まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

子供が友達に仲間外れにされていたら!

      2016/12/07

 - 恋愛・人間関係

子供が友達に仲間外れにされていると知ったらどうしたらいいのでしょうか?親としては心配ですが、どうふるまうのが子供にとっていいのでしょうか?今回は、子供が友達に仲間外れにされた場合の対処法について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

彼女、彼氏と電話するのが苦手!?上手に電話で会話をする方法

最近はメールやラインなどの利用で電話をする機会がめっきり減ってしまいましたね。しかし彼氏や彼女とは電話で会話したいと思いませんか?電話に苦手意識のある人もいるようですが、電話でうまく会話する方法を調べましたので紹介します。

浮気による離婚は大きな痛手を伴い後悔する日々が待っている

ちょっとした心の隙間が、思いもよらぬことに発展してしまうのとがあります。浮気はその一つでしょう。一時的な気の迷いは、浮気をした人もされた人も不幸にさせてしまいます。離婚を決断しても、一生の後悔に繋がります。子どもの親権問題や、孤独感などが付いて回ります。

大学生になっても彼女がいないのを気にしている?

高校時代は進学で恋愛どころではなかったが、大学生になったのだから念願の彼女を作るぞ。1年経っても彼女がいない、出来る気配さえない。自分に何か問題でもあるのだろうか?

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女としては不安になってしまいますよね。もしかしたら別れた方がいいかも…といろいろなことを考えてしまうでしょう。今回は彼氏が仕事を辞めると言い出した時の対処法を調べました。

職場の先輩にタメ口を使う人をどう思う?

言葉の文化を重んじる日本人。丁寧語、尊敬語、謙譲語など大正昭和の時代に生きてきた人にとっては当たり前の使い分けでした。近頃は、そんなことはお構いなしのタメ口を話す人が職場でも見られるようになりました。先輩たちはどう思っているのでしょう?

結婚式のプログラムは2人の思い入れで自由に作成しましょう

おおよそのゲストの人数と結婚式の会場が決まると嬉しいですね。でも、ここからが大変ですよ。プログラムの作成が始まります。どんな流れにしたいのか迷うことでしょう。今は型にはめ過ぎず自由に組み立てるのが主流のようです。2人のオリジナルの結婚式のプログラムを組んでみましょう。

結婚式におすすめの余興!高評価な面白い余興とは

結婚式といえば友人などによる余興が盛り上がりますね。どうせするなら新郎新婦や出席者にも喜んでもらえる面白い余興をしたいですね。今回は結婚式におすすめの面白い余興について調べました。

彼氏と楽しく旅行したい!喧嘩しないための心得

彼氏と旅行へ行くならば楽しいものにしたいですね!しかし恋人同士の旅に喧嘩はつきもののようで、旅行で喧嘩したことがあるカップルはなんと7割もいます!今回は彼氏と旅行で喧嘩しないための心得を調べました。

kskでDAIGOがプロポーズ!その意味とは?

歌手のDAIGOさんが女優の北川景子さんと結婚したのは記憶に新しいですが、そのプロポーズの言葉でも話題を集めました。DAIGOさんは「ksk」と言ってプロポーズをしたそうですがそれはどのような意味だったのでしょうか。

40代の女性が再婚するには?

離婚に至った経緯を反省しましょう。大なり小なり自分にも非があるはずです。子ども連れで再婚となると、障害が大きくなります。お互いにより理解が必要になることでしょう。女性が40代になると出会いも少なくなりますから、再婚希望の婚活サイトに登録するのも良いでしょう。

結婚10年目の記念日に!夫や妻へのお勧めのプレゼント

今年は結婚して10年目!となるとちょっと奮発してお祝いしたい気分になりますね!実際10年目に夫や妻にプレゼントを贈る人は多いようです。今回は結婚10年目にお勧めのプレゼントを調べました。

男友達と旅行!?彼氏がいるのに行く心理とは?

彼氏がいるのに男友達と旅行に行ったことはありますか?女性が男友達と旅行に行く心理とはどのようなものなのでしょうか?女性と男性では考え方が違うので男友達と旅行に行ったばかりに彼氏と仲がこじれてしまう場合があるかもしれません!

