まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

貯金の平均の額はどのくらい?50代は意外と貯金がしにくい!?

      2016/11/24

 - 日常・生活

50代になると子供も独立して、老後のための貯金を余裕をもってできるイメージですが実際はどうなのでしょうか?50代の貯金の平均額はどのくらいなのでしょう。今回は50代の貯金事情について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

コンビニの買い物で得しよう!クレジットカードで支払い

コンビニで買い物をしたことがある人はほとんどだと思いますが、その支払いをクレジットカードでしたことはありますか?クレジットカードで支払いをすると、現金で払うより断然お得だという事で、今回はそのことについて調べました。

風呂場タイルの汚れを掃除しよう

お風呂掃除は水回りの中でも一番大変な掃除です。中でもタイルの目地には水垢にカビが生えたりしたこびり付いています。こうした汚れ一筋縄ではなかなか落ちません。効率的に汚れを落とす掃除方法は無いのでしょうか?

今年のバレンタインは?彼氏から家族まで、多様化するバレンタイン

近年、バレンタインは友チョコや家族チョコなど、どんどん多様化してきています。彼氏にあげるだけじゃない、そんなバレンタインについて調べてみました。

LINEは携帯を解約しても引き続き使えるのか

最近は格安スマホへ乗り換えたり、ガラケーに戻したりする方を見かける事が多くなりました。そんな時、LINEは引き続き使えるのでしょうか。番号が変わったり、ガラケーの場合はLINEそのものが使えなかったりと、どうなるのか不安なので調べました。

タオルのあの臭いが取れない…!いったいどうすれば?

タオルのあのいやな臭いが何をやっても取れない。そんな悩みを持ったことはありませんか?実は臭いの原因はひとつではなかったのです。臭いの原因と対策、そして予防の仕方についてご紹介します。

消したインターネットの履歴は復元出来るのか

過去に見たインターネットの閲覧履歴を復元する事は可能なのでしょうか。以前見たサイトをもう一度見たくなった時に復元する方法と、知られたくない履歴は人に見られない様に消す方法を調べました。

産後はどうする?夫も気になる妻の実家への帰省実態

出産を控えた妊婦にとって、産後どこで過ごすかは重要ですね。多くの人は里帰りをして実家で過ごしているのではないでしょうか。そんな実家への帰省を夫はどう思っているのでしょう?今回は産後の実家への帰省について調べました。

スマホを初期化したらデータはどうなる

スマホの動きが鈍くなったとき、機種変更するときなど初期化する事が有ります。そんな時、データはどうなるのでしょうか。全部綺麗に消えてしまうのか、それとも消えずに残るデータが有るのか調べて見ました。

MARCH志望での大学センター試験について

大学受験のために日々勉強を頑張っていることかと思います。MARCH志望でも受験方方法はいくつかあり、センター利用を考えている方も多くいるかと思います。その場合どのようなところに気を付けなくてはいけないのでしょうか。詳しく調べてみました。

調理師免許の取り方について

料理を作ったり、食べたりすることが大好きな方も多いでしょう。実際に調理師免許というものが存在しますが、所得するとなったら何から始めていいものなのでしょうか。今回は、調理師免許の取り方について調べてみました。

冷蔵庫の掃除はにおいの原因を見つけてから

冷蔵庫に食品が入りすぎていませんか?隙間がないと空気が循環せずににおう原因になります。こまめに食品を取り出して期限切れがないようにチェックしましょう。冷蔵庫のにおいの原因がわかったら、それに合った方法で掃除をしましょう。以外なものがにおい取りに役立つこともあります。

1歳児の保育園での給食はどうなってるの?

1歳から保育園に入園する子は多いと思いますが、0~1歳で保育園に入る子は特に成長に個人差があり、その中でも離乳食の進み具合には大きな差がありますよね。少食な子から大食いの子、好き嫌いが多い子、まだ軟らかいものしか食べれない子など様々です。保育園の給食では、どのようにして個人差のある子に対応しているのでしょうか。保育園での考え方や工夫、母親の悩みや体験談を調べてみました。

コンビニは発売日より早い?漫画や雑誌の入荷日

いまや誰もが利用するコンビニ。いろいろなものが売っていて夜中でも買い物ができるなんて便利ですね。コンビニには漫画や雑誌も売っているので発売日になってすぐに買うことも可能なのではないでしょうか。そこで今回は気になる漫画や雑誌の入荷について調べてみました。

SNSにその写真、投稿して大丈夫?ネッで悪用されないための注意点

いまはSNSの普及でネット上に写真を投稿している人も多くいますね。友達のみの公開だからと個人情報がわかる写真を載せていませんか?しかし気を付けないと思わぬ形で悪用されてしまうかもしれません。今回はその注意点を調べました。

医療費控除の還付金の振り込みはいつ?

