日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

犬の散歩の後に足は洗うべき?洗うときの注意点

      2016/09/30

犬の散歩の後に足は洗うべき?洗うときの注意点

飼い犬を外で散歩させて家に入るときは犬の足をきれいに洗っていますか?毎日のように水でじゃぶじやぶ洗っていませんか?犬の足は洗いすぎるとあまりよくないようです。今回は犬の足を洗うときの注意点を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

スポンサーリンク

犬の散歩の後の足は洗う?

お散歩などで汚れた足先等は?
雨の日にしか犬の足を洗わない飼い主さんが多いです。それで十分でしょうか。
犬がお散歩しながらガラス等で足跡を傷ついたり、危険な液体に入ったりできます。
アレルギーや皮膚炎を治すより予防したほうがいいでしょう。
だから毎日のお散歩後足の洗いは必要です!
犬が興奮していることで痛みを感じない場合があるので傷がないかどうかを確認しましょう。

天気の良い日に「スワレ」とコマンドして、愛犬の足を濡れた布で拭いてください。
泥だらけの足をよく洗ったほうがいいでしょう。
お風呂やバスタブに入れて洗うのが難しいのでお散歩に行く前に入口前に温かいお湯を入れた洗面器を置いておきましょう。
お散歩から帰ってきたら犬の足を一本づつ洗って優しく拭いてあげましょう。

引用元-FORDOGTRAINERS JAPAN

犬の足を洗うときの工夫

足洗いのための住まいの工夫

毎日繰り返される「足洗い(足拭い)」では、飼い主さんが疲れないよう、出入り口に工夫することが大切です。
玄関から出入しているのであれば、「流し」をつけるよりも玄関ホールを充実させましょう。

方法その1

犬は高い場所に乗せると動けなくなるという性質がありますので、これを利用して下駄箱などの台に犬を乗せてお手入れする方法があります。
ただし、暴れる子や中型犬以上、飼い主さんが高齢である場合には、犬を持ち上げるのは少し負担です。

方法その2

もう一つの方法は、飼い主さんの方も腰を下ろすこと。
スツールや収納のあるベンチなどを工夫すると、飼い主さんも足を伸ばしてゆっくり作業ができます。
雨の日のお散歩の後などは、濡れた指をじっくり丁寧に拭ってあげましょう。

引用元-犬家猫館.COM

犬の足はきれいにしておかないとこんな病気に

★指間炎★

このような、ワンちゃんの短い指の間の部分に皮膚炎ができてしまった状態を指間炎(しかんえん)と言います。
指間炎は皮膚のほんの一部の炎症ですから大したことはないと思われるかもしれません。
しかし、痒くて舐めて、また痒くなるという悪循環を繰り返しているとしまいには皮膚は真っ赤に腫れあがり、膿が出るようになったり、毛が抜けてきてしまいます。
痛みから足をちゃんと地面について歩くことができなくなってしまうことすらあるのです。
一度なってしまった指間炎は治すことが難しく、完治には長い時間がかかります。

★爪周囲炎★

指間炎の原因となる細菌がもし爪の根元の皮膚に及ぶとその治療はさらに困難なものとなります。
皆さんも爪のすぐ横の皮膚がささくれになって、そこからばい菌が入ってとても痛い思いをしたことが一度はあるのではないでしょうか。
爪の根元の内側には外用薬は届きませんから、あまりに長く治らない場合には飲み薬による治療を行ったり、全身麻酔による手術で感染部位を切開しなければいけなくなってしまうこともあります。

引用元-ペットクリニック病気と予防

水で洗うとよくない?犬の足にカビが!

病院で診てもらったところ、その黒い付着物のあたりを少しとってもらい、顕微鏡で調べてもらいましたが、一種のカビのようなもので、細菌によるものらしいとのこと。

なんと・・・・!
足を毎日水で洗うことが間接的な原因にもなっていたのでした。
・・・と言っても、足を水で清潔に洗うこと自体は全くわるくないのですが、その後の乾燥のしかたが足りなかった場合、肉球と肉球の間にはさまれた内側の皮膚はもともと風通しがかなりわるいせいもあってか、常に湿った状態になりがちで、これがカビなどの菌を発生しやすくなる環境になるとのことでした。

またこうやってカビなどが発生することで、皮膚に違和感が生じるせいか、犬が常に足をなめるようになり、犬の唾液がさらにカビの温床にもなり、炎症を悪化させる原因にもなるのだそうです。

さて、この事態の解決策として、病院の先生からアドバイスいただいたことは・・・
水でぬらしてしまうと、なかなか完全に乾かすのは難しいものなので、散歩から帰った後の水でぬらして洗う方法を当分の間ストップさせて、かたく絞ったぬれタオルで拭くだけに変えてはどうでしょう?・・・ということでした。

引用元-マーサと犬と猫と・・・

散歩から帰った後の足はどうするのがいい?

「じゃあ、散歩から帰ってきたらどうしたらいいの?」と皆様感じられると思いますが、乾燥したタオルやティッシュペーパーなどで拭いてください。
乾燥したもので拭く分には問題はありません。
「それだと汚いから嫌だわ…」と、“徹底的に犬の肉球を消毒しないと気が済まない”人も中には居ますが、過激な言い方をするとそういう人は犬を飼う資格が無いと思います。

そもそも散歩に出れば、肉球以外にも被毛や身体だって汚れているわけです。
草むらに入ったり草に身体を擦りつけたり、その被毛がカーペットの上に落ちるのは問題ないのでしょうか?
家の中を完全消毒したいのであれば、そもそも犬なんて飼えません。

引用元-『犬の飼い方』丸わかりナビ!ワンちゃんと正しく付き合うためのサイト☆

散歩後の足洗いは状況で判断

足洗いは状況に応じて

湿度が高めの日本では、室内で靴を脱ぐ文化があるため、「足を綺麗にして家に上がる」ということに神経を使いがちですが、必ず水で洗わけなければならないということはありません。
普段のお散歩などで少し汚れた程度なら、濡れた布巾で指の間も丁寧に拭うだけで充分でしょう。
拭いても取れないような汚れや、草むらで遊んだ場合の寄生虫の持ち込みが心配という時は、ぬるま湯で洗い、最後はドライヤーで湿気を残さないようにしっかり乾かすのが正しい「足洗い」です。

引用元-犬家猫館.COM

まとめ
脚を洗った後はしっかり乾かさないといけないようですね。あまり神経質にきれいにしすぎるのもよくないようです。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