婚約指輪と結婚指輪は両方必要?それぞれの意味とは?

結婚前に婚約指輪を男性から女性に渡すことは多いですね。しかし結婚後は結婚指輪を付けるので、婚約指輪はめったにしないという人も多いのではないでしょうか?婚約指輪と結婚指輪は両方必要なのでしょうか?

7歳年上の彼女との交際はアリ!?年の差カップルの悩みとは

最近はドラマなどの影響で年の差カップルに憧れている人もいるのではないでしょうか。7歳差になると年の差カップルと思う人が多いようですが、彼女が7歳年上の場合はどうでしょうか。今回は年の差カップルの悩みについて調べました。

GWの旅行はどこに行く?カップルにおススメのスポット

GWで長期の休みが取れたら旅行に出かけたいですね!カップルの場合は旅行に行くとなったら計画を立てるときからワクワクでしょう!今回はGWにカップルにおススメのスポットについて調べました。

中学で告白するならいつ!?ベストのタイミングとは

中学生になると好きな子ができて初めての告白をする人も多いかもしれませんね。中学で告白して成功するにはどのタイミングでするのがいいのでしょうか。今回は中学での告白のタイミングについて調べました。

彼女に喜ばれる誕生日プレゼント

間もなくやってくる彼女の誕生日に渡すプレゼントで悩んだりすることはありませんか。どんなプレゼントが喜ばれるか、どんなタイミングで渡せば良いのか、特にそれが初めてのプレゼントであればなおさらです。

旦那が浮気をした!その時の対応はどうする?

旦那が浮気をした場合はどうしますか?妻として、どのように対応するかによって、今後の二人の関係に影響するようですがでるようです。今回は旦那の浮気が発覚した時の対応について調べました。

彼氏は結婚したいと言うけれど貯金はあるの?

彼氏との付き合いも長くなり、そろそろ結婚を考えたときに気になるのがお金。何をするにもまとまったお金が必要になります。私は積み立てしていたので幾らかは有りますが、付き合いの多い彼氏に貯金額を聞くと…。

男性は友達の方が彼女より大切?友達を優先する心理とは?

男性は、彼女よりも友達を優先してしまうことが多いようです。あなたもそんな経験はありませんか?なぜ男性は彼女よりも友達との約束などを大切にするのでしょうか?今回はその男性の心理を調べました。

子供が友達同士で仲間外れをしてしまう心理とは?

自己主張がはっきりしている子が始める「仲間はずれ」

自己主張がはっきりしている子、気の強い子が「あの子嫌い」「あの子は入れてあげない」と言い出すと、いとも簡単に「仲間はずれ」が行われるようになってしまいます。そしておとなしくて気の弱い子が「仲間はずれ」の標的になったり、あるいは気の強い子に取り込まれてしまい、一緒になって「仲間はずれをしてしまう」ということに陥るようです。

引用元-MARCH

スポンサーリンク

  人気記事

子供が友達から仲間外れにされていると気が付いた時の対処法

子どもがいじめにあったら、親ができることはあんまりないと思うんですよね。せいぜい3つくらい。

一つは、子どもの味方になること
二つ目は、子どもを大事な子だと改めて強く伝えること
三つ目は、嫌われたなら、その子とは距離を置くこと、

そして、この経験は今後、社会にでたときの処世術として、または恋愛したときのノウハウとして、自分の中に蓄積してもらう。
そうやって、親は子どもが独り立ちした時に、できるだけ大きく転ばないように練習する機会を与えてあげる。
そして子どもに、「一番大事な存在」だと伝え、自分を大事にする心を育ててあげる。
これが今、私が親として子どもにできる、子どもへの最大の愛情かなと思っています。
いじめられて、仲間外れにされて、孤立化するのは確かに親としても心が痛い。
だけど、それ以上に、与えられた経験を将来に生かす、知恵と心を育む。
そして、安心して巣立っていけるように見守ってあげることが大事かなと思っています。

