日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

新築から始まるお隣さん問題!境界のブロックはどうする?

      2016/09/20

新築から始まるお隣さん問題!境界のブロックはどうする?

マイホームの新築。実は、家の外装や中のことだけ考えていれば良いというものではありません。「境界は何で区切るのか?」「ブロックなどをおく費用はどうするのか?」ご近所付き合いはすでに始まっているのです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

スポンサーリンク

マイホームの新築 まずはお隣との境界をハッキリさせて

あなたは、境界(きょうかい)という言葉を聞かれたことはありますか?不動産取引の引渡し時に境界の立ち会いを行うことも少なくありません。よく買主さんがおっしゃるのは、「境界はちゃんとしてくださいね」で、「ちゃんとしてください」=境界を明示してくださいね。という意味です。最近の境界は、杭(くい)やプレートで、明確にどこが境界か分かりますが、その昔(といっても30年ほど前)は、かなりヒドかったものです。たとえば、隣地(となり)との境界が「柿の木の中心」、「大きな石」や、「溝の中心」とか、ほんとそんなんでいいのか?と思うほどです。あと、おじいちゃんがいないと境界が分からないとか・・・ハッキリ言っていい加減でした。

引用元-新築住宅を建てよう

新築のマナー 原則、外壁は境界から50cm離すこと

民法では境界線から50cm以上の距離を保つように定められています。これに違反して建築しようとすれば、隣地から建築中止を求められることがありますし、計画の変更を求められることもあります。ただ、既に建物が完成してしまっている場合などには、その撤去を求められても現実的に応じるのは困難であり、損害賠償のみを請求できるとされています。

引用元-住宅購入ポータル 住まいの殿堂

お隣さんとの間にブロックを置きたい…費用は折半できる?

法的には折半の様です(民法)

(囲障の設置)第225条 二棟の建物がその所有者を異にし、かつ、その間に空地があるときは、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲障を設けることができる。2 当事者間に協議が調わないときは、前項の囲障は、板塀又は竹垣その他これらに類する材料のものであって、かつ、高さ2メートルのものでなければならない。

近頃は「板塀又は竹垣」は現実的でないのでブロック・フェンスが一般的です
実際は必要としている方が負担している場合が多いようです
境界壁の費用くらいでお隣さんとの裁判も現実的では無いでしょうね
物事全て「言い出した方が弱い」のが普通です

引用元-OKWAVE

境界の話し合いは工務店さんに入ってもらうとやりやすい

一般的には、隣地境界のブロックは、安いコンクリートブロックでされている場合が多いです。まずは、マイホームパパさんが、工務店に言って、3方それぞれのコンクリートブロック6段(H=1.2m)の見積書を作ってもらってください。その見積書を持って、工務店さんと一緒に、それぞれ隣さんと交渉されるのがよいかと思います。主導権は、どちらが取るというものでなく、双方納得いくよう、工務店さんに間に入ってもらうのがいいかと思います。

引用元-マイベストプロ岡山

境界におくブロックの折半はトラブルも招きやすいので要注意

全国的に通用する話かどうかはわかりませんが?お世話になった、不動産会社の営業の話です。連棟しているときは、暗黙の了解で、一番端や角地は別にして、右側だけに敷地内にプロックをついてフェンスを付けていくと説明を受けました。現在、新築中で仮住まいで分譲地の一軒家の借家ですが、L字型に正面と右側だけが自分の敷地でフェンスを立てて、きれいに収まってます。

将来的に、折半すると、境界のトラブルや、改修の時に払う払わないとか、デザインの問題でもめるということでした。ある家で中古住宅として販売されるときに、隣に予告なしで、次のオーナーが勝手に取り壊して、自分の方にフェンスを立てて、大もめになったことがあるそうです。

引用元-yahoo!知恵袋

まとめ
ご近所なだけになあなあになりそうですが、境界や所有物の話は一度トラブルになると根が深いそうです。注意してください。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