まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

小学生からでも遅くない!水泳教室で練習するメリットとは

      2016/09/13

 - スポーツ・アウトドア

最近、学校のほかにスイミングスクールに通っている小学生が多いと聞きます。確かに健康に良さそうですが、小学校以外で水泳を練習するとどんな良いことがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

日本のサッカー選手の海外の評価

日本のサッカーのレベルは一昔前に比べて格段にレベルが上がりました。日本サッカーのFIFAランキングはまだまだですが、海外で活躍する日本の選手は増えています。選手達の海外の評価はどのようなものなのでしょうか。

マラソンとランニングとジョギング

最近健康の為にジョギングを始めました。ふと思ったのですが、マラソン、ランニング、ジョギングと似たような言葉があります。どのように、使い分けるのでしょうか?距離、速さそれとも目的?疑問に感じたので調べてみました。

スノーボードブーツのピッタリサイズを選ぶ

待ちに待ったスノーボードシーズンの到来です。道具を揃えるときに一番重要なのがブーツ選びです。スノーボードの生命線と言っても過言では無いと聞きます。ベストサイズを選ぶには、何処に気を付ければ良いのでしょうか?

プロ野球が16球団に?今後増球団の数は増えるのか

現在プロ野球の球団の数は12球団ですが、この球団を16球団に増やすという話があるのを知っていますか?プロ野球の球団はどうしたら増えるのでしょうか。今回はプロ野球の16球団構想について調べました。

卓球のラケットの選び方!初心者のためのまとめ

卓球は比較的気軽にできるスポーツなので、学校や温泉施設などで1度は遊んだことありますよね。競技で使われるラケットは、温泉施設などに置いてあるラケットとは異なります。ラケットってどうやって選べばいいの?そんな卓球初心者のためにどのような物があるのかまとめました。

大相撲の本場所は年に何回?開催場所と名前について

大相撲の本場所は年に何回開催されているか知っていますか?大相撲の本場所が開催される場所と時期は決まっているようです。またその呼び名も場所で決まっています。今回は本場所の場所と名前について調べました。

プロ野球に詳しくなりたい!試合の仕組みとは

プロ野球が開幕するとチームの地元は大盛り上がりです!しかしあまり興味のない人は試合の仕組みはよくわからないですね。今回は興味のない人でもわかるプロ野球の試合の仕組みについて調べました。

陸上のハードル、練習方法を知りたい!

部活動などで陸上のハードルをやられている方も多いと思います。ハードルをいざ練習しようと思っても、どこでどのように練習っしたらよいのでしょうか。そこで今回は、陸上ハードルの練習方法について調べてみました。

徳島で海を見ながらキャンプ!おすすめのキャンプ場

徳島は四国にある県で、自然がとても豊かで多くのキャンプ地があります。海にも面しているので、海を見ながらのキャンプは特におすすめです。今回は徳島でおすすめのキャンプ場について調べました。

相撲の歴代横綱と横綱の条件

大相撲のテレビ中継を見る機会も多いでしょう。横綱は歴代ではどのくらいいたのでしょうか。また、横綱になる条件など、昇格するのはどのようにすればよいのでしょうか。相撲の歴代横綱と横綱の条件について調べてみました。

ゴールデンウィークに北海道でキャンプをしたい

キャンプ好きの家族がゴールデンウィークに北海道へいく事になったら、真っ先に考えるのがキャンプでしょう。北海道のゴールデンウィークはようやく桜が咲き始めるシーズン。キャンプの出来る状況なのでしょうか?

小学校から始めるサッカー練習

小学校へ通い始めるとサッカーを始めるお子さんも多いです。始めたは良いけれど、途中で辞めてしまう子も少なくありません。小学校へ通っている間はどの様な練習が良いのか調べました。

釣りのリールの使い方に違いはあるの?

釣りに最低限必要な道具として、釣竿・針・えさ・釣り糸・リールですが、竿・針・えさ・釣り糸は狙う魚などで変わるのはわかりますが、リールは?釣り糸をくるくる巻き取る道具に違いはあるの?巻き上げることが出来ればいいんじゃない?そこで、リールの使い方の違いについて調べてみることにしました。

冬のキャンプのコツとテントの選び方

家族、友達、ソロとキャンプはとても楽しいですよね。夏は暖かくてキャンプしやすいですが、冬は寝袋、テント等の寒さ対策など考慮しなければ、なかなか難しいのが現実です。

プロ野球選手を一番多く輩出した高校は?出身校ランキング

甲子園を沸かせた高校球児が高校卒業後にプロ野球選手として活躍している姿を見ると応援したくなりますね。ところで一番多くプロ野球選手を輩出している高校はどこでしょうか。今回はプロ野球選手が多い出身校を調べました。

冬山登山の初心者が気を付けること

登山を始めると、いずれは冬山と思います。危険と隣り合わせの冬山へ初心者が行くには、装備と覚悟も大事だと思います。冬山を安全に登山するため、まとめてみました。

小学生の水泳練習のめやすとは?

