日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

イギリスに留学したい!大学の学費はどのくらい?

      2016/09/05

イギリスに留学したい!大学の学費はどのくらい?

海外で勉強をしたくてもただでは留学することはできません。イギリスの大学に留学する場合はどのくらいの学費がかかるのでしょうか?今回はイギリスの大学に留学する場合にかかる学費などを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

イギリスの大学でかかる学費は?

イギリスには約100の大学があり1校を除きすべて国立大学です。これまでイギリスの学費は一律3290ポンド(約49万円)でしたが、学費改革の影響により2009年から上限額が9000ポンド(約134万円)となっています。現在では3/4程度の大学が9000ポンドを上限としており、日本の私立大学同等の授業料がかかります。

ただし、イギリスは3年制の大学のため、日本の大学に比べ学費は安くすみアメリカの有名私立大学の1/4程度の学費で世界最高水準の教育を受けることができます。Chevening英国政府の奨学金、連邦奨学金など政府や慈善団体が運営する奨学金制度が充実しているのが魅力です。

引用元-ヒューマン国際大学機構

イギリスへの留学前にかかる費用

◆英語の準備にかかる費用

公式のIELTSやTOEFLは1回受験するのに1万円以上の受験料がかかり、毎月受験すると経済的な負担が生じます。またこれらの英語能力試験対策のために塾や予備校に通うとなれば、月に数万円の月謝が必要になることにもあります。できるだけ安く抑えるには通信講座を利用するのがよいでしょう。参考書やCDのセットを購入して独学すればなお安く抑えることができます。いずれにしても、自分の目的やペースに合った方法で勉強をするのが一番です。

◆留学機関を利用する費用

留学エージェントを利用すると、手続き代行手数料が発生します。しかし、自分で手配する場合でも、情報収集のための費用や現地との通信費などそれなりの費用と、何より手間(時間)がかかります。それを考えると、代行手数料は良心的だと思える場合も少なくありません。手数料は会社によって異なるので、比較してみる必要があります。ただし、手数料が安いという理由だけでエージェント選びはしないこと。あくまでサービスの質を見極めることが大切です。

引用元-大学留学

イギリスでの大学生活にかかる費用

■■ 生活費、食費や交通費はどのくらいかかる? ■■

1年間大学の寮で生活した場合、食費は自炊で1ヶ月2万円ほどかかるようです。外食などを控えて、安い食材でやりくりすればもう少し抑えることもできそうです。寮に滞在する場合光熱費はかかりません。一般的には1ヵ月4,000円~7,000円ほどかかるようですが、光熱費やインターネット代金は家賃に含まれているところが多いです。

交通費はロンドンに滞在して地下鉄を主に利用する場合は1ヶ月1万5,000円ほどです。イギリスは交通費が高いので、学生割引などに申し込んでおくのがおすすめです!

引用元-留学くらべ~る

学費は自己負担が基本!

大学が主催する奨学金

学費は自己負担が原則です。日本人に対して学費の全額や大部分を負担してくれる制度はあまりないです。ただし、留学生(International Students)へ年間数千ポンドを支給する(学費の10%から50%にあたります)「プチ奨学金」制度を備えている大学は多いです。
イギリスの各大学が独自に設けている「プチ奨学金制度」には以下のようなものがあります。
•University of Edinburghの場合①。
大学を受験した海外生に2000ポンド給付されます。三月下旬に締め切があり、受験とは別に行わなければいけませんが、もらえればお得です。

•University of Edinburghの場合②。
数学科を受験した生徒に1000ポンド支給されます。これも応募は受験と別に行います。

•University of Sheffieldの場合。
大学を受験したIB生に関しては合格通知後に、大学側から奨学金の募集要項が送られてきます。受験とは別に自分で出願し、倍率も高いですが、受かれば半額負担(7000ポンド)をしてくれるので、親の負担はだいぶ減ります。

上に書いたものはほんの一例です。大学が主催する奨学金の探し方を教えましょう。根気よくネットで探せば情報は見つかります。

引用元-RYUGAKU FELLOWSHIP

大学に行きながらアルバイトは可能?

イギリス大学留学の期間中はバイトを1週間に10時間就労することが可能です。(2012年現在)10時間なので実際には生活費にはならないので利用される方はインターンの目的で利用する事をお勧めします。しかしイギリス語学留学期間中はいっさいバイトができないので早く語学を伸ばして大学へ進学することを目指しましょう。

引用元-イギリス大学留学 | 日本ワーキング・ホリデー協会

ヨーロッパには学費が無料の国も!?

■ノルウェー

ノルウェーは国籍や学士、修士などの学位に限らず学費は無料とのこと。しかし全く無料というわけではなく、学期料と言われる500クローネを支払えば学内の施設を利用できる他、メリットも十分に与えられるようです。しかし経済状況などにより、この制度は変更される場合もあるため、自身の目で再確認することをおすすめします。

■アイスランド

学生の登録費の諸費用はかかりますが、アイスランドの大学は大半が国公立なので授業料は無料です! アイスランドは10・4.・3の教育制度を採用しており、6歳から16歳までが初等教育、16歳から20歳までが中等教育で20歳から23歳までが大学と設定されています。教育の機会が公平に与えられるアイスランドでは中等教育の卒業資格があれば、誰でも大学で学ぶことができるのはうれしい魅力といえるのではないでしょうか。しかし2008年から金融危機の影響で、経済が深刻な状況にあることも事実。授業料は無料ですが、経済状況の判断は留学において重要な材料になってくるのではないでしょうか。

■フィンランド

フィンランドでは他の北欧の国と違い、無料化になったのはつい最近のこと。2014年の秋から留学生に対して授業料が無料になるといううれしい制度が開始されたようです。学費有料化が廃止され無料化になったフィンランド。しかも学生には毎月300ユーロ、日本円で約4万円前後の補助金ももらえるそうです。興味がある人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

■ドイツ

ドイツも他の国と同様に授業料は無料、そして学期手数料の111ユーロ、日本円にして約1万5000円程度はかかるそうですが、この学期手数料を払うと市内の交通費が無料になるというオプション付き!交通費が無料になっても物価が高い場合もあるかもしれませんので、その点を含めて確認してみてくださいね。

引用元-マイナビ

まとめ
イギリスの大学は3年制なので日本の私立大学より安い学費で通えるところもあるようですね。しかしヨーロッパでは無料で大学に通える国もあるようなのでいろいろ検討してみてはいかがでしょうか。

twitterの反応

 - 未分類

ページ
上部へ