前年度の医療費が多かった場合は医療費控除が受けられます。確定申告をしたら、還付金はいつ頃受け取れるのでしょうか。今回は医療費控除のやり方や還付の時期などについて調べました。

高校の文化祭、おススメのダンスとコツ

高校の文化祭での発表といえば、演劇やダンスなどががあります。しかし、何を踊ったらいいかわからなかったり、踊り方がわからなかったりするのではないでしょうか。今回は、高校の文化祭でのダンスについて調べてみました。

結婚式に着る留袖は30代既婚女性なら何を着る?

親族の結婚式の日程が決まりました。そこで悩むのが着ていく着物です。既婚者となると留袖なのでしょうが、留袖にも黒と色があります。黒留袖は何となく年配の女性が着ると言うイメージがありますが、実際はどうなのでしょう。

蛍光灯と白熱電球の電気代とそのメリット、デメリット

最近では、電球型蛍光灯やLED電球といったものをお店でよく見かけます。電球をを変える時など、白熱電球と蛍光灯どちらにしようか迷ったことはないでしょうか。蛍光灯と白熱電球では、電気代はどのように変わってくるのでしょうか。それと、それぞれのメリット、デメリットはどうなのでしょうか、調べてみました。

コンビニから宅配を発送したり受け取ったりするやり方

日中、仕事で留守がちな自宅からは宅配の受け渡しが不便でなりません。帰宅すると、不在者通知が入っている事は良くある事です。帰宅が深夜になる時は時間指定もできません。近くに24時間営業のコンビニがあるのですが、上手く利用できないですかね。

北海道で住宅メーカの選ぶときは評判を確認しよう

北海道で念願のマイホームを建てる際に一番気になるのが住宅メーカーです。一生に一度と言っても過言ではないマイホーム建築だからこそ、後悔しないために住宅メーカーの評判が大事だと思うのですが。

50代の貯金の重要性

50代になると多くの人が結婚していると思います。50代以降に結婚する場合でも新たに子供をもうけるケースはほとんどないと思いますので、自分たちの老後の資金の為に貯金しなければいけない時期です。

今の時代は、50代で貯金ゼロという家庭も多いのかもしれません。子どもが独立しマイホームの住宅ローンが残りわずかという状況であればそれでも良いのですが、これから大きなお金が必要になるのに貯金がないというのでは、先が思いやられます。

若いころは老後の事なんて考えられないと思いますが、50代にもなるとリアルに老後がイメージできるようになります。若いころのように体を動かすことも難しいですし、病気になる人も出てくるでしょう。

老後に年金だけで暮らせなければ60代や70代になっても働けば良いと思うかもしれませんが、実際には60歳以降では良い仕事が見つからず、見つかったとしても給料が安くかなり厳しい状態になります。

今の若い世代の人たちは、国民年金保険税を支払ってなくて貯金もないという人も多いのですが、60歳になってから慌てても仕方がありませんので、若いうちからコツコツと貯金したり個人年金などで別の収入源を確保しておきたいですね。

引用元-はじめての個人年金

スポンサーリンク

  人気記事

50代の平均の貯金額は?

20代や30代の頃は、50代にもなればきっと落ち着いて…、資産もそれなりに増えて…と想像しているものですね。世帯主の年齢別の貯蓄額を見ても、50代は60代に次いで平均貯蓄額が多くなっています。60代の1765万円には及びませんが、50代の平均貯蓄額は1124万円あり、614万円である40代の2倍弱です。しかし、細かくその中身を見ていくと、差が大きいことがわかります。

50代の貯蓄額の分布は次の通りです。
・貯蓄がない世帯:29.5%
・貯蓄額100万円未満:4.3%
・貯蓄額100万円~200万円未満 : 3.5%
・貯蓄額200万円~300万円未満 : 3.6%
・貯蓄額300万円~400万円未満 : 3.8%
・貯蓄額400万円~500万円未満 : 4.3%
・貯蓄額500万円~700万円未満 : 6.2%
・貯蓄額700万円~1000万円未満 : 5.1%
・貯蓄額1000万円~1500万円未満 : 9.6%
・貯蓄額1500万円~2000万円未満  :7.2%
・貯蓄額2000万円~3000万円未満 : 5.2%
・貯蓄額3000万円以上 : 11.1%
(家計の金融行動に関する世論調査2014(2人以上世帯調査)より)

引用元-AllAbout

50代の貯金額はできている人とできてない人の差が大きい

2015年12月16日、総務省統計局より「平成26年全国消費実態調査」が公表されました。これには、世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果が含まれていて、年齢別・年収別の分析が行われています。

