まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

子供の頭痛はこんな病気から

      2016/11/11

 - 美容・健康

子供が頭痛を訴えて苦しんでいたら、見ているだけでも辛いですよね。重い病気じゃないか、と心配になる保護者の方も多いでしょう。子供の頭痛には、どんな原因があるのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

鼻水が透明なときとネバネバのときの違いは?

鼻水って、透明でサラサラしたものが出るときと、ネバネバしたものが出るときありませんか?とくに子供とかよく風邪なんか引いて鼻水しょっちゅうたらしてますが、鼻水が透明なときと、ネバネバしているとき、どう違うんでしょうか?詳しく、調べてみました!

ADHDの診断は年齢で変わるのか

子どもが、集団生活の始まる年齢になると何かしら気になるものです。他の子たちとの協調が上手くいかないので、病院へ行くとADHDと診断されることが有ります。ADHDの症状は年齢で変わるのでしょうか?

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

皮膚科に行ってシミにバイバイ!ハイドロキノン治療

『あ、シミができてる…』鏡を見て気づいてしまったら。あなたは皮膚科に行ったことはありますか?ハイドロキノンという薬がシミに効くと話題です!一体どのようなものなのでしょうか?

タバコを禁煙することになったきっかけ

多くの方がタバコを吸っているかと思います。しかし、禁煙したいという方も多いのではないでしょうか。禁煙したひとはそのきっかけとは何だったのでしょうか。今回はタバコの禁煙のきっかけについて調べてみました。

吐き気に効くツボはここ!手で押してみよう!

二日酔いや、車酔いなどで吐き気があるときに効くツボがあるのを知っていますか?覚えておけば手ですぐに押して少しは気分がよくなるかもしれません。今回は吐き気に効くツボを調べました。

サロンで使っているシャンプーはアミノ酸系が多い

シャンプーは近くのドラッグストアで特売品を買っていましたが、どうも髪がゴワゴワするし、フケも多くなってきました。肌に優しいと言われる、アミノ酸系シャンプーに代えようかなと思っています。

女性の悩み!美脚になるのに必要な筋肉とは?

美脚になりたいという思いは多くの女性が抱いているのではないでしょうか?中には脚を細くするために鍛えて筋肉がつき、逆に太くなってしまったという人もいますね。今回は美脚になるために必要な筋肉について調べました。

背筋を筋トレで毎日鍛える

毎日、筋トレをしても良いものか、ある程度時間をおいた方が良いのか悩むところです。腹筋や背筋は大丈夫だと聞いたことがあり、最も友好的な筋トレの方法は何か調べて見ました。ダイエットにも繋がると嬉しい。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

糖尿病治療は炭水化物を減らして糖質制限

糖尿病治療には必ず食事療法が施されます。辛い食事制限は続ける事が難しいと思いますが、今はそんなに辛い思いをする事無く炭水化物の摂取量を減らす、糖質制限食が有ると聞きました。

頭を強打した時は頭痛や様々な症状の変化を観察しましょう

頭を強打した場合、「たんこぶができれば大丈夫」とよく聞きませか?その言葉を鵜呑みにしてはいけません。今は医療の進歩によりきちんと検査ができます。症状をよく観察してください。頭痛やめまい、言語障害などの症状があったら、早めに受診しましょう。強打して意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

親知らずの虫歯治療はどのように麻酔をかける

虫歯を治療する際は、麻酔をかけると思います。親知らずが虫歯になって治療する際は、どのように麻酔をし、治療を行っていくのでしょうか。そこで今回は、親知らずの虫歯の治療と麻酔について調べてみました。

筋肉量の平均以上を男なら目指そう

体脂肪率も気になりますが、男なら筋肉量も気になります。筋肉量の平均値はいくらか、筋肉量にこだわらなければならない理由。マッチョな体ではなくても良いが、せめて平均に近づけたい。

臍ヘルニアの手術とは?費用はどのくらい?入院はするの?

臍ヘルニアと聞くとなんだか重大な病気のように聞こえますが、つまりは出べそのこと。臍ヘルニアは自然に治る場合もありますが、手術となる場合もあります。手術することになった場合、入院期間や費用はどうなるのでしょうか?

インフルエンザの薬と子供

風邪をひくことはよくありますが、インフルエンザにはかかりたくありません。高熱といった症状に悩まされることもあります。最近では様々なインフルエンザに効く薬がありますが、子供が服用する場合はどうなのでしょうか。インフルエンザの薬と子供について調べてみました。

舌を噛むには原因があった!?その原因と出血した時の対処法

食事中などに舌を噛んで出血したことがある人はたくさんいる事でしょう。中には無意識に噛んでいる人もいるのではないでしょうか。実は舌を噛むという事には原因があったのです。

禁煙の方法で効果があるものは何でしょう?

