日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

軽自動車の車検を自分でしてみよう!ユーザー車検とは

      2016/09/12

軽自動車の車検を自分でしてみよう!ユーザー車検とは

軽自動車の車検を自分ですることができる事を知っていますか?自分で自動車を運輸支局などに持ち込んで車検することをユーザー車検と言います。今回はユーザー車検について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

スポンサーリンク

軽自動車の車検は何故必要?

自動車を運転するための資格である自動車運転免許を取得し、交通ルールを守って運転しなければなりません。また、それと同じように、自動車も道路を安全走るために様々な検査をクリアしなければなりません。それを決めているものの1つが「車検」というわけです。

車検制度とは、普通車では新車であれば購入した3年後に初回、それ以降は2年毎に1度、安全な道路の走行の可能を定める道路運送車両法の保安基準を満たしているかどうか検査することを義務付けたものです。自動車は3万点とも5万点とも言われる部品からできている精密機械のため、自動車の中身に関しては専門の知識を持った人間でなければ細かい不具合や消耗の具合まではなかなか把握しきれません。

引用元-日本の車検制度の必要性について

軽自動車の車検に最低限かかる費用

車検、と一口に言っても新規検査、継続検査、構造等変更検査があります。このうち、今まで乗っていた軽自動車の車検期間が満期になる時、引き続いて乗るために受けるのが継続検査です。一般的に車検という場合には、この継続検査のことを指します。ちなみに軽自動車も普通乗用車と同じで、新規検査後、つまり新車で買った時は「3年」、継続検査は「2年」で満期になります。

車検が切れたまま車に乗り続けると無車検運行という反則行為になり、違反点数6点が罰則として課せられるので、満期前は早めに車検を受けましょう!継続検査(以後、車検と表記)にかかる費用は、2つに分けることができ、法定費用と点検・整備費用の2種類です。

法定費用には、自動車損害賠償責任保険(自賠責)と重量税があり、軽自動車の場合は自賠責が26,370円(24カ月)、重量税が8,800円、それから手続きに必要な印紙代1,400円が発生します。そのため、合計36,570円は必ず納めなければならない法定費用なので、個人や代行者が行うユーザー車検でも出費は同じです。

引用元-軽自動車の選び方・購入ガイド!人気ランキング

自分で車検をするとお得?

ユーザー車検

ユーザー車検は、所有者が自分の自動車を検査を行う運輸支局に持ち込み継続検査(車検)を受ける方法です。1990年ごろから、ガイドブックやインターネットで情報を入手しユーザー車検が増えています。

車検業者に依頼するのに比べて自分で検査の依頼や準備をするので手間がかかりますが、業者への手数料が必要ないので安価に車検を受けることができます。車検業者に支払う手数料は、1万円〜2万5千円ぐらいなので大きな節約ができます。

引用元-かんたん!自動車保険の見つけ方

軽自動車の車検に必要な書類とは

<車検場でそろうもの>
・継続検査申請書
・軽自動車検査票
・自動車重量税納付書

<自分で用意していくもの>
・軽自動車税納税証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書(検査場周辺で加入可能)
・自動車検査証(車検証)
・点検整備記録簿(インターネットで入手可能)

点検整備記録簿は「ユーザー車検、点検記録簿」などで検索するといろんな種類ものがありますがダウンロードできます。

引用元-軽自動車の車検に必要な物・・・・ – お金と納税証明書だけでしたっけ? – Yahoo!知恵袋

自分で車検をする場合はまずは余裕をもって予約を

車検の有効期限日が近づいてきたら、予約の手続きをする必要があります。当日でなく、1カ月前から、受け付けています。期限日ギリギリにではなく、できるかぎり早めに予約しておくと、精神的に楽ですね。では、どのような方法で、予約ができるのでしょうか?2つあります。

・電話
・インターネット

2つのうち、どちらか自分の都合の良い方法で予約しましょう。今はネットが便利に使えますので、インターネットを使って予約するのが、楽かもしれませんね。電話の場合は、最寄りの支局を選択し、そこに電話しましょう。ちなみに、最寄りでなくても、全国どこでも車検を受けられます。「普通自動車・バイク」は陸運局で、「軽自動車」は軽自動車検査協会支局で、ユーザー車検を受けます。

引用元-UpIn

ユーザー車検の手順

・国土交通省のサイトで検査場・日時を予約
・検査場の保険代理店で自賠責保険を更新
・継続検査(車検)申請書などの用紙を購入し税金、手数料を納付
・車検証や申請用紙を受付窓口で提出(問題なければ返却されます)
・自動車を検査場所に移動し指示に従いブレーキやライトなどを操作
・合格したら書類を窓口に提出し、新車検証・ステッカーをもらう

引用元-かんたん!自動車保険の見つけ方

ユーザー車検だけでは不安な場合は

ユーザー車検は、車検料を安くできるとは言え、心配がありますよね。では、車の状態も良く、車検費用を安く済ませるにはどうしたらよいのでしょうか?私も知りたい質問でしたので、以前に整備士の人に質問してみました!次のような答えが得られましたよ。

・ディーラー車検とユーザー車検、交互にすると良い

日本で走っている車の状態は、かなり良いです。ですから、定期的なメンテナンスは必要ないかもしれません。とは言え、車の部品の中には、消耗品があります。それら消耗品の交換は、ディーラーなどにお願いしましょう。ディーラー車検とユーザー車検を、2年ごとに交互にやるのがオススメですが、1つ注意する点があります。

それは、車の状態や乗っている期間にも関係します。それで、状態や期間を調べつつ、自分の愛車の状況にあった車検を受けるのが賢明でしょう。

引用元-UpIn

まとめ
自分で車検をすると多少不安が残りますが、金額的にはお得なようです。節約したい人はしてみてはいかがでしょうか?

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