まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

ビオフェルミンの服用が効果あり?アトピーが改善?!

      2016/08/30

 - 美容・健康

ビオフェルミンといえば有名な乳酸菌の整腸薬ですね。このビオフェルミンがアトピーの改善に効果があるという話があります。はたして実際の効果はどうなのでしょうか?今回はビオフェルミンとアトピーについて調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

ダイエットに大切な食事のバランス

食欲との戦いのダイエットは昔の話。極端な食事制限は体調のバランスを崩すばかりか、ストレスやリバウンドの原因になると聞きました。最近、気になりだしたお腹周りを学生時代に戻したいなぁ。

リンパへの転移はどの様な症状が出るのか

がんと診断されただけでショックなのに、手術の後もリンパへの転移が心配です。リンパ節に転移すると再発も免れません。転移した場合は、どの様な症状があるのでしょうか。

大人になってから突然出てくる鼻血は病気?

子どもの頃は良く出していた鼻血。大人になって久しく忘れていたのに、突然出てくると「えっ!何かした?」なんてビックリします。大人になってからの突然出てくる鼻血は病気とは関係無いのでしょうか。

歯の神経を取るのはどんな時?取った後はどうなる?

歯にはそれぞれ神経が通っています。歯の神経にはどのような役割があるのでしょうか?また、虫歯などで神経を取る場合はどのようの状態の時なのでしょうか?今回は歯の神経について調べました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

頭皮が凝ると肩も凝る?効果的なマッサージとは

肩が凝ることはよくありますが、頭皮も凝るって知ってましたか?頭皮が凝ると肩の凝りだけでなく頭痛がしたりといろいろ影響が出るようです。今回はそんな頭皮の凝りに効くマッサージを紹介します。

身長と体重の平均って良いの?

身長と体重の関係は平均で割り切っても良いものでしょうか?平均はあくまで平均であって理想の数値では無いと思います。健康的な身長と体重の関係を探るべく調べました。

自転車や徒でのダイエットとカロリーの比較

通勤の時などにダイエットを心がけて頑張っている方も多いと思います。自転車や徒歩など様々な手段が考えられますが、その場合のダイエット方法と実際のところのカロリー消費はどのようなものなのでしょうか。それぞれを比較してみました。

親知らずの虫歯治療はどのように麻酔をかける

虫歯を治療する際は、麻酔をかけると思います。親知らずが虫歯になって治療する際は、どのように麻酔をし、治療を行っていくのでしょうか。そこで今回は、親知らずの虫歯の治療と麻酔について調べてみました。

MRIとCTの料金などの違いは?

病院で検査をするときにMRIやCTで撮影することがあります。ところでMRIとCTの違いは何なのでしょうか。診断する場所や料金などで違うようです。今回はMRIとCTの違いについて調べましたので紹介します。

皮膚科に行ってシミにバイバイ!ハイドロキノン治療

『あ、シミができてる…』鏡を見て気づいてしまったら。あなたは皮膚科に行ったことはありますか?ハイドロキノンという薬がシミに効くと話題です!一体どのようなものなのでしょうか?

コレステロールを下げる効果がお茶にある

最近、コレステロールが気になり出した方は多いのではないでしょうか。コレステロールを下げるために手っ取り早く、直ぐ始められるのがお茶だと聞きました。お茶にはどの様な効果があるのでしょうか?

鼻水が透明なときとネバネバのときの違いは?

鼻水って、透明でサラサラしたものが出るときと、ネバネバしたものが出るときありませんか?とくに子供とかよく風邪なんか引いて鼻水しょっちゅうたらしてますが、鼻水が透明なときと、ネバネバしているとき、どう違うんでしょうか?詳しく、調べてみました!

風邪やインフルエンザは同時に感染するのか?

今年もインフルエンザが流行しました。かかってしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、通常の風邪と一緒にインフルエンザに感染することがあるのでしょうか。また、インフルエンザのA型、B型なども同時にかかることはあるのでしょうか。

ステロイドの副作用!? 内服の場合はどんな副作用がある?

ステロイドは皮膚科などでもらう塗り薬などの外用薬の他に、内服薬もあります。ステロイドの内服薬によって、治療に大きな効果がみられる場合もありますが、副作用が起きることもあります。今回はステロイド内服薬の副作用について調べました。

扁桃腺が腫れて片方だけ痛い

風邪を引くと扁桃腺が腫れることは良くあります。酷くなると唾を飲み込むことさえ容易ではありません。たまに、片方だけ腫れることがあります。何が原因なのか調べることにしました。

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

寝起きに心臓がドキドキ(動悸)することって良くありますよね。そんな時は、少なからず大丈夫かなぁと自分の心臓に問いかけるように心配になるものです。何か心当たりでもある場合は別ですが、何も無い場合はなおさら。ドキドキ(動悸)の原因を探るべく調べました。

臍ヘルニアの手術とは?費用はどのくらい?入院はするの?

