まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

若者に脳の病気が増えている

      2016/11/09

 - 美容・健康

脳梗塞やアルツハイマーは中高年の病気だと思われていました。しかし、若者に増えているのです。「不規則な生活」「栄養バランスの偏った食事」「ストレス」などが原因とわかってきました。生活習慣を改善することが予防になります。

スポンサーリンク

  関連記事

タバコで喉に違和感が!原因と対処

タバコを吸う人は一度は喉の違和感を感じたことがあるのではないでしょうか?タバコを吸っているとなぜ喉に違和感を感じるのでしょう?また喉の違和感を治すにはどうしたらいいのでしょうか?

ビオフェルミンの服用が効果あり?アトピーが改善?!

ビオフェルミンといえば有名な乳酸菌の整腸薬ですね。このビオフェルミンがアトピーの改善に効果があるという話があります。はたして実際の効果はどうなのでしょうか?今回はビオフェルミンとアトピーについて調べました。

ヨーグルトは効果あり?アレルギーに効くヨーグルトとは

現在は3人に1人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。花粉症やアトピー…つらいですね。そんなアレルギーにヨーグルトが効果があるという話があります。どのようなヨーグルトを摂取すれば効果があるのでしょうか。

貧血の症状と病院での処方

貧血でお悩みの方も多いことでしょう。貧血にも多くの種類がありますが、症状の重さは様々です。普段の生活に支障をきたす場合もあります。貧血の症状はどういったものなのでしょうか。その場合の病院での処方について調べてみました。

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

LDLコレステロール値とは何?高いとどうなるの?

健康診断などに行かれると思います。そこで、LDLコレステロールについて注意されたことはありませんか。しかし、LDLコレステロールとはどのようなもので、高い原因や値の数値でどのような影響が出てくるものなのでしょうか。

一重と二重の片方だけは気になる

片方だけが一重だったり、二重だったりすると気になりますよね。出来れば左右揃えたいのが人情と言うもの。二重にする方法や二重から一重に出来るの?と言った疑問。また、変える必要性などを集めてみました。

タバコで顔が黒い原因は?

タバコを吸うことにより身体に様々な影響、ダメージを与えていきます。肺のほかにも肌に影響が出るとよく聞きますが、顔が黒いのもそれが原因なのでしょうか。また、それを解決するにはどうしたらよいのでしょうか。

夜ごはんが遅いとどんな影響がある?

みなさんは、夜ごはんは何時に食べていますか?子育てをしているお母さんなどは、子供と一緒に食べられれば規則正しくご飯が食べれるかもしれません。しかし、夜遅くまで働くまだ独身の方や、残業の多い仕事をしているお父さんなど、夜ごはんの時間が遅い方もたくさんいるのではないでしょうか?そこで、夜ごはんが遅いとどういう影響があるのか、調べてみました。

美容院でカットを失敗した!?そんな時はどうする?

せっかく美容院で髪をカットしてもらったのに、思い通りの髪型にならなかったらどうしますか?失敗した!とならないためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は美容院でカットを失敗した場合について調べました。

手の神経麻痺と原因

様々な疾患が存在します。軽い症状のものから、重たい症状があります。その中でも、手の神経の麻痺に悩まされている方もいることでしょう。原因や症状などはどのようなものなのでしょうか。調べてみました。

美容室でトリートメントはするべき?トリートメントの種類と効果

美容室でトリートメントをすると髪がサラサラになりますね!しかし美容室のトリートメントは傷んだ髪を治すことはできません。たくさんの種類のトリートメントはどのような時にすると効果的なのでしょうか。

扁桃腺が腫れて片方だけ痛い

風邪を引くと扁桃腺が腫れることは良くあります。酷くなると唾を飲み込むことさえ容易ではありません。たまに、片方だけ腫れることがあります。何が原因なのか調べることにしました。

頭を強打してたんこぶができた場合はどうする!?

頭を強打してたんこぶができてしまうことがありますね。たんこぶができた時はどうしたらいいのでしょうか。たんこぶができて、さらにほかの症状がある場合は注意が必要なようです。今回はたんこぶができた場合の対処法を調べました。

自転車や徒でのダイエットとカロリーの比較

通勤の時などにダイエットを心がけて頑張っている方も多いと思います。自転車や徒歩など様々な手段が考えられますが、その場合のダイエット方法と実際のところのカロリー消費はどのようなものなのでしょうか。それぞれを比較してみました。

筋肉量の平均以上を男なら目指そう

体脂肪率も気になりますが、男なら筋肉量も気になります。筋肉量の平均値はいくらか、筋肉量にこだわらなければならない理由。マッチョな体ではなくても良いが、せめて平均に近づけたい。

吐き気に効くツボはここ!手で押してみよう!

