日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

      2016/10/28

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ツタヤのクレジットカード解約は難しい!

ツタヤを利用されている方で、クレジット機能の付いたカードをご...

神社に参拝する時、お賽銭っていくらがいいの?

お正月には神社に初詣に行く方も多いと思いますが、皆さんお賽銭...

外国人が日本の食べ物で好きなもの嫌いなもの

訪日する外国人は年々増えていますが、やはり食に関することで驚...

ジャンプ写真撮影のコツ

SNSなどで、みんなでジャンプ!した写真、見かけますよね。楽...

ロングコートは身長が低い人でも着こなせる!

背が低いと、ロングコートは似合わない…というのは、男女問わず...

椎間板ヘルニアを治すのに手術は必要!?入院期間はどのくらい?

椎間板ヘルニアになると激しい痛みに襲われ、場合によっては日常...

信用金庫の口座解約は難しい!?

地元の信用金庫に口座があるよ、という方も多いと思います。でも...

高校の友達と会話が続かない!上手に会話をするポイントとは?

高校では環境が変わるので、新しい友達がたくさんできるかもしれ...

金魚が病気になったらどうしたらいい?赤い斑点が出るのはどんな病気?

金魚も病気にかかることがあるので、日頃からよく観察をしておか...

警察の巡回連絡とは?住所氏名の調査は拒否できる?

警察が突然自宅に訪問して、住所氏名、家族構成などを調査される...

会社に給料の値上げ交渉は可能!?その方法を解説!

会社の待遇に不満があっても、そのままの待遇で働いている人は結...

中学校の部活は親も大変!?保護者会の役割とは?

中学校の部活にも最近は保護者会が存在するようです。中学の部活...

皮膚科でシミの治療!?化粧品で効くものはある?

一般的に売られているシミ用の化粧品はどのくらい効果があるので...

化粧水と美容液の違いとは?2つを上手く使ってスキンケア!

スキンケアで欠かせないのは化粧水、乳液、美容液などです。これ...

顔のシミが痒いのは何故?その原因と対策について解説!

顔にできたシミの中には次第に痒みを伴う場合があります。シミが...

画像の添付をしたらメールの送信が上手くできない原因とは

現在はスマホなどで気軽に高画質の写真を撮ることができるので、...

彼氏の仕事の悩み…わたしにできることは?

一緒にいるのに彼氏がしゃべらない、いつも疲れた表情でふさぎ込...

エアコンの暖房をつけているのに寒いのは何故?原因と対策方法は?

エアコンの暖房をつけているのになんだか冷たい風が吹いて寒いと...

結露の対策は100均でばっちり!?おすすめのグッズは?

冬になると悩まされるのが結露ですね。結露の対策をちゃんとしな...

携帯で動画を見ると料金がとんでもないことに!?対処法はどうしたらいい?

携帯で動画を視聴したり、ダウンロードすると携帯の料金の請求額...

スポンサーリンク

薬の副作用で起こる蕁麻疹とは

薬疹とは、薬を内服したり注射したりすることにより生ずる発疹のことです。
その中でも問題となるのは、薬を投与されたごく一部の人に生ずるアレルギー性薬疹です。
ふつう薬疹といった場合には、このアレルギー性薬疹を指し、薬に対して反応するような細胞や抗体がある人(これを薬に感作された状態と呼びます)にのみ生じます。
通常、薬に反応するこのような細胞や抗体が出来るのには内服を始めて1~2週間程かかるので、そこで初めて発症すると考えられています。
ですから全て内服したことのない薬で(アレルギー性)薬疹を生ずることはないはずです。
もし、あったとすれば、それは既にその薬と似た構造を持つ他の薬に感作されていたと考えるべきでしょう。

引用元-皮膚科Q&A

蕁麻疹が薬の副作用による薬疹かどうかの判断について

薬疹の特徴は?

薬疹の際生ずる発疹は多種多様で、特有の発疹は比較的少ないといわれています。
そのため皮膚に生ずる発疹から薬疹かどうかを診断することはとても難しいことが多いようです。

ただし薬疹は、おおむね全身、あるいはかなり広い範囲で生じてくる傾向があります。
さらに、基本的に左右対称性に生じてくることが特徴です。
つまり、ある薬を飲んでいて、全身の左右対称性に発疹が起きたら、薬疹を疑ってよいでしょう。

引用元-いしゃまち

蕁麻疹をおこしやすい薬について

蕁麻疹を起こしやすい薬とは?

●消炎鎮痛薬

消炎鎮痛薬でよく知られているアスピリンやインドメタシンは蕁麻疹の原因となることが多いです。
しかも悪化因子となることが多く、比較的蕁麻疹がひどくなりやすいといえます。
最も怖いのがアスピリン不耐性です。
喘息や鼻炎、蕁麻疹が重症化しやすく、アナフィラキシーショックや血管性浮腫などの命の危険性があるからです。
蕁麻疹や喘息の既往歴がある人は、カゼ薬など消炎鎮痛薬を服用する場合には細心の注意が必要です。

●抗生物質

ペニシリン系の抗生物質は、蕁麻疹性の薬疹では30%を占めているという報告があります。

引用元-カラダノート

抗生剤による副作用の種類

抗生物質による薬疹の種類

抗生物質による薬疹の代表的な3つを解説します。

固定薬疹

抗生物質のほか、多種の薬剤が原因となる薬疹です。
同じ場所にくりかえし症状があらわれるのが特徴で、水疱をともなうことがあります。
多くの場合、色素沈着をともないます。
詳しくは、『固定薬疹とは』で紹介しています。

アナフィラキシー型薬疹

薬剤の投与後、数分から1時間のうちに急激に発症します。
初期症状は、くしゃみや鼻水のことが多いですが、みるみるうちに悪化し、蕁麻疹、呼吸困難、ショック症状をともないます。対応が遅れると、命にかかわる一大事となります。

引用元-ヘルケア大学

薬の副作用が重症化した場合

<スティーブンス・ジョンソン症候群>

中毒性表皮壊死症と比べ皮膚の剥離する範囲が少し狭く、生命の予後も多少良いといえます。
眼や口唇などの粘膜症状が強く、特に眼の粘膜の症状が強い場合には、しばしば後遺症を残すことがあります。
発症には薬剤だけでなくマイコプラズマなどの細菌感染や単純ヘルペスウイルスなどのウイルス感染が関与している場合があります。

<中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)>

全身の皮膚が紅くなり、擦るだけでズルズルとはがれ、まるでヤケドのようになります。死亡率は20~30%と考えられています。
大部分で水疱を伴う紅斑で始まり、数時間以内に広い面積の表皮壊死や広い面積の表皮剥離が起こり、多量の体液の喪失があります。
口腔などの粘膜病変として発赤、ただれ、出血、潰瘍化があり、痛みを伴い、発熱および全身状態の悪化が起こります。

原因と考えられる医薬品は、主に抗生物質、解熱消炎鎮痛薬、抗てんかん薬など広範囲にわたります。
なお、スティーブンス・ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死症は一連の病態と考えられ、中毒性表皮壊死症の症例の多くがスティーブンス・ジョンソン症候群の進展型と考えられています。

引用元-いしゃまち

まとめ
薬の副作用で蕁麻疹が出た場合は服用を中止して、すぐに病院で診察してもらいましょう。

twitterの反応

 - 未分類, 美容・健康

ページ
上部へ