日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

奨学金の返済には何年かかる?奨学金制度について

      2016/11/27

奨学金の返済には何年かかる?奨学金制度について

奨学金制度は、経済的な負担を軽くするためにはとても助かる制度ですね。しかし、奨学金の返済には長い年月を費やすということも覚えておかないといけません。今回は、奨学金返済に何年かかるかを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

奨学金制度とは?

奨学金制度は、学習意欲のある学生に対し、学費や生活費を給付または貸与することにより、経済的負担を軽減するための制度です。

「給付」される奨学金は、支給された奨学金を返還する必要がありませんが、「貸与」された奨学金は、一定期間内に返還しなければなりません。貸与型の奨学金の代表的なものに、日本学生支援機構の奨学金制度があります。

なお、高等学校(中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部を含む)に対する奨学金事業は各都道府県に業務が移管されています。

政府は大学時代の給付型奨学金を拡大することを打ちだし、財源の一部として16歳以上23歳未満の子の扶養控除を充てる案が検討されています。

引用元-AllAbout

奨学金のメリット・デメリット

奨学金のメリット

経済的に困窮している家庭でも利用できる
本来、奨学金は経済的理由で進学が難しい学生のための制度なので、経済的に困窮している家庭でも利用することができます。

返済は、学生本人が仕事に就いてから開始される
返済開始は就業開始後という奨学金制度がほとんどです。

奨学金=社会的に受け入れられやすい借金
奨学金も実質「借金」であることに変わりないのですが、純粋に勉学のために借りたお金であるということで、社会的にも受け入れられやすいと思います。

低金利
金利の変動はありますが、上限が決められています。最高でも3%の低金利です。

奨学金のデメリット

申請しても利用できない可能性がある
奨学金を申請すると、学生本人の人物、健康、学力や、家計、家族構成などに関して審査が行われます。この審査に通らないと奨学金を利用することができません。審査基準は機関や学校によって異なるので、申込み前に自分が在籍している学校を通してよく確認しておきましょう。

留年・休学してしまうと…
奨学金を受け取れる期間は「卒業までの最短修業年限」とされています。例えば、2007年4月に入学した場合、2011年3月を超えて受け取ることはできません。留年・休学した場合、卒業まで支給を受けることができなくなります。

返済は長期にわたる
返済は長期にわたる場合が多いようです。例えば、日本学生支援機構の第一種奨学金を受け、四年制大学に通学した場合、返済期間はだいたい13~18年。(国公立か私立か、自宅通学か自宅外通学かによって年数は異なります。)途中で繰り上げ返済をしなかった場合、完済するのは35歳~40歳ということになります。(卒業時の年齢が22歳の場合)

引用元-ファイグー

奨学金の返済額は何年間借りるかで変わってくる!

短大や専門学校で2年間借りると、卒業後の毎月の返済額は9千円~1万6千円ほどですが、 4年間借りた場合は無利子の第一種で1万3千円ほど、利息付の第二種の月額10万円以上では、毎月の返済額2万円を超えることがわかります。もし、第一種と第二種の両方を満額借りたとすると、毎月の返済額が4万円近くにもなります。奨学金が借金であることを自覚し、将来を見据えて適正額を借りるようにしてください。

引用元-奨学金なるほど相談所

奨学金は何年で返済できる?

奨学金の返済は借りている金額によって、返済期間が変わってきますが、例えばボーナスや臨時収入があった月は多く返済するなど、工夫をすれば早く完済できます。

例えば奨学金制度を利用して、4年制の大学に進学した場合、360万円を借りたとすると、毎月15,000円の返済で、20年かかります。(無利息の場合)
奨学金の返済は20年が最長ですので、利息がある場合や、奨学金をもっと借りていた場合は、毎月の返済額は多くなります。

また、有利息の場合は、毎月の返済金額は3万円以上になりますので、負担する金額は多くなります。奨学金の返済は、平均して8年~16年かかると言われています。卒業してから半年後から返済が始まりますので、それから8年~16年かかるとしたら。30歳~38歳に返済が終わる計算です。

引用元-奨学金返済できない!

奨学金を何年で返済できるか計算してみよう

現在の日本経済の不況を考えると決してこの先の自分の将来を楽観視できるものではありません。高校から大学への進学は将来をよりよいものへするための道です。そして、そのための奨学金なのですが、その奨学金を無審査で10代の学生に数百万円単位で貸し付けるわけです。

では実際に100万円のお金を1年で返済しようと思うとどれくらいかかるのか?無利子の場合ですと、ひと月83,333円になります。もちろん、ひと月に8万円以上のお金を返済に充てるのは厳しいのでだいたい83,333円を5で割った数字、16,666円くらいが妥当になりますね。

1,000,000円÷12=83,333円(1年で返済する場合の月々の支払額)
83,333円÷5=16,666円(5年で返済する場合の月々の支払額)

非常にざっくりとした計算になるのですが、大学の授業料が大体年間100万円前後かかると言われているので月々16,666円ずつ奨学金を返済していくとすると5年かかるわけです。つまり、奨学金の返済期間が何年かかるかというのは単純に4年制の大学であれば20年。短大であれば10年かかるという計算になります。

実際にこのような形で奨学金の返済プランにしている方も多く、これから返済期間に何年かかるかと考えた時に100万円単位で5年という風に考えてみるとひとつの目安になるのではないでしょうか。

引用元-歩叶コラム

返済が難しい場合は

無事に卒業しても、誰もかれもが生活に満足なお給料をもらえるわけではありません。もちろん奨学金の返済は通常の借り入れに比べると小額です。でも、業種によっては最初の数年は契約から、などと厳しい業界もありますよね。もしくは、怪我や病気で収入が減ってしまった。などという場合には返済が出来なくなってしまうかもしれません。そんな時、ただ返済しない。というのでは契約違反になってしまいます。奨学金にはそんな時のため、『変換期限猶予』があるんです。きちんと書類を揃えて提出すれば、定められた期間の猶予、もしくは減額などが受けられます。

引用元-Campus Magazine

まとめ
奨学金は助かる制度ですが、返済はしないといけないので、借りるときはどのくらいで返済できるかきちんと考えて借りましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