日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

赤ちゃんの頭が大きい?考えられる病気とは?

      2016/10/22

赤ちゃんの頭が大きい?考えられる病気とは?

赤ちゃんの頭は遺伝で大きい場合もあります。しかし不自然に大きな場合は病気である可能性があります。赤ちゃんの頭が大きい場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ツタヤのクレジットカード解約は難しい!

ツタヤを利用されている方で、クレジット機能の付いたカードをご...

神社に参拝する時、お賽銭っていくらがいいの?

お正月には神社に初詣に行く方も多いと思いますが、皆さんお賽銭...

外国人が日本の食べ物で好きなもの嫌いなもの

訪日する外国人は年々増えていますが、やはり食に関することで驚...

ジャンプ写真撮影のコツ

SNSなどで、みんなでジャンプ!した写真、見かけますよね。楽...

ロングコートは身長が低い人でも着こなせる!

背が低いと、ロングコートは似合わない…というのは、男女問わず...

椎間板ヘルニアを治すのに手術は必要!?入院期間はどのくらい?

椎間板ヘルニアになると激しい痛みに襲われ、場合によっては日常...

信用金庫の口座解約は難しい!?

地元の信用金庫に口座があるよ、という方も多いと思います。でも...

高校の友達と会話が続かない!上手に会話をするポイントとは?

高校では環境が変わるので、新しい友達がたくさんできるかもしれ...

金魚が病気になったらどうしたらいい?赤い斑点が出るのはどんな病気?

金魚も病気にかかることがあるので、日頃からよく観察をしておか...

警察の巡回連絡とは?住所氏名の調査は拒否できる?

警察が突然自宅に訪問して、住所氏名、家族構成などを調査される...

会社に給料の値上げ交渉は可能!?その方法を解説!

会社の待遇に不満があっても、そのままの待遇で働いている人は結...

中学校の部活は親も大変!?保護者会の役割とは?

中学校の部活にも最近は保護者会が存在するようです。中学の部活...

皮膚科でシミの治療!?化粧品で効くものはある?

一般的に売られているシミ用の化粧品はどのくらい効果があるので...

化粧水と美容液の違いとは?2つを上手く使ってスキンケア!

スキンケアで欠かせないのは化粧水、乳液、美容液などです。これ...

顔のシミが痒いのは何故?その原因と対策について解説!

顔にできたシミの中には次第に痒みを伴う場合があります。シミが...

画像の添付をしたらメールの送信が上手くできない原因とは

現在はスマホなどで気軽に高画質の写真を撮ることができるので、...

彼氏の仕事の悩み…わたしにできることは?

一緒にいるのに彼氏がしゃべらない、いつも疲れた表情でふさぎ込...

エアコンの暖房をつけているのに寒いのは何故?原因と対策方法は?

エアコンの暖房をつけているのになんだか冷たい風が吹いて寒いと...

結露の対策は100均でばっちり!?おすすめのグッズは?

冬になると悩まされるのが結露ですね。結露の対策をちゃんとしな...

携帯で動画を見ると料金がとんでもないことに!?対処法はどうしたらいい?

携帯で動画を視聴したり、ダウンロードすると携帯の料金の請求額...

スポンサーリンク

一般的な赤ちゃんの頭の大きさは?

一般的な赤ちゃんの頭の大きさとは

頭の大きさは頭囲の値を目安にして表されます。測り方は、おでこの一番出ている部分と後頭部の一番出ている部分を通るようメジャーで測ります。

下記のサイズ表記は、赤ちゃんの平均的な頭囲のサイズです。
・生後0ヶ月:男児 33.5cm、女児 33.1㎝
・生後1ヶ月:男児 37.7㎝、女児 36.7㎝
・生後6ヶ月:男児 43.9㎝、女児 42.7㎝
・1歳:男児 46.5㎝、女児 45.5㎝

母子手帳にも記載されていますが、頭囲の平均サイズはあくまで目安ですので、これより多少大きかったり小さくても問題ない場合もあります。

引用元-mamari

赤ちゃんの頭が不自然に大きな場合は?

赤ちゃんの頭が大きいのは病気?巨頭症(大頭症)

「赤ちゃんの頭が大きい=病気」と、全てのケースについて断言することはできませんが、幼児や大人に比べて赤ちゃんの場合、病気が原因で頭が多きくなることがよくあります。
まずは、頭が大きくなる巨頭症(大頭症)について知っておきましょう。

巨頭症とは?