本気で禁煙を考えている人は必ずやめられるのでしょうか?禁煙グッズはいろいろあります。端から試してみるものいいけれど本気さに欠けるように思います。なんでタバコを吸ったのでしょう?なんでタバコを売っているのでしょう?不思議な世の中ですね。

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

癌の宣告を受けることは大変ショックなことです。苦しい治療や手術をしても再発の可能性がある恐ろしい病気です。もしも癌になった場合に余命宣告を受けたら、どう解釈すればいいのでしょうか。

5歳の虫歯治療の麻酔は

虫歯で悩まれている方も多いと思います。しかし、5歳の子供たちの虫歯治療となると大変です。その場合、治療の麻酔や注意事項はどうなのでしょうか。今回は、5歳の虫歯治療の麻酔について調べてみました。

子供の頭痛の主な種類

■血管性頭痛

ズキンズキンとする拍動性の痛みで、血管の拡張、血管壁の緊張のためおこります。子どもで多いのは発熱時の血管性頭痛です。熱のため脳の循環血液量が一時的にふえるために起こります。

■片頭痛

子どもの片頭痛では、普通型片頭痛とよばれるもので、片側あるいは両側の頭痛で、一般の片頭痛のような、目の前にキラキラ輝くものが見えたりするような特徴はありません。吐き気、嘔吐、食欲不振なども伴い、男の子よりは女の子に多く、また家族性にみられる傾向があります。

■緊張性頭痛

精神的緊張のために、頭から首にかけての筋肉が持続的に収縮する結果生ずる頭痛です。片頭痛のような発作的におこる痛みでなく、徐々にはじまる持続的な痛みで「頭が重い」、「しめつけられる感じ」などといいます。後頭部から側頭部にかけてのことが多いのですが、頭全体が痛むこともあります。数時間から1日中続きますが、安静にしていたり、よく眠ったあとは軽くなります。

引用元-子供の病気と応急手当

スポンサーリンク

  人気記事

あまり心配のない頭痛

子供に「頭が痛い」と言われたら、誰もが心配して、慌ててしまうと思います。しかし、風邪の初期症状なら、慌てないで、落ち着いて対処しましょう!

園や学校などで、風邪やインフルエンザが流行っているようなら、まず疑ってみてください。頭痛のほか、鼻水や咳、発熱などの症状が出ているようなら、ほぼ、風邪が原因でしょう!すぐに、小児科や内科へ連れて行って、受診してくださいね。実際、子供の頭痛のほとんどは、風邪によるものと言われてます。

またインフルエンザは、鼻水・咳・高熱に加えて、筋肉や関節の痛みなどが特徴です。風邪と同様に、医師の診察を受けましょう。

引用元-子育て百科

急で激しい頭痛は要注意

子供の頭痛は、すぐに頭の病気と結びつくことはほとんどありません。まず、痛みの起こり方から、二つに分けます。痛みの起こり方が急で、以前に同様の痛みがない場合(急性型)と、痛みがじょじょに起こり以前にも同様の痛みの既往がある場合(慢性型)があります。

<急に起こる頭痛>
風邪などの発熱でも頭痛があるのは当然ですが、他に悪心・嘔吐などの症状を伴う場合は髄膜炎等の可能性(院外報VOL37)があり検査・治療が必要です。発熱等の風邪症状もなく激しい頭痛を訴える場合は、頭部外傷や脳内出血等も考慮して検査します。

<ゆっくり繰返し起こる頭痛>
痛みが繰返しあり、痛みもじょじょに始まる頭痛には数多くの病気が考えられます。大抵は心配いらないものです。大人と同様に、子供にも緊張性頭痛が多くゲーム等の姿勢の関係やストレス等の精神的要素も関与し、増加傾向にあります。視力の低下、メガネが合わない、眼精疲労等が原因の場合も多く、一度眼科へ受診してみることも大切です。副鼻腔炎(蓄膿症)でも慢性頭痛の原因となることもあります。また子供にも片頭痛があり、大人と違って腹痛で始まったりすることもありますが、大人と同様の対応となります。

引用元-岩見沢脳神経外科

頭痛に高熱や痙攣を伴う重症な病気

髄膜炎、脳炎、脳症

髄膜炎や脳炎・脳症は、頭痛、発熱、痙攣を伴う病気の中で、最も重症な病気です。ウイルスや細菌が脳の髄膜と呼ばれる部分や、脳そのものに達して炎症を起こすもので、救急ですぐに病院に行かなければなりません。

ただ、b型インフルエンザ菌(Hib、ヒブとも呼び、有名なインフルエンザウイルスとは異なる)や肺炎球菌の予防接種が始まったことにより、以前より重症な髄膜炎は減少しました。一方、毎年予防接種が行われるいわゆるインフルエンザは、子供の場合脳症を来すこともあります。

髄膜炎は、発熱とともに非常に強い頭痛を伴います。これ以外に症状がないこともあるかもしれません。項部硬直と言って、首を曲げられないほど、首の後ろが痛むことが特徴です。重症の場合は、意識障害を伴います。

脳炎・脳症の場合は、髄膜炎よりさらに重症化しやすく、意識障害を来したり、体の一部が麻痺するなどの神経症状を伴ったりします。治癒しても後遺症が残る場合もあります。

髄膜炎や脳炎は、抗生剤や抗ウイルス薬を投与することもあります。軽い髄膜炎であればこれで治りますが、治療が難しくなる場合もあり、予防が何よりも大切です。予防接種は必ず行うようにしましょう。

引用元-WELQ

子供の頭痛は区別がつきにくい

髄膜炎や脳炎が非常に怖い病気だということをお伝えしましたが、始まりはほとんど風邪と変わりません。どこでこの重症な病気を疑うか医師でさえも難しい場合があります。特に熱性けいれんとの区別は重要です。熱性けいれんは予後のよい病気です。「初めての熱性けいれんのとき」「けいれんを繰り返すとき」「意識の回復が悪いとき」は重い病気を常に意識して下さい。 子どもの微妙な変化を見逃さず、かかりつけの小児科医との連携を大切にしましょう。

引用元-白クマ先生の子ども診療所

まとめ
頭痛だけでは、ただの風邪なのか重症な病気なのかの区別が難しいんですね。どちらにしろ早めに小児科を受診して、適切な治療をしてもらうのが一番です。痛いのを我慢するのは大人でもツラいですからね、子供の様子をよく見て判断しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康