臍ヘルニアと聞くとなんだか重大な病気のように聞こえますが、つまりは出べそのこと。臍ヘルニアは自然に治る場合もありますが、手術となる場合もあります。手術することになった場合、入院期間や費用はどうなるのでしょうか?

筋トレを毎日やるのと隔日やるのとでどっちが有効

筋トレをしていると、効果がありそうで毎日続けていますが、隔日の方が効果は高いんだよと聞きました。毎日続けた方が良いに決まっているじゃん。いまいち納得が行かないので調べました。

5歳の虫歯治療の麻酔は

虫歯で悩まれている方も多いと思います。しかし、5歳の子供たちの虫歯治療となると大変です。その場合、治療の麻酔や注意事項はどうなのでしょうか。今回は、5歳の虫歯治療の麻酔について調べてみました。

ビオフェルミンとはどんな薬?

乳酸菌整腸薬として誕生したビオフェルミンは現在指定医薬部外品です。それは、このお薬を作っている3種類の乳酸菌が体に有効で、かつ体への効果が穏やかだからなのです。つまり、便秘などの日常的な不快感を穏やかに取り除いてくれる即効性はないけれど、じわじわ効き目が出る「やさしいお薬」ということでしょうか。

それでは、「新ビオフェルミンS」の優しい効き目の特徴です。

ヒト由来の乳酸菌を使用!

乳酸菌と一言にいっても、100種類以上ありそれぞれに働きは様々です。
新ビオフェルミンSに配合されている3種類の乳酸菌の中には、健康な人の腸を研究して見つけ出された「ヒト由来の乳酸菌」G9-1ビフィズス菌が使われています。
だから私達の腸と相性が良く、他の乳酸菌よりも整腸効果が高くて、よりたくさんの人が効果を実感しやすいのですね。

3種類の「乳酸菌」を配合!

新ビオフェルミンSには3種類の乳酸菌(ビフィズス菌・アシドフィルス菌・フェーカリス菌)が使われています。なぜこの3種類なのでしょうか?各乳酸菌の働きから見てみましょう。

G9-1ビフィズス菌
⇒ヒト由来の乳酸菌で、腸内定着に優れ大腸で活躍

KS-13アシドフィルス菌
⇒乳酸をたくさん作りだし悪玉菌を積極的に抑え、小腸で活躍

129 BIO 3Bフェーカリス菌
⇒上の2つの菌が増えるのをサポート、増殖性が高く小腸で活躍

3つの菌ともに、胃酸に負けないで腸まで届き、それぞれに悪玉菌の増殖を抑えます。それぞれの菌の働き方と働き場所が異なるおかげで、小腸から大腸全体に効きます。

幅広い年齢で服用可能!

新ビオフェルミンが家庭の常備薬として親しまれているのは、生後3カ月の赤ちゃんから高齢の方まで服用ができるからでしょう!お腹の調子は、常日頃から健康な状態にしておくのがベストです。いつも服用するものだからこそ優しい効き目が嬉しいですね。

引用元-【菌パワ】乳酸菌が必要な人のための総合情報サイト

スポンサーリンク

  人気記事

ビオフェルミンはアトピー改善に効果がある?

腸内環境改善で体質改善!

私たちの腸内には、善玉菌や悪玉菌が住み着いています。善玉菌は名前の通り、私たちの腸内を健康な状態にしてくれる良い働きをする菌です。

反対に悪玉菌は、悪い効果をもたらす菌で、腐敗物質を作り出し、悪臭のもとになります。悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると便秘の原因になり、臭いおならが出たり、腹痛、肌荒れなどの原因にもまります。

乳酸菌は腸内環境を整える善玉菌です。乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内環境を整えることができます。

腸内環境とアトピー、アレルギー

アトピーやアレルギーの発症の原因は免疫バランスの崩れが原因です。乳酸菌は腸内で免疫細胞を刺激して活性化させることでくずれた免疫バランスを改善してくれると言われています。

アトピーやアレルギー・花粉症など一度発症してしますと、何度も繰り返して困ってしまいますよね。アトピーやアレルギーなどの予防に乳酸菌を摂取するなら、発症前から飲んで、時間をかけて腸の中をキレイにすることが大切です。

引用元-乳酸菌サプリ比較部 | 効果を期待!乳酸菌サプリランキング

実際にアトピー改善に効果があったという人も

私が最もアトピーに効果があったと思うのはビオフェルミン。「新ビオフェルミンS錠」ね。人には人の乳酸菌、ってコピーの、あれよ。

私は腸が弱くて、すぐ胃がきりきり痛んだり、ガスがたまってお腹が張ったり、自覚のない便秘で苦しんだりする。OPPの弱さとはまた違ったものね。
肌のバリア機能が弱いアトピーの私は、胃が荒れるとそれに伴って肌(特に口周り)があれるの。
以前に食生活の記事を投稿したけど、食べ物で肌があれるのは、
食べすぎ→直接肌が荒れる っていうんじゃなくて、
食べすぎ→胃が荒れる→肌が荒れる っていう構図ね。
だから、荒れる前から整腸剤で胃を整えておけば、肌の調子を崩す機会が減ったってわけ。

あくまで私の話よ。
今の病院の先生が教えてくれたけど、アトピーの人みんながみんな、胃が弱いってわけではないから、万人にビオフェルミンが効くってわけではないみたい。
アトピー兼OPPもしくは便秘症って人は、アトピーの治療の一環に、胃・腸を強くするっていうのを取り入れてみたらいいと思うわ。

引用元-アトピーとの向き合い方

ビオフェルミンにはビオチンを食べる菌も含まれている!?

