まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

ノンアルコールビールは飲んでも大丈夫?肝臓への影響は

      2016/11/03

 - 美容・健康

肝臓はアルコールを摂取した場合に影響が出やすい臓器です。そのため、お酒を飲む人は休肝日を作る必要がありますね。ところでノンアルコールビールは肝臓への影響はないのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

血糖値は正常なの?血糖の推移

健康診断の結果で血糖値が高めと出たら以上に気になります。人によれば、正常の範囲内だと言いますが、はたして本当何でしょうか。日頃の血糖値の推移が大事だと言う人もいます。

親知らず抜歯後の穴に白いものが…

歯医者はハッキリ言って嫌いですが、とうとう親知らずを抜歯する事になりました。痛い思いをして抜いた跡をおそるおそるのぞいてみると、白いものが見えます。えっ!骨?いや、チョット違う。

手の神経麻痺と原因

様々な疾患が存在します。軽い症状のものから、重たい症状があります。その中でも、手の神経の麻痺に悩まされている方もいることでしょう。原因や症状などはどのようなものなのでしょうか。調べてみました。

卵巣の腫れが3センチと言われた…!卵巣腫瘍にご注意を

卵巣は通常ソラマメくらいの大きさですが、3センチくらいに腫れてしまうと要注意。それ、卵巣腫瘍の可能性があります。卵巣腫瘍とはなんなのでしょうか?そして、診断を受けたらどうなるのでしょうか?

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

ADHDの診断は年齢で変わるのか

子どもが、集団生活の始まる年齢になると何かしら気になるものです。他の子たちとの協調が上手くいかないので、病院へ行くとADHDと診断されることが有ります。ADHDの症状は年齢で変わるのでしょうか?

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

ステロイドの副作用!? 内服の場合はどんな副作用がある?

ステロイドは皮膚科などでもらう塗り薬などの外用薬の他に、内服薬もあります。ステロイドの内服薬によって、治療に大きな効果がみられる場合もありますが、副作用が起きることもあります。今回はステロイド内服薬の副作用について調べました。

扁桃腺が腫れて片方だけ痛い

風邪を引くと扁桃腺が腫れることは良くあります。酷くなると唾を飲み込むことさえ容易ではありません。たまに、片方だけ腫れることがあります。何が原因なのか調べることにしました。

後頭部に痛みが一瞬走る…。これって何!?

あなたは、日常生活のふとした瞬間に後頭部に一瞬ズキンと痛みが走ったことはありませんか?自分だけかと思いきや、多くの人が同じようにこの痛みを感じ、これは何だろうか?と疑問に思っているようです。この謎の痛みについてまとめました。

貧血の症状と病院での処方

貧血でお悩みの方も多いことでしょう。貧血にも多くの種類がありますが、症状の重さは様々です。普段の生活に支障をきたす場合もあります。貧血の症状はどういったものなのでしょうか。その場合の病院での処方について調べてみました。

毎日ランニングを30分続けて健康な体を作る

ジョギングを毎日続けることは難しいし、しかも30分となるとなおさらです。三日坊主の私にはハードルの高い問題ですので、楽しく続づける方法と効果を理解すれば、三日坊主にならないかもと思い調べました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

うつ病の症状を訴える30代が増えてきた

働き盛りの30代は、責任感の強さから様々なストレスに悩まされます。自分だけは大丈夫と思っていても、知らない内にうつ病の症状を発症しているかも知れません。うつ病は誰にでも起こり得る病気です。うつ病に付いて調べました。

30分のウォーキングはダイエットにいい?どんな効果があるの?

ウォーキングは運動が苦手な人にもおすすめのダイエット方法ですね。ウォーキングで効果を期待するならば30分以上歩くといいと言われていますが実際はどうなのでしょうか?今回はウォーキングの効果について調べました。

虫歯治療後、麻酔が切れる時間や痛みについて

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。しかし、麻酔は時間が経てば切れてしまいますし、切れた後、痛かったりしますよね。そこで今回は、虫歯治療後麻酔が切れる時間などについて調べてみました。

風邪やインフルエンザは同時に感染するのか?

今年もインフルエンザが流行しました。かかってしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、通常の風邪と一緒にインフルエンザに感染することがあるのでしょうか。また、インフルエンザのA型、B型なども同時にかかることはあるのでしょうか。

扁桃炎の手術で入院!医療保険は適応される?

扁桃炎になると手術をしないといけない場合があります。手術後はしばらく入院が必要なので、医療保険に加入していないと痛い出費となってしまいます。しかし扁桃炎の場合は手術には保険が適応されない場合があるようなので気を付けましょう。

肝臓とアルコールの関係とは

年齢を重ねていけば身体の疲れは抜けにくくなっていきます。それは若い頃に比べて代謝が落ちていくからです。特に肝臓に関しては身体の中で解毒を行っている内蔵ですから、昔と同じようにアルコールを摂取していれば当然身体に負担がかかってしまいます。その肝臓への負担が二日酔いとなるのです。

アルコールは適度なストレスの発散となりますが量を間違えてしまえば、身体に害を及ぼしてしまいます。その為、ご自身に負担がないように適量を知る事が二日酔いをしない為に最も大切な方法となるのです。特に毎日飲酒をする方であれば肝臓を休める為に休肝日をおすすめします。

また空腹でアルコールを摂取すると酔いが回りやすくなるだけではなく、胃腸にも負担を与えがちです。おつまみにはヘルシーな物を選んで、アルコールと共に楽しめるように心掛ける必要があります。

引用元-肝臓の数値をよくするには?

