望の婚活サイトに登録するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

自立している40代の女性は魅力的なので再婚できる

世間では離婚が当たり間の様に増えておりますが、バツイチ40代でも再婚出来る女性の特徴・条件とは、やはりこの世の中を生きていける「自立している女性」ではないでしょうか。

きちんとした独立した仕事を持って、金銭的にも精神的にもそれなりに自立している女性は、女性特有のしたたかさを持っていて、かなり強いのです。結婚して扶養されている女性とは違った、心身ともにタフで強靭な生活能力が備わっています。

このような女性たちの持っている、ある意味特殊な強さを、現代的な草食系男子等は特に母性と勘違いするのでしょうか。こんな女性と一緒に居れば優しくしてもらえる、甘えさせてもらえる、と思って、こういった独立系の女性には若い男性が群がる傾向があります。もしかしたら、将来的にも自分たちを食べさせてくれるかもしれないからです。

また、彼女たちの持っている世間的には悪いイメージであるはずの離婚経歴ですらも、彼女のたくましさを育んできたキャリアなどといった、男性側には良いイメージとして受け止められるのです。

こんな風に彼女たちに心酔しきった男性たちは、この女性がいなければ僕は生きていけないかもしれない、という風に思って結婚に踏み切るのです。

引用元-大人の婚活ガイドブック

40代バツイチ女性だって再婚できる

バツイチ・子持ちの人は再婚が難しいと言うのはただの思い込みです。 バツが付いてなくても結婚するのが難しい人もいますし、入籍をするのにバツが付いてるとか子供がいるとかはあまり関係ありません。 子供がまだ小さくても、成人していたとしても再婚は可能です。 「再婚」と難しく考えずに普通に結婚をする前みたいに恋愛を楽しめば再婚への道もそう遠くはないはずです。

男性は離婚してシングルマザーとして頑張って子育てをしている女性を見ると「守ってあげたい」と思う人も多いというデータもあります。 女性の場合も、離婚して男一人で子育てしている男性をたくましいと感じる人は多いです。 婚活パーティーは離婚歴がない人限定のパーティーも存在するようですが、殆どのイベントは離婚経験があり子供がいても参加出来る物が多いです。

今は20年前と比べても離婚している人の割り合いは増えています。 離婚経験がある人同士結婚する人もいます。 子供は自分の子供ではありませんが、それでも大好きな人の大事な子供は大切にパートナーから見ても大切に思えて来るものです。 あまりバツが付いてることや子供がいることを気にせず思い切り恋愛を楽しんでみて下さい。

引用元-40代結婚相談所

40代の子連れの再婚同士は理解し合い支えあおう

夫にも小学5年生と5歳の息子がいた。一緒に生活してみると、挨拶や基本的な生活習慣がまるで違う。それを「自分がなんとかしなくては」と思って、子どもに接したが、子どもは反発した。今は夫にも子どもに関わるよう求め、夫婦で子育てに取り組んでいる。

都内在住の会社員、Dさん(男性、51)は「妻に実の母親がわりになってもらおうとしたが、それは無理だとわかった」と話す。Dさんは10歳と7歳の子どもをもちながら42歳で再婚した。「子どもが甘えても、初婚の妻は簡単に受け入れられない様子だった」と語る。Dさんは宿題をみたり一緒に遊んだり、子育てに積極的に参加するようにした。妻の話もよく聞くように努めている。

子連れの再婚家庭を支援する非営利団体、ステップファミリー・アソシエーション・オブ・ジャパン(兵庫県伊丹市)代表の緒倉珠巳さんは「再婚家族は親密な親子関係をつくろうと努力するが、簡単に信頼関係は築けない。家庭や親子への幻想を取り払って、家族が理解し合い、支え合うことが大切だ」と話している。

引用元-NIKKEI STYLE

40代の再婚希望の女性は婚活サイトに登録しましょう

再婚者歓迎の婚活サイトなら、再婚と割り切って登録してくる人が多く、求めるお相手の諸条件が登録できて無駄な出会いを省くこともできます。お目当てのお相手が見つかってメールをするようになったら、一度でも会ってみることが次のステップに繋がるチャンスとなります。本当ならお相手の男性から誘ってほしいものですが、女性の方から誘うのもありです。一度顔を合わせたからと言ってお付き合いするわけじゃありません。一度お茶をして、この人じゃないと感じたら今までしていたメールもスッパリやめて、次の人、次の人と探していくことで限りある時間の中で再婚相手と出会える可能性が高くなります。

引用元-こいぴた

再婚が難しい女性とはどんな人?

「前の旦那の年収は○○○○万円以上あった」と、その景気の良い時と同じレベルの年収を男性に求めると、まずうまくいきません。いまの経済状況もありますが、私達の年齢は「定年」が直前に見えているのです。

また「前の旦那は弁護士だったんです」「前の旦那は医師だったんです」再婚の相談を受けているとよく聞く光景なのですが、こういう女性ほど、再婚婚活を始めても、同じような条件の男性を求める傾向があるようです。

婚活市場において、現実的に弁護士や医者は引手あまた。もちろん、100%無理とは言いませんが、バツイチの女性を相手にしてくれるケースは少ないと言えるでしょう。

このように「前の旦那は・・・」「前の妻は…」と、出会ったお相手を前夫(前妻)と比較してしまう人も厳しいグループの方達です。

「年下の男性がいい」「前の旦那(彼氏)は年下だった」という方も少なくないようです。

2度と失敗はしたくないと思う気持ちが強いバツイチの人たち。「今度こそ、完璧な人と結婚したい!」私も皆さんのお仲間ですので、その気持ちも重々わかりますが、その気持ちが強くなるほど誰とも再婚するのは難しくなります。

お見合いしても、いわゆる相手を減点方式で見てしまうというのも、なかなか結婚が決まらない方の特徴です。

自分がバツイチになっていることを自覚しましょう。
自分もそれなりに年を重ねていることを自覚しましょう。


引用元-パレット倶楽部

まとめ
40代の女性がお子様連れ再婚を希望する方はそれなりの努力が必要です。まずは自分の生活を変えてみましょう。

twitterの反応

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