引用元-お金を稼いでシンプルに暮らす知恵袋

こんな場合は学校に連絡を

とにかくすぐにでも学校に連絡を入れて対処していただきたいのが
・金銭が絡むこと(物品の受け渡し含め)
・性的なこと
・ネット(ラインやグリー含めたネット関係、メール関係)
・命にかかわることや大きなけが
お子さんの年齢によりますが、中学生くらいまでは
これらの件はとにかくすぐに大人が対処しないと、今の時代ではこじれるばかりです。
どこまで見守って、どこからは大人が入るか
それはとても難しい線引きではありますし、考え方にもよりますから正解もないでしょう。
ただ、
「我が子は、自分の主観で見えたものしか話さない」
ということは覚えておきましょう
我が子が本当のことをすべて言っている、というか言えるとは思わない方がいいですね。
大人でもそうです。
何かが起きた時に、複数人がいたら、全員話すことは少しずつ変わるのです。
人間は、どんなに客観的に見ようとしても見れない部分があるのです。
だから、
お子さんの言うことを全部鵜呑みにはしない
でも、心配なことは、気軽に先生に相談できるよう、普段から
担任の先生や学校側と関係を作っておくのが、本当は一番良いですね☆

引用元-オトナの階段@ヒト塾

子供の成長に合わせた介入を

幼児期のケンカはコミュニケーションの大事な練習

子どものケンカを考えるには、まず子どもの年齢が大事な要素になってきます。大きく分けるなら、幼児期~小学生と、思春期以上との2つに分けることができるでしょう。

コミュニケーションを学ぶ途中の幼児期にはケンカは必要なものであり、いいレッスンとなります。なぜ自分は怒っているのか、相手はどう思ったのか。謝り方、許し方、それを言うタイミングは。「ごめんなさい」「お願いします」「ありがとう」などの単純な言葉の使い方を、まず親が上手に教えてあげることで、コミュニケーションのパターンを自分の中にどんどん蓄積していくのです。

小学校では、もう少し視野が広くなり、1対1のお友だち関係から集団を意識し始め、交友の幅も広がります。低学年のうちは、かんしゃくや人見知りなど、まだ感情面でも未発達な部分が残る子どもが多いので、幼児期の延長で、「現場で」大人が観察し適切なタイミングで介入する必要性があります。

状況を観察できる目が育ち始める中学年あたりからは、何かトラブルがあれば子どもに様子を語らせ、かつ親が自分の目でも状況を確認しながらアドバイスをするという、「現場」から少し距離を置いた介入がうまくいくことが多くなるでしょう。

自意識が芽生える高学年からは、感情と方法論を論理的に考えさせることで、問題解決の自助努力を促します。
「どうしてあなたはそう思ったのか?」
「相手はなぜそういうことを言ったのだと思う?」
「たたいたら、本当に自分の気持ちはすっきりした?」
状況を反芻させ、場面に応じた感情のコントロールを学ばせます。

引用元-AllAbout

友達を仲間外れにしない子供に育てるには

自分の子供が友達を仲間はずれにしていたら、ショックですよね。仲間はずれにしないためには、どのような教育をすればいいのでしょうか。

まずは、「仲間はずれにされるとどんな気持ちになるか」「仲間はずれにするのはよくないことだ」ということを理解させるのが大切。友達関係や思いやりを題材にした絵本が役立ちます。読み聞かせをしながら、「これが自分だったらどんな気持ちかな?」「意地悪をしているこの子のこと、どう思う?」と問いかけると共感を助けてあげられるでしょう。

また、子供の主体性を活かし、ストレスを溜めこまないような子育てをすることも大切です。頭ごなしに押さえつけていないか、子供の話をきちんと聞いてあげているか、気を配りましょう。

そして、見落としがちなのが親自身の言動です。子供の前でクラスメートを蔑むような発言したり、家族でテレビを見ながら芸能人の悪口を言ったりしていませんか?子供が言うことを聞かないときに、意地悪く無視することはありませんか?これでは、仲間はずれに至る考え方を、身をもって教えているようなものです。気をつけておきたいですね。

引用元-ならいごとキッズ

まとめ
子供が仲間外れにされていると知った場合は、少しの間は見守ってあげましょう。すぐに対処をした方がいい場合もあるので見極めが大事ですね。

twitterの反応

 - 恋愛・人間関係