【1・2年生】
水遊び「水に慣れる遊び」「浮く・潜る遊び」

【3・4年生】
自己能力に適した課題を持ち、クロール及び平泳ぎの技術を身につけ、ある程度泳ぐ事が出来るようにする。

【5・6年生】
自己能力に適した課題を持ち、クロール及び平泳ぎの技術を身につけ、続けて長く泳ぐ事が出来るようにする。

引用元-スポーツクラブ ルネサンス伊丹 ジュニアスクール

スポンサーリンク

  人気記事

水泳好きになるかの瀬戸際は小学校中学年

近年はほぼ毎年、6年生をほぼ全員泳がせて卒業させています(病気や欠席で水泳指導自体を受けていない者を除く)。
(教師と子供の)根気+(教師と子供の)気持ち+(教師の)技術
で、たいていの子供は短期間で泳ぐようになります。

スイミングスクールに通っていない子供にとって、小学校中学年の水泳で今後(学校での)水泳が好きになるかどうかがきまってきます。中学年で泳ぐことに自信を持たせることができれば、その後きれいなフォームや別の泳法で泳ぐことを目標にできます。自信があればリラックスができ、体が浮いて水の抵抗を少なくして泳ぐことが可能になります。逆に、水泳コンプレックスが生まれてしまえば、いつまでたっても消極的で、見学をしたがるなどできるだけプールを避けようとする傾向が生まれてしまいます。

引用元-Edupedia

今は小学校の水泳だけでは泳げるようにならない?!

泳げるようになりたい、水泳をやってみたいということは以前から言っていました。まあ、そのうち泳げるようになるかなと思っていたのですが・・・。私が小学生の頃を思い出してみても、小1では泳げなかったけど、小4では何となく25メートル位は泳げるようになったしね。でも、長男は全く泳げないまま、今年の夏を迎えてしまいました。

そりゃそうだよなと。今は私が子供の頃とは違って、水泳の授業自体が少ないんです。私が子供の時は毎日の様に水泳の授業あったよな~。うちの子の場合、6月のプール開きから夏休みに入るまでに、水泳の授業はトータルでたったの10回!! 夏休み中のプール開放もなし。機会が少ない上に、子供の数は多い。そりゃ、先生方も子供たち、一人一人が泳げるようになるまでは、教えられないだろうなと思います。

引用元-BANG YOUR HEAD!!〜激しく頭を振りまくれ!〜

小学生にスイミングスクールは必要?通わせるメリットとは

・腰や脚などに負担をかけることなく、全身運動を行える
・水に当たると皮膚血管を鍛えることができるので、病気をしにくくなる
・心肺機能や循環器の働きが良くなるので小児ぜんそくなどが良くなる
・水への恐怖心がなくなる
・骨折や捻挫といったケガをしにくい
・バス送迎がある
・水泳をすることで脳の働きが活発になると言われている
・費用が他の習い事に比べて安い

体が健康になったり、脳の活性化につながったりといいことが多いです。実際にうちの子どもたちも風邪で病院(小児科)へ行くことはほとんどありません(皮膚科や眼科はありますが……)。個人的には、体は丈夫になったと実感しています。

引用元-パピマミコラム

スイミングスクールに通うと正しいフォームが身につく

よく、「イトマンに通わせたら泳げるようになった」「イトマンに通うと子供のタイムが速くなった」というお声を頂戴します。
イトマンは泳法の指導に絶対の自信を持っていますが、その源は何か?
=それは“正しいフォームできれいに泳ぐ”ということです。
ひとつひとつのフォームをきちんと正しく理解させ、身につけていただく。これこそが「泳げるようになる」「速く泳げるようになる」「長く泳げるようになる」最大の秘訣と言えます。

引用元-イトマンスイミングスクール | 宮の森校

スイミングスクールは小学生に人気の習い事!

「水泳」を習っているお子さんは男児で34.3%、女児で27.0%と全体に占める割合が非常に高いことがわかります。男の子ではサッカーを抜いて堂々の1位、女の子でもバレエなどの憧れの習いごとよりも人気が高いことが分かります。
今子ども達に人気の習い事は<スイミング>なのです。

引用元-イトマンスイミングスクール

スイミングスクールに通わせるデメリットとは

・水を媒介してうつると言われている結膜炎やプール熱や水いぼなどの感染
・スクール指定の水着が高い

デメリットと言われるものはさほどないようです。しかし、級の上がり具合で対抗意識を燃やしているお母さんなどはよく見かけます。そういった所に気持ちを持っていかないようにすればまったく問題はないのではないでしょうか。

引用元-現役コーチに聞く! 子どもが“スイミング”を習うメリット&デメリット | パピマミ

まとめ
子どもの頃から正しいフォームを身につけておくと、大人になってからも役に立ちますね。

twitterの反応

 - スポーツ・アウトドア