二日酔いや、車酔いなどで吐き気があるときに効くツボがあるのを知っていますか?覚えておけば手ですぐに押して少しは気分がよくなるかもしれません。今回は吐き気に効くツボを調べました。

タバコを止めたいあなたへ~タール&ニコチンの害~

この記事を開いたあなたはタバコを止めたいと思っているのですよね?「わかってはいるけど、止められない…」と悩んではいませんか?悩んでいると、余計タバコに依存してしまうかもしれません。ではどうすればいいのでしょうか?答えは案外シンプルだったりするのです。

舌を噛むには原因があった!?その原因と出血した時の対処法

食事中などに舌を噛んで出血したことがある人はたくさんいる事でしょう。中には無意識に噛んでいる人もいるのではないでしょうか。実は舌を噛むという事には原因があったのです。

禁煙で見られる効果と症状の時系列

禁煙をすると体に良いことは解っている。なかなか切っ掛けをつかめないし、踏み切れない自分が歯がゆい。一番気になるのが、禁煙をした時の症状と効果。時系列にどの様な効果と症状があるのか調べました。

若者も脳梗塞になります

若年性脳梗塞の原因1.生活習慣病の低年齢化

若年性脳梗塞が増えているもっとも大きな原因は、生活習慣病の低年齢化にあります。いまの世の中は昔にくらべ食べ物がふんだんにあります。コンビニやスーパーファストフード店などは24時間営業となり食べたいものを食べたいときに好きなだけ食べることができます。

ファストフードやコンビニ食を利用するのは便利ですが、高カロリーで栄養のバランスを欠いた食事になりやすいといえます。

規則正しい食事の習慣や栄養のバランスが乱れた食生活が若いうちから習慣になってしまうと、歳をとってからその食習慣を変えることはなかなか難しくなります。

そのため、肥満や高血圧、高脂血症など脳梗塞を起こす要因が若いうちから増えることになり、若年性脳梗塞が起こる根本的な原因となるのです。

引用元-健康+生活

スポンサーリンク

  人気記事

若者の脳の病気の予防

脳梗塞は、脳動脈が狭くなったり(狭窄)、血栓が詰まったり(塞栓)して起こる病気ですから、脂質異常症や高血圧などの生活習慣病を防ぐこと、血液をサラサラに保てるように心がけることが大切です。血液がサラサラになる食品を積極的に摂取し、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

また、肥満に注意し、適度な運動も忘れてはいけません。有酸素運動が効果的とされていますので、ウォーキングやゆっくりとしたペースのジョギングなども良いですし、喫煙や飲酒はできるだけ控え、十分な睡眠・休養とストレス解消に努めることも大事です。

急激な温度変化でも発作を起こす場合がありますので、夏場や冬場は温度にも気を配りましょう。

引用元-若年性の病気.com

若者の脳の病気・気をつけるべきサイン

脳梗塞になる前に、何らかのサインが体に出る場合があります。しかしそのサインの多くは、出たと思ったら10分ほどで、長くても24時間以内に消えてしまう症状ばかりなので、単なる“体調不良”で片付けてしまいがちです。しかし、こうしたサインは一過性脳虚血歩発作である場合が多く、もし一過性脳虚血歩発作が起きると、高い確率で間もなく脳梗塞の症状が出ると言われています。
(1)からだの片側がしびれる
(2)手足に力が入らない
(3)急に言葉が出なくなる
(4)ろれつがまわらない
(5)人の言葉が一時的に理解できない
(6)物が二重に見える
(7)片目が見えなくなったり、視界の半分が見えなくなったりする
(8)食べ物が一時的に飲み込めなくなる

引用元-WooRis

脳の病気・アルツハイマーは若者もなる

脳で生成されるタンパク質の1種であるアミロイドは、脳に新しいニューロン結合を形成することで、適応能力を維持したり、記憶力を強化するなどの働きを持っています。しかし、アミロイドが異常に蓄積すると脳内に粘質のプラークが形成され、正常な脳神経細胞に干渉することでニューロンが破壊され、アルツハイマー病を引き起こす原因になるといわれています。

アミロイドの蓄積は年齢とともに発生すると考えられていましたが、ノースウェスタン大学フェインバーグ医科大学の認知神経学・アルツハイマー病センターの研究によって、アミロイドの蓄積が20代の若者の脳内でも発生していることが明らかになりました。研究を主導したChangiz Geula教授らは20歳~66歳の健常者、70歳~99歳の健常者、60歳~95歳のアルツハイマー病患者の脳を分析し、全ての脳の前脳基底部からアミロイドの蓄積を確認したとのこと。

前脳基底部は記憶・注意力に関する部分ですが、アルツハイマー病の研究では通常は検査されない部位となっています。この研究結果によって、前脳基底部にはアミロイドが蓄積を受けやすい細胞群が存在することが判明。剖検標本であるため、これらの若い個体が実際にアルツハイマー病を発症していたかどうかは確認できませんが、アルツハイマー病を引き起こすプロセスが20代から始まっていることを示しており、将来的にアルツハイマー病の発症を促進することがわかっています。

引用元-Gigazine

若者の脳梗塞は10年前の5割増し

年間7万人が死亡する脳梗塞のうち、若年性は約1割。若年性の患者数はこの10年で5割も増えている。

20代半ば~後半のゆとり世代がなぜ突然死するのか。心理学博士の鈴木丈織氏が言う。

「ゆとり世代の特徴として、親に甘やかされてきたこと、学校の規則も緩く伸び伸び育てられてきました。ストレス耐性が身に付かなかったのです。社会に出て、上下関係や厳しい規則を持った上司、先輩とのやりとり、存在そのものがストレスになっています。同僚と比較されたり、失敗をとがめられるたびに血管の萎縮を加速させているのです」

引用元-日刊ゲンダイ

まとめ
脳の病気は年配者だけではありません。生活習慣の乱れで、若者にも増えています。

twitterの反応

 - 美容・健康