日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

沖縄の古民家 屋根の魅力

   

沖縄の古民家 屋根の魅力

沖縄の田舎や石垣島などにある風情を感じる古民家。特有の家の建ち方や間取り、屋根の色や形に心惹かれますね。沖縄ならではのその構えにどんな意味があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

沖縄の古民家の歴史

沖縄の古民家の歴史は、穴屋(アナヤ)と呼ばれる中柱を建物の中心に立て先端から又木にして棟木を支え茅葺き屋根の構造でチニブと呼ばれる竹や茅で編んだもので壁を囲ったものでした。

琉球王国時代に入り身分により家屋の大きさが定められ、農家は12坪の母屋と6坪の台所と定められ瓦葺きなどは許されていませんでした。制限令が解除され貫木屋(ヌチジヤー)と呼ばれる形式の住居が普及されてきました。

これは礎石の上に四角い柱を立て、貫穴をあけて貫を通した構造で、和小屋に茅か瓦葺き、壁は堅羽目板のいわゆる石場建て様式と同じ構造です。

引用元-コミンカニストの古民家解體日記

沖縄古民家と近代家屋の特徴

伝統的家屋は風よけのため低く造っています。生け垣も風よけに効果があります。ただハブの住処になるのを防ぐため、単純な石積みではなくしっくいで固めてありました。

戦後、あるいは返還後に建てられたところは、コンクリート造りで屋上部分にタンク(推計200L以上)があります。これは乾季に備えるためだと思われます。特に夏は低緯度高圧帯の影響下になるのでスコールや台風以外での降水には恵まれないからだと思われます。

九州の伝統家屋と共通しているのは、畳の間というか和室が二間以上続いているってことかな。南側に縁側があり、和室が八畳八畳、八畳十畳って感じで襖をとれば、小宴会が開けるような造りになっています。縁側があることで高日期(夏)は、縁側までしか日差し
引用元-教えて!goo

沖縄古民屋敷の間取り

沖縄に現存する古民家はほとんど貫木屋形式で、屋根形状は寄棟です。

集落形態にもよりますが、沖縄の古民家は基本的に南向きであり、東から一番座、二番座となり(士族や有産階級の場合は三番座もあります)、その背面に裏座がおかれていました。一番座には床の間が、二番座には仏壇が配置されるのがふつうで、裏座には地炉(ジール)が設けられました。西側に竈を設けて台所とし、火の神を祀っていました。

屋敷内の建物の配置では、裕福な家などで屋敷内の東側にアシャギという別棟を建てることがあります。西側には家畜小屋及び納屋を、北西の隅に豚小屋兼便所(フール)を設けていました。門の正面に当たる建物前面にはヒンプンをおき、邪気払いと外からの視線をさえぎる役目としました。屋敷囲いはかつては石垣とフクギなど屋敷林が多かったですが、近年ではコンクリートブロック囲いの割合が増えています。

引用元-するてい行ちゃびら沖縄古民家

沖縄古民家の屋根といえば赤瓦

瓦自体はグスク時代(鎌倉時代から室町時代に相当)から使われていたようです。しかし当初は現在認知されている『赤瓦』ではなく『高麗系瓦』と『大和系瓦』の2種類で、色は灰色系の瓦でした。18世紀前半には赤色が生産され始め、次第に主流になっていったようです。ただし、瓦の使用は首里王府により制限されており、首里の士族や那覇以外には認められていませんでした。制限令が解除され、一般庶民が瓦を自由に使えるようになったのは1889年(明治22年)以降です

引用元-SUUMOジャーナル

屋根にはシーサー

さらに赤瓦の屋根をより魅力的に見せるものがあります。ご存じ、シーサー。 中国の風水思想にある魔除けです。よく見ると魔除けなのにお茶目。可愛いものやユニークなものまでさまざまです。そもそもシーサーが乗り始めたのは赤瓦が庶民に解禁された時期。瓦を葺(ふ)いた職人がおまけで屋根に残したもの。作った人の個性や遊び心があふれたものなんですね。

シーサーは屋根と同じ材料で作られています。作る過程で出た割れたりかけたりした赤瓦を利用するのです。長年シーサーを作り続けている屋根左官職人の大城幸祐(おおしろ・こうゆう)さん。大城さんがシーサー作りで大事にしているのが上あごの角度。この上に目が載るからです。シーサーの目は、門から入ってくる魔物とにらむ角度でつけられます。

引用元-鑑賞マニュアル美の壺file247「沖縄の民家」

まとめ
沖縄の青い空と古民家の風景はとても魅了されますね。風情ある赤瓦もヒンプンもシーサーも全てに意味がありました。沖縄は自然災害が多く気温も高いため、いかに家をより快適にするのか独特なもので工夫や知恵を使い建てられています。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