スポンサーリンク

  人気記事

アルコールの取りすぎは肝臓によくない!

アルコールは肝臓に負担がかかる

アルコールを摂取すると、肝臓はアルコールが完全になくなるまで、分解し続けなければなりません。この時、通常の栄養素を代謝するときとは、異なった動きや変化が要求され、肝臓に相当な負担がかかります。

これは、量を飲めば飲むほど、毎日飲めば飲むほど肝細胞の変化が恒常的に続くようになり、やがて肝細胞の変性や壊死などがみられ、肝硬変へとつながるといわれています。

アルコール性肝硬変は完全禁酒が大切

上記のことから、アルコールが肝硬変を悪化させてしまいます。ですので、アルコール性肝硬変の場合、禁酒することが一番の治療となります。

とはいっても、アルコール性肝硬変になった場合、アルコール依存症になっている確率が高く、禁酒が難しい場合もあります。

肝硬変が軽傷だからちょっとくらい飲んでも大丈夫と思われる方がいるかもしれませんが、今まで飲んできた結果が肝硬変を招いていますので、そのちょっとが悪化させる原因になることが十分に考えられます。それに、一度飲みだしたらちょっとでは済まなくなりますので、絶対に飲まないようにしましょう。

引用元-話題集め隊

ノンアルコールビールとは

「ノンアルコールビール」と聞くと、その名の通り、アルコールを全く含んでいないビールだと思ってしまいませんか? 実はノンアルコール飲料は次の2種類に分けられます。

・文字通り、アルコールを全く含まない飲料
・実際は、1%未満のアルコールを含む飲料

日本では、酒類にかかる税金を定める法律の関係で「アルコールの含有量が1%以上」の飲料を「アルコール飲料」として定義しています。つまり1%未満であれば、厳密にはアルコールを含んでいても、ノンアルコール飲料として扱われるのです。

アルコールが完全に0のビールを飲んだ場合は、炭酸飲料水を飲んだのと同じで、体へのアルコールの影響は全くありません。しかし、微量のアルコールを含むノンアルコール飲料を飲んだ場合は、非常に微々たるものですが、薄めたビールを飲んだのと同じ影響があると考えられます。一言でノンアルコールと言っても、0.9%と0.009%ではかなり違います。ノンアルコールならどんなものでもドライバーや妊婦でも飲めると考えられがちですが、実際にはどの程度のアルコールを含んでいるかを確認し、物によっては大量飲酒しないよう気をつけることを忘れてはいけません。

引用元-飲みすぎると酔う!? ノンアルコールビールの注意点 [飲酒・アルコール] All About

ノンアルコールビールにしたら肝臓はどうなった?

健康診断で150まで上がったのがわかったので、生活スタイルを変えました。いきなり全てを変えるのは無理だったので、週に2回ぐらいはノンアルコールのビールにして、その他の日も飲む量は極力へらすことを心がけたのです。最初こそアルコールがはいってないビールは物足りなかったものの(だってどんだけ飲んでも酔わないんだもん。あたりまえですが…)、不思議なことに次第に慣れてきたんです。

いままではアルコールで酔うのが楽しみだったのが、いつのまにかノンアルコールの味を楽しむにように変化、これが肝臓の数値を下げるには絶大の効果がありました。そりゃそうですよねぇ。数週間後だったかな、病院でまた血液検査をしてガンマgtpを測ってみると、なんと100を切るまでに減少、たしか50ぐらいだったんじゃないかと記憶してます。すごい減り具合いでしょ?

入院した上司もいってたけど、アルコールを数週間やめて食生活をかえるだけで、肝臓は劇的に回復するようです。

引用元-お酒は飲むもの飲まれるな

注意!ノンアルコールビールで酔うことも

アルコールを含むノンアルコールビールのアルコール濃度は実際には1%未満ですが、1%と仮定しましょう。普通のビールのアルコール濃度を4%とします。この場合、ノンアルコールビール4缶は、普通のビール1缶分という計算になります。言い換えるとノンアルコールビール1缶は普通のビール1/4缶ということになります。

お酒の強さは人それぞれ。コップ1/4程度のお酒でも酔ってしまう人がいるように、ノンアルコールビールなら絶対に酔わないというわけではないのです。最近の CMで0.00%などと謳っている商品があるのは、一言にノンアルコールビールと言っても、0.9%の製品とは違うということを訴求するためでしょう。

引用元-AllAbout

ノンアルコールビールは肝臓に影響はないか?

質問に多く上がってくるのが、ノンアルコールビールなら大丈夫なんじゃないか?という質問です。

肝硬変になった原因がアルコールなわけですから、結論から言うと、ノンアルコールビールにはアルコールが含まれていませんので、身体的には飲んでも問題ありません。ただし糖分が含まれているため、飲み過ぎには注意が必要です。

引用元-話題集め隊

まとめ
ノンアルコールビールは肝臓への負担はないようですが、飲みすぎによる糖分の取りすぎには気を付けましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康