ビオチンを食べてしまう乳酸菌がいる

腸内の善玉菌によって合成される栄養素ビオチンですが、困ったことにこのビオチンを食べてしまう菌がいます。

それは「フェカリス菌」という菌です。
フェカリス菌は乳酸菌の一種で、免疫力を高めたり腸内環境を整えたりする作用があると言われています。基本的には人間の体に対して、良い効果をもたらす菌です。最近では、花粉症を抑える働きがあるのでは?と注目もされています。

しかし、ビオチンを食べるという性質を考えると、フェカリス菌は摂りすぎないほうが賢明です。

フェカリス菌は乳酸菌なので、一部のヨーグルトに含まれています。商品パッケージを見れば、そのヨーグルトに含まれている菌が載っていますので、念のためフェカリス菌を主体にしているものは避けるようにしたほうが無難と思います。

★追記
加熱殺菌処理をしたフェカリス菌(つまり死菌)なら、ビオチンを食べてしまう心配はありません。ちなみに、死菌を摂取することにも意味はあります。腸内で善玉菌のエサになって、善玉菌の増殖をうながすからです。
ヨーグルト以外に気をつけたいのは市販の整腸剤です。次の整腸剤はフェカリス菌を多く含みます。

新ビオフェルミンS錠 540錠

一日量あたり
ビフィズス菌 18mg
フェカリス菌 18mg
アシドフィルス菌 18mg

新ラクトーンA 1080錠

一日量あたり
ビフィズス菌 40mg
フェカリス菌 40mg
アシドフィルス菌 40mg

引用元-ビオチンのことが分かる事典

ビオチン不足はアトピーの原因?

ビオチンは、アレルギー症状をやわらげることがある
ビオチンはビタミンB群に属するビタミンで、ビタミンHとも呼ばれます。
一番の役割は、体内でアルファリノレン酸からつくられるEPAやプロスタグランジンEの産生を促進するというものです。EPAは炎症の引き金になる物質の代謝を抑えてくれますし、プロスタグランジンE3もアレルギー症状を緩解させます。つまり、アトピーがやわらぐ可能性がある、というわけです。

さらにビオチンは、ヒスチジンというアレルギーのもとになるアミノ酸を体外に排出したり、壊れた皮膚の再生なんかにも関わっているといわれています。

ビオチン不足が自分のアトピーに関係しているかどうかは、ビオチンを1日5mgずつ3か月くらい飲みつづけ、変化があるかどうかを見て判断するそうです。変化がない場合は、関係なかった、ということになるようですね。わたしは脱ステ期に3か月ほど試してみましたが、なんの変化も感じませんでした。
まれに、アトピーがよくなった、という人もいるようですね。

引用元-アトピーが100日で完治した方法

ビオフェルミンがアトピーに効果があるのかは飲んでみないとわからない

新ビオフェルミンSがなぜアトピーに効果があると考えられるのかというとアトピーは腸が弱っているからでる症状だと考える説があり新ビオフェルミンSに配合されている乳酸菌は腸を健康にするので、その関係ですね。

ただアトピー自体、あいまいというか治すのに確実性がない症状なので効果があるのかどうかはやってみないとわかりません。

それは新ビオフェルミンSに限らずすべてのアトピー対策にいえることです。

とまぁ、なにがいいたいのかというと新ビオフェルミンSがアトピーにいいのかどうかは実際に飲んでみないことにはわからないですしアトピーに効果がでない可能性もあります。

でも、アトピーを治す方法というのは日々チャレンジというか、健康にいいことを続けることだったりするので新ビオフェルミンSは健康にいいものという点において意味がないということはないでしょう。

ただ、アトピー対策というものは自信満々で語る人で満ちているので、そういう人を信じるのも、まぁ悪くはないのではないでしょうか。

アトピー対策に正解もなければ、間違いもないものだと思います。

引用元-新ビオフェルミンSはアトピーに効果があるのか?乳酸菌で弱った腸を健康にする

まとめ
調べてみると実際に効果があった人もいればなかったという人もいました。アトピーは人それぞれ症状があるのでこれは必ず効く!というものはまだないようですが、可能性のあるものならチャレンジしてみるのも良いのかもしれません。

twitterの反応

 - 美容・健康