日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ヤフオクを利用する時は注意!?値段の吊り上げとは?

      2016/10/17

ヤフオクを利用する時は注意!?値段の吊り上げとは?

ヤフオクとはYahoo!JAPANが提供しているインターネットオークションサービスのことです。身の回りの物を手軽に出品できるので人気のサービスですが、入札する場合は値段が吊り上げられていないか注意が必要です。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

ヤフオクとは?

ヤフオクとは、Yahoo! JAPANの提供する日本最大のインターネットオークションサービス。
ユーザが相互に品物を出品し、他のユーザの出品しているオークションに参加したり、自ら品物を出品してオークションを開催することができる。

出品されている商品数は1500万点以上、利用者数は600万人以上にのぼるとされる。
商品を出品する際には、月額費用のかかる「Yahoo!プレミアム会員」に登録する必要があり、入札する場合もYahoo!プレミアム会員にならない場合には入札額に制限が課されている。

入札の段階では出品者に入札者の氏名やメールアドレスなどは明かされず、落札後に出品者と落札者の間で住所、氏名や発送についての連絡が取り交わされるなどのプライバシーに配慮した仕組みになっている。
一方で、落札後に入金が行われなかったり、入金後に商品が送られないなどのトラブルが後を絶たない。
こうしたトラブルに備えて「Yahoo!オークション補償」という制度が用意されるようになった。

引用元-IT用語辞典 e-Words

ヤフオクの入札の仕組み

ヤフオクでの入札方式は自動入札

欲しい商品が見つかれば、次は入札です。
ヤフオクでの入札は自動入札というシステムで行なわれ、その商品に払ってもいいと考える最高金額を入札しておけば、後は入札状況によって自分の最高入札金額までシステムが入札があるたび自動で競い合ってくれるんです。

例えば、通常のオークションでは、現在「100円」なら誰かが「110円」と入札し、また他の誰が「120円」と高値を付けた金額が現状の入札価格になりますが、ヤフオクの自動入札方式では、「200円」と入札しても、いきなり「200円」まで上がることはなく、とりあえず「200円」までの最高入札者の権利保持者になったという感じ。

その後ライバルが「150円」と入札すると、「150円」までは現在価格は上昇するんですが、まだ「50円」高い「200円」までは自分に権利があるということなんですよ。

引用元-ヤフオク初心者ナビ

注意!値段の吊り上げ入札とは?

たまに吊り上げ入札がある!

開始入札金額は出品者が決め、あとは締め切り時間の価格が落札金額になります。
しかし、この落札金額がたまにおかしい時があります。
オークション終了10分前ぐらいには、1,000円ぐらいだったのに、最終的に5,000円ぐらいになるものもあります。

もともとの価値が1万円ぐらいのものであれば、最後に入札が集中する可能性も、もちろんあります。
それでも、最後の10分に集中するのは、おかしいですよね?

ヤフオクでは終了前5分以内に入札があると、自動的に10分間期限が延長される機能もあります。
その間に、いきなり複数の人たちが、入札してくるのは不思議です。
この場合、落札金額の吊り上げが目的の可能性があります!

引用元-ライフ・ドロップス

ヤフオクでの値段の吊り上げは禁止事項だが特定するのは難しい

ヤフオクやその他のオークションでは、「価格の吊り上げ行為」というものが問題になっています。
吊り上げ行為というのは出品した「品物の落札額を上げる」ために自作自演などで入札を繰り返すことです。

ヤフーのほうもそのような問題行為に関しては対処をしています。
もしも自分で入札をしていような出品者がいるのでしたら通報をすればいいのです。
もしも自作自演で吊り上げ行為をしていることが分かりますと、その人のidを抹消するなどして対策をしてくれます。

ただ実際には、この行為の証拠はつかみにくいことが多いのです。
出品者が自分で複数のアカウントを持っており、出品しているアカウントとは別のアカウントで吊り上げ行為をしていた場合には、すぐに自作自演であることが分かるのですが、友達に頼んでいる場合やサクラなどを雇っている場合には、証拠をつかむことができません。

引用元-templu!

値段の吊り上げに引っかからないためには

■最初から大きい額で入札しない。

どうしても欲しいけど用事で参加できないからといって必要以上に高額で入札してしまうと吊り上げされた場合に痛い目に遭います。
大人しく入札ソフト使うか、よほどのものでない限り再度出品されますのでがまんです。

■白熱しない

落札してから気付くことが多い、入札合戦。
オークションの醍醐味ではありますが、熱くなった相手が吊り上げしてたんじゃ骨折り損のくたびれ儲けです。
常に相場を把握して、必要以上の値段では入札しないという心構えが必要です。

■吊り上げをしている出品者の特徴

大体吊り上げに使っているIDは評価が少ない場合が多く、過去にもそのIDで落札している。
同じ物を何度も出品していて落札価格に大差がなく、いつもほぼ同じような価格まで上がっている場合は注意が必要です。
まずは出品一覧を見て全て1円スタートなんていう場合は、過去に同じIDで何回も落札されていないかチェックしてみてください。
また出品中の別々の商品で同じIDが複数入札していないかチェックしてください。

引用元-ヤフオク出品ガイド

まとめ
ヤフオクで入札する場合は値段の吊り上げに引っかからないように気を付けましょう。怪しいIDは検索してみるといいかもしれません。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