巨頭症とは、頭が不自然に大きくなる病気です。大頭症と呼ばれることもあります。
生まれた時からすでに頭が大きい赤ちゃんもいますが、成長するにつれて徐々に大きくなっていくことが多いです。

巨頭症には、原因となるいくつかの病気があります。
巨頭症を発症することにより赤ちゃんの精神や運動発達に影響を及ぼしますので、「そのうち身体とバランスがとれるようになる」などと安易に考えず、注意することが必要な疾病と考えましょう。

引用元-マーミー

病気で頭が大きくなる原因とは

頭囲が標準より大きくなる病気としては、脳の内部の部屋に髄液がたまる水頭症、脳の表面に髄液や病気の液がたまる硬膜下水腫、転んで頭をぶつけたり、誤って転落するなど頭の外傷のため頭の骨の中に出血した硬膜下血腫、頭の中に「ふくろ」状に液がたまるくも膜嚢胞、脳腫瘍、ソトス症候群などいろいろな病気があります。
脳の検査を行って病気が見つかれば速やかな治療が必要となりますが、病気が見つかっても軽ければ経過を観察します。

頭囲が標準の範囲にあっても最近の2,3ヵ月で急に頭囲の値が大きくなっている場合は早めに受診してください。
発熱や風邪症状がないに、この頃元気がない、よく寝る、繰り返し噴水のように嘔吐する、ひきつけを起こす、大泉門が張っている、できていたことができなくなる、など症状を伴っていれば、治療を急ぐ病気が疑われますので急いで受診してください。

引用元-日本小児神経学会

赤ちゃんの頭が大きくなる病気、水頭症について

水頭症の症状

水頭症の症状として最も多いのは頭囲の異常な増加です。
母子手帳には身長・体重などの成長曲線が記入できます。この中には頭囲の成長曲線もあります。
正常範囲の曲線が記入されてありますが、体の成長具合に比べ頭囲だけ正常範囲を大きく超えている場合注意が必要です。
また、
・不機嫌が続く
・いつも浅い眠りでボーッとしている
・両黒目が突然下に引っ張られる洛陽現象
・なかなか首が座らない
という症状もあります。
判断しにくいですが、嘔吐が続いたり、けいれんするといった症状も報告されています。

水頭症の治療

赤ちゃんの頭囲の異常を感じたら小児科・脳神経外科を受診しましょう。
診断は頭部CTやMRI検査で行います。
水頭症と診断された場合、シャント手術という治療が一般的です。
この手術では脳室に溜まりすぎた脳脊髄液を腹部で吸収できるようにシャントと呼ばれるバイパスを入れます。

引用元-WEBホスピタル

脳腫瘍の場合は原因がわからないことも

脳腫瘍

息子の脳腫瘍は脈絡叢乳頭腫というもので、原因はわかっていません。赤ちゃん、乳幼児に多い脳腫瘍です。
息子が入院していた病院の医師によれば、脳腫瘍は100種類以上あるそうで、その中の一部のものについては遺伝子の異常が原因と言えるものがあるが、息子が患った脳腫瘍を含め多くは原因がわかっていないということでした。

息子が患った脳腫瘍は良性で、ほぼ完全に取り除くことができれば再発することは少ないものです。素晴らしい医師のおかげで、息子の脳腫瘍は完全に摘出されました。

とはいうものの原因がわからないことで、どうしても気持ちがスッキリしません。
脳腫瘍の原因を知りたくて調べました。何か再発防止のヒントになるものがないだろうかと。

複数の海外医療関係Webサイトに、息子が患った脳腫瘍に関して或るウイルスが関与しているとの記述が見つかります。
念のためこの点について医師に訊ねたところ、現時点ではなんとも言えないというニュアンスの回答を得ました。

引用元-ベビー・アトム

頭が大きいのは自閉症だから?

“頭が大きいと自閉症の可能性がある”なんて、一時メディアで取り上げられたことがあることから、不用意に心配しているママが多いようです。

実際に、自閉症児と頭囲についての研究、発表をしている偉い先生方もいて、全く因果関係がないというわけではないようですが、“自閉症であれば頭囲が大きい”というのは間違いで、“自閉症児の中には頭囲が大きい子がいる”と解釈している方が良さそうです。

もちろん、自閉症スペクトラム障がいと診断されている子どもの中に頭囲は正常値ですという子も少なくありませんので誤解のないようにしましょう。

研究発表の中には、自閉症児は出生時には頭囲が小さ目で、その後2歳ごろまでに頭囲が急成長し大きめになる割合が健常児と比較すると有意に高いとする報告もされているようですが、繰り返しになりますが、安易に頭囲の大きさ=自閉症と勘ぐるのはやめましょう。

引用元-赤子くらぶ

まとめ
赤ちゃんの頭が不自然に大きい場合はすぐに病院で診てもらいましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