この調査によると、2人世帯限定の数値は分からないものの、50代2人以上の世帯の貯蓄高平均は1,592万円、平均年収は848万円となっています。

この数字を見ると、「みんな持ってるんだなー」と思うでしょうか?この平均値は、貯蓄を持っていない世帯も含むため、持っている人はもっと持っています。年収1,500万円以上の世帯になると、なんと3,948万円の平均貯蓄額となっています。

持ち家比率は85%にも上りますが、その場合には負債残高もチェックが必要です。50代の平均負債高のうち多くが住宅・土地のための負債、すなわち住宅ローンを占めていて、その残高は506万円となっています。ということは、正味で1,000万円と考えていいのではないでしょうか。

引用元-UpIn

なぜ50代で貯金ができないのか

1985年から1990年のバブル時代に、青春を謳歌した世代の50代の主婦は海外の高級ブランド志向がある人が多いと。年収800万円の夫を持つ専業主婦林田奈緒子さん(仮名・50歳)を例に生活がいつ破綻してもおかしくない「隠れ貧困」になった経緯がつづられています。

70歳まで続く住宅ローン、多額の教育費の他に、ママ友や短大時代の友だちとのランチやそこへ着ていくブランド物の洋服やバッグを購入。さらに、資産を持つ母親からは、海外旅行や生活費の不足分の援助をしてもらう。しかし、その母親の資金も底をつきかけて不安を感じている。収入が高いとそれなりに出費もかさむとは、よく言われることですがそれは、収入の範囲内でのこと。親の資金をあてにして、底がついたらどうなるのか?わかるはずなのにやめられない。それは、ママ友たちへの見栄だったり、生活レベルを落とせないからでしょう。

この専業主婦の例が特別かもしれません。でも、私は、ママ友たちへの見栄や生活レベルを落とせない気持ちは、よ~くわかります。ママ友の生活レベルが、どれくらいなのか?持ち物や家や子どもの教育に、どれだけお金をかけているのか無意識のうちに比べていませんか?「私はこの人より、ワンランク上の生活しているわ」と満足してみたり反対に「彼女程度のレベルの人に、我が家のことアレコレ言ってほしくないわ!」と自分のプライドを傷つけられて憤慨することもあるでしょう。

見栄をはることをやめたり、生活レベルを落とすことは絶対に避けたい!だから、貯蓄がないことに目をつぶり、問題を先送りしたい気持ちがどこかにあるのかもしれません。

引用元-老後すたいる

50代の独身女性の貯金の平均は?

50代の独身女性の平均貯金額は約700万円です。50代の全世帯平均は約1000万円ですので、単身ですので比較すると若干貯金額は下がります。しかし、50代の独身女性は、間近に迫った老後に備えて、貯金の意識は非常に高いです。

独身者は何事も全て一人で賄わなければならない為、大きな病気をした際や介護が必要になった時に備えて、貯金はもちろん保険に関する備えをしっかりと行っている方が多いのも特徴です。

老後の平均的な生活費は、約15万円(家賃除く)と言われていますので、年金の受取額が現在のまま減額されなければ受け取れるのが約11万円ですので、差額分の備えが必要です。平均寿命までと考えても、約2000万円の貯蓄は必要です。

引用元-独Single Woman

65歳からの暮らし方別の老後に必要な貯金額とは

「清貧」コース

年金頼みで、生活にほとんど余裕はありません。プランター栽培で育てた野菜を食費の足しにするなど、節約を心がける暮らしです。シルバー割引をフル活用して映画や博物館や区営プールに行ったりと、気分転換も大切にしています。外食は基本的にしませんが、半年に1度は友人とランチに行くことも(1回1500円×2回)。

また、孫の誕生日には、必ず孫の好物をご馳走(ちそう)することにしています(3000円)。宿泊を伴う旅行に行く余裕はないけれど、日帰りバスツアー(5000円)に年に1度参加するのが楽しみです。他に年間の娯楽費として1人月2000円×12か月=2万4000円。年間1人3万5000円、夫婦で7万円。

「ゆうゆう」コース

年金収入と貯蓄で、生活にある程度のゆとりがあります。近所の奥様方とのランチ会(1回1200円×月2回)や、テニス仲間との練習後の飲み会(1回2500円×月3回)に参加。たまには夫や友人とディナー(1回5000円)。年間の外食費は1人月2万円×12か月=24万円。趣味のカラオケ教室では年に1度、ドレスを着て発表会が(月謝8000円、発表会参加費1万円=年間10万6000円)。

日帰りバスツアー(1人1回6500円)に年2回、また年1度は夫婦で国内旅行へも行きます(1人1万8000円)。ほかに年間の娯楽費として1人月5000円×12か月=6万円。年間1人43万7000円、夫婦で87万4000円。

引用元-YOMIURI ONLINE

まとめ
50代は住宅ローンの返済が終わってないこともあるので貯金がない人も結構いるようです。老後に困らないようにコツコツためておくことが大事かもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活