日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

北海道に冬はエアコンの暖房で過ごす!?寒冷地用のエアコンとは

      2016/09/24

北海道に冬はエアコンの暖房で過ごす!?寒冷地用のエアコンとは

北海道の冬は寒さが厳しいので暖房費は結構な額になるようです。主な暖房は何を使用しているのでしょうか?特にエアコンは電気代がかさむ上にあまり暖まらないイメージです。そんな中寒冷地用のエアコンが発売されたようです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

スポンサーリンク

北海道の冬の暖房はどれを使う?

電気 (エアコン)

【メリット】
・火を使わないので安全
・ランニングコストが安い(熱交換効率が高い)
・夏場暑いときに、冷やすことも出来る

と意外かもしれませんが、エアコンは熱交換効率が高く、ランニングコストはそれほど高くないです。

【デメリット】
・空気が乾燥する
・機器が高い

よく言われていることですが、空気が乾燥しやすく加湿器を稼働させる方が多いようです。そうすると、加湿器の電気代も考えなければいけないですね。
※最近は、加湿機能も付いたエアコンもあるそうです。
また機器が高額ですので、万が一、故障した際は取り替える費用が高くなります。

灯油

【メリット】
・部屋全体が温まるまでが早い
・空気が乾燥しづらい

燃料(石油)を燃焼させるため水蒸気が発生 ⇒ 乾燥しづらいということになります。

【デメリット】
・石油独特の匂いがある
・定期的な換気が必要

第1種換気で強制的に換気を行っていれば良いですが第3種では状況により、換気量が不足する場合もあるため換気には注意しましょう。

引用元-ローコスト住宅~ゆきだるまのお家

北海道の冬の電気代は高い!

北海道の電気代はやはり冬に多くかかる

北海道といえば冬が非常に寒いイメージです。
そのため暖房費が多くかかってしまいそうですが、現実問題としてはその通りです。

総務省の調べによると北海道の電気代平均は月額でおよそ9,500円です(2013年調べ)。そして季節ごとの電気代を大まかに見てみると、雪が最も振る1〜3月は平均で11,000〜12,000円になります。
そして逆に7〜9月の夏は平均で7,500円程度まで安くなります。
やはり北海道は梅雨も無く夏も猛暑は少なく、快適に過ごせるようです。
そしてこの平均額は単身世帯も複数世帯もすべて含めた平均のため、単身世帯であればおよそ3分の2程度になると思われます。

引用元-Re9

エアコンの暖房だけで冬がしのげる!?寒冷地向けのエアコンが登場

寒冷地向けエアコン

エアコン業界にとって、積雪寒冷地は未開のフロンティア。
夏はエアコンがなくてもなんとかなるうえ、冬はエアコンじゃ暖房として役に立たない。ということで、エアコン普及率はかなり低いようです。

だって、エアコンつけてもその他に灯油ストーブとかが必要になるなら、無理して買いませんよね。しかし、かといって他の地域はすでにエアコン完備が当たり前。
市場としては拡大する見込みもなかったのでしょう。

そこで開発に乗り出したのがのが、寒冷地向けエアコンらしいです。
通常のエアコンは、室外機に霜がつくと霜取り運転状態となり、その間は暖かい空気を送り出すことができません。
寒冷地向けエアコンはそこを改善し、外気温が-20℃くらいでもいきなり暖かい空気を送風できるうえ、霜がついていても除去しながら暖かい空気を送風できるように作られています。

引用元-家計節約大作戦!

電気代も大丈夫!?寒冷地向けのエアコンの消費電力

エアコンだけで暖房? 電気代は大丈夫? 足元が冷たくない?

この寒さ厳しい雪国で「エアコンだけで暖房?」と聞いて、まず電気代が沢山かかるでしょ?それに足元が暖かくないじゃん!と言う疑問を持たれる方が多いと思います。

確かにかつては、住宅の断熱性や気密性が低く、エアコンの暖房性能も十分ではなかったため、「電気代ばかりかかる。寒冷地には不向き」と評価されていました。
ところが、新たな市場開拓を目指して各社が寒冷地仕様の技術開発を強化した結果、国内メーカーの寒冷地エアコンは20年前の半分程度の消費電力で、外気温がマイナス20度でも50度以上の温風が出せるまで性能が向上した。
さらにセンサーで人の居場所を判断して送風したり、体の手足の温度を測ってピンポイントに暖めたりする機能まで登場し、寒冷地で評価されているそうです。

引用元-ユキさんのリフォーム業務日誌 新潟県三条市 フォレストスタジオ

購入価格が高いのがデメリット

寒冷地エアコンの価格は高い!

冬の暖房で室外機が霜取り運転をするのは東北や北海道だけだと思っている人は多いのですが、ほぼ日本全国のエアコンが霜取り運転をしているのはご存知でしょうか?
比較的に温かい地域の人は気がつかないだけということなんですね。

ところで、暖房に特化した寒冷地エアコンは冬には重宝するものでオススメなのですが価格が高いのがデメリットなんですね。
普通のエアコンと比較したら50%増しくらいの価格でしょうか。
また激安エアコンと価格を比較すると2倍から3倍ほどの価格になってしまうことも多いのです。

タイミングによっては型落ち品を激安で購入できることもあるでしょうけども、それでも安い買い物ではないわけですね。

引用元-lowlowlow!

まとめ
北海道向けのエアコンがあるとは驚きですね!購入価格は高いようですが、性能や消費電力は評価されているようです。気になった人はぜひ検討してみてください!

